何かいいの見つけた!

nanika iino mitsuketa

何かいいの見つけた!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神53
  • 萌×283
  • 萌35
  • 中立21
  • しゅみじゃない20

--

レビュー数
33
得点
723
評価数
212
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
ひなこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784813030522

あらすじ

「自分から寝転がってヤラシイ…♥」
転入初日早々に胃痛で保健室のお世話になった室襠小春。ところが、保健室のベッドで寝ていたはずなのに、屋上手前のおどり場で目が覚める。しかも、そばには見知らぬ人が! ここはどこ? あなたは誰!? 1年先輩だと言うその人はなぜかじりじりと距離をつめてくる…! さらに、押し倒された小春は突然キスをされて!? 
本能に忠実!?なアホちん先輩・大杉とやさしすぎるまじめな転入生・小春のラブエロコメディ♥

表題作何かいいの見つけた!

大杉善治 ブレザーを着た謎の先輩 三年生
室襠小春 学ランを着た転入生 二年生

その他の収録作品

  • いつもの感じ+
  • あとがき
  • カバー下おまけマンガ(一部電子書店のみ限定配信)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数33

このチャーミングな作家さんを好きになりました!

ズバリ、私は個人的に「ひなこ」さんの中で、今まで読んだどれよりも、今作が一番好きになりました。というのも今作は今までの中で一番、キャラクターの完成度が高いように感じたのです。また、変な言い方をしてしまえば、作家さんのテンポが良くて、作品に入っていきやすかったのです。


ーーーー簡単な内容紹介ですが、ちょっとネタバレもあるかも?!ご注意を!ーーーー

今回も、「変わり者」が登場してきます。攻の、大杉善治は、学校では変わり者(バイセクシャルで「軽い」)でダブっていることでも有名な人物。そんな彼が、サボるために保健室に来たら、まさに「何かいいの見つけた」と、思わず拉致をしてしまったのが、根が真面目で優しい転入生、室襠小春だった。ちょっとした思いつきで連れてきたら、思っていたよりも可愛い。そうなれば、本気で嫌がれるまで、触れてみよう、と、そう思ったに違いない。善治は、大胆に攻めていく。一方小春は、襲われている状況にも関わらず、「先輩に逆らってはまずいのでは」等と色々なことを頭の中で巡らせている内に、もはや引き返すことができないところまできてしまう。しかし、元々適応力があるせいだろうか、本能的なものだろうか、与えられる快感には素直な反応をみせ、嫌だと思いながらも、思わず彼を受け入れてしまう。それから善治にしつこく付き纏われるようになるが、気のいい小春は邪険にできず、次第に気になる存在へと発展していき・・・

なんというか、基本的に、本気で抵抗すればできたけれど、で、抵抗したら善治はきっと引いていたと思うけれど、小春がなんだかんだで抵抗しなかったのは、善治から「怖いオーラ」を感じなかったから、と、ま、運命の相手に対する本能的なもの(笑)があったからなんじゃないかな・・・なんて、思ってしまいます。善治は、意外に常識家的な匂いのする男なのです。彼はきっと将来大物になると思います!(勝手に断言)笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という、ザ・BL!とてもシンプルなストーリーです。拉致されているのに、襲われているのに、なぜかコミカルで明るい、そのテンポが、最後までずっと続くのです。普通ならば、(準備なしで挿入だけでもあり得ないのに)、そんな始まり方、あり得ないと仰る方もいるでしょうが、だからこそ「コメディ」なのでしょう。この作家さんの手にかかってしまえば、非常に爽やかで、可愛らしいラブストーリーと早変わりしてしまいます。

この作家さんの絵は、元々そこまで個性的とは言えません。けれども、とても丁寧で、どこか甘い香りのするキャラクターを描く特徴があると思います。一方で今までの作品は、攻が、腹黒かったり、受が純粋過ぎたりと、少し極端だったのと、受のキャラクターの恋心への感情変化が少しベールに包まれているようなところがありました。また、読み終わった後、少し何か物足りなかったような、1冊に納まりきれていないような感じがありました。

今回の作品は、受の感情がコミカルタッチでありながらも、非常に表現、表情豊かに表現されていて、主人公、小春と一緒になって攻のマイペースさに翻弄されるような、読者も楽しい気持ちになれる作品になっています。作家さんの、ラブシーンに対するこだわりも見えて、ーーー例えば体育着を着たまま、膝下を抱き上げられて触れられてしまうシーンなどーーー今までに無い、オリジナリティのあるラブシーンに、ドキドキさせられて、あれから何度も読み返してします(基本的に私は、開発型の受が凄く好きなので、今作品は基本点が高いのかもしれません)笑


つまり、甘い香りのする絵に、コミカルでテンポの良いストーリーを乗っけたら、ビスケットの上に甘くて美味しいふわふわのレモンムースがのせてある、白くて可愛いケーキのような、今回のような作品に仕上がったのではないかと思うのです。エロエロなのに、甘酸っぱくて、そしてエロエロなのに、読み応えのある、本当にいい作品が描ける作家さんだということを知り、これからは作家さん買いをすることに決めました。

またこういう、読みながら、気持ちがぱーっと明るくなって、きゅーんとなるような作品も楽しみにしています!

