苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子が贈るスーパー★ラブ!

SUPER LOVERS(2)

super lovers

超级恋人

SUPER LOVERS(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神47
  • 萌×29
  • 萌32
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
30
得点
367
評価数
92
平均
4 / 5
神率
51.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
SUPER LOVERS
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048545624

あらすじ

日本に帰国した海棠晴と末っ子の零は、ついに兄弟4人で暮らすことに。だけど、突然の兄弟同居がそう簡単に上手くいくはずもなく…?
14万部突破の1巻に続く待望の第2弾!!
(出版社より)

表題作SUPER LOVERS(2)

海棠晴(カナダ育ちのクオーター元ホスト長男22歳)
海棠零(カナダ育ちの義弟四男15歳)

その他の収録作品

  • SUPER LOVERS #6,5
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数30

零の言葉が胸を打つ

 零を追いかけてカナダで暮らしていた晴。零を説得して一緒に日本で暮らすことになりました。日本の美味しいお米に釣られて零が決心したと描かれているけど、晴の望みを叶えたいから来たんだよね?
 零は高校へ進学し、晴は大きな家を借りて兄弟全員で暮らすことになります。世話好きな晴は零のことを兄弟(義理だけど)とは思えないほど過剰に構い、キスをしたり抱きしめたり、一緒のベッドで眠ったり「兄弟なんだから普通だ」などと理由を付けてはいるけど、零を自分に向かせておきたい一心に思えます。自分ひとりだけを見てくれる自分だけを好きになってくれる零。零が自分に夢中になるのを見て、嬉しくてたまらない晴。ほんと悪い男です。無口な零が真っすぐに口にする飾り気のない言葉は、いつも真理に満ちていて、心を揺さぶられます。
 桜の花が終わるのを待っていた零。一生懸命にポメの飼い主(帰る家)を探す零。「お前が望むなら俺はただの『弟』でいる」と晴に告げる零。切ないです。

1

早く幸せになってほしいです

4人兄弟の、血が繋がらない長男と4男のラブストーリーの2巻です。
零が日本に帰国して、広い家に引っ越して、新しい環境が始まります。そして、零も高校生になって少しずつ2人の関係が変わっていきます(ほんと、ちょっとだけど)

相変わらず、零が可愛いし、ハルはカッコいいしで、キュンキュンします。
でも、ハルに振り回される零が、ちょっと気の毒です。周りから見れば、キスして溺愛してるのは、好きだからだと思うのに、なかなか覚悟を決めないハルにハラハラします。
たぶん、一番しっかりしてるのは、零なんでしょうね。双子の気持ちやハルの気持ちを考えて、我慢しようとする姿が、健気で切なくなります。
そして、ハルのズルさで零に言わせた「俺はただの弟でいる」の一言に、ハルの馬鹿~と叫びたくなります。早く零を幸せにしてあげてほしいです。

2

時が進むにつれ

零くんが学生にそして日本に帰国してきました。
晴さんがホストを辞め喫茶へとアパートから一軒家に引っ越し4人暮らし。
零くんの通う高校、蒼陵・・・あべ先生の困星作品の中に出てきた高校ですね。
アパートの大家さんが倒れたり。ワンちゃんが登場します。
郁さんやキヨさんも出てきて、そして零くんと晴さんの関係もさらに1巻よりさら甘々です。面白いです。
零くんも1巻より成長し、晴さんの転機ですね。
帰国してきたのが、零くんのお米が食べたいからのは笑いました。

0

晴のキャラが・・・

綺麗な絵柄と高評価につられて購入しました。

うーん・・・。
正直、私には合いませんでした。

こういう焦れったい展開は嫌いじゃないんですが、なんだかイライラしてきまして・・・。
1巻で「誰にでも優しくてときどき残酷(?)な晴」がすでに苦手だったのですが、2巻では嫌いになってしまいました。

零の好意は自分に向いていてほしいが、その気持ちに答える気はないように見えて嫌でした。
晴にとって零は大事な家族なので、慎重になるのは分からなくもないのですが・・・
束縛やら嫉妬やらは激しいなんて、零が不憫でならなかったです。

晴のキャラが地雷であまり楽しめませんでしたが、絵柄は綺麗で見やすかったです。

1

サブキャラもいっぱい

『SUPER LOVERS』第二巻です。
この巻もたくさんレビューが書かれていますので、わたしは感想中心で。

二巻も変わらず、長男(晴)と四男(零)の恋愛模様です。(血は繋がっていません)

零が中学を卒業して、晴とふたりで暮らしていたボロアパートから戸建一軒家へ越すあたりからスタートです。
この家で、次男三男の双子と同居を始めます。
やっと、晴念願の兄弟水入らず。
二巻ではこの双子もかなり登場し始めました。
零のクラスメートの黒崎や、晴のホスト時代の後輩・郁、そして清華なども。
清華、二巻ではかなり嫌なキャラですねー。

えっちはありませんが、相変わらずちゅーちゅーはやらかしている晴と零。
子供の零の方はしっかり家族愛以外の気持ちを自覚していますが、晴の方は弟(家族)としてなのか恋愛なのかをまだ無意識にラインづけしていないままのちゅーなわけで、タチが悪いですね。
わたしは好きですが(苦笑

0

好きが溢れ過ぎて…もどかしくて苦しい!

