色っぽくて綺麗なお兄さんに、喰われた。

蛇喰い鳥

hebikuidori

食蛇之鸟

蛇喰い鳥
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神90
  • 萌×284
  • 萌58
  • 中立16
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
35
得点
976
評価数
257
平均
3.9 / 5
神率
35%
著者
芽玖いろは 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784829685563

あらすじ

夜の街で偶然、男同士のSEXに遭遇した二条。
翌日の大学で抱かれていた方の男を見かけ、彼・千鳥が大学職員だと知る。
昼間に大学で見る彼と、夜の街で男に抱かれて喘いでいた彼。
二条は、その二面性が気になり始める。
バイト先に訪れた千鳥と話すと、妙に色気を感じるし、笑顔が可愛いと思った。
もっともっと色んな顔が見たくて、たまらなくなって……。

表題作蛇喰い鳥

二条太一,リア充大学生
千鳥史郎,大学の学務課の職員

同時収録作品噂のふたり

毛利,ロクデモナイ噂が絶えない高校生
由良,いつもつるんでいる親友

その他の収録作品

  • 完食(描き下ろし)
  • 続・噂のふたり
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:「蛇喰い鳥」その後(描き下ろし)
  • カバー下:「噂のふたり」その後のふたり(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数35

うんうん

妖艶な煽りにつられての衝動買い。
攻視点から始まり~の、年下攻の王道かと思いきや
実はな後半戦。
大人で妖艶で。もっとクールな話なのかなとか思いながら読み進めていたわけですが
最終的な事実があんまり可愛くて思わず頬が緩んでしまった(ノ∇≦*)

攻視点。
これがおいしいのは、年下の攻が
妖艶で大人な受を好きになり、妄想やまず。
ま、最初に男と受がやってるところを目撃して島ttな男鹿いけないのだけれど
いけない妄想にふけり、クールで無表情に見える受の笑った顔が
実は可愛いとか。ちっちゃなカワイイを見つけてトキメイテいるシーンが結構好き。
待ち伏せてみたり、顔が見られなくてソワソワしたり。
年下っぽさを遺憾なく。

受視点。
実は攻の方が好きになるのが早いと思わせていたのが
実は・・・な展開。これが結構好きだったりする。
きっかけは何気ないこと。
攻は気づかなかったところで二人の交わりは始まってて
クールに見せて実は必死とかww可愛いじゃないかw

後半読みきり。
同級生親友の二人のエトセトラ。
ちょっとゴチャっとした印象が強かったかな。

7

絵に惹かれました

本屋で見て、「あっ絵がとてもきれい」と思い、即購入しました。

メインのストーリーは3話分(+番外編1)収録されているのですが、心理描写が細かく、キャラの表情も豊かでなかなか読みごたえのある1冊でした。エロも綺麗で、少し濃い目に描かれてあり、芽玖先生の今後の作品をもっと読んでみたいと思いました(*´ω`)

色っぽい年上お兄さん受けが好きな人にはたまらない作品ではないでしょうか(^o^)

6

モテる男の悶悶日記(モテる奴はやっぱりモテる)

星ピノをひょいと口に入れて、責められて一言。
「だって誰もダメって言ってないじゃん。」
そんなことを平気で言ってのけて来たような、そんなモテる男の悶悶日記。
表題作はまさにそんな感じでしょうか。
欲しいものは特に苦労する事もなく手に入れてきたのであろう主人公(攻)が、初めて直面する簡単には手に入らない葛藤。
主人公(攻)モノローグがメインで進められているために、一方通行の恋に奮闘するお話のようです。
しかし二人が結ばれて明かされる秘密。

一見すると、攻→受に見えるけれど、実は受→→→攻というこの作品。
冒頭から攻の受に対する気持ちの成長と葛藤をうまく描いているので、最大のポイントとなるどんでん返しがきれいに作用していました。

そこからは受がどんだけ攻が好きかが描かれていて、王道だけれど矛盾がなく不安にならずに読めるストーリーです。

エロはわりかしさらっとしていた印象ですが、性器の描写に関しては芽玖先生の熱を感じました。

収録作の2作は主人公二人のビジュアルが似ていて、性格設定などにも心当たりがあるので間違いなくモデルがいると思います。
私は大好物な設定なので続編を楽しみにしています。
とともに、これからどう引き出しを増やして作品を生み出して行ってくれるのか期待しています。
商業及びオリジナルBLが初めてということで、これからがとても楽しみな作家さんです。

6

重版おめでとうございます

表紙と帯に惹かれて購入した日以来、ハマりにハマって何度も何度も読み返し、あまりに読みすぎて1ヶ月もたたないうちに古本並みにボロボロになってしまった大好きな作品。
全世界の年下攻め×美人受け好きな腐女子様にオススメするなら、と聞かれたらTOP3に入りますいまんとこ。

