「茶柱が立った、なんかちょっといいコトありそう」

椿びより

椿びより
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神37
  • 萌×218
  • 萌15
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
28
得点
302
評価数
72
平均
4.2 / 5
神率
51.4%
著者
イシノアヤ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
発売日
ISBN
9784863490727

あらすじ

都会に住むおひとりさま男子・椿太郎と幼なじみのバツイチ(ムスメつき)男・平岩との偶然の
 再会から、日常にささやかな変化が訪れる。
 平岩と史生の二人家族に椿くんが自然に溶け込み、少しずつ日々の彩りが増してゆく――。

 人と人とのあたたかな交流と、やさしい日常を描いたハートフルストーリーが、描き下ろしを加え
 遂に単行本化!

出版社より

表題作椿びより

平岩,バツイチ,子持ちのサラリーマン
椿太郎,手芸作家のオトメン

その他の収録作品

  • であいのころ
  • であいのころ その2
  • とおいまど
  • ふゆのまち
  • きれいなおねえさん
  • ウイメン
  • きれいなおねえさん その2
  • レインコート
  • それぞれの夏休み
  • 多忙な椿
  • プロレスとおとこのこ
  • いろえんぴつ
  • ときめき
  • サンタクロース
  • 冬休み日誌
  • 動物園にて
  • オマケ

レビュー投稿数28

気付けば一番近くにいる存在に

 萌2に近い萌評価。イシノ先生の描く、ほのぼのした日常の延長線上にあるBLという空気感が改めて好きだなぁと感じました。この『椿びより』では椿の恋心はどんどん育っていくけれど、バツイチ子持ちである平岩の方にはそういう描写はほぼないんですよね。でも、むしろ恋を通り越して、ひとっ飛びに家族のように椿を受け入れていくんです。恐らく本人も無意識のうちにそうなっている。恋人としてより家族として過ごして居心地が良い人と巡り会える方が余程難しいんじゃないかと思うので、こういう始まり方のBLもありだなぁと新しい発見をさせてくれました。続編も楽しみです。

0

言葉を知らない自分が悔しい

このお話が大好きで、特に忙しくしている椿くんが夜スーパーの帰りに無意識に平岩家に向かってしまい道から平岩を見てなんか元気出る場面とクリスマスの夜に平岩が眠った椿のために用意してあったチキンを片付ける場面に何かを感じて好きなのに、自分が何を感じてるのか説明できない!

史生は可愛いけれど、平岩としては一人で育児しているときのなんとも言えない疲れや孤独も感じていたんじゃないかと思って、大人で友達の枠に入り自分の子供を可愛がる椿との関係はそう言うのを癒やしたんじゃないかと思う

椿がクリスマスの夜、大人同士の飲みが出来なかったの残念だったけれど、きっと平岩の分まで急いで作って寝不足だったんだと思うと純粋な気持ちを形にできる椿がとても可愛く思える

椿は史生と友達だから平岩家に来ているように見えるくらい平岩そっちのけなんだけれど、平岩に近付かれるとドキドキしちゃっていたたまれなくなっちゃう気持ちも持っているのあんまりにも幼くてどうかと思うんだけど、平岩は父親でもあるからなのか幼い椿となんとなく丁度いい不思議な関係
部屋を見上げるときはいつも平岩だけを見ているんだけれど
椿は平岩とどうこうなりたいって思う日が来るんだろうか

0

日常

イシノアヤ先生が2009年にこの作品を描かれていたという事実が既に愛しい。
最近はジェンダーレス男子とか、話題にもなるし受け入れられてきている感じがするけど、そこに焦点を当てるのがとっても早い。

◾︎平岩(バツイチ子持ち) 椿太郎(手芸作家)
史生(ふみお/平岩の子/女の子)

椿は平岩の後輩小堀くんとか、散髪屋さんとかに"綺麗な人"扱いはされるのですが、それでも完全に男として描かれているところ、イシノアヤ先生が好きになる。朝にはヒゲがしっかり生えて、それを剃る描写を描いてくれる気概よ。一人称も俺だし。

