苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子が贈るスーパー★ラブ!

SUPER LOVERS(2)

super lovers

超级恋人

SUPER LOVERS(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神53
  • 萌×212
  • 萌32
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
30
得点
409
評価数
101
平均
4.1 / 5
神率
52.5%
著者
あべ美幸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
SUPER LOVERS
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784048545624

あらすじ

日本に帰国した海棠晴と末っ子の零は、ついに兄弟4人で暮らすことに。だけど、突然の兄弟同居がそう簡単に上手くいくはずもなく…?
14万部突破の1巻に続く待望の第2弾!!
(出版社より)

表題作SUPER LOVERS(2)

海棠晴(カナダ育ちのクオーター元ホスト長男22歳)
海棠零(カナダ育ちの義弟四男15歳)

その他の収録作品

  • SUPER LOVERS #6,5
  • あとがき

レビュー投稿数30

良くも悪くも複雑長編フラグ…

読み終えて…とにかく、、、もさもさするっ!!!(><)
2巻でラブい状態に突入してないお話って、先の長い旅路になる傾向がある気がします。。。

すごい出版社の押しもあるし宣伝もハンパなく、ストーリーの設定とか掴みはバッチリ、キャラもとても個性的で魅力たっぷり、ネタも満載だろうがゆえに…かなりの長編予定だろうなーと思うと、晴と零の幸せラブ生活が訪れるのは遠いかも…とちょと先読みして後ろ向きな私…。
いやいやあべ先生は大好きです!!特にいつも光と影のきめ細やかな描写が素晴らしい!今回も神♪

4人兄弟の同居がはじまり、ドタバタが続きつつ、晴と零の関係も変わったような変わらないような?
微妙な距離感が二人を包んでいる巻です。
小さい時からの唯一かつ最愛の人が不動になっている零の、揺るぎようのない想いは、とてもシンプルで研ぎ澄まされていて、普通の大人の感覚で見ると怖いほどだと思う。
欲しいものと要らないもの。
晴の存在によって、しっかり仕分けができてしまう零は、純粋がむき出しゆえに、彼の心に受けるダメージを考えさせられました。
零のは大人になる過程で得た仕分け能力とは違う。
まだ大人ではないのに大人よりも潔い。
これからも零の受けるであろう痛みは、どうしたってダイレクトになってしまうんだろうと思います(涙)
そう思うと切なくてたまらない。。。
(しかしながら、零の「好き」には迷いがなさすぎて…まさかこのまま大どんでん返しで、攻めに育つんじゃ?!という懸念さえよぎったことを、胸にとどめておけないので書いておくwそれくらいあべ先生のストーリー構成には湧水のごとく妄想増大力ハンパないっす)

晴は晴で、1巻から引き続き心の自立ができていない大人だと思います。
だからこそ零が特別であって、大切で、失えなくて、手に入れたいけど、守り方も分からない。そんな複雑にぐちゃぐちゃした感じなのかなーと。
晴が自分の気持ちを優先できないのは、やっぱり過去の出来事のせいなんだろうと思う…そして次巻にそのネタが出てくるフラグが。。。
あーーー。女性ネタ嫌だなぁ。ちょと不安。あべ先生の書く女性はとても好きですが、逆に本当に魅力的だからすごく怖いです。
零が今以上に身動きとれなくなるんじゃないかって。。。(怯)

妄想、予測ネタをたくさん散りばめてあるところが、巧いあべ先生!!
まだまだラブで安定期なんてほど遠そうだけど、キャラの魅力と、引っ張って離さない切なさをこれでもかと落としていった技巧に見事にやられました(悔)
期待もこめて神評価にするしかない私は、あべ先生のテクに振り回されていること間違いなし!(><)
晴も零も双子も脇もみんな好きだしーーーーっ!!
んもうっ!!先めっちゃ気になるやん!!次巻はいつでるんだよぉぉぉぉ(涙)もやもやもや…
というわけで、一言で言うと、モヤモヤする巻ということですねっ!!!w
長文失礼しましたあ!ありがとうございます!

4

わ~ん晴のばか~><

零がもう、可哀想で切なくて、胸がぎゅ~ってなります。
すっごくラブラブで仲良しでいちゃこらしてるんだけど、2人の想いの温度差みたいなのが切なかったです。

零の気持ちは1巻からずっとかわらずハッキリしてるんですよね。
本当に晴のことが大好きで、表情には出さないけど言葉や態度では真っ直ぐに気持ちを晴に注ぐ姿が、とにかくキュンとします。
だから晴があっけらかんと流すたびに、読みながら「ちがう~><」ってゴロゴロしちゃうんですよね。
すっごい零のこと構って所構わずキスしたりぎゅーってしたりするくせにっ!
それが「自分が寂しいから」ってのが見えてしまって、こっちが寂しくなる。
「零を寂しくさせるな~!」って腹が立つのに、カッコよくて綺麗で優しくて楽しくて寂しくてほっとけないんだもん晴ズルイ!ドチクショー!
ホント、子供の零よりもずっとたちの悪い甘ったれの大人です。

零の気持ちにはちゃんと気付いてると思うんだけどなぁ。
そんで、晴もちゃんと好きだと思うんだけど、どうだろ?

これからの展開に大いに期待したいところだし、零が可哀想な感じになってもちゃんと晴が向き合ってくれるならキュンキュンしながら胸を痛めながら次を待てるんですが……。
私は個人的に、過去の女ネタとか要らない;
つーか、見たくない~><

それにしても…。
桜が散るのをじ~っと待ってる理由に、零の純粋さとか気持ちの真っ直ぐさを感じてキュンキュンしました。
1巻のお風呂場の場面を思い出しました。
「いつまで一人で寝れば良い」とかっ!可愛いっ><
ほら晴!そこで押し倒せっ!