これがデビュー作でいらっしゃるということに驚いたのと、いまどき珍しく修正があっまあまなとこにヒャッホーイってなりましたねコレ。もうこれなら修正なくてもいんじゃないってレベル。このくらいの白抜きなら自分で書き足してしまおうかとも思いました。結合部とかもしっっっかりと描かれいて申し分ありません。

ストーリーはいろいろなレビューであがっている通り王道ですが、王道でもここまで引き込まれるのはこの作家さんの絵の上手さと話の流れの持ってき方の巧みさのたまものではないでしょうか。
ゲイの年上美人がノンケの大学生をうまいこと落としてしてやったりだったとみせかけて、じつはずっと好きで付き合いだしてからもヤキモチやいちゃってるとかかわいすぎる千鳥さん!年上・眼鏡・美人という三種の神器を持ち合わせているうえにちょっとビッチでホントは嫉妬深くて風呂はいってないのに興奮する性癖とかいう萌え要素も兼ね備えているおいしすぎる受様です!
もうひとつの作品もよかったけど、この表題作のふたりでもっとお話いれてほしかった…がっつり書き下ろしをせめてもう1話とか…。次は二条が千鳥さんにヤキモチやくとか、このふたりならどんな王道でも萌えれる自信ある。そしてもっとエロ見たい。表題作が神評価な感じです。

いまんとこCannaでちょっとずつ掲載されてますが、こんだけハマってしまった作品ならたとえ数ページだろうと雑誌に手出してしまうのがBLの魔力だとつくづく思います。芽玖先生恐るべし。次回作期待して待ってます。


4

綺麗なお兄さん、、、大好きです!

芽玖先生の初コミックスです。
しかしこちら、初コミックスとは思えないくらい完璧な1冊でした。
特に、キャラクターの性格が明確で分かり易く話に入り込め、ストーリー性も抜群。
もうドキドキしっぱなしのお話です。
表題作とは別にもう1本別のお話が収録されているのですが、こちらも表題作に負けず劣らず面白可愛かったです。

イラストは線が細かく、色気の感じられるキャラクターが魅力的でした。
ただ笑うだけでも、にやりとした感じや、からっとした太陽のような笑みの書き分け。
また、照れるシーンでも相手と向き合っての照れと、彼とのことを思い出しての照れ具合の描き分けが絶妙でドキドキが伝わってきました。

作家買いする方の一人になりそうです。

3

攻め視点がイイ

すごく…すごく良かったです!
ノンケが徐々に落とされる段階での二人の雰囲気の変化とか、実は攻めが魔性の受けに喰われたのだ、とか、もう悶まくりました!!
千鳥さんの普段のプラトニックなイメージが一転して魔性受けになるのがたまんない!

攻めが主人公の攻め視点ならではの萌えですね。やっぱりBLは攻め視点が好きだな~。

そして、そんな余裕アリアリの魔性の千鳥さんが、二条くんの元カノのもの見つけて「それ捨てて」って言っちゃうとこに、愛ゆえの切羽詰まった感と必死さが出ててすごくキュンとしました。
千鳥さん、魔性っぽい反面実はすごく純粋なんですよね。
年上美人で魔性で純粋で淫乱って…最高ですね!

個人的に「完食」で二人で手繋いで二条くんの家のドアの前に立ってる後ろ姿がすごく可愛くて、そこだけ何度も見てしまいます。
いかにも大学生な大柄な若者と、繊細そうなスーツ姿のサラリーマンの二人組はすごく絵になりますね。
手繋いでるだけなのに異常に萌えました。

3

同時収録のDKモノが私的には神でした

表題作は飄々として見えるガチゲイが、イケメンノン気をいかに落としたか?!なお話です。
なんとく、槇原敬之のスパイダーを思い出したりしました(古。
ミステリアスな千鳥さんが男同士の関係を持っている事を知った事をきっかけに、千鳥さんにはまりはじめるに二条くん。一見そこからにじりよってゆくおはなしなのですが、実は!!!みたいな展開。
リアルゲイは圧倒的に攻めが少ないから、イケメンが興味をもってくれたら、そりゃガンガンいくわな!!とか、しみじみしながら読みました。

と、表題作はそんなかんじなのですが、
抱き合わせの『噂の二人』というDK漫画がわたし的に神でした。

由良と毛利というリア充イケメン二人組が、人気すぎて盗撮されたり、あの二人できてる!!とか噂されており。元々毛利が好きな由良くんがひょんなことからきっかけを作り、その噂が本当になるというお話なのですが・・・なんだろう、毛利くんがかわゆい格好よすぎて!!!
二ページ目で、子犬を抱き上げるロングショットがあるのですが、本当によい!!由良×毛利だからこそもちろんよいのですが、私が由良になりたい!!とか本気で思うほど、毛利くんがかわゆくて格好よくて!
DK好きな方には、本当にオススメです!

