王子様系俳優×野良ネコ系男子の濃厚ラブ!

  • 通販購入【PR】

表題作 クロネコ彼氏のアソビ方

賀神 圭市 → 前野智昭

真悟 → 近藤隆

その他キャラ
正人[竹内良太]/ 道重[小池謙一]

あらすじ

黒猫に化ける猫科人間の真悟(しんご)は、好みの顔とカラダなら、誰だって抱く。
そんな真悟に目をつけ、圧倒的なオスの匂いをさせて押し倒してきたのが、
人気No.1俳優・賀神(かがみ)だった。
カラダじゅうトロトロにされた真悟の腹の上で、彼が見せたケダモノな姿は!?



猫科男子ふたりの激しく切ない恋を人気キャストでドラマCD化!

原作:左京亜也

真悟:近藤隆
賀神:前野智昭
ほか

作品情報

作品名
クロネコ彼氏のアソビ方
著者
左京亜也 
媒体
CD
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
Suzys/ユキナリショウジ
脚本
佐々美沙
原画・イラスト
左京亜也
オリジナル媒体
コミック
メーカー
新書館〈CD〉
シリーズ
クロネコ彼氏シリーズ
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
描き下ろしプチコミックス
発売日
JANコード
4560219322776
4

(72)

(34)

萌々

(20)

(12)

中立

(2)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
16
得点
288
評価数
72
平均
4 / 5
神率
47.2%

レビュー投稿数16

真悟の素っぽい喘ぎが絶品!

近藤さんの声の功績で、ツンデレの可っ愛い~にゃんこになった真悟クンです。

自分の中でのイメージは、真悟はもう少し低めな声でクールな印象だったので、近藤さんだと「ネコ化彼氏のあやし方」の九重クンのイメージに近かったかなぁ。
このお声だとどうしても、おめめがクリクリした可愛い系の男子を脳内でイメージしてしまうんですよね。(某バルドや某律クン某尾上クンなど)

それはさておき、
素晴らしかった~!近藤さんの喘ぎが!
聴いた瞬間、イメージが違うとかナントカ諸々、一気にどこかへ吹っ飛んでしまいましたね。

皆さんおっしゃっている問題の(?)セリフ、「乳首やだ乳首やだ」とか、「ヤダヤダやめヤバイ」など早口の呟きが本当に可愛かったです。
守ってあげたくなるような、もっといじめたくなるような、思わず、賀神が乗り移ったんじゃないかと思うくらいに萌えました(笑)
自分的に、苦しそう&大きな喘ぎより、小さな可愛い声での素っぽい喘ぎの方が萌え度が高いなぁ(^^ゞ

一方前野さんは、キラキラ芸能人オーラ満載のいい声を出していて、賀神のイメージぴったりでした。
「かわいいね」や「おしおき♪」などの甘い囁きがめちゃくちゃ素敵です。

意外とグッジョブな働きをしていたのが正やん役の竹内良太さん。
真悟への、愛情のこもった叱責が巧かったです。

また、ところどころに入る猫の鳴き声が可愛くて癒されました。

ブックレットの描き下ろしのイラストもとても綺麗で、他にもCDの下に隠れている猫のイラストなど、可愛い仕掛けがあって色々楽しめるCDでした。
神評価ですが、近藤さんじゃなかったら神じゃなかったと思うので、結局は、真悟=近藤さん、ナイスキャスティング!という結論に至りました。大満足なCDです。

7

エロくて可笑しくて萌えました

評判のドラマCDだったので聴いてみたいと思っていたのですが、遅ればせながら聴くことができました。
評判に違わずすごーく萌えました。
乳首…のシーンはホント数あるこの手にシーンの中でもトップクラスといってもよい萌え度です。
必聴!!

原作未読のせいかも知れませんが、声優さんの声を聴いて他にないというくらいぴったり合っていると思いました。
二人ともエロい。

王子様系のイケメン俳優の賀神は日ごろからフェロモンたれ流しだし、真悟を弄ぶときのSっぷりもよかったです。
ベッドで散々いじめた後切く呼びかける声にキュンです。

やんちゃで倦怠気味の真悟もえろえろの真悟も近藤隆が好演してました。
個人的に近藤隆といえばクールビューティーな役として好きな人だったので、こんな感じもとてもよかったのでますますファンになりました。

はじめは遊びで賀神が真悟をおもちゃにしているみたいでしたが、だんだん執着してくる様子がわかって最後メロメロって感じにまでなり、逆に真悟がいやいや言いながらも会えなくなった時に好きを自覚して落ち込んだり困ったりしながら感情が交差していくところがいいなと思いました。

