苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子が贈るスーパー★ラブ!

SUPER LOVERS(1)

super lovers

超级恋人

SUPER LOVERS(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神93
  • 萌×219
  • 萌25
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
43
得点
622
評価数
146
平均
4.3 / 5
神率
63.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
SUPER LOVERS
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048545006

あらすじ

「母危篤」という知らせに騙されて海外に来るハメになった高校生の晴は、そこで突然「お前の弟だ!」と零という男の子に引き合わされて…!?

表題作SUPER LOVERS(1)

海棠晴(15→22)
海棠零(8→15)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数43

初めてはスパラヴァ!

初めて購入したBL本がSUPERLOVERSです!
アニメ放送前に事前勉強ぐらいの気持ちで買いに行って読んだらめっちゃハマッてしまいました!w
1巻はとにかく小さいレンレンがくっそかわです!
ハルは読み進んでいくにつれてこんなお兄ちゃんが欲しかったな!みたいな感情が私は出てきました!
そうゆう恋愛感情に自分はおかしいんじゃないかと思ってしまうレンレンにも注目して見ていただきたい作品だとおもいました!何回も読み返すぐらい面白いです!是非!

5

BL初心者にオススメ

初めて読んだBL作品です。
とにかく、零くんが可愛い!!!
何もわからず晴くんにいろいろと教えてもらう・・・これがまたもうたまらない!!
初めて読んだBL作品がこれで本当によかったと思います。
BL作品はちょっと・・・と思う方にもオススメできるのでは?と思います。
本当に何度も読み返してはきゅんきゅん、ドキドキしています。
続きが早く読みたい!笑。この先の二人の展開が気になります!
BL初心者にダントツのオススメ作品です。

2

王道の純粋BL!

私の中ではダントツの神作品です。
なかなかえっちしないのが私としてはとっても好きです。心模様と言うかドキドキ感がずーっと続く感じです。
レンのとにかくまっすぐな瞳と心に本当にきゅーっとなります。
そのまっすぐなレンにおもっきり惹かれていくハルが少しづつ余裕がなくなっていきそれを必死に隠しているあたりの心模様、堪りません。

何度読み返してもドキドキ出来る作品ってそんなにあるわけじゃないので本当に素晴らしい作品です。

3

おすすめ


私はショタが出てくる話が大好きなんです。
今まで読んできたショタの話でこの話がダントツの一位です。

けどまだやってないからそういうのを楽しみたい人はもしかしたら不服かもしれません。
逆に言うとそういうシーンが苦手な人は好きだと思います。

この物語の魅力は主人公の海棠零の男前な部分と兄の海棠晴のわんこな部分です。
こういうのをギャップ萌っていうのでしょうか。

それと次男と三男(双子)です。
やっぱり双子とかが出てくると萌えますよね。

自分的には好きなシュチュエーションが全て入っていたので神評価です。
一度は読んでみないと損だと思うので読んでみてください。

1

8巻までの総評です

私の苦手とするショタ受けです(やってないけど)
今出てる8巻までの総評です
私がBLを復活するときに初めて手にした本
BLかぁ・・また読むのもなぁ・・と悩んでいたのですが絵がとても美しかったので手に取りやすかったです。
ショタ受けなんですが攻めの包容力がありすぎるところと受けも大人びているのでこの作品は大丈夫でした。
というよりけっこうはまりました(^.^)
弟君達がさらりと二人の仲を認めているのが微笑ましいww

本当なら神評価にしたいところですが
自分的にこの方の作品は文字が多く読みづらいのです
慣れるまで小説に挿絵をたくさんいれたような作品だなと思いつつ読んでました。
その1点だけです不服は
エロなシーンも1巻はほぼないしニアホモとも言えなくもない
(今はちょっと違いますが)
初心者の方にはおすすめの本だと思います

4

心にしみる、唯一の存在

八犬伝で大好きになったあべ美幸先生。美しい表紙の絵柄そのままに中の絵も美しく、どのコマも丁寧に描かれていて「これぞプロ!」と感嘆の声を上げたくなります。
 晴の母親が引き取った8歳の零の面倒をみるためにカナダにやってきた15歳の晴。過酷な出生の秘密を持つ零と複雑な環境で育った晴。面倒見の良い晴が野生のオオカミこどもみたいな零を構い、零は「近づくな、あいつはコワい人間だ」と思いながら、どんどん晴に惹かれて行きます。「優しい人間はコワい。」だから晴が一番怖い。最初からこの2人は兄弟のようなものですらないんですよね。晴は零の心にまっすぐ強烈に入ってきた光で、晴にとっての零も双子の弟たちとはまったく違う存在なんです。本当の母親は変わり者で仕事が1番。父親は再婚して双子の弟が生まれている。零だけが唯一の存在。本当の晴を見て、晴だけが独占できるかもしれない小さな零。まだまだ晴の感情は恋愛には程遠いし、零の晴を好きだと言う気持ちも子供の感情ではあるけれど、不器用だけど決して適当なことは口にしない零。そんな零の言葉は心にしみて、何度も目の奥が熱くなりました。
 レビューを書き始めた時はまだ1巻目だからと萌2にしていたのに、レビューのために読み返しているうちに、神になりました。こんなにキュンとして、じんわりと心にしみる作品。やっぱり神評価にしかならない!