他に特に好きなお話が色鉛筆!!!こっそり削って綺麗に削れる平岩の不器用さと器用さが可愛くて仕方がない。

椿は平岩が好きなんでしょうけれど、恋愛の意味かも曖昧にしつつ、もちろんキスもエッチもありません。それでもキュンとする素敵な作品です。

1

優しくて温かくて愛しくて

優しくて温かくて愛おしくていつまでも見守っていたくなるお話と登場人物でした。

偶然再会した椿と平岩。平岩は×1で娘がいる。
近所なんだから遊びに来いよって言われて動揺する椿。臆病で逃げ回ってでも気になって。

普通に会えるようになったら仲良くなってなんだか家族団らんを見ているようでしたね。娘が結びつけるところもあったんでしょう。

椿は平岩にドキドキしてしまって病院行っちゃう人です。ときめいたり落ち込んだり浮かれたり忙しいですね。
平岩も椿に家族のようなもんだからと娘の入学式に呼んだり。

とてもハートフルでした。椿の恋心はどうなっちゃうのかな?平岩には全くその気がなさそうだけど。続巻で進展あるのかなあ。

0

幸せに溢れた生活

 彼らの「生活」を心地よく感じることのできる漫画です。
めちゃくちゃ生活感があります。それがとても美しい!!絵柄の力もスゴイです。
3人でご飯を作ったり、食べたり、出かけたりする様子が本当に堪らない!
なんてことない日常を、鈍感な椿君がゆっくりと、少しづつドキドキしたり、不安になったりしながら恋をしていく…という感じです。
ずっと幸せに溢れているけど、終盤は特に幸せに溢れていて幸せで胸がキュン死にます。
私が読んだBLの中でこれが1番のんびりしてる印象です。
ほっこりのんびりするBLが好きな人はぜひ読んでほしいです。

1

平岩と史生と太郎の、まあるい輪

癒される〜…その一言に尽きる。
たろくん、いいよね〜。
2009年、ジェンダーレス男子の走り。椿太郎見参!
…という感じで。

全くエロはありません。でも、BがLする雰囲気はほわほわ〜っとある。
主人公の椿太郎は、自分が男だから男らしくしなくちゃ、とかそういうくくりから完全に自由で、自作の手芸の色々グッズを販売するお仕事で自立しています。
男とか女とか、子供とか大人とか。そんな枠組みを越える太郎は、公園で知り合った史生ちゃん(♀)とお友達になって、彼女のお父さんが偶然同級生でおうちに出入りするように。
3人のほのぼの交流の中に、ふとドキドキする瞬間があって…
でも、太郎にとってはそんな感情も未知すぎて、心臓がドキドキするからって病院に行ったりするんです。
ステキなレインコートを買って、雨の日を待ちわびる太郎。
朝になればやっぱりヒゲが伸びる太郎。
実家で男手としてガッツリこき使われる太郎。
フェミ男で、誰よりも手芸もお料理も上手で。
コイバナはできないし、プロレスも見られないけど、太郎みたいな友達欲しい〜!

2

たまらんワールド

好きすぎて、好きすぎて、読み終わったあとに本を抱きしめてしまいました。
何度でも言いたい。好きすぎる!
友人に借りたのですが、読み終わってから光の速さで本作と続編を注文しましたよ。

散歩中に頭に当たった洗濯ばさみ。
拾おうとしてしゃがんだ先に咲いた小さな花。
呼びかける声に振り返ると、そこには…。

手芸作家の椿太郎が中学校の同級生だった平岩と再会してからの日々が綴られています。
平岩はバツイチで史生という女の子とふたり暮らし。
椿が平岩の子どもとは知らずに史生と仲良しになる過程がかわいいのです。
史生の父親が平岩だと分かってから3人の距離がぐんぐん近付いて、椿の気持ちもちょっとずつ変化していく様子もかわいいのです。
とにかくもう全開でかわいいのですよ!!

