新装版 秋山くん

shinsouban akiyamakun

新装版 秋山くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神164
  • 萌×254
  • 萌21
  • 中立16
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
36
得点
1115
評価数
267
平均
4.3 / 5
神率
61.4%
著者
のばらあいこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
シリーズ
秋山くん
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784864421874

あらすじ

ケンカが強くてかっこいい、不良グループの秋山君。草食系男子・柴は、彼に恋するあまり往来で告白してしまう。それを見た取り巻きに拉致られ、柴も秋山も思いもよらぬ展開に!?
おふざけから始まった二人だけど、次第に互の心が通い始めて―-。
カゲキな描写とまっすぐな恋心に胸キュン!!
大人気♥のばらあいこの傑作が新装版で登場!! 新規描き下ろしも大量収録!!

表題作新装版 秋山くん

柴大輔,一見フツウっぽい高校1年生
秋山佑二,柴の憧れの人,同高校の2年生

同時収録作品秋山くん 番外編 ともみちゃん

モブ
佐野智美,秋山の中学からの同級生で友達,高校2年生

その他の収録作品

  • Do you remember the first time?
  • Nowhere man
  • スピカ
  • 8.31
  • EXTRA ACT. Plash(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:こまごま設定ランド!(キャラ説明)

レビュー投稿数36

ハードないじめシーンからどうしてこうなった!ってなる。

のっけからガチめのいじめシーンからの悪のりからの、まさかの秋山くんのほだされで笑いました!

蓋を開けてみれば、なんか空気の読めない可哀想なシバくんは実は電波系で腰の低い無自覚俺様しかもエロ上級者というトンでもなく業の深いキャラで、なんとなくといった感じでシバくんを受容している秋山くんの女神力がバリ高くて奇跡的、という、非常に面白い関係性。

冒頭の事件以降は、二人で何をするにつけ愛が溢れてて良いですね、ほっこりします。シバくんも秋山くんも可愛いです。

ところで、非常に細かい個人的萌えポイントなんですが、秋山くんがベッドに仰向けになってる時、身体全体がぺたんとお布団に埋もれてる感じなのがとても好きです。(ほんと細かいな……)

0

シバは本物のバカ。秋山くんは何をしてもきっとカッコいい。

最初読んだ時、ちょっとこの作風について行けなくて。私の頭には沢山の???が生まれたものです。
シバの、「好きになってごめんなさい。」うぇええええ。からなし崩し的に始まってしまった関係。
友達が見ている前でいきなりセックスをしてしまう2人。正確には未挿入だが。
ちょっと異常な空気を感じて、カッコいい秋山くんの取り巻き達は霧散してしまう。
秋山くんの家にいつ行っても誰も居ないこと。取り巻きが居なくなれば、秋山くんがいつも独りなこと。シバは、秋山くんとのセックスを披露した事でドン引きしている友達にのこのこ会いに行ったりする。

秋山くんの事ばかり考えて、頭がいっぱいで。勉強も手につかなくなって。
補修、補修、補修。秋山くんの誕生日を知って、プレゼントしたくて。
バイト、バイト、バイト。
いつもひとりの秋山くんは「シバがいるだろ。」って言ってくれたのに。
シバは秋山くんをひとりにしてしまう。
付き合いたての恋人同士が会えばセックスばかりしている様な。ゆるゆるとして。
シバの頭の中みたいな。ポツポツと一人語りの様な。やっぱり不思議な浮遊感でした。

番外編の「ともみちゃん」は、佐野くんの希望的、夢。
深層心理の中で、佐野は秋山くんに憧れている。バニーボーイに扮した彼等が「ドナドナ」で呼ばれるのが可笑しい。客に弄ばれて怖がっているけど、秋山くんと一緒なら。それでもいい。なんて思っている。佐野は多分自分自身の気持ちに一番驚いている。

描き下ろしはツユダクお風呂エッチ!
おまけの4コマで衝撃の事実。恋をしてるシバの童貞くささがまぁ、皆んな気に入るとこだと思うんだけど。実は中学の頃からヤリチンだったっぽい。これはタイトル通り「萎える!」シバのクセに!シバのクセに!

0

内容もキャラも充実

予想できない展開が多くて、1巻だけでも充実した内容だった。
柴くんは秋山くんに従順で、その姿を見て応援したくなった。柴くんが「秋山くん」と呼んでいるのが個人的に好き。
秋山くんは美人でいい受けだと思う。
秋山の友達のともみのエピソードも色々と驚いたけれど良かった。
次巻も引き続き読みたい。

0

大好きです!

