優しい年の差ロマンス!

てのひらにひとつ

tenohira ni hitotsu

てのひらにひとつ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×218
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない14

96

レビュー数
13
得点
158
評価数
56
平均
3.1 / 5
神率
16.1%
著者
夕映月子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
三池ろむこ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
ISBN
9784403523106

あらすじ

経営学部生の和音(かずと)は、塾講師のバイトをしている。
そこへ社会人の日下部(くさかべ)が、医学部受験のために入塾してきた。
本来の志望進路もゲイである己の恋心も、すべてを諦めてきた和音。
誕生日の夜、胸にしまい込んだその秘密を、和音は日下部に吐露する。
現実的ではない夢のためにひとり戦う日下部は、ただ黙って話を聞いてくれた。
そんな年上の男に、和音の心とからだはやがて惹かれてゆき……?

(出版社より)

表題作てのひらにひとつ

日下部拓道,32歳,医大受験の為塾に通う社会人
宮下和音,20歳,塾講師をしている大学生

その他の収録作品

  • 一本道を二人
  • あとがき

レビュー投稿数13

真面目と真面目の静かな恋愛

ドラマチック過剰を嫌う私をして、それにしてもドラマがなさすぎるんじゃ?と感じるほどの地味な物語。
勿論、それが悪いわけじゃない。
静かな恋愛の中での誠実な言葉や行動は、じんわりとした暖かさをもたらしてくれる。
本作は二部構成的な作品で、まず主人公の大学生・和音(かずと)視点での恋のはじまりを描く表題作、続いて恋人となった年上の日下部視点からのその後を描く中編が収録されています。

「てのひらにひとつ」
和音は真面目でいい子。
でも心の中は色々なことで縮こまってる子。経済的な事、弟の方に音楽の才能がある事、シングルマザーの母が弟にかかりきりになる事、同性愛者という事…
塾講師のバイトをしているが、そこに医学部受験を目指して入塾してきたのが32才社会人の日下部。
親友への失恋、はじめての泥酔。それがきっかけで日下部が気になるように。
…という和音側の視点としてはいいんだけど、元々ノンケであろう大人の日下部が和音を恋愛的に好きになって、というのがちょっとわからなかった…かなぁ。

で、事後。
和音にとっては初体験。
なのに日下部が1人でカップ麺食べるんですよね。本文内で和音本人はその気楽さはありがたいと言ってたけど…(私だったらコレやだわ。)


「一本道を二人」
こちらは日下部視点で、時間軸は表題作の一年後。2人は遠距離恋愛になっている。
2人は毎日スカイプで対話して、日下部が住んでいる学生寮の友人達も羨むようなラブラブぶり。
だけど、にじむ空気感はなんとも不穏なイメージを伝えてくる。
会えない距離、会えない時間。
そんな現実がじわじわと危機を炙り出していく…
読んでいてなんとも不穏を感じて、そこが微かなサスペンス風味も感じさせて面白かった。
とは言っても現実の危機ではありません。和音の不安と日下部の鈍感は和解し、2人はより強く結びつくラストになります。
私としては逆に面白みがなくなったけど、漂う微かな不安や不穏を描く手法はとても良いと感じた。
夕映先生はお決まりのハッピーエンドじゃない路線が合うのかも、と感じました。

0

とても好きです

やっぱり好きです。
お気に入りの作家様がまたひとり増えました。
嬉しいー

優しい文章と優しいキャラクター。
なんてことないラブストーリーかもしれませんが、お互いを愛しく思う気持ちが溢れていて、心がほこほこします。

家庭の事情で色んなことを諦めながら生きてきた和音。
そこに現れた大人で努力家の拓道。
お互いが影響し合い、成長していく姿に感動しました。

真面目で地味な拓道さんの「俺」呼びにキュンとします♡
そして、Hがとってもエロい!
じっくりゆっくりねっとり。
けっこうキザだし(笑)

胸が熱くなるラストも良かった。
日常に溶け込むふたりが素敵で、ちょっと涙が出そうになりました。
もっと他の作品も読んでみます!