3

だんだん馴染んでくる配役

今作も素晴らしい音声化だと思うのですが、前野圭市×近藤真悟は続編が神!!
ルーツであるこの作品のページに、それをどうしても書いておきたい。
評価なんて神にきまってます。

前野圭市は、ドSで情熱家な攻め様のフェロモンそのまま音声化!みたいな、鼓膜に絡むような美声がもう大変です。
普段のキラキライケメンボイスも、甘く優しい恋人の姿も素敵。
賀神がキレてるときの凄みのある低音、はじめちょっと馴染めなかったんですが、ヒョウのうなり声だと思って聞くと非常に捗ります。ゾクゾクします。

近藤真悟がハマり役だと思えるのは、軽口やスネてるとき、あと小生意気な口調が悶絶モノに可愛いとこ。そして切ない台詞の情の濃さ。これがもーうバチッとハマってて最高!!!
絵の雰囲気よりかなり可愛めで演技なさっているのですが、真悟というキャラクターの柔らかいところが際立っていてキュンキュンします。

私はあえて原作見ないで聞く派です。
目と耳から一気に流れ込んでくると、脳の受容量の限界突破してしまうのでw

------------------------------
自分用・聞きどころまとめ

トラック1〜2の冒頭は全部!どうしても絞れない…!
真悟がチャラいかわいい!
賀神にはツンッツンしてて、警戒してふくらんだ猫しっぽが見えるようで、これまたかわいい。

トラック3
0525 ストロー吸う音
0605 携帯を水没させられてブチ切れ(かわいい)…からの
0622 …ぁぅ ←ここ!シュンとして見せる賀神に怯む真悟かわいい!
0828 「やだっつったのによ。へへん!」

トラック4
0040 「あー、そう…なんだ?」
真悟の処女もらっちゃったことを知ってうれしそう。やーらしw
ソワソワ感が非常によろしいです(^ω^)

0150 「こいつなら、入れてもいいーー俺のなかに」
真悟が恋に落ちる瞬間。もう切ないっていうか苦しい…!

トラック5
0020 「じゃっさー、これから部屋に取りに行こっかーー♡」
遊び人真悟の台詞、もっと聞きたかったなぁーw

0315
突然口に出されて無理矢理飲み込むも、むせて咳き込むシーン

1130
賀神「そうですか(←ここはキラキライケメン)…(ここでギラッとして)真悟は、もらっていきますね(←エロい…!)」
正人「はあぁッ♡」
賀神イケメンオーラ自重しろw
正人役の竹内さんがいい味出してます

トラック6
0607 「真悟」
段ボールの中の猫姿の真悟に賀神が繰り返し呼びかける名シーン。
3回呼ぶうち最後の3回目はラストシーンを盛り上げてくれる渾身の一言。震えます!
個人的には、バーでの再会エッチ後、寝てる真悟を呼ぶシーンが大大大好きなので、そこをこの声で聞きたかったなーと。

1220 「あたまなでるのヤメロ!」
ツンデレ!正人兄ちゃんもっとやれ!両手でやれ!

3

前野さんボイスが好きになったきっかけ

何回原作を読み、何回CDを聞いたかわからないです。
とにかく前野さんのイケメン低音ボイスが賀神にマッチしすぎて、
前野さんボイスが好きになったきっかけになりました。
前野さんの演じているCDを結構な数聞いて来ましたが、
(ちなみに前野さんの歌ってる曲は多分全部聞いたかもしれません)
賀神の声が一番好きです(*^O^*)
今では賀神は私の理想の男です(笑)

最初賀神は強引で俺様でちょっと怖い雰囲気があったんですけど、
だんだん真悟に執着愛を感じて来て、
私もこんなに溺愛されたいって思うくらいです(笑)
近藤さんも喘ぎが本当に可愛いです!

エロシーンも沢山あるし、大満足です♪

1

意外とあっさり…

原作既読です。
原作の内容がエロ満載なので、一体どんな絡みになるんだろうと色々と妄想をしてましたが全体的にあっさりとした絡みのように思います。
でも、真悟役の近藤隆さん、さすがにうまいですね☆
「やめやめやめ」「ちくびやだちくびやだ」の早口台詞、萌えました☆☆
あと、気になった所なんですが、猫科になるシーン・半猫科して賀神が飛び降りるシーンなど、原作を読んでいないと「??」って感じになるかなぁと思いました。

とはいえ、主演お二人の見事な演技を、原作を読みながら、イヤホン必須で聞くのがおススメです!

8

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(CD)一覧を見る>>

PAGE TOP