桜吹雪は月に舞う コミコミ特典書き下ろし小冊子 永崎夜話

sakurafubuki wa tsuki ni mau

桜吹雪は月に舞う コミコミ特典書き下ろし小冊子 永崎夜話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

184

レビュー数
1
得点
5
評価数
1
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
新書館
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
小説Dear+vol.82 2021ナツ号(コミコミスタジオ購入時のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

宮緒葵居デビュー10周年記念特集
コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
永崎で好文を思う父鷹文のお話です。

表題作桜吹雪は月に舞う コミコミ特典書き下ろし小冊子 永崎夜話

レビュー投稿数1

へぇ〜そうなんだとびっくり

このお話は好文の父親である、永崎奉行である鷹文視点のお話です。

これの内容が凄く興味深くて思わず唸ってしまいました。
雑誌の本編でも町奉行である好文に仕える内与力は鷹文の愛人達で、茨木と対立してると書いてあったんです。鷹文の愛人って茨木だけじゃなかったの?ってびっくりしたんですよ。
それだけじゃなくて、茨木の1番大切なのは鷹文だって勝手に思っていたので、鷹文と茨木の関係にも驚いてしまいました。

一年前に読んだのに全然読み込めてなかった事にショックを受けました。

ここで語られている鷹文の宿願が何なのかがとても気になりました。「華は褥に咲き狂う」もまだ続いてるので難しいとは思いますが、こちらも是非ともシリーズ化をお願いいたします!

0