モニュメンツメン・マーダーズ

monumentsmen murders

モニュメンツメン・マーダーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

52

レビュー数
4
得点
96
評価数
20
平均
4.8 / 5
神率
85%
著者
ジョシュ・ラニヨン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
門野葉一 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784403560477

あらすじ

FBI捜査官ジェイソンは、かつてナチスが略奪した絵の捜査に乗り出す。絵の横領に祖父ハーレイが関わっていたなどありえない。第二次大戦中に美術品を守ったモニュメンツメンに限って。

表題作モニュメンツメン・マーダーズ

サム・ケネディ,46歳,FBI行動分析課主任
ジェイソン・ウェスト,FBI特別捜査官

レビュー投稿数4

機械が人間に変わるとき

ラニヨンさんのお話なんだけど「どうもそりが合わねぇ……」と思ってきたこの『殺しのアート』シリーズ。
今回は良かった!
ラスト3ページが!

鋼鉄で出来たかの様な心の鎧に僅かにできた恋というヒビ。
受けが別れを決意することで、その亀裂は一気に押し広げられ、鎧そのものが音を立てて崩壊してしまうの。
ラニヨンさんの『まるで機械人間の様な攻め』が、恋する相手を失いたくないと気づくこの瞬間が好きだーっ!!

確かこのシリーズは5巻で完結だった様な気が……
ってことは次巻では『でろでろのサム・ケネディ』が見られるんじゃなかろうか?
期待してしまうなぁ。

2

渋い男の本気を見よ

いやー良い!そして続きが気になる!!
シリーズ第4作。フェルメールの幻の作品の盗難をめぐる事件です。
こちらの展開も勿論面白いのですが本作の見所はなんといってもサムとジェイソンの関係。

ジェイソンは優秀なFBIの捜査官で、情熱とプライドと信念を持って仕事に生きていますが、青臭いところもある男。その青臭さも彼の魅力ではあるのですが、本作では青臭さ故に、FBIのルールに抵触する行動をとってしまいます。
他方サムは自己の規律に基づいて生きる男。自分にも他人にも厳しく接し、仕事に血道をあげ、FBIでの地位を獲得してきました。
そういう男にとって、愛しいジェイソンの行動は自分の戒律にも反する上、自己の地位さえ脅かしかねない許し難い行い。
二人の関係はどうなってしまうのか!?
というのが物語の大きなポイントになっています。

サムは分別盛り46歳。
私生活を犠牲にして仕事に、そして信念に生き、長いキャリアで築いた地位と自己の戒律が当然にあるわけで、それが今回ジェイソンへの愛によって試されるわけです。
ここの葛藤が堪らない。若造やいい加減な男には出せない、岩のように堅い男ならではの苦悩と色気が滲み出ています。
物語自体はジェイソン視点で進むので彼の苦悩も読みどころ。

こう書くと揉め事だけ?って思われるかもですが、問題が生じる前の、甘いラブシーンもちゃんとあります。
強面、鉄の男、氷の男サムのジェイソンにだけ向けられる優しさがいやー甘い。これもみどころ。(だからこそ後の葛藤に読み応えがあるわけですよ!)
同僚たちに恋人関係と知られている中での二人は、出張先とはいえちょっとオフィスラブっぽい趣きもあったりして。
他方で、サム狙いの可愛い系ハンサム君(しかも優秀そうだし!)が登場しちゃったりもして、この存在がまたチクチクジェイソンを刺激していたりするんです。

その上、前巻でジェイソンを襲った犯人についても不穏な情報が入ったりして、シリーズの最後に向けて、読み応えたっぷり!
凄く緊張感が高まる作品でした。続きが気になる!!