2

2人がいつまでも幸せでいて欲しいと願ってしまいます

塾バイトをする大学生の和音。その塾に医学部受験の為にやってきた日下部。
一回りも年の離れている日下部は、物腰が柔らかく優しい。
和音は、大学で実らせるつもりもない片思いをし、幼少期からやっていたピアノや、将来のことなど、あきらめる事で平凡に生きてきた。
そんな2人が、惹かれ合うお話です。

表題作は、和音目線で語られています。
大学生の和音ですが、純情で可愛い。片思いだと思っていた相手だったが、恋ではなく憧れだったと気づいた時や、日下部を意識し初めて、彼を見ると触れたいと感じてしまう和音がたまらない。
日下部がどうゆう気持ちの変化で和音を好きになったのが気になっていたら、『一本道を二人』で日下部目線でわかりました。
遠距離恋愛になってしまったけれど、2人は好きで好きで仕方がない感じが、すごく伝わります。
甘々過ぎ!ってくらい。
これと言って大きな事件も嫌な人も出てきません。
相手の事を考えて、2人が幸せを感じる、ほっこりしたお話。
私は好きです。

1

好青年と好壮年の、ふつうの恋愛

夕映月子さんの『天国に手が届く』が個人的にヒットで、『てのひらにひとつ』も続いて作家買いしました。

受けの和音は「本当に好きなものは自分の手に入らない」と思っている、ちょっと諦めグセのある大学生。でも、ありがちな投げやりタイプじゃなくて、ただ「自分が誰かから求められる存在だ」っていう想像が自然に浮かんでこないような、自己評価が低めのタイプ。実際は、ピアニストの卵である弟のためにも自分は安定した職業に就こうと、学業と塾講師のバイトに精を出す努力家の青年です。

攻めの日下部は、安定した社会人という立場から医学部受験を決意した年上の男で、和音の塾の生徒になる。じんわりとした優しさで和音を癒し、また日下部自身も、医学部受験という目標をバカにしなかった和音の優しさに励まされていく。

いうなれば、地味な日常系のラブストーリー。でも、日常の小さいイベントが当人たちにとってはオオゴトなんだよね!ってしっかり分かって、萌えポイントは高めでした!和音目線の前半でじゅうぶん良作だと思ったけど、個人的には日下部目線の後半に突入するやいなや、ぐぐっと萌えアクセルが入った。

和音目線では、穏やかで優しい印象が強かった日下部。実際は、年相応に性欲も経験値もある大人の男でした。あんまりにもお付き合いに無垢な和音に、戸惑ったり、萌えまくったりしている「おじさんの喜び」がびんびん伝わってきました(笑)

総じてすごく良かったです〜。夕映さん、やっぱりいいな〜と思いました。

4

心のどこかで普通がうらやましかった彼

夕映さんの作品を読むのは二冊目です。
本編は受けの一人称、書き下ろし作は攻めの一人称です。


受けの宮下は経済学部の学生で、大学受験用の進学塾でアルバイトしています。
友人への片想い歴、一年半のゲイ。

攻めは、医学部受験のために宮下に個別指導を受けることとなった、大学職員として働く日下部。


ゲイであることは仕方ないと自分でも思う宮下。
しかし、片想いにドキドキしたり切なくなったり。
そういった感情は、普通の異性間の恋愛と同じでいたい、変わらないのだと思いたい。
そう考える宮下は、心の奥底ではゲイというものにコンプレックスがあるのだなと感じられます。
そして、異性間の行為にどうしようもなく生々しさや嫌悪感を抱いてしまう自分を、それと同じように嫌悪する宮下。
このせつない感じがかなり序盤に語られるおかけで、一人称という、そのキャラに共感がもてないと苦痛になる手法でもスッと入っていけたのだと思います。

前作でも感じたことですが、夕映さんはキャラの感情表現を書かれるのが、生意気な言い方ですがお上手だな思います。
つけ足しのようなわざとらしさがない。
片想いだとか失恋だとか、よく存在するシュチュエーションだったりしても、読み手までも同調させてしまう。

日常系の作品は、わざとらしく感じたらアウトだと思っています。
32歳の日下部が定職を捨てても医学部に挑戦するというのは、珍しい設定かなと思います。
が、そういったものが奇をてらったものと感じないのは、キャラにしっかり肉づけがされていて、かつ、心情に自然に添えるような書かれ方がされているから。
そして、日下部が素で言葉が出ちゃう時は『私』から『俺』になっちゃうのが、小さいけれどキュンポイントです。

帯には月村奎さんによる『ピュアで真摯な二人の恋に、涙、涙でした』とあって、ヘソが横についているわたしは「ホントかいな」と正直思っていました。
言い訳ですが、帯にはよく騙されているので(苦笑
でも読んでみましたら本泣きはしないまでも、「ホントだったよ!」と現金にも思ってしまった次第です。
さらに正直言えば、表紙はそそられません(すみません)。
でも、中の挿絵、特にえっちシーンは萌えます(笑

