魚住くんシリーズIV 過敏症

kabinsho

魚住くんシリーズIV 過敏症
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
6
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
角川文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
ISBN
9784041017807

あらすじ

不思議に魅力的な青年・魚住の片想いの相手は同性の久留米。彼に唇を奪われて以来、魚住は誰かの接触に過剰に反応するようになり……。じれったい片想いの行き着く先は。幸あれと願わずにいられない第4弾。

表題作魚住くんシリーズIV 過敏症

久留米充 サラリーマン
魚住真澄 大学院生

その他の収録作品

  • マスカラの距離
  • スネイル・ラヴ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

魚住くんと久留米

魚住くんシリーズ4巻目にして、本当に(攻)久留米充、(受)魚住真澄、になります。ときめくラブ満載の一冊です。
ついに二人が一線を越える「過敏症」、これには魚住くんに一目惚れしてしまう明良が登場して、萌え萌えの展開になります。
明良は伊東の同級生で、久留米が通いだしたパソコン教室の講師です。久留米と明良は意気投合して飲みに行くようになり、そこで明良は片思いの相談を久留米にします。
明良が一目惚れした相手が魚住だとは知らない久留米。
書いていても燃え滾るのですが、明良に「そこにいるのは魚住真澄か?」と久留米が尋ねてからの展開はもう、鼻血ものですね。
野郎と寝るくらいなら尼になる、なんて決意していた久留米と、男女問わずモテながら恋を知らなかった魚住くん、この二人がよくぞここまできたものだと感慨深いです。
二人の初エッチの場面は、格別雰囲気のある状況でもなく(スキヤキパーティーに久留米が乱入)、特別テクがあるわけでもないのに、とてもエロい。久留米の弟らしさに感動しました。
榎田先生の文章には匂い立つような色気があるんだなぁー。
続いての「マスカラの距離」は、マリのお話です。マリ続きが嫌いなわけではありませんが、それだけに止めておきます。
「スネイルラブ」、ここで魚住くんをかつてレイプした男が出てきます!
魚住くんだけではなく、響子さんも傷つけたレイプ野郎は、ストーカーみたいなことまでするのです。
クライマックスでレイプ野郎と対決する魚住くん、久留米と濱田さんがいるのが心強いです。
そういえば、この濱田さんも私はすごく好きなんです。魚住くんをよく見ていて、大人な感じが格好いい。
今まで感情を荒げて怒ったりしたことがなかった魚住くんですが、レイプ野郎を自らの手で殴り、過去に決着をつけます。
この後で、魚住くんと久留米のエッチがありますがやっぱり・・・です、ハートマークを飛ばして終わりに致します。♡♡♡

1

マリの過去が明らかに

魚住くんシリーズ4巻目

久留米が魚住にキスをしたものの、それがどういう意味なのか理解できない魚住。
一方の久留米も勢いでキスしてしまった手前会いにいけません。
このジレジレ感がこのふたりにはぴったりですね。

でもそんな二人の間に魚住くんに恋をしている後輩が登場。
こんな久留米みたことない!ってくらい動揺しちゃう久留米が可愛い。
これがきっかけで久留米も覚悟を決められたのだから不幸中の幸い(笑)

そして、本巻でのもう一人の主役だったマリ。
ずっと気になっていたマリの過去が色々明らかになってきました。
いつも元気なマリにこんな過去があったなんて・・・。
マリには是非幸せになってもらいたいです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