声はして涙は見えぬ濡れ烏

koe wa shite namida wa mienu nuregarasu

声はして涙は見えぬ濡れ烏
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神155
  • 萌×297
  • 萌45
  • 中立22
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
32
得点
1320
評価数
329
平均
4.1 / 5
神率
47.1%
著者
ウノハナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784537131956

あらすじ

「友達はいらない。セフレだったら…考えないでもないけどな」
会沢征志が最近気になっているのは、超絶クールで色っぽい美形の、お隣さんかつ同じ大学に通う烏生田凜。大財閥・久喜宮グループの社長の孫らしいが、まるで人に興味がないかのような態度で学内でも浮いた存在だ。
なんとか仲良くなろうとしていたある日、凜がゲイだと知らされ、「不用意に近付くな」とキスをされたことで凜への恋情に気付く会沢。
「セフレでもいい」と、凜を激しく抱いて…。
セフレからかけがえのない存在へ、変化していくふたりの関係は――。
夏の京都を舞台に、クールで激しい大人の恋が始まる!

表題作声はして涙は見えぬ濡れ烏

会沢征志,大学2年生,20歳
烏生田凜,同じ大学の院生,23歳,大財閥の社長の孫

その他の収録作品

  • お兄ちゃんと僕(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:初期キャラクターデザイン

レビュー投稿数32

読むほどに好きになる

昨年出たコミック「ハイブリッド・スターダスト」のスピンオフ作品で、
「ハイブリッド~」の主人公の兄・凛のお話です。
そちらを読んでいれば、
若かりし凛の姿に最初から釘づけ!になりそうですが(自分はそうw)、
未読でも特に問題なく、
描き下ろしに出てくるオッサンに、
あれ?これ誰?となるくらいで楽しめると思います。

絵の丁寧さ、話の雰囲気、ストーリーの組み立てなど全体的に見て、
今までのウノハナさんの既刊コミック中で、一番クオリティーが高い本じゃないかな☆
やっぱり切ない要素が多い方がグッとくる!
ウノハナさんいいですよ~~色んな人に読んでほしい1冊です♪


内容:

大学生の会沢(攻め・表紙右)は、
隣の家に住む同じ大学の院生(受け・表紙左)が、
縁側で煙草を咥えたまま雨に濡れているのを見て、
その姿がまるで表情を出さずに泣いている様で、人生初の一目惚れをする。
(実際にクールな受けの涙を知るようになる… 
 その未来を予感させる始まりがいい…)

攻めは、人のいい笑顔を絶やさない年下ワンコ。
一目惚れをした受けとまずは友達になりたくて、
距離を詰めようと色々試みるものの、
黒髪で鋭い目つきの超クールな受けはなかなか相手にしてくれない。
でもある日、
受けは、あまりに攻めがしつこいので追い払うためにキスを。
そして後日、
助けてもらったお礼に身体を繋げることを許す。

もちろん最初は、心まで許すつもりなど全然ない、
単に楽だから…受けはそう思っていた。
けれど、
共に時に過ごし、何度も抱き合っているうちにその想いは変化していき、
母と幼い自分を捨てた、
亡き父への消化しきれぬ心情を吐き出してしまうほどに…


「ハイブリッド~」を既に読んでいると、
2人がどんな将来を選んだのかが描かれているので、
この本の結末は分かっているのだけれど、
それでも読者を引き込み一緒に切なくさせる展開はさすが。

繰り返し読めば読むほど、
受けと亡き父の心情が重なっているように思えて、
どんなことを考えながら受けは好きだと告げながらも、
攻めと離れることを決意したのか…想像するほどに胸が痛くなりました。

好きという一過性の気持ちだけで攻めと一緒に居ることを望んでも、
父と母のように決定的な別れが将来に訪れるだけ…そう思ったのだろうか…
昔のように捨てられるのは耐えられないと思ったのか、
それとも攻めにその思いをさせたくなかったのか…


いつも人のいい笑顔で年下ながら包容力を感じさせる攻めが、
男らしいプライドや行動力を見せるところも、
クールで基本いつも硬い表情で、名前の通り凛とした受けが、
攻めの言動で急に頬を朱く染めたり、
我が儘を言うかのように、エッチの最中に攻めを噛んだりするところも、
すごくすごく魅力的でした。