序盤から好きな内容でした。
秋山くん、美しい…

0

苦手要素いっぱい

ご主人様と犬、みたいなカップリングは好きなはずなんだけど……どうしても攻めに萌えられなかったのと、冒頭のシチュが胸糞すぎてその後のラブラブに違和感しかない。普通にいじめだと思うんだけど、これが二人のなれそめになっちゃうなんて性癖的に上級者すぎて、おばちゃんついていけない。なんで受けがこれで、その気になったのかまったくわからず……なんかすごい世界を見てしまった。

受けの友達もいじめっこみたいで嫌だったのだが、さすがにEDになった子は可哀想。けしかけたのは悪いけど、本当にやるとは思ってなかっただろうし、友達のあんな姿見たくないよなあ。彼は彼なりに受けが好きなのに、夢とは言え好きな子の前でモブに色々されちゃう、これも自分の苦手シチュ。

ちょいちょい可愛いエピソードもあったのでなんとか耐えれたが、そもそも二人がなんで恋愛になったのかが読み取れなかったので、キュンとすることもなく……私にはちょっと合わなかった作品。

5

旧版

あとがきまで全部読むと、この作品もですが先生のことも大好きになる1冊です。旧版を持ってるのだけどそうか描き下ろしがあるのか…新版買おうかな。
ひっさびさに1巻読み直しまして、冒頭から変な声が出ました。秋山くんのカリスマ性、可愛さ、カッコよさ、すでに1話で振り切れてるのにここから右肩上がりになっていくの辛くないですか?もう辛いもん。

可愛いの暴力。夏休みシバと一緒に居たくてダダこねてる秋山くんの異常な可愛さをどうにかしてほしい。テンション高い秋山くん…ハートマークを使う秋山くん…そしてエロい。
真っ先に指輪左手の薬指に嵌めちゃうんですよ?いいのこれ?こんな可愛くていいの?

秋山くんミロ飲むのか可愛い…とかなってるシバは完全に推しアイドルの一挙手一投足に喚起するファン。そんなアイドルが自分にだけご褒美くれまくったらそりゃもう足元に勃たせながらまとわりついて当然ですよ。それにしてもシバが玄人(4コマネタ)なの、最高に面白い。

ちえちゃんの全開な感じ、癒し。
無いちゃう佐野もとい智美ちゃん、ぐずぐずにしたい。

1

古い方で読みました

そうか、もともとふゅーじょんぷろだくとで、1巻はそちらで読んだのだけど、2巻から東京漫画社に移ったんですね。こちらでレビューせよとのことなので、こっちで書きます。

読んだのはだいぶ昔。
これはヤバイ、みたいなのを目にして手に取ったんだったかな。
私の中では痛い系の作品に分類されています。

なんだか色っぽい秋山くん。長身で美人で飄々としている。
一方、ワンコのその名も、柴。秋山くんのことが気になってしまい、もはやストーカー。

ちょっと不良気味の友達とつるんでいる秋山くんに、臆せず正面から好きを発する柴が、刺さったのかな。
友達の前でしちゃう二人。

当てられたともみちゃんが、すごくいいんですよね。
作者さんの同人的な萌えが詰まっているようで、ともみちゃんのメスが、ゆっくりしかし確実に暴きだされていく、でも本人は完全には気づいていなくて堕ちない、という危うさがいい。

0

すごい

秋山くん、尊しい!!!!そして柴くんの性格ほんっとに良すぎる!!!濡れ場もいいし、ロマンチックな描写も欠けてない、とても気に入ったシリーズです!!

0

一番好きなやつです♫

のばらあいこ先生の作品は大好物です。
読んだのは、最初のでは無く改訂版?です。
一番最初は、「えー?イジメ系?エグっ、」て思っていたけど、読み進めているうちに違う事に気付きます。
じわじわと好きになる事間違い無いです!
そして、巻を重ねるごとにまたハマって来ます!
キュン♡と、胸熱!が合わさった作品です。

秋山くんを直向きに愛し、守ってるシバ、カッコいい!
シバを好きな、ツンデレ秋山くんも可愛い♡
また、無駄に?エロいのもイイ♫…流石のばら先生です。
損はしないです。

2

秋山を理解するのが困難

 メインの柴×秋山には、あまり萌えることができませんでした。2人ともどういう思考回路になっているのか謎で、最初から最後まで私には理解の及ばないキャラだったのが原因かなと思います。まだ柴の方は、好きになってしまった相手に一目散に向かっている感じで、恋は盲目状態になっているんだろうなぁと