ひよこと夜と遊園地

hiyoko to yoru no yuuenchi

ひよこと夜と遊園地
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

150

レビュー数
4
得点
153
評価数
33
平均
4.6 / 5
神率
72.7%
著者
ymz 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
講談社
レーベル
ハニーミルクコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784065241257

あらすじ

外資系金融会社に勤めるキヨシは、いつでも自信に満ちて自分大好きな俺様ハッピー男。だが、恋愛に関しては実は自信がない…。恋人のトウヤは探偵事務所で浮気調査などをしている常識人。トンデモ言動も多くいつも騒がしいキヨシに辟易し心を痛めつつ、何やかやキヨシのスパダリ力にほだされてしまう…。『ヒゲと鈴としゃぼん玉』三太の元カレ・キヨシとその彼氏・トウヤが主役の、賑やかでちょっぴり切ない、愛し愛されハッピーライフ☆

表題作ひよこと夜と遊園地

西条清,外資系金融会社の会社員
並木冬夜,探偵事務所の調査員

その他の収録作品

  • 描き下ろし番外編1
  • 描き下ろし番外編2

レビュー投稿数4

全てをYESにする男

『ヒゲと鈴としゃぼん玉』のスピンオフ。
キヨシのキャラがめっちゃ好きだったので、コミックになってとても嬉しい。
ひとことで言うと残念なスパダリのキヨシと彼氏であるトウヤの日常を面白おかしく時に切なく綴った、ほのぼのラブコメでした。

自分大好きポジティブだけど、恋愛となると今まで振られた経験から臆病になったり、トウヤが好き過ぎてたまにストーカーになっちゃうキヨシが愛おしいです。
そんなキヨシに振り回されつつも、穏やかな愛でキヨシを受け入れるトウヤも好き。意外とトウヤの愛も重くて、お互いに愛し合ってるんですよね。
キヨシと居ると、疲れそうだけど確かに悲しみとは無縁かな。自分も無敵になれそうな気がする。

脇キャラも全員キョーレツな個性なんだけど、嫌な人がいなくて癒されます。
ジェシカが好きですね。
「ナイナイナイ、頭のネジが飛んでるヨ〜」笑いました。

スピン元もそうでしたが、疲れた時に読み返したい、癒されるBLだなぁと思います。

0

キヨシ節

『ヒゲと鈴としゃぼん玉』の三太の元カレ、キヨシのお話し。
仕事ができルックスも良く、人当たりもいいので遠巻きできゃあきゃあとするのはいいけど、付き合うとなるといろいろとかなり大変そうなキヨシ。
歴代の恋人たちのセリフが物語っているようになかなかに強烈で。
いつも自信満々で鬼ポジティブかと思えば別れに対して敏感で繊細。でもトウヤの愛があれば意気揚々スーパー鬼ポジティブに完全復活!
キヨシ節がクセになります(笑)

トウヤのお兄さんが言うようにキヨシがごりごりに迫ってトウヤとのお付き合いに至ったのかと思っていたので、馴れ初めが少し意外でした。

ハマるととことんハマるだろうちょっとうざめんど…独特な感性の持ち主で愛が重めなキヨシ。
ですが、感情のベクトルとしてはトウヤもしっかりとキヨシに向かっていておもおもな愛を受け止めていますし、トウヤにとってもキヨシは必要な存在で。なんならトウヤの方が愛のウエイトが重いのでは?

ふたりが一緒にいる空気感にほっこりとさせられました。
ymz先生の何気ない日常や天気とか、ナチュラルな描写が、言葉ひとつひとつが心にすうっと馴染んで心地よいです。
道玄坂にあのお相手…、いいと思います!

先生の次回作も楽しみにしています。

1

大好き!俺様!キヨシ様!!