読むほどに、好きなシーン、心情に寄り添いたくなるシーンが増えて、
なかなかレビューがまとまらなくて困ったほどです。

わたしのようにこの2人を好きになる読者が沢山いるといいな…と思います。

17

2人の関係性が大好きです☆

このお話、本当に大好きなんです!
年下ワンコxクール年上受けっていう私的に王道カプということもありますけど、この2人の関係性がたまらなく好きなんです☆

複雑なバックボーンのせいで、人との慣れ合いを避けて生きてきた凛と、そんな彼に一目惚れをした会沢。
この会沢がね、見てるだけで気持ちが良いんですよ☆
凛にどれだけ冷たくあしらわれても(容赦ない拒絶顔っていう表現にツボりました笑)、めげない折れない諦めない!
何を言われても軽く流していつも前向き☆
しかも愛情表現はストレートとくれば、どんな人でも心が動かないはずがない、そんな風に思わせるのが会沢なんです。

だから頑なだった凛も次第に会沢を受け入れ、流されてほだされてついには自分の弱い部分を全てさらけ出してしまうまでになります。
凛の会沢に対してだけ見せる照れ顔や嘘をつく時の癖など、ちょっとしたことがすごく可愛い☆
基本はツンなんですけど、たまのデレが私のツボでした。

でも、凛の背負うモノが大きすぎて重すぎでしたよね。
父親のようにはなりたくないと強く思っていたのに、結局は父親と同じ道を歩もうと決めます。
それも会沢への気持ちに素直になったとたん。
急に姿を消した凛。
取り残された会沢。
このシーンは本当に切なかったです。

でも、このお話で大好きなのはここからなんですよ!
凛が姿を消してどこに行ったかなんて考えなくてもわかる。
探そうと思ったらすぐに探せた。
でもそうはせずに、凛に見合う男になって堂々と姿を現した会沢がめちゃくちゃカッコよくて痺れました!!

凛は会沢を縛りたくなかったんだと思います。
自由に世界を飛び回って生きていきたいと話した会沢を自分の重すぎるしがらみに巻き込みたくなかった。
でも会沢は違ったんですね。
そのしがらみも受け入れて、敢えて凛と生きていく道を選んだ。
ずっと味方のいないところで気を張って生きてきた凛にとって、会沢の存在の大きさは計り知れないと思います。
2年半ぶりの再会で、貪るように求め合う姿は本当に情熱的で素敵でした。
元々いろんなセックスシーンを堪能させてくれる作品ですけど、この再会Hには本当にたまらない気持ちになりましたね。

聖人くん、早く大人になって2人に世界旅行させてあげてね☆

9

弟編とは真逆の奥ゆかしい兄編

弟編の「ハイブリット・スターダスト」は見るからに華やかな表紙が目を惹きますが、こちらは一転してやわらかな印象でまた素敵です。
舞台が京都の風情ある一軒家なのもストーリーによく合っていて乙だなと思いました。
夏の京都の畳と扇風機と縁側、いいですね。
クーラー付けてしまったら汗出ませんからね!
美男子の汗は美しいです。超萌えポイントです。
庭で白シャツで竹刀振り回す凜の姿もかなりポイント高いです!

弟編ではいつもクールで感情を掴めなかった兄・凜の素顔と、いつも凜の側にいた秘書・会沢との関係、妾の子である凜がゆくゆくは本妻の子である聖人のものになる久喜宮グループを聖人のために守っている理由が明らかになりました。

まず何といっても、こちらが勝手に抱いていた凜のイメージとはかけ離れた凜の姿を一番最初に見せられてしまったことで、完全に心を鷲掴みにされました。
この男が泣くのか…!と。
淡い色合いの表紙や、季節、わざわざ東京じゃない街を舞台に選んでるところなんかもそうですが、前作との対比を徹底的に練られてる感じがします。
個人的には、時系列は逆にはなりますが、前作を読んでから本作を読む方がより楽しめるように思いました。

後日談では、弟カップルと兄カップルが集まったところで聖人が凜に会社の将来についてある提案をするのですが、これもまた前作とリンクしていてホロリときます。
この4人のもう少し未来が読みたくなりました。

6

流れるようなテンポが心地いい!

