人間は、いつも俺を捨てる。 お前だって、きっと

クロネコ彼氏のアソビ方

kuroneko kareshi no asobikata

クロネコ彼氏のアソビ方
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神200
  • 萌×297
  • 萌51
  • 中立26
  • しゅみじゃない32

229

レビュー数
67
得点
1567
評価数
406
平均
4 / 5
神率
49.3%
著者
左京亜也 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
クロネコ彼氏シリーズ
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663611

あらすじ

黒猫に化ける猫科人間の真悟(しんご)は、好みの顔とカラダなら、誰だって抱く。
そんな真悟に目をつけ、圧倒的なオスの匂いをさせて押し倒してきたのが、
人気No.1俳優・賀神(かがみ)だった。
カラダじゅうトロトロにされた真悟の腹の上で、彼が見せたケダモノな姿は!?

(出版社より)

表題作クロネコ彼氏のアソビ方

賀神圭市 猫科人間(豹)の人気俳優
真悟 建築業者の猫科人間(黒猫)

その他の収録作品

  • クロネコ彼氏のさわり方
  • カバー裏:クロネコ乳首のアソビ方

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数67

いいんですか?いい~んです!

ムキャーーーーーーーーー!!!!
叫びます、叫びますとも!叫んじゃいます!!
先ごろ出た、ピンクゴールドまっつぁおな赤裸々な局部描写。
えっ、どこにも成人向きって入ってないんですが、いいんですよね?いいのよね?
・・・はい、いいんです(一人で自問自答w)
左京さんの美麗な絵、うっすら肉のついた筋肉の描写の美しい身体。
多様なアングル視点から繰り出される圧倒的な迫力。
それはそれは、もう見事としかいいようがありません!
実に実に魅力的な1冊でございました♪

ストーリーとしては、いたってシンプルなんです。
何度も捨てられて、それがトラウマになっているから真剣に人に向き合うことをしないクロネコ猫科人間の真吾と、
単なる興味から接近して、楽しいおもちゃかペットのように真吾とセックスだけの関係を続ける俳優であり豹の猫か人間の圭一。
それが互いが本気になる、といった、ただそれだけの筋立てなのですが、
それが魅せる魅せる!!

ただの身体だけの関係から心も欲する欲求へ至る過程に、セックスが重要な役割を果たしています。
もちろん、それ以外の接点のシーンでも彼等の関係が、その変化が見て取れるのですが、彼等が互い二種類は違えど猫科であるところから見せる、ツンデレ同士?というか
傲慢さとツンデレというか、
その組み合わせが絶妙に表現されているのですv
ちょっと温度の低いでも張り詰めた関係が、セックスをとおして熱を持つ関係として構築されるそれが、見事に絵で表現されているのではないでしょうか?

もちろん、キャラクターの魅力としても、
真吾のちょっとすねたツンデレが、やけに可愛かったり色っぽかったり
圭一の肉食獣のようないやらしさしかり。
そして、そしてなにより、黒猫のかわいらしさーーー♪
後ろ向きで窓の外を眺めているワンカット、後ろ姿のしっぽピーンの下にある小さなおしりの穴とふっくら玉ちゃん♪
ダンボールの中で涙を浮かべて見上げる眼差し。
ぎゅん萌え!!やられましたーーー!!
また、下から見上げるアングル、上から見下ろすアングル、それがとても素晴らしい!
もう、文句なしの1冊に仕上がっておりますヨ。

なのに~ですね~
カバー下の漫画まで丁寧に乳首にこだわり(作中も乳首攻めが多数出現w)ペーパーに至ってもカバー下の続きが描かれて、120%満足のサービスぶりは半端ないですよ!
これは是非是非に~オススメしたい。

9

王者屈服

猫科人間(クロネコ)の真悟と、美俳優で同じく猫科人間(しかもヒョウ)の賀神のお話。

人間に拾われ捨てられを繰り返し、心が荒んで寂しいけれど、それを掻き消すかのように不特定多数と関係を持っている真悟。
そりゃ荒みますよね…人間のエゴです。どんな理由であれ。
「可愛いー♪」で温もりを与え、「いらなーい」で寒さを与える。
そんな事まで頭に浮かんで泣きそうになった自分が居ますよ(笑)

不特定多数と関係を持つにしても、絶対的権力を持つかのように攻めてばかり居た真悟ですが、賀神に猫科人間だとバレ、マタタビで酔わされ気付けば自分がヤラレています。
さらりと風の様に過ごして気まぐれだった真悟が、目の前に男に好きなようにされている。
とてつもなく自尊心が傷付けられたでしょうね。