5

じわじわ進む感じがたまらない

大学生の和音(かずと)は、公認会計士を目指しながら、ダブルスクールの学費を稼ぐために塾講師のバイトをしている。
和音はゲイの自覚はあるものの、これまで男性と付き合うことはおろか、誰かに気持ちを打ち明けることは一生ないだろうと諦めている消極的な男子。
そんな和音が、新しく入ってきた受験生を受け持つことになったのですが、その相手は自分の通う大学の教務の仕事をしている32歳の日下部さんなのでした。
固い職業を持っていながらも、30過ぎて医大を受験しようとしている日下部のサポートを続けていく内に、親しくなり、だんだんと彼の人柄に惹かれていく和音。
最初にゲイであることを、うっかり日下部に知られてしまったために、自分の気持ちを悟られてはいけないと必死に隠そうとする和音が、いじらしいやらもどかしいやら。

最初は和音視点でのお話だったので、日下部の気持ちがはっかりわからなかったのですが、後半日下部視点になった途端、俄然萌えました。
大人のはずの日下部が、和音の初々しさやひたむきさにのめり込んでる様子がわかり、くっはーっ(*°∀°)=3となってしまう。
二人共どちらかというと地味だし真面目だし、年の差はあれど、あ、あと同性だけども、どうということのない普通の恋愛小説なのです。
なのに、このあとどうなっていくの?と読むのをやめられない。
二人がとても好き合っているということが染み入るように伝わってきて、あー良いお話読んだよー!と、幸せな気持ちに包まれました。
どこかで数年後の二人のお話を少しでもいいので、読みたいものです。

9

ほっとするようなお話

本当に本当に地味で真面目な二人のお話です。
変わっていると言えば、攻めの日下部が32歳にして医学部受験生(後に医学部学生)という事だけ。

受けの和音は、弟に対する無自覚なコンプレックス(だと私は思う)や、ゲイである事の後ろめたさから
いろいろ諦め超超引っ込み思案です。
二人は塾の講師(受け)と生徒(攻め)という関係ですが、最初のうちは本当にお互い
”そういう”意識はほぼ全くありません。
なぜ”ほぼ”なのかと言うと、潜在的にはあったようなので……w

そんな穏やかな二人の関係が変わったのが、和音の失恋。
親友に恋してたのですが、彼女の妊娠により結婚するや大学を辞めるやの話を聞き、取り乱してしまいます。
ここまでで和音の「諦め」がいろいろ書かれるのですが、やっぱショックを受けて取り乱すって事は
どんなに小さくてもちっとは期待してたんだと思うんですよね。
だから良かった。
失恋にも「フーン」で済ませられる人だったら人間味がちょっと薄いと感じてしまうので……

このショックを宥めてくれたのが日下部さん。
お酒に酔ってゲイである事のカミングアウトをしても変わらず優しい。
それどころか徐々に関係も親しくなっていくようなジワジワ感w
日下部さん自体受験生だし、恋愛一直線ってわけにもいかないんですよねぇ。
お互いが惹かれ合っているけど、和音は臆病で身動きがとれず、
日下部は和音の気持ちに気づいているけど機会を伺っているという状態。
最初に日下部が行動を起こしたあたり「ヨッシャァ!」なんて思ってしまいました。
でもやっぱ臆病和音は最初にスタコラ逃げてしまうのですが……

「一本道を二人」では日下部視点のその後が読めます。
遠距離恋愛になってしまった二人がすれ違うお話。
恋愛慣れしていない和音はやっぱり言葉が少し少ないです。
日下部は大人なんだけど、大人だからと言って恋人の何でも許せるわけではないのです。
特に遠距離なんだからきちんと言葉に出すべきものは出さないとね。
それより日下部の身軽さに驚いたのは私だけかしらー。

5

なんとなく違う・・・

淡々とした日常も、この上なく地味なキャラクター・ストーリーも、好きな方なんですが、この作品はどうも好みに合いませんでした。

悪くはないんです。キライでもない。読んでて疲れたとか嫌になったとかもないんですよ。だからって、いいところも別になかったなあ、という感じです。キャラクターもストーリーも、これといった魅力はなかったです。実際、設定もストーリーも、何ら特筆すべきものはない、ホントに『よくある』ものでしかなかったし、『この作家さんならでは』というものは、一切感じませんでした。

設定もキャラクターもストーリー展開や雰囲気も、何を取っても私の好みにはすごく近いんです。それは読み終わった今考えても確かなんですよ。だからかなり期待して(好き作家さんに加わるかと)読んだんですが、自分でも『なんでだろう?』と思うくらい入り込めませんでした。