シリーズ第2巻!
ハルとレンの関係は波乱な予感でせつなかったです。
今回はラブなシーンが微妙に進展はしているものの、暴走&強姦に近かったかもしれません。

あとは環境が変わり、新キャラも増えて周囲はざわざわといった感じでしょうか(笑)
でも、あべ先生のこのゆっくり丁寧に描かれていくテンポは結構好き。
肝心な部分が進まず回り道をしているようで、最終的にはそれは無駄なことじゃないところ。
実は一つ一つに意味を持たせている描き方。
この独特なペース展開に毎回魅せられて、どんどん作品の世界にハマってしまいます。
今回の作品も堪能させてくれそうな予感に、凄くワクワクしてます‼︎

2巻では、いつの間にやら日本に帰ってきているハルとレン。
帰国理由とレンの米命エピは爆笑でした(笑)
「レンレンもっとハルを振り回してしまえ〜」と乱暴にも思ってしまうくらい、今回のハルの行動の数々は痛かったので…。

中学を卒業して、高校に入学するレンと、無事に大学進学している双子のアキ&シマ。
そしてハルは、兄弟4人同居生活の実現のためにホストを引退し、幹子さん所有家を借り、その隣でカフェをオープンすることを決めます。

新キャラも登場!
レンの高校の同級生&一応友達⁉︎の関西出身 • 黒崎十全。
彼も複雑な家庭環境を抱えているんですけど、とってもいい奴です。
2人が家族の事を話すシーンは好き!
特にレンの一言に感動でした。
十全もますますレンを気に入り、レンをダチだと思ってます(笑)

あと、晴がオープン予定のカフェ&バーの夜の部のを担当する• 清華。
彼女は当て馬かと思いきや、微妙な立ち位置でした!
でも充分レンとハルを引っ掻き回す爆弾を投げ込んでくれます!
今はそうでもないですけど、最初彼女が登場した時は、レンに言った言葉にムッときて嫌いなタイプだった(笑)

そして、ハルとレンが住んでいたボロアパートの大家のじーさんと、大家さんが飼っているポメラニアン…名前はタヌキ(レンが名付け親)
このタヌキのエピはほのぼの癒しでした(笑)
こういったあべ先生のコミカルな描き方は大好き♡
特に動物絡みで欠かせたらピカイチかも!
郁君は1巻にも出ていますけど、ハルと一緒にホストを辞め、カフェを手伝うことになります。

「お前が望むなら、俺はただの『弟』でいる」
もうこのレンの一言が、ただただ涙でした。
さすがあべ先生!
心にストンと落ちてくるこの言葉…いつもながら凄いな〜と!
レンに言わせたハルに苛立ちは感じるものの、彼も言わせたくなかった言葉だと…後悔していることが伝わってくるから、余計にせつなかった。
不器用過ぎという言葉で区切ってしまうには、本当に複雑な感情を持ち合わせている2人。

寂しん坊の甘えたがり長男 •ハルと、ひたむきで頑固で素直な末っ子 •レン。
お互いに好きなのに、近くにいればいるほど距離感が上手く取れずに、意図せず傷つけあってしまうんです。
で、それが、周囲は喧嘩しているように見えても、実は喧嘩になっていなかったり…と本当に複雑でめんどくさい2人(笑)

お互いにお互いのことを考えていて、相手が求めているものを与えたいって想いは同じでも、恋愛に関する『愛』になると噛み合っていないから、すれ違うのかな…⁉︎

ハルはよく言えば博愛主義者…悪く言えば双子も太鼓判押すくらいの、本人は無自覚なタチの悪いタラシ(笑)
レンはそんなハルの悪い所は分かっているんだけど、たとえ裏切られても、自分が信じていれば問題ないみたいな考え方の持ち主。
だからハルに拒絶されない限りは、自分から離れたり逃げたりはしないみたいな感じなのです。
なんて健気で…可愛いんだろう…でも痛いんです。
いつも無表情で淡々とした物言いだし、その考え方が両親に捨てられたトラウマのせいもあるのかもしれないと思ったら、胸が締め付けられます。

普通にチューしたり、はたから見たら兄弟愛以上にラブラブなんですけど、2人の『愛』の形は恋愛に結びつくんでしょうか⁉︎
なんか最初から物凄く躓いているから心配(笑)