『ヒゲと鈴としゃぼん玉』のスピンオフ作品。
今回の主役はあの俺様キヨシ様 デス!!
前作に引き続き、読めば読むほどもっとキヨシ愛が深まってゆきました。

イケメンで、いつだってポジティブで一緒にいれば楽しく、
仕事も、料理だってできてしまう、ミスター・パーフェクト。
欠点と言えば、ナルシストで、うざくて、愛が重すぎるところ。
あと、たまにポジティブが限界突破してしまうところ。
そう、彼は愛すべき残念なスパダリなのでした。

そして、キヨシにちょっと引きつつも温かい目で見守り、
包み込むように愛してくれる常識人な恋人・トウヤ。
今回はそんな二人の甘かったり、時折切なさを挟んだりな日常が
丸ごと堪能できてしまう1冊です。

前作では三太のうざいスパダリ元カレとして登場し、
当て馬風を吹かせ、脇役以上の存在感を放っていたキヨシですが、
今作では彼の意外なギャップを見ることができました。

ギャップその①
【実は恋愛下手】
過去の恋愛がトラウマで、恋愛のこととなるとヘタレで超依存体質なのです。
トウヤに対しても異様な執着を見せ、少し連絡がつかないだけで不安から
家や職場に押し掛けたり、果てはGPSで追跡、とその行動はもはやストーカー!
両想いでなければ、彼はきっと犯罪者になっていたでありましょう…

ただ、違う見方をすれば、恋人に対してはどこまでも一途で優しく、
愛することにも一切手を抜かず、全身全霊で愛情を捧げてくれます。
それをやりすぎた結果が過去の失恋のようですが、個人的には
いつも真摯に向き合ってくれる、そんな誠実さが格好よく感じました。

トウヤ以外でも悩んでいる人がいれば話を聞いて励ましてやり、
相手が誰だろうと優しく、誠実で、裏表なく、そんなキヨシだから
演技がかった物言いも、うざったいリアクションすらも不思議と
いとおしくなってしまうのです。

ギャップその②
【はじまりはトウヤからの告白だった】
これはキヨシのギャップではないんですが、予想外でした。
両想いには違いないけれど、愛の重みは
キヨシ→→→→←←トウヤくらいの比重だと思っていたし、
トウヤのドライデレっぷり的にキヨシからだと思って疑わなかった。
だから、何だかんだトウヤもキヨシのことが大好きと思い知れて、
ニマニマしてしまいました。

他にもキヨシに片思いする同僚やかつてキヨシが口説いた同僚も登場しますが、
二人の愛情は微塵も揺らぐことはなく、当て馬にすらならず。
この安定感、いいわぁ…

途中、キヨシの臆病癖のせいですれ違ったりもしますが、
「死ぬまでふたりで生きたい」とトウヤが男前告白を見せ、
あのキヨシをも赤面させてくれるのでした。
一見なよっとして見えるトウヤですが、彼もまた一途で実直な男でした。
ていうか、これ求婚?プロポーズですよね多分、絶対(*/∇\*)キャ

そんな二人の周囲の人々―キヨシに敵意剥き出しのトウヤのブラコン兄や
キヨシに厳しいトウヤの上司、貶しながらも相談にのってくれるキヨシの
同僚や“キヨシ様”と彼を愛してやまない同僚たち、それぞれの味があり、
魅力的でした。

3

キヨシのキャラが最高でした!

パステルカラーの表紙に一目惚れ。スピンオフ作品なのにスピン元を知らずに読みましたが、めちゃくちゃ良くてハマりました!これだけでも問題なく読めると思います。
メインカプはキヨシとトウヤ。攻めのキヨシのキャラがぶっ飛んでて最高でした。自信過剰でナルシストっぽくて何事にもポジティブなのに、恋愛となると、とことん弱くなる感じ。何かあるとすぐ職場に乗り込んでいく無駄な行動力はウザさと紙一重ですが、トウヤも周りも受け入れてるので笑って読めます。
トウヤは何でも受け止める寛容さがカッコイイ。キヨシの横暴によく白目むいてますけど、ちゃんと好きなんだなあっていうのは分かるので安心して見守れます。そして決めるとこは決める!実はめちゃめちゃいい男!キヨシがあれだけ強烈なキャラなのに、作品が穏やかな雰囲気を保ち続けてるのはトウヤの功績だと思います笑。
一冊通したストーリーはないタイプのほのぼの日常もの。ゆっくり確実に絆を深めていく二人を見て、温かい気持ちになれました。
お気に入りはトウヤの写真を床に転がって撮りまくるキヨシ。シュールでウケる笑。
読後感も良く、スピン元の「ヒゲと鈴としゃぼん玉」も読んでみたくなりました。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う