そして、ヒョウである賀神。
ちょっと甘い顔を見せて手の上で転がして、飽きれば捨てるような男。
…のハズだったのに。
真悟と過ごせば過ごす程、自分の中の心の変化に違和感を覚え、真悟に執着します。
それが何なのかと考え、出た答えは真悟を欲する気持ち。今までの遊びとは違うんだと確信する。
それをストレートに伝えられるも、真悟は「捨てられる」恐怖があり過ぎて受け入れません。
「捨てられるから嫌だ」と言うのは嫌だけれど、「捨てないで」と言うのはもっと嫌だ、と。
この真悟の思いにギュンと来ました。全く持ってその通り。

最後に逃げ出す真悟を必死で追いかける賀神。
真悟は又段ボールに落っこちて賀神を見上げると、いつものあたたかい光景。
光が見えて、心地よい温もりに抱かれる。
けれど今回は違って、「逃げないで」と言う目の前の賀神こそがまるで捨て猫の様に見えて、真悟がすり寄る。
絶対的強さを持つヒョウが、クロネコに捕らわれる瞬間が愛しいと思いました。

描き下ろしでは、もうベッタリな賀神がヤキモチ丸出しで真悟を抱きながら睨みつける表情に瞬殺されました(笑)

殆ど間は開いていない筈の【ネコ科彼氏のあやし方】と今回の【クロネコ彼氏のアソビ方】ですが、画力が半端なく上がってる気がする!!
当然その分エロさも増してます。
実はこのお話、最終話だけ掲載誌で読んでしまっていたのですが、他作品から群を抜いてアカラサマに感じてました。
「…え、イイの?大丈夫なの?規制云々言ってた気がするんだけど」
と勝手にオロオロ(笑)
でもやっぱりそこは、『リアルなのにチラリズム』の上手さに軍配。
だからこそ余計にそそられるのかなー…

あと、個人的に、腹筋割れまくりの『カブトムシ状態』の絵柄ってすっごい苦手なんですが。
左京さんのカブトムシ腹は美味しくイタダキマシタ(笑)

【ネコ科彼氏~】に比べ、オトナな猫科人間を味わえます♪

9

猫科動物、LOVE~!!

大好きです、猫!
黒猫の真悟にもう萌まくりっ!!

猫科人間の真悟は、気が向けば適当な相手と遊ぶ野良猫気質。
仕事も遊びもそこそこ。「だってほら、俺、猫だし」
そんな真悟を、幼馴染の正人(嫁あり人間)は何かと気にかけている。

ある日バイト先の撮影現場で、真悟は賀神に声をかけられる。
そして猫科人間だと気付かれ目を付けられたことに気付かず、
またたび酒を飲まされ、ヤられちゃいます。

実は賀神も猫科人間で「ヒョウ」だったんですが。
真悟の前でしっぽと耳を出した賀神、いや~、美しい・・・
下半身にうっすら浮かび上がるヒョウ柄がなんともいえず色っぽい。
やはりヒョウは美しいですね!

真悟はその後も何度も賀神に抱かれますが、
セックスだけと割り切っていたはずなのに、まぶしい賀神に徐々に惹かれていきます。
でも、幼いころから何度も人間に拾われては捨てられてきた真悟は、
かたくなに自分の気持を認めようとしません。
そして賀神も、遊びのつもりだった真悟に、真剣になっていることに気付きます。

真悟の、本当は寂しいのに人間を信用できずに距離を置こうとしている様子が、
切なく哀しかったです。
段ボールの中から見上げた空のまぶしさと、触れた手の暖かさに憧れる気持。
本当はもう捨てられたくないのに「捨てないで」と言えないもどかしさ。
今までどれだけ寂しかったのかと、身につまされます。

最後に、黒猫になってこっそり逃げ出した真悟を、
賀神が高層マンションから飛び降りて追いかける場面、
「絶対に捨てたりしないから」と抱きしめる場面、すごく良かった。
あと、黒猫のまま賀神に洗われてる真悟が可愛かったです♪
賀神が、正人に嫉妬している姿も笑えました(笑)

またスピンオフ出ないかな?
ライオンとかトラとか、黒ヒョウとか。オッドアイの白猫なんかも美しい・・・
猫科動物バンザイ!!