かと思ったら、「俺とキスするのが嫌?」とか、「いつまで一人で寝ればいい?」とから、「我慢できなかった」とかキュンキュンな言葉を言っちゃってくれてるし♡
もう、自分が2人の深みにハマっていって…悶え苦しみながら読みました(笑)

ハルのレンへの愛の深さは、双子とは違う愛情は感じるものの、それが兄としてなのか…はたまた恋心なのか⁉︎
年齢差や未成年というこに気を使い過ぎて、身動きが取れていないようにも思えるし⁉︎
レンはハルに対する愛情が、好きな人に近いことは分かっているけど、それが本当に恋心なのかはハッキリしないし…
恋愛っていうものがあまり分かっていないから進まないみたいな…
逆に、子供扱いばかりするハルは、自分を恋愛対象とは見てくれないって思ってしまう…。

このグルグル感は、キュンキュンも感じるけど、同じくらいハラハラもさせられます!
本当にもどかしい(笑)
3巻の展開が非常に気になる終わり方でした。

ラストがレンの衝撃の一言だけに、書き下ろしと、カバー下のお話はほのぼので…家族の平和な一時にホッとしました!
アキ&シマの双子が、レンとハルの関係に、読者の気持ちを毎回いい感じで代弁して突っ込んでくれるのが面白くて好きでした(笑)

0

胸がきゅーっと

読んでてなってしまう2巻でした。
なんでかって、零がひたすら健気で、晴が無自覚に振り回すから(T_T)

2巻は、零の気持ちが固まったことがちゃんとわかる一方、
晴の気持ちはところてんかよ!ってくらいぐでんぐでんでした Orz
しかもぐでんぐでんなのに気付かないっていう。
だめだこの男、早くどうにかしないと…
やること(キス強要させたりとか)はやってるあたりタチが悪いですねぇ

いや、晴も零に対して愛しのハニーだと言っちゃうし、
弟に手を出さないと言った後に「マズイ」って思ってしまうあたり、
兄弟以上に思っていることは確実だと思うんだけど…
うーんもやもやー。
絵はあいかわらずお美しくて保養!

小ネタとしては色々美味しかったですvv
15万の炊飯ジャーを零にねだられて、即買いいしちゃう晴とか
高校の友人の十全と零の会話のやりとりに笑ったりとか。
下駄箱でちゅうしてるのを目撃したことについて問い詰めてるのに、
零が堂々すぎる話のそらしかたをしたのにはうけましたw

ところで、表紙カバーをとったところの漫画、2巻は心臓に悪かったですw
夜中に読んで「ひぃっ(°□°|||)!!」と叫びました。あべ先生、リアル過ぎます…。

0

可愛い!可愛い!

相変わらず零くんが可愛いです。
前巻で晴がカナダへと行ったわけですが、いつの間にか日本ですね。
そしてあのちっちゃくて可愛い零くんも中学を卒業....サイズは小さいままでよかったですw

毎回思うのですが本当にこの二人のキスシーンは素敵ですね....好きです。
零くんが最初とは全く違いますね。あんなに噛み付いて吠えてたのに....すっかり晴に懐いてて可愛いです....。
いつの間にか晴が変態になってたり、本当に変態だったり。

晴が零くん襲ってるところですが、見ているこっちがなんだかハラハラする展開でした。
その後も零くんは晴を怖がっているし、晴はダメ男だし....1巻に引き続き早く二人がラブラブしてるところがみたいですw

1

高校生になりました

小さかった零も中学を卒業して高校生に・・・。
やっと安心して読めます(笑)
引っ越しして兄弟4人で暮らすことになります。
ハルと零 蒔麻と亜樹 という感じで兄弟はくっついている感有りですが、蒔麻が一番冷静な役回りですね。
清華さんが零にちょっといじわるをするのがイマイチだけど悪い人ではなさそう(笑)
にしてもハルも零もなんかぐるぐるしているような気が・・・いったいどうしたいんだ?
そして、零がとうとう・・・。続きが気になります

2

ストイックさが良い(><)b

よくあるBL作品では出会ってすぐラブシーンとなりがちですが、
この作品ではそう言うのは無くて、
でも無理になくしている感じではなく、自然な感じでとても好きです!!
どうしてもラブシーンがメインになりがちなBLというジャンルの中で、
こういうストイックさはとても新鮮で良いと思います!
しかもストーリーに深みがあり、普通の文学としても十分素晴らしい作品だと思います!!

&
ストイックでラブシーン無いだけに、
よくあるディープキスでも物すっっっっっっっっっごい萌えました❤❤
素晴らしいです!!

そして普段の何気ない日常の中で晴と零がイチャイチャしてるのが大好きです!!
(晴が零に一方的にくっついている部分がありますがwそれに彼、過保護だしw)
『普通、兄弟でそんなことしないってw』と思わずニヤケますw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