3

人気があるのも納得です

あべ美幸さん、初読みです。
前から気になってたこのシリーズ、とっても面白かったです!もともと兄弟ものが好きなんだけど、絵は綺麗でキャラも素敵だし、ゆっくりと気持ちが育っていく過程がキュンキュンして萌えます。

お話は、3人兄弟の長男が、突然出来た4男と絆を深めていくストーリーです。
この4男の零の境遇が辛くて、胸が痛くなります。何があったのかや両親のことなど分からないことが多いけど、長男のハルと関わって、少しずつ人間らしく(前は野生児のようでした)感情が育ってきてるのに胸が温かくなります。
零が8歳だからまだBL要素はないけど、ハルが大事にしてる様子や、双子達と兄弟の絆が深まっていくのにキュンとなります。

ただ、両親の死を兄のせいだと一方的に責めた双子の亜樹が、少しイヤでした。だって事故は、横転したトレーラーが悪いんであって、ハルじゃないでしょう…と。
この亜樹は、零が来た時も騒いでいたし、唯一好きになれなかったです。
だけど、人気があるのも納得の面白さで、読んで大正解でした。

3

面白い

あべ先生の作品、好きですけど、
「SUPER LOVERS」は、複雑な家族問題もあり、
いろいろな関わりが交差をする中で、
兄の晴さんと弟になった零くんとの話で、晴さんも事故に巻き込まれ記憶喪失になったり、零くんは、春子さん所に来る前のことは記憶喪失。
波乱の人生な物語ですが、絆がよく描かれています。
面白い作品です。

2

なにこれ新しい・・・?

あべ美幸さんと言えば、八犬伝で有名ですが、
他の作品はぶっちゃけ知らなかったんです。
この作品に触れたのは、まだ「SUPER LOVERS」が
CIELに掲載されていた頃に、雑誌を購入していて
連載が始まったのを本誌で読んだためでした。

年の差という設定はBLでは決して珍しくありません。
ですが、そうそう簡単にBLと呼ぶような関係にいきつくわけもありませんでした。
まずは零を野生児から人間らしくすること、これがハルに課せられたことでした。
え?なにこれ、教育するの?
自分好みにできちゃうの?なにそれいやらしい。
そう思ったのはおそらく私だけじゃないはずです。
・・・しかし、そう簡単に矯正できるほど、生易しいミッションではありません。
ページを進めていくごとに、あれ?これはいつひっつくんだ?
いつそういう雰囲気になるんだ?と焦りました。
その心配はこの巻が終わるまで続きます。
なんやかんやあってハルが面倒を見ることになるんですが、
あまりにも零からの一方的な恋情じゃないか、と。
結局ハルの心情は読めないままです。
ぶっちゃけ、これってひっつくの?と思いました。
このふたりが正式に付き合うようになるのはいつになるんだろう・・・。
最新刊まで読んだ段階でそう思っていますw
そんな新しい?BL(でもちゃんとBLです)これからも楽しんでいきたいです。

4

何度繰り返し読んだことか,,,

7巻発売前なので、1巻から読み返しました(^v^)
6巻まで読んだ上でのレビューになるのでネタバレなしの感想を。

絵はめちゃキレイです。表紙が好きならまちがいなしです。
トーン多用で書き込みも多いので、画面は黒めな印象。
(白めなスッキリした画面が好みのかたは注意)

ストーリーの流れはホンっとゆーーーーっくり。イチャイチャばかりしているのにw
↑そのあたりが賛否両論のようですが、個人的には毎回キュンキュンさせられるポイントが押さえられていて、萌ツボ刺激されまくり~で大満足しています。

晴(攻)の無自覚無神経に傷つく零(受)。そして傷ついた零をみてすごく落ち込む晴。
あああ~~~~これに毎回キュンキュンが止まらないー!!!
近づいたり離れたりですが、基本イチャイチャなので糖分高め。
無自覚ナチュラルホモが萌えツボな方には、間違いなくオススメしたい!!!

細かくツッコミたい部分は多少あれども、大まかな流れとしては何回も繰り返し読んでも萌レベルが落ちずに泣ける部分では何度も泣ける。
改めて読み返して素敵な漫画だなーとしみじみ実感して神評価ですッ☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