1

いいね~!!!!!

最後のほうでは1巻より2人の距離が離れたんじゃないかと思う。
けれども中身はやっぱりいいね。

というかこの間の見どころは個人的にキスシーンだと思う。
エロシーンはほとんどないけれども
今の時点ではエロはなくていい。
キスだけでごちそうさまです。おなかいっぱいです。

やっぱりこれから受け様を本物の『弟』としてみるのかどうかってことが
3巻のポイントになると思う。
でもBLだから最終的にはくっつくんだろうけどさ

でも受け様って無邪気だからこその色気あるよね!!!!
そこだけは言わせてもらいたい!!!

あと双子がおいしいよ。もっと出てほしい。

いい感じにBLチックなので3巻が楽しみです。



1

寝ても覚めても…

二人のことが頭から離れない!
続きが気になる!
早く3巻出てほしい!

1

とにかく絵がすき

絵がきれいで、それだけで申し分ありません。
晴が髪上げてるのとかすっごいイイです!

1巻から思っていたんですが、みんな零に冷たすぎない?
アキにしても、キヨカにしても、子供相手によくあんなこと
言えちゃうな~…と若干引いてしまいましたorz
そして私も子供に過保護になっちゃう気持ちすごくわかるので、
晴には共感しまくりでしたw

もっともっと零に惜しみない愛情を与えてあげてほしい!
晴もっとぎゅーしてちゅーしてやって!
3巻にそれを期待しますw

1

ストイックさが良い(><)b

よくあるBL作品では出会ってすぐラブシーンとなりがちですが、
この作品ではそう言うのは無くて、
でも無理になくしている感じではなく、自然な感じでとても好きです!!
どうしてもラブシーンがメインになりがちなBLというジャンルの中で、
こういうストイックさはとても新鮮で良いと思います!
しかもストーリーに深みがあり、普通の文学としても十分素晴らしい作品だと思います!!

&
ストイックでラブシーン無いだけに、
よくあるディープキスでも物すっっっっっっっっっごい萌えました❤❤
素晴らしいです!!

そして普段の何気ない日常の中で晴と零がイチャイチャしてるのが大好きです!!
(晴が零に一方的にくっついている部分がありますがwそれに彼、過保護だしw)
『普通、兄弟でそんなことしないってw』と思わずニヤケますw

1

可愛い!可愛い!

相変わらず零くんが可愛いです。
前巻で晴がカナダへと行ったわけですが、いつの間にか日本ですね。
そしてあのちっちゃくて可愛い零くんも中学を卒業....サイズは小さいままでよかったですw

毎回思うのですが本当にこの二人のキスシーンは素敵ですね....好きです。
零くんが最初とは全く違いますね。あんなに噛み付いて吠えてたのに....すっかり晴に懐いてて可愛いです....。
いつの間にか晴が変態になってたり、本当に変態だったり。

晴が零くん襲ってるところですが、見ているこっちがなんだかハラハラする展開でした。
その後も零くんは晴を怖がっているし、晴はダメ男だし....1巻に引き続き早く二人がラブラブしてるところがみたいですw

1

零の言葉が胸を打つ

 零を追いかけてカナダで暮らしていた晴。零を説得して一緒に日本で暮らすことになりました。日本の美味しいお米に釣られて零が決心したと描かれているけど、晴の望みを叶えたいから来たんだよね?
 零は高校へ進学し、晴は大きな家を借りて兄弟全員で暮らすことになります。世話好きな晴は零のことを兄弟(義理だけど)とは思えないほど過剰に構い、キスをしたり抱きしめたり、一緒のベッドで眠ったり「兄弟なんだから普通だ」などと理由を付けてはいるけど、零を自分に向かせておきたい一心に思えます。自分ひとりだけを見てくれる自分だけを好きになってくれる零。零が自分に夢中になるのを見て、嬉しくてたまらない晴。ほんと悪い男です。無口な零が真っすぐに口にする飾り気のない言葉は、いつも真理に満ちていて、心を揺さぶられます。
 桜の花が終わるのを待っていた零。一生懸命にポメの飼い主(帰る家)を探す零。「お前が望むなら俺はただの『弟』でいる」と晴に告げる零。切ないです。

1

高校生になりました

小さかった零も中学を卒業して高校生に・・・。
やっと安心して読めます(笑)
引っ越しして兄弟4人で暮らすことになります。
ハルと零 蒔麻と亜樹 という感じで兄弟はくっついている感有りですが、蒔麻が一番冷静な役回りですね。
清華さんが零にちょっといじわるをするのがイマイチだけど悪い人ではなさそう(笑)
にしてもハルも零もなんかぐるぐるしているような気が・・・いったいどうしたいんだ?
そして、零がとうとう・・・。続きが気になります

2

早く幸せになってほしいです

4人兄弟の、血が繋がらない長男と4男のラブストーリーの2巻です。
零が日本に帰国して、広い家に引っ越して、新しい環境が始まります。そして、零も高校生になって少しずつ2人の関係が変わっていきます(ほんと、ちょっとだけど)

相変わらず、零が可愛いし、ハルはカッコいいしで、キュンキュンします。
でも、ハルに振り回される零が、ちょっと気の毒です。周りから見れば、キスして溺愛してるのは、好きだからだと思うのに、なかなか覚悟を決めないハルにハラハラします。
たぶん、一番しっかりしてるのは、零なんでしょうね。双子の気持ちやハルの気持ちを考えて、我慢しようとする姿が、健気で切なくなります。
そして、ハルのズルさで零に言わせた「俺はただの弟でいる」の一言に、ハルの馬鹿~と叫びたくなります。早く零を幸せにしてあげてほしいです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う