8

けもーーーーーーーーーーーーっw

なんとなく手にとった初読みの作家さんで
たんに「ケモ耳」はいいよな(´・ω・`)それだけの話だったんですが
やっぱりケモ物はエロくて最高!!!
獣万歳wwwwwwwwそんな衝動を思い出させてくれる作品でした。
なんだろう、このたまらない感じw

攻受どっちもケモノっていうのもいいですよね。
受っぽくない受ったのも萌えですよね。
そもそもは受じゃなかったものを無理やり犯した上に快楽覚えさせちゃうとか。
なつかない黒ネコがなついた状態とか。
尻尾とか、耳とか、舌のザリザリとか。
萌ツボがオンパレードな一冊でした。
そのくせエロも満点というなれば文句なし。
エロが多い割にはストーリーもガッツリ。
久しぶりにいい作家見つけたなと思える1冊でした。

ただ、実際問題やっぱり受として合体していると
どんなに男前でツンな受でもメスっぽく見えてしまうのが少々残念でした
他にもケモノBL描かれているようなので、チェックしてみたいかな

8

体位・表情・プレイ内容すべてがエロ

「ネコ科彼氏のあやし方」で
颯爽とクールに登場していた真悟クンが
こーんなにカワイくなっちゃうの?
という驚きがまず。

エロいです。
もともとタチだった俺様的な真悟が
攻めの賀神に調教されるようにして
文字通りネコにされてしまいます。

体位や表情、プレイなど全てがエロく、
結合部分なども丁寧に描き込んであり
萌え度が高いと思います。

そして、地の果てまでも追いかける、
攻め賀神の安定感が素晴らしい。
フラれても、嫌がられても、
逃げられても、とことん追いかけ、
食らいつくすという肉食な攻め。

特に、マンションの高層階から飛び降り
必死で真悟を追いかけるシーンは
映画を見ているような臨場感があり
瞬きも出来なかった程です。

そして過去のトラウマから
スナオになれなかった真悟が
少しずつ心を開いて行く過程は
思わず母親目線で
見守ってしまいました(笑)

賀神に会えない3週間を、
「3週間と5日」と訂正したり
後日「1ヵ月弱」とカウントしていたりして
その純粋な可愛さに心が暖かくなりました。

そして、自分が逃げれば
賀神はきっと追いかけてくれるから
いつも逃げていればいいんだという
思考回路が愛おしかったです。

「ネコ化彼氏~」の九重にフラれたことを
同僚の正やんにグチっているコマもあり
人間味あふれる真悟を見ることが出来
すごく新鮮な思いがしました。
今の真悟なら、九重といい友達に
なれるんじゃないかな?
(夏目先生が許さないか…☆)

ぜひ「ネコ化~」を読んでから
こちらを読まれることをお勧めします。

7

ふっ。。。永久保存版するわっ!

なんだってこんなにハートのど真ん中を打ち抜くような作品を作りあげてくれたの?
思わず悶えながら作者様にお布施を弾みたくなるような激萌え作品!
ネコスキーの心に、萌えとエロを怒涛のごとく抽入してくれるような内容で、
猫だけでなく、さらに豹まで書き込んでるなんて反則技のような展開でしょう。

気まぐれな黒猫、でも寂しがり屋、人間に捨てられた悲しい過去が、
求めちゃいけないって切ない様に心の奥深くに刻み込まれる。
気ままに遊び歩いては快感と寂しさを紛らわせるような黒猫受け様。
そんな黒猫受け様に目を付けるのが、キラキラオーラ振りまく俳優の豹な攻め様。
遊ぶなら気ままでドライな猫が良い、なんて近づいて、遊びだと思い込もうとしたって
既に黒猫受け様に捕まってるのよね。

捕まりそうで捕まらない受け様、ホントは受け様だって愛を求めたい!
でもいつか捨てられるかもって怖いのですよ。
捨て身になった豹さ攻め様も萌えたのですが、やっぱり黒猫受け様の可愛さには敵わない!
内容もさることながら、豹の素敵さ、黒猫の愛らしさ、後半の黒猫の姿なんか
思わず抱き上げてウリウリしちゃいたい衝動が起きるキケンなラブリー姿。
猫科動物には文句なしで高評価しちゃう私だけれど、これは文句なく神!
出来るなら神のトリプルでもOKって言うくらい最高でした。

6

待ってました!

「ネコ科彼氏のあやし方」からの続編(というかスピンオフ?)、
とても楽しみにしていました!
ネコ科彼氏でも登場していた黒猫さんが主人公です。

もう、黒猫をうまく表現された1冊で、
猫好き、モフモフ好きにとっては、た~ま~らない1冊です。

人に捨てられることを恐れるあまり、人とのかかわりを深くできない
猫科人間・真悟と、そんな真悟をかわいいと感じかまう俳優・賀神のお話。
賀神も猫科人間で、豹なんですよ。

今回の作品で、どこが良かったって、
何よりも黒猫の孤独が癒されていく様子に、胸を撃たれてしまったからです!
寂しい思いを隠して生きている真悟が、
信じられるかもしれない相手を見つけれたことに、
本当に良かったね~と言いたくなります。

そして、左京さんの描かれる猫って、なんか癖があって、かわいい!!