1

同じ干支カップル

アメリカ人達なので干支を知らないと思いますが、年齢差12歳。46歳×34歳リバあり(今作はラブシーン少なめなのでリバは無し)のFBIカップルです。今回の事件の舞台はアメリカの左上の方。モンタナ州ボズウィンという町です。毎回1ページ目に地図があるのでワクワクアメリカM/M小説、心の旅の始まりという感じがして良いのです。

今回は普段超遠距離恋愛の2人が別件の仕事だけどたまたまFBIボズウィン地方支部で滞在スケジュールが一致したため「近くにいられる!デートができる!」とウキウキしてるシーンから始まります。実際滞在ホテルが同じなので昼はそれぞれ仕事をし、夜はベッドでイチャイチャと楽しんでました。物語の中盤を過ぎるあたりまでは。

美術犯罪班なのにいつも殺人事件を引き寄せてしまう男・ジェイソン。前半〜中盤まではサムと周りも公認のラブラブぶりだったのに途中でジェイソンが捜査上で倫理規定違反をしている事がサムにバレて険悪な関係になってしまいます。これジェイソンの方が悪いと思うんだよね。事件関係者の疑いのある故人が自分の親戚だという告知義務違反。先入観が捜査に役立つとか結果オーライだからいいとか通用しないと思うけど。

今回は事件に関してはサムは全く役に立たず、ジェイソンが1人で解決した感じでした。ジェイソンは跳ねっ返りのお転婆娘みたいな感じがします。34歳男性だけど。彼氏が大人だからかそう見える。仕事に誇りを持ってて大好きなのはわかるけど1人でいつも突っ走りすぎ。サムが心配するのも良くわかる。

シリーズももう4作目ですがラスボスっぽい男との対決はまだなので続編がありそうです。恋愛面でもこの2人はちゃんとうまくまとまるのか?とすごく気になるので次作も楽しみです。

今回も一気に読める安定の面白さのラニヨンさん作の冬斗さん訳でした。こんなに毎回面白いのは原作と訳が素晴らしいからだと思います。門野さんの挿し絵も素敵でした。

3

ハラハラのヒリヒリでした

46歳のFBIプロファイラー サム(攻)と34歳の美術犯罪科FBl捜査官 ジェイソン(受)のM/Mシリーズ4作目です。
ミステリーとしてのネタバレは無しで、二人の関係について。


前回が凄い終わり方だったので、今作でジェイソンがまた酷い目にあうのではないかとハラハラしながら読みました。

ある意味ハラハラが裏切られるラブラブ展開から始まります。あまりに二人が遠距離恋愛を前向きに続けている熱烈な恋人同士でびっくり…。
サムがジェイソンにデレデレのデレです。あれこんなにラブラブでしたっけ?サムはデレないと思っていたのですか…。
ジェイソンを手中の珠のように大切にしつつ、自立したパートナーとして尊重しています。
前作で囲い込んで懐から出さなかったのが嘘のようにサムが格好良い。ジェイソンもサムからの愛を真っ直ぐに受け止めてとても幸せそう。お互いを支えあう大人の関係がとても素敵です。

でもジェイソンはジェイソンなので、あい変わらず猪突猛進に事件に飛び込んでいきます。FBI捜査官としてのプライドだけではなく、尊敬する祖父への想いが絡み合う事件です。
ジェイソンとしては正義感に溢れた捜査なのですが、読者としては私情が入りまくりの捜査ダメだろ?とサムに言われなくても止めたくなりました。

表紙と帯からして二人が上手く行かないのは想像できましたが、お互いの信頼関係と捜査官としてのキャリアや使命感がせめぎ合うなかで決裂しかける二人にハラハラを通り越して悲しくなります。

サムとジェイソンがすれ違うのはいつものことなのですが、サムは捜査官としてのジェイソンの判断を頑なにを拒絶します。サムの怒りは最もだけど、ジェイソンはサムに信頼されないことにとても傷つきます。前半のラブラブがあるから、もう少し優しくしてあげて!と思いますが、サムは捜査官として優秀なだけに譲れないことは譲れない。
仕事に命をかけてきたサムらしいですが、ジェイソンがちょっと可哀想に思えるくらいきっぱりした拒否です。

とてもハラハラヒリヒリしますが、仕事ありきの二人の関係が大人の恋愛として素敵ともいえます。
お互いの譲れないものが明確にあるなかで、二人が出す答えは…。

事件としても今までで一番派手なわかりやすい美術犯罪で面白かったです。ジェイソンのロマンチストさがありありと現れていて可愛かった。

早く続きを読みたい!

2

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う