別に、作家さんに問題があるとは思っていません。お話作りも文章も、2作目とは思えないくらい完成されています。でも、残念ながら、私とは『何か』が合わなかったようです。それが何なのかは、自分でもわからないので説明のしようがないんですが、目には見えない微妙な分かれ道があるんでしょうね。

帯に、月村奎さんの推薦文がありましたが、私は月村さんとはあまり相性がよくないんです。ですから、もしかしたら月村さんの世界がお好きな方にはピッタリなのかもしれません。

2

純粋な恋のお話

初読みの作家さんですが、ピュアな世界がうまく表現されていて、良かったです。

32歳の医学部受験と、なかなか大変な選択をした日下部(攻様)と、そんな日下部の塾の担当になってしまった和音(受様)のお話です。

和音は、今まで両親の離婚やピアノ、それに、恋人を作ることだとか…いろいろな事を諦めて生きてきました。
そんな和音ですが、日下部の塾の講師になり、始めは厄介だと感じていますが、彼と接する内に、少しずつ惹かれていきます。
でも元来の性格もあって始めから両思いになる事を諦め、必死に期待しないよう自分に言い聞かせています。同性愛者であるとカミングアウトしてもなお、受け入れてくれる日下部に、どうしようもなく惹かれながらも、嫌われないよう自分の気持ちを隠し続けるのです。

でも、日下部にはそんな和音の気持ちはバレバレで…しかも、日下部も純粋な和音にしっかり惹かれいるため、ちょっとずつアプローチをしています。

恋愛に不慣れな和音は臆病で、日下部から一旦逃げてしまうのですが、思いなおして日下部に告白……
との展開になっています。

日下部は穏やかでいい人なだけかと思いきや、本音と建前?みたいなのもしっかりあって…それなりの年月を生きてきた大人だなぁとしみじみ感じます。
対して和音は、恋愛に関しては、世間一般の同年代より純粋で、お子様です。

そんな二人の恋愛話なので、ピュアなだけじゃなくて、心に響くものがあります。30歳を過ぎた、酸いも甘いも体験してきた大人が、ピュアなお子様に触れて、恋愛に真剣に向き合う……そんな姿は、やっぱりいいものです。

プラス、大人な日下部は、ちょぴりエッチで、そんなところは、ちょっと萌えて、なかなか満足な一冊となっていました。

5

ガンバレ!と応援したくなる二人

夕映月子さん、デビュー作から実に1年10ヶ月ぶりの2作目!
デビュー作も丁寧な作りが印象的で、好きなモノだけに丁寧に綴られているなーと思えたのですが、今作品も実に丁寧な描写と展開でとても好感の持てる仕上がりになっていました。
派手さがあるわけではない。
大きなヤマがあるわけではない。
もどかしいほどの純粋な気持ちがじんわりと伝わってくる。
堅実さが良さと言いましょうか、登場人物たちも誠実で真摯です。

色々なモノを諦めて生きてきているゲイの大学生・和音が塾講師のバイトで生徒として出会った、大学の教務職員の日下部。
彼は32歳にして医大へ入学するために予備校に通っているのでした。
担当を任された和音と、真面目に積極的に授業を受ける日下部。
和音には、親友の杉山への密かな片思いの気持ちがあったのですが、その杉山の彼女が妊娠してしまったことからその報われない片思いが決定的に絶たれ、
その時に彼を気遣い受け止めてくれた日下部を好きと意識していくのでした。

和音の気持ちの推移がよくわかります。
日下部の態度についても、その後の日下部視点の短編でも補完されていますが、そうでなくても本編において十分伝わってくる。
受け視点で綴られるのに、攻めの気持ちも伝わってくる点はわかりやすいと思います。
何もかも諦める癖がついていた彼は無意識に、人を好きという感情は持っていても、花から諦めているために、日下部に対しても初めて欲情を伴った感情を持っている事に戸惑い、杉山に思わず聞くというシーンに、彼のウブさを。
臆病になって逃げしまおうとする姿を日下部に叱咤される姿を。
思わず、愛しいな~と思ってしまったりwww

『一本道を二人』
これは日下部視点から描かれる、その後の二人の姿です。
恋人になって、遠距離恋愛がはじまって4ヶ月。
スカイプを通じて距離を埋めている二人。夏休みは一緒に過ごすこともできたのに、その後ほんの些細な行き違いでスレ違いを体験する二人。
やはりちょっとの和音の臆病と焦りが招いたものもあるかもしれないですね。
しかし、ただ自分が心から望んだ進路ではなかったにせよ、今は目的・目標となっている。
それが二人の未来に結びつくと信じて努力する。
そんな二人の姿は、いいな~と思える関係です。
がんばれ!と思わず応援したくなるのです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う