魚住くんシリーズⅠ 夏の塩

natsu no shio

魚住くんシリーズⅠ 夏の塩
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
49
評価数
11
平均
4.5 / 5
神率
63.6%
著者
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
角川文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥520(税抜)  ¥562(税込)
ISBN
9784041017715

あらすじ

普通のサラリーマン、久留米充の頭痛の種は、同居中の友人・魚住真澄だ。誰もが羨む美貌で、男女問わず虜にしてしまう男だが、生活力は皆無。久留米にとっては、ただの迷惑な居候である。けれど、狭くて暑いアパートの一室で顔を合わせているうち、どうも調子が狂いだし…。不幸な生い立ちを背負い、けれど飄々と生きている。そんな魚住真澄に起きる小さな奇跡。生と死、喪失と再生、そして恋を描いた青春群像劇、第一巻。

表紙:岩本ナオ
(注:挿絵はありません)

★以下、今回の文庫版の変更点を、榎田ユウリ先生のブログより転載させていただきました★

1.著者名義が榎田尤利から榎田ユウリに変更になります。
2.BLレーベルではなく、一般の文庫レーベルからの発売になります。
3.カバーイラストは岩本ナオ先生にお願いしています。中のイラストはありません。
4.書き下ろしはありません。本文の加筆・修正はちょこちょこありますが、物語の流れが変わるような大きな修正はありません。
5.ハードカバー版に入った『ハッピーバースデーⅠ』『ハッピーバースデーⅡ』は収録されます。

2巻『プラスチックとふたつのキス 魚住くんシリーズⅡ』は、9月25日発売予定

表題作魚住くんシリーズⅠ 夏の塩

久留米充 サラリーマン
魚住真澄 大学院生 25歳

その他の収録作品

  • この豊かな日本で
  • ラフィン フィッシュ
  • 制御されない電流
  • 鈍い男

評価・レビューする

レビュー投稿数2

魚住くんが好き過ぎて

リアルタイムで魚住くんシリーズを知らない私は、入手しやすい文庫版になった恩恵を受けた一人です。
ページ数253、文庫としては薄いくらいの一冊に「夏の塩」から「鈍い男」の五編が収録されていて、読んでいく毎に魚住くんに心を掴まれました。
美形だけどいろいろ変な魚住くんと、リーマンの久留米の物語は「夏の塩」で淡々と始まります。
大学時代からの友人、魚住くんがふっと久留米のアパートに転がりこんで、焦げたトーストを無心に食べたり、隣のインド人のサリームに子供みたいな、無神経ともいえる質問をしたりして住み着いている。美形な大学院生なのに変な男子なんだなと思っていると、魚住くんが久留米の元に転がりこんだ理由が明らかになってきます。
犬が死んでしまい、その死を受け入れられなかった魚住くんは、無意識に久留米を頼ってたんですね。
淡々とした短編の中に、言い尽くせない諸々が沁みてくる、印象深い始まりだと思いました。
「この豊かな日本で」では、院生としての魚住くんが描かれ、なんと栄養失調で倒れる話です。研究室の濱田さんがこの話から登場します。
マリの「魚住はバカな子供なのよ」は名言ですね。
続いての「ラフィンフィッシュ」は魚住くんと久留米のキャラクターがより鮮明に肉付けされ、魚住くんの衝撃的な過去の一部が明かになるエピソード。
魚住くんはその美貌ゆえに、男にレイプされてしまってたんですね。
切ないものの、久留米とのやり取りは良かったかな。
魚住くんと久留米の双方が互いへの特別な感情に気づく「制御されない電流」、奇妙な二人の同居生活はここで終わりになりますが、新たな段階へと一歩進みます。そして、魚住くんは魚住くんらしく、ブレーカーを知らずに死にそうになるのです。
この巻ラストの「鈍い男」の魚住くんは久留米への思いを自覚して、色っぽいです。
ゆっくりと進んでいく魚住くんと久留米の恋と、恋愛以外でもグッとくる第1巻でした。
これは、読んでみようか迷ってる方には是非にとお勧めしたい。文章は読みやすく、スッと入ってくる感じですよ。

2

いいキャラが集合

いつもふわふわした感じでつかみどころが無い魚住くん。
複雑な(辛い)過去を持っているのに、自分の過去も他人事のように淡々と口にしてしまいます。
苦しい雰囲気はかもし出さないのに、幸が薄いことは伝わってくるという何とも気になる存在です。

そして、その魚住くんを取り巻く仲間たちもみんな魅力的です。
魚住くんの過去を気にしたこともないであろう親友の久留米。
高校時代からの知り合いで魚住くんという人間をよく理解してるマリ。
魚住くんにやたらと感心のある同じ研究室の濱田先生。

今回は人物紹介的な要素が強く、2巻目が早く読みたい!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