八犬伝 東方八犬異聞(6)

八犬伝 東方八犬異聞(6)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
いち*ラキコミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784887417670

あらすじ

あべ美幸が贈る新世界退魔英雄伝! 撃たれた信乃の命を留めた反動か、村雨の呪縛が停止し信乃がついに18歳の姿に!! 必見の信乃・大人バージョンに加え、小文吾主役の描下し「悌のひと」4頁も見逃せない第6巻!

表題作八犬伝 東方八犬異聞(6)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ニセモノ、ホンモノ。

今回は前回の続きの琥珀のお話から。
切羽詰まった状況に陥った志乃は村雨に助けられて。
けれど、その力の暴走もあってあるべき姿に戻って。
力が強いばかりにほかの人に与える影響も大きくて。
ほんの小さな願いが強い縛りになってしまったり。
それが相手が望んでいたことなのかそうでなかったのか。
ポニーテールの志乃がかなり男前で好みでしたvv
これで受とか萌える!!(いや、ホントは受かどうかもわかりませんが)
教会での荘介とのシーンはすごく好き。

後半はまた「影」が登場。
もう1人の「荘介」。
「荘介」は「双介」。
なるほど。
それまで信じてきたものが揺らぐ瞬間。
それまで守ってきたものが揺らぐ瞬間。
ニセモノ、ホンモノ。
本当はどちらが「影」?
小さな不安を疑問に変えて口にして。
崩れたと思ったけれど望んでいた答えを得ることに成功して。
安堵の涙を流したっていいよね?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