椿は「きれいなおねいさん」や「きれいな女の人だなー」と思われるような見た目に加えて、性格もほわほわした子供みたいな子です。男性要素は朝になったら生えているヒゲくらい。一目惚れしたレインコートが着たくて雨を心待ちにしたり、仕事で疲れているときに平岩の姿がちらっと見えただけでうれしくなったり、女の子なら誰でも経験したことがあるような気持ちをたくさん持っています。だから共感しやすいし、応援したくなるんだなあ。

平岩はふつうの男の人。どこからどういう角度で見てもふつう。再会の場面で椿が全然思い出せなかったくらい、きっと昔からふつうの子。だけど椿の恋する目を通して見ると読んでいる方まで、ふつうなのにどこかキラキラして見えるのです。

イシノアヤさんの作品の中にはどこか冬野さほさんを思い出す雰囲気があるのですが、この作品は特にそう感じました。
椿が生きているキラキラとワクワクが詰まった世界が、冬野さんの描く子供が見ている世界と重なるんですよね。この世の中にはきれいなものや楽しいことしかないと信じているような、純粋な世界。こういうの好きだー。本当に癒されます。

湯のみ茶碗のエピソード、小学校の改装のシーンでは胸きゅんが許容量オーバーしてしまう危険性があるのでご注意ください。

派手なイベントやものすごい事件はなくて、ただただ椿と一緒に毎日を過ごして、史生と楽しく遊んで、ときどき平岩家におじゃまして、平岩のちょっとしたことにどきどきして、「このどきどきはなんだろう?」ってなるのを楽しむ作品です。
ずっと手元に置いて、たびたびページを開きたくなる。きっと大事な一冊になる本です。

14

好きだー好きだー好きだー

手芸作家の椿とバツイチ子持ちサラリーマンの平岩と幼い娘の史生ちゃんの三人で過ごす家族とも違う、恋人同士とも違う、友人同士とも違う穏やかでゆっくりと流れるやさしい時間、季節感溢れる日常エピソードの数々。

春は桜吹雪の下で、夏は涼しい木陰で、秋は日向ぼっこしながら、冬はあったかいお布団にくるまってぬくぬくしながら読みたくなります。
私は大抵寝る前のひとときに読む事が多いです。一回読めばその後はエピソードのどこから読んでも基本大丈夫なので、その時の気分で好きな箇所を読んでます。

私は椿が買ったばかりのレインコート着て、待ちに待った雨の中、長靴でばしゃばしゃ満開の紫陽花のなかを掻き分けて進むシーンが登場するお話【レインコート】がとくに好き。
「あじさい横断〜!」「梅雨どまんなかー!!」と言いながら平岩親子のほうへやってくるんだけど、その様子を見た平岩が史生ちゃんに「あーゆう大人になるなよ 史生 」と言い聞かせている。
椿は子供心を忘れないまま大きくなった稀有な人だなぁっていうのがよく判るし、憂鬱な梅雨の雨ですら椿のフィルターを通して見るとこんなに生き生きとした世界なのかって感じることができるんです。
そして椿の髪の毛についたカタツムリを平岩が取ろうとして髪の毛に触ったときに、椿がどっきん!とする様子がとても可愛い。

3

可愛い!可愛い!

主な登場人物は3人。
社会人になってから全くの偶然で再会した中学の同級生同士の椿と平岩。そして平岩の幼い娘、史生ちゃん。
椿と平岩は家が割と近いようなのですが、本人たちが全く意識しないうちにこの3人のつながりが出来て、椿と平岩家との付き合いが始まります。
ほんとに短い一つ一つのお話が日常の何でもないような1コマを描いているのですが、椿や史生ちゃんの行動がなんとも愛おしいのですよ…。
椿は平岩とは同い年のはずなのですが、とてもピュアな子で、編み物や縫物で小物を作る仕事をしているのですが、それが彼にとてもぴったりなお仕事だと思います。
正にオトメンという感じ。
ほのぼので暖かいお話を読みたい時にはとてもお薦めな1冊です。

2

毎日少しずつ読みたいあったかラブ

表紙の優しいタッチに惹かれて購入しました。

まず、ラブシーンは無しです。
表紙の通り、基本的に男性ふたりとその片方の娘の3人でお話が進んでいきます。

とにかく純粋にゆっくり進んでいくのですが、あまり語られすぎない登場人物たちの細かな感情の変化があたたかいタッチの絵にとても良く馴染んでおり、読後の満足感は随一です。
終わり方がきれいなのですっきりはしますが、もっと彼らの日常を覗いていたい…新聞とかの漫画欄に毎日載っていてほしい…笑 そんな素敵な作品でした。

主人公(一応は受とされていますが、ラブシーンはないので…)が可愛らしいふわふわボーイなのもあって、BL!!という感じは低めです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う