6

いい猫 みっけ

えっろ!って言わずにはいられない
エロエロBLを読み慣れているユーザー様たちをも
うならせるこの作品☆
まだ読んでいない方!もったいないですよ(〃∪〃)
意地悪で独占欲の強い芸能人の賀神×デレがエロ過ぎクロネコ男子の真悟くん

賀神の上から目線が徐々に下がっていく姿が面白かったです
結局2人ともお互いの色気にメロメロってね!
捨てられることを恐れてそっけない態度をとる真悟くんが切なくて
真悟にハマって一喜一憂する賀神が可愛くて
文句なしの神作品です☆
猫化した真悟くんの涙を目にためている姿はもう…
胸がキューンってなります!
とにかく2人とも色気がダダ漏れです!
作家さんが別名で描いていた少女漫画を読んだことがありますが、
エッチシーンは今回が初見でした
こんなえっろい絵描ける人だったんだとビックリしました☆

6

こ、これは・・・・っ!!!!

ぐおおおおお!神漫画きたーーーーーーーーー!!!!

エロシーンのエロイことエロイこと;;;;;
評判通りのエロスでした・・・(*´д`*)ハァハァ・・
アングルも鼻血が出るようなものが多くて涙目・・・・

攻め様の色っぽいこと色っぽいこと;;;;
王子様風鬼畜攻め最高・・・(*´д`*)ハァハァ・・

受け様のオレさまっぽいこと可愛いすぎる:;;;;
にゃんこツンデレ可愛い・・・(*´д`*)ハァハァ・・

実を言うと、海外サイトをブラブラしてて、たまたま見かけたのがこの漫画でした。
ザザッと目を通してから、即購入決定(現在発送待ちw)
コミックはそういったサイトで読むだけなんですが(すいません><)、久々に購入を決意しました!w
表紙と中身が余りにも違う場合があるじゃないですか・・・その出費と落胆が悲しすぎるので(´・_・`)

外国語でしかまだ読んでいないので話の流れがイマイチ把握できてない部分あるんですが、そんなの気にならないほど魅力のある漫画です!w
大体の流れはつかめているんですけど、細かいニュアンスとか擬音///がどう表現されているか知りたくて購入しちゃいました。
届くのが待ち遠しいですw

続編出たら絶対買います!!!!!!!!!!!

---------------------------------------------------
<追記>
コミックスが届きました。

日本語で読むとさらにエロさが増します///なんちゅーエロさでしょうか・・・
ただ下品なエロさは全くなく、上品なエロでした。
細部まで書かれているんですが、画力がすごいせいか動物ものという設定のせいか、余りやらしく感じないんですよねー。
萌えエロです。

ストーリーも良かったです。
クロネコの寂しさが切なく表現されてました。
人に捨てられるのが怖くて、でも人と一緒にいたい・・・
そんな気持ちを抱えたまま一人ぽっちで猫化したときの夜空を見上げた目を見ると、抱きしめてあげたくなります。
ツンデレくろねこめええええええええええええ
たぶん猫好きにはたまらないんじゃないでしょうかw

ただ気になったのは、攻めキャラが受けを好きになった経緯が深く突っ込んでかかれてないことです。
ただの遊びのつもりが、なぜ行為の最中に突然「ドクン!」となって、独占欲丸出しになったのかが、読み手側としたら「???」でした。
続巻ものになっても良かったから、もうちょっと丁寧に書いてほしかったなーなんて・・・

攻めの心情描写がイマイチ書ききれてませんでしたけど、全体的には、「絵がうまい」「エロが濃い」「受けがかっこ可愛い」「ストーリー・心情描写(受け側)もちゃんと書かれている」という点で神評価にしたいと思います。

表紙の4コマ漫画みたいなのもクスッと笑えましたので、一読の価値ありですw

5

クロネコ、最高です

左京亜也先生にハマりそうな予感ってか、もうハマった作品になりましたww

もうっ、良いですよww

絵も綺麗だし、ストーリーも面白いっ!!
そして、エロいですww
本開いて、1ページから分かります(笑)

猫科人間同士のお話でしたっ!!
豹の猫科人間の賀神×黒猫の猫科人間の真悟なのですが。
二人とも、文句なしにカッコイイですっ。

普段は、犬派の私でも猫かわいいっと思った黒猫の時の真悟っ!!
そして、賀神が真悟への気持ちを自覚してから面白さがレベルアップしました。
一度も、面白さが落ちる事無くラストを終えましたww

また、この二人で続編出てほしいですっ。
気になる人は、ぜひ読んでみてくださいっ!!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