1

期待の新星です

「蛇食い鳥」と「噂のふたり」の二作品が描かれてます。
初めてのコミックスと後書きにありましたが、とても丁寧な絵で、ストーリーも魅力的だし、芽玖いろは先生の次巻も期待してます!絶対買います!今回の作品を読み、そんな気持ちになりました。

「蛇食い鳥」は、女に不自由なし・ノンケイケメン大学生 二条くん×フェロモン垂れ流し・ゲイ大学職員 千鳥さんのお話です。
ひょんなことから千鳥さんが気になり始めた二条くん。千鳥さんは普段ツンとしてるのに、レンタルビデオ店でアルバイトをしているプライベートな二条くんには笑顔も見せます。
act.1 act.2は、二条くん目線で、二条くんが千鳥さんに惚れるまでを描いてます。ラストに、千鳥さんから衝撃的な告白が!←ここで私は、芽玖いろは先生に落ちました。
act.3は、千鳥さん目線で描かれた、相思相愛の物語。千鳥さんが数年ぶりに風邪をひきます。
千鳥さんのちょっぴり切ない過去や、二条くんへの嫉妬、エロシーンも勿論◎
千鳥さん補足(千鳥さんは、男の人との経験有りで、冒頭は少しビッチ臭漂いますが、後々を読むととても一途で、冒頭とのギャップもきっとツボです)

「噂のふたり」は、タイトル通り、何かと噂の絶えないイケメン二人組(毛利くん×由良くん)のお話。
イケメンだからこそ、絶えないデタラメな噂の中でも、毛利くんが一番エグいと思うのが「二人はデキてる」という噂。一緒にいるのがラクなだけ。だけど、そう思ってるのは毛利くんだけ…?
話の展開は毛利くん目線で進みます。
「噂なんて嘘ばっか」そう言った毛利くんに、由良くんは「ひとつ本当にしてやろうか」と、「二人はキスくらいしてる」という噂を本当にするべく、毛利くんにキスを。
それをキッカケに、近すぎて気づけなかった自分と由良くんの気持ちに目を向ける。

「噂のふたり」はエロシーン少なめ。「蛇食い鳥」は標準〜エロ多めだと思われますが、話の内容がしっかりしてる為か、一つのエロの内容が丁寧だからか、エロシーンが少ないとは感じません。(改めて読むと少ないと感じた。けどとても満足です)

エロシーンよりも、萌える部分は沢山あったし、誰が手に取っても読みやすいと思われます。

0

そうか、オネショタだったのか(笑)

Cannaで読んでいたのですが、コミックス化と聞いてずーっと待ってました。
しかし、発売日に買えず、残業と用事でやっとこ今日(28日)に買えました。
応援している作家さんは発売日に買おうと思っているのですが、数日遅れも初動になりますでしょうか。
少しでも応援出来たらいいな!

年下攻めで受けがゲイの年上というのがとてつもなく大好きなので、これは雑誌買ってまで読んでました。
うー、やっぱりいいなあ。
中身はほぼ全部雑誌で読んだと思ったら、あ、書き下ろしがある。わーい!!
後書きでオネショタと知り(笑)オネショタは地雷なんですが、性別違うと好みになるBLマジック。
ハッピーエンド(?)だし、大満足です。
何より、絵がとても好みなのです。
あ、そうか。このタッチは草間さんに近いのか。そりゃあ、草間さん盲目的に好きだものな、自分。(納得)
表題作に流れている独特な空気も好きです。
けだるい音楽が似合いそう。

あと、贅沢云うならば千鳥さんの眉毛がもう少し普通だったらより一層好みだったなあ。
いや、これでも充分美人さんで好きですけれども。

5

キレイなお兄さんとワンコくん(^v^)

『蛇喰い鳥』(3話+描き下ろし+カバー下)
独特の空気感と色気のあるお話で面白かったです。
オネショタらしいですが「オネショタって何??」な奴が読んだので『年下ワンコ攻め×美人誘い受け』だと思いました(汗)
前半は攻め視線。ミステリアスな受けに心を奪われ、グルグルしながらじわじわと落ちていく様がいいです。最後の受の言葉にアッとなりました。なるほど,,,タイトルの意味がここにあるとは,,,!!
後半は受け目線。お付き合いの始まったその後や2人の出会いのお話です。受けがスッゴク可愛いく、我慢のきかない攻めワンコに萌えたー!良かったー!

『噂のふたり』(2話+カバー下)
つきあってないのにイチャイチャしてるナチュラルホモなお話と思いきや、ただイケメンで目立つ2人が一緒にいるだけで周りが勝手に噂してるだけでした。うん。残念。
そんな友達同士だった2人が恋をしてお付き合いを始めるお話です。
こちらもワンコ攻め×美人受けになるのかな。

タイトルや帯から想像してたよりエロが少なかったのですが、ち○この修正がビックリするぐらい少ないです!モロに近い,,,お好きな方は要チェックです!!!w
逆に苦手な方はーーー,,,エロシーン自体は少なめなので大丈夫だと思います。


4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