スピンオフと知らず、あとから『ハイブリッド・スターダスト』を読みましたが本作だけでも十分楽しめました。

大学院生・凛は、財閥御曹司の父が愛人の母と自分を捨てたことにわだかまりを持ち周囲に心を開かない孤高の人、そんな不愛想で危なっかしい凛を放っておけずに見守る年下大学生・会沢。
会沢は年下でも包容力と明るさがあり、頑なだった凛のわだかまりをだんだんと溶かしていき、凛の中で会沢の存在がだんだん大きくなっていく。流れるようなテンポが心地いい作品でした。

和風ビューティの凛には京都という古都と古民家がよく似合う!
熱中症で倒れた自分を介抱してくれたお礼ではずみのように始まった関係なのに、キスに答え、足を開き感じてる凛の姿がとてもとても色っぽかった!カラダを重ねるたびに、会沢に対してカラダだけじゃなく心もだんだんと開いていくのが伝わってくる、作家さんの画力の高さに脱帽です。

描き下ろし『お兄ちゃんと僕』は後日譚。弟カップルが兄カップル宅を訪問するだけの話なのに、凛の会沢を愛おしく見つめる目線、弟との会話は会沢への想いが溢れまくっていてジーンとしてしまいました。

6

ワンコは人の心を溶かす

はぁ。。。
ここにもいた。ワンコが。私の大好きなワンコ。
それも駄犬じゃなくてかなりの忠犬かつ名犬。
これは「 いとしのワンコを愛でる会 」の会員入りに決定です。それも名誉会員でも良い位の。

ただノンケなのに受けに一目惚れしちゃう、というのがちょっとご都合主義に感じました。
一目惚れなら、ノンケが男を好きになる葛藤も、だって惚れちゃったんだもん!で片付ける事が出来るし便利だなぁと。

まあそこはさておいて、ワンコだから惚れたらもう一直線。受けの迷惑そうな顔もなんのその、おかまいなしです。

ワンコは人の心を溶かします。
最初は身体から、次第に心も攻めに溶かされていってる受けが凄く色っぽい。
抱かれている時の色気といったら凄い。
その色気に思わず喉が鳴りました。

途中、別れがあってどうなるの?と思ったらそう来たか!!
正々堂々と正面から来ました、という攻めがカッコ良すぎます。
はぁ。。。何て健気で一途なの。おまけに優秀。
言うことなし!の忠犬ワンコ。
このまま一生公私ともに忠誠を誓ってくれるだろうなぁと確信できるお話でした。

この作品はスピンオフですが、こちらが先でも全く問題なくかえって二人の将来を知らずに読めたので良かったです。


6

二人の素敵な関係

「ハイブリッド・スターダスト」のスピンオフ。
聖人の腹違いの兄、凛と秘書の会沢の出逢いが描かれています。
「ハイブリッド・スターダスト」の中で、
ちょっとクールで意地悪な感じの凛が、現在に至るまでのこと
そして会沢との馴れ初めと関係が明かされています。

一見冷たくて聖人に対し厳しい凛ですが
本来の凛のことを誰よりも知っていて、理解しているのは会沢。
話は二人が大学生と大学院生だったころに遡ります。
会沢が住んでいるアパートから見える凛の家。
ずっと気になっていた凛に声をかけたのは会沢。
雨の中泣いていた凛に一目惚れした会沢は、どんなに冷たくあしらわれても
くじけずめげず、アタックし続けた甲斐あり
夜を共に過ごす仲となります。
会沢の明るい性格に救われながら、自分の置かれた立場と
自分の本当の気持ちが沿うことがなくても
その本来の気持ちを押し殺して、自分の運命に従うために
会沢から離れて行きます。
こんなにも誰かを愛したことなどなかったであろう凛が
心から信頼し愛した会沢の将来のために、自分は身を引く。
一緒に外国へ行こうと約束し、幸せの絶頂にいた会沢が
自分の知らぬ間に姿を消した凛のことを想って追いかけた2年半。
諦めなかった会沢の凛への気持ちは、嘘じゃなかった。
凛がいなくなったと知った時の会沢の気持ちを考えると何とも言えない
胸が熱くなるものがありましたが
2年半後、新入社員リストの中に会沢の名前を見つけた凛の気持ちも
いかばかりかと、両方の複雑な想いを考えながら
物語に入り込んでしまいました。
会沢のためを思って離れて行った凛だけど
本当は忘れてはいなかった・・・再会して流した涙が
すべてを物語っていました。
凛のことだけを想って頑張り続けてやっとたどり着いた会沢に
この2年半着ていた鎧をいとも簡単にはぎとられてしまったような凛。
やっぱり愛に勝るものはないんですね。

お互いに嫌いで別れたわけではないので
焼けぼっくいになんとやら・・・ですね。
再会した二人の燃え上がり方はすごかったです。
自然と「良かった・・・」とつぶやいてしまいそうになります。
最後に半年くらいの休暇が欲しいという凛が
会沢との約束を今でも忘れず「ずっと長い間、待たせてるんだ・・・」
というセリフにグッときました。
その顔があまりに幸せそうで・・・
2年半の苦労なんてものともしない会沢の横顔も幸せそうでした。

スピンオフ作品ですが単独でも楽しめる作品です。
でも、「ハイブリッド・スターダスト」も併せて読むと
深くこの作品を知ることができ、凛の良さが更に理解できると思います。
そして、最後に出て来る聖人と大蔵の笑えるエピソードも
更に楽しめると思います。


5

最初のカラーページで引き込まれました。

知らなかった!ハイブリッドスターダストのスピンオフだそうです。

私、表紙買いしました。
何て美しい表紙!と。。。
読み始めたら、どんどん引き込まれました。
受が、ツンです!ツンツンです。
そして、攻が年下の癖に懐広い!

学生物かと思ったら、意外に深い内容です。
えっちも、結構ありますし、読み応えも有り。
スピンオフと知らないでも、全く平気でした。ただ、書き下ろしの話で、少しだけ誰?っとなり、あとがきでスピンオフと知りました。こちらだけでも、充分楽しめました。

が!やはり本編が気になるので、私は近々読みます!

ウノハナさんの作品は初めて読みましたが、話も好きだし、絵も美しいので、ハマりました。
是非、気になる方は、読んでみてください。

4

受けの色気がハンパなーい☆

電子で購入です。そこでのカテゴリーは確か「執着攻め」になってましたが、私には受けの凛の色気の印象の方が強いです。ウノハナ先生の描く男はどーしてこうも色気があるのでしょう♩
黒髪に引き締まったカラダ、タバコを吸うところも、草むしりでぶっ倒れたあげくにお腹出してるところも、全てが色っぽい、うらやましい!
この色気に物憂げなカゲが加わったらそれはもう、イチコロkoですね。
ストーリーは、割と直球なラブでしょうか。たまたま隣同士の大学生と院生が出会い、惹かれて、いい感じに至るも
受けの事情で一旦は消滅してしまうのですが、攻めの気持ちは変わらずハッピーエンドになるという。その背景に描かれる
和風な感じと、ちょっとした優しさがじんと伝わる良作だと思います。
ウノハナ先生は画力は言わずもがな、ストーリーもしっかりしているので大好きなのです。凛の色気の一ミリくらいは是非ゲットしたい・・・なんて。

3

大満足です。

もともとは「ハイブリッド・スターダスト」を先に読み、お気にに入りに。
レンタルで読み、購入したかったんですけど、どこの本屋にもなく、通販でも手に入らず…何年かして最近やっと中古ですけどゲット!!
八京と聖人の話が中心だったけど、チラチラと出てくる凜さんと会ちゃんが気になり…この本を読むことにしました。
二人の過去に触れ、その後の話が見えてきて。
エピソード1的な(笑)
2冊を読むことで、より深く二組の話の良さがわかり、大満足です。
描き下ろしの「お兄ちゃんと僕」は、ちょっとウルッと!
願わくば、何年後かの4人に出逢いたいです。

1

じわじわ暑い夏の日の…

好きだわ~!
ある季節に特化した出会いとか、話とか。
切ないし、ぎゅっと人生における何かが凝縮されていて。
なんと言うか、じわじわ蒸し暑い盆地の夏。
鬱陶しい暑さと、だらだら汗を流す描写がたまらないですね…

ウノハナ先生の、じわじわだらだらの夏の日の恋が好みでした。

凛の隣のアパートに住む会沢との出会いが、ツボでした。まあ、凛の家の庭と縁側で過ごす様子を覗き見する始まりなんですがね~
これって、何か引き寄せられるポイントでもなければ全力でブロックしたい案件です。

ぐいぐい近づく会沢と、嫌々しながら心を開いていく凛が良かったです。

凛の生育環境は切ない。
背負った哀しみとかは、凛のエロスに繋がっている。
内省する事が多いとか、内包できずにぽろりと洩れこぼれた本音とかが分かっちゃった時は、自分の事が相手にとって唯一無二だと感じますよね~
きちんと見えたものが、崩れた時は何か魅力的な気がします。

身体を繋げる2人のセックスは、ウノハナ先生のキレイな作画と、古い日本家屋のシチュエーションも合わさって眼福です。

凛と会沢の、夏を越えた話がまたっ。
良いですよ~!

小さな金魚鉢の金魚のエピソードも、大好きです。
金魚、長く飼うとびっくりする大きさになりますもんね(経験有ります)
じわじわだらだら汗を流す季節は、好きじゃないけどこちらのお話ではたまらないポイントでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う