8

追いかけっこ

まさに全編通して追いかけっこな話。
小春ちゃん、ツンツンしてそうな眼鏡くんなのに先輩を全く拒みきれてない優しい青年でもう、もう…愛しいです。
レイプから始まる関係ですが先輩が終始軽くて掴みどころがない宇宙人。マイペース。翻弄されっぱなしの攻防戦がとにかく楽しいです。
体の関係から始まるから余計に両想いになる過程にギュンッとさせられました。
えろくて素直で可愛い小春、これからも雲みたいにふわふわした先輩にどしどし攻められて欲しいです。

1

面白い

この一冊はかなり楽しめます。
最初は絵が好みではなかったのですが読み進めていくうちにどんどんとこの本に虜になっていきました。
とにかくほのぼの。そしてやるときはやる
エロがとても満載です。

攻めの天然さと受けの少し真面目さがこの本を引き立てている気がします。
シリアスが好きな方にはオススメしません。
ギャグっぽいところとかもありとても面白いです
今ではこの本を何度も読み返しています。
ぜひ読んでみて欲しい作品です。

1

下半身直結型

ひなこさんは他の作品で名前を知って、
この本が店頭に並んでいたのを見つけて買ってみました。
個人的にはこの話が一番すきです。

ゆるゆるで留年しそうな攻めと
転校してきたばかりの苦労性の受けの話です。
保健室で寝てた受けを見て、何故か連れ去る攻め。
そして、なしくずしに行為に及ぶ。
どういうことなの!?と素直に思いましたw

話はすごい明るくて、ほのぼのと進んでいくんですが
攻めのやってることは結構強引で勝手なことです。
しかし、なぜか許せるのは攻めのゆるゆるな態度のおかげ
なんでしょうかw

体育祭で借り物競争の時に
マイクの前で受けに告白させるシーンが印象的です。

最期の話で出てくる犬がすごくかわいいです。
攻めに懐いていたのに、投げかけた言葉によって
飼い主のところに走っていく場面は面白かったですw
ああ、この人本当に変態だなあ・・・と再認識しました。

0

可愛いです。

とりあえず小春が可愛い、の一言です。
正直、内容は薄く、無理にエロに繋げている印象を受けました。
ですがそれ目当てで読む方もいると思いますし、実際私はそうなので全然いいと思いました。
むしろ小春の蕩けた顔をたくさんありがとうございますって感じです。

0

バター犬の世代か!!


タイトル通りです。
ひなこさんの3作目はラブコメ★テイストでした。(…ラブコメだよ…ね…?)
前々作、前作からの流れを思い返すと作家さんの振り幅が半端ないことを再確認(笑)

転校初日に気疲れから胃痛を起こし保健室で寝ていたところを得体の知れない上級生:大杉にさらわれた転入生:小春。
そのまま処女をいただかれてしまうところから関係が始まる、まさに『何かいいの見つけた!(by大杉・心の呟き)』というタイトル通りの話です。

この大杉が奔放といえば聞こえはいい、真面目なんだか不真面目なんだかよくわからないタイプ。
寝ている間に連れ去られ身の危険を察知し回避しようとする小春の攻防戦に吹いたww
『マ●コがないのでできません!(キリッ)』
『ア●ルあるじゃん(キョトン)』

結局、テクニシャンの大杉に上の口も下の口も美味しくいただかれてしまったんですが強姦なのに悲愴感がない(笑)
『転校初日に体調崩して…拉致られてぇ
…』と、えぐえぐ泣く小春の背景はうさぎさんのトーンでした ̄(=∵=) ̄

その後もことあるごとくマイペースな大杉に構われ弄られ振り回される小春。
断りきれない、お人好し属性の理性と快楽を覚えていく体のギャップのジタバタっぷりが楽しいです。

最初は興味本位だった大杉が本気になっていく過程がちゃんと描かれているのも良かったです。
大杉が机の上に置いていった桜の花を『花に罪はない』と捨てずに胸ポケットに入れた時も体育祭の借り物競争の際、全校生徒の前で大杉に告白する破目になった時も、小春にしたら空気を読んでのことでも大杉にしたら拒まれていない→小春大好き!!に繋がるんですよね。

このふたつのエピは好きだなぁ。
胸ポケの桜を見た時の大杉の表情、体育祭で大杉に恥をかかせてしまえ、とかかせまいと
する小春の葛藤とか。
好きじゃないのに嫌いになれない…ってあり得ないほどの人の善さ(笑)

そんな毎日を重ねたある日、いつもいるハズの大杉が来ないことに小春は心細さを感じます。
大杉のペースに強引に巻き込まれただけと思い込もうとしていたのに、いつの間にか自分ひとりの時も大杉のことばかり考えている自分に気づきます。
このへんのグルグル感も王道ラブコメですね。

そして、ついに小春が観念して自分の本心を認めると大杉は出逢いから仕切り直そうと提案し、強姦まがいだったスタートをラブい感じに上書きします。
鼓動の速さだけでは曖昧だと主張する小春(可愛い)に大杉もちゃんと好きだと言って恋人同士に。
小春から好きだと言われた時の大杉の満ちたりた顔が優しげで嬉しくなりました!
描き下ろしの初デートもほのぼのして可愛かったのにバター犬で爆笑!!
ひなこさん、同世代か!?

チンコのぼかしもほどよく、いろんな角度でのフェラ場面が多彩(笑)
シチュエーション、アングルともにバラエティに富んでいてエロいです!
もとは同人誌とのことで5話で形成されてますが全部の話でヤッています。
そそる絵柄なんですよねぇ、この作家さん。

カバー下も含めチビ絵がまた可愛い!!
最近の表紙はポップなカラーが流行りなのかな…ペールブルーやピンクをよく見かけます。

ーーーーー

大杉の性格、小春の流されっぷり、強姦からの始まり…気にしたらキリがないほどのツッコミどころです。
中途半端な話の作りだと読み進められなかったと思いますが、ここまで突き抜けてくれると私は笑いながら楽しく読めました。
でも、好き嫌いはわかれる作品だな、とは思います。


6

ほのぼのしててかわいい♡

ひなこ先生の作品を読むのは2度目
割と好きな作家さんなのでワクワクしながら読みました!
いやぁー癒されますねぇ笑

保健室で具合悪くて寝てる生徒を襲うか普通っていうツッコミから始まりw
なんだかんだで先輩の大杉に流されて、いろいろやっちゃう小春
もう小春って名前からして可愛いですよね笑

あるとき、いつまでたっても大杉が自分のところに来なくてさみしいと感じ、小春の中で大杉の存在が大きくなっていると自覚し…

それでもまだ恋だと気づかない小春笑
可愛いなぁ!!

くっつくシーンは感動しました!小春よく言った、可愛いぞとなりました!!

そして最後に二人でデートに行くんですが、大杉先輩安定のエロっぷりwww
初デートでいきなり外でヤるか普通w
なんだかんだでラブラブイチャイチャカップルでした

ぜひぜひ読んでみてください♪

3

流されすぎやろ‼︎w

転校初日に先輩に襲われ、
その後もフワフワした先輩に流される。
もともとは同人誌からのお話ということで
エッチ早くない??
と話の流れや気持ちの変化などを
重視する私としては、合わない作品なのですが
面白かったです(^^)

ひなこさんが好きなので多少贔屓めで見てますが
それでも楽しく読めました( ´ ▽ ` )ノ

絵がお上手なので、エッチシーンもよかったです。照

先輩がひょうひょうとしすぎてたので
チョットそこがうーん…って思ってしまったが
その後のやり直しをするところとか
ちゃんとした一面が見れてよかったです。

さらっと読める1冊なので
楽しみたい方にオススメです(^^)

1

エロエロ

ひなこさんの作品は「知ってるよ。」を読んで知っていたのですが、今回の「何かいいことみつけた?」はあらすじを読んで気になって購入しました。買ってちょっと読まないで置いていたので、買わないほうがよかったのかなって思って、でもちょっと読んでみるかと思ったのですが、すごくほのぼの?と感じがしたので、よかった。
受けの小春は攻めの大杉善治に流されてる?って思ったけれど・・・
でも最後には小春も大杉善治を好きになってラブラブでハッピーエンドになっちゃってます

1

初漫画家さん

今回初めてひなこさんの作品を買ったんですけれど、
なんと言うか受けに萌えでしたね。
受けキャラが可愛い、真面目だけどちょっと天然といいますか、抜けてる間が可愛い!!
攻めキャラの先輩も良かったよ。
最後のオマケみたいなの二人のデート?の話は内容が無理あり過ぎてちょっとだったかな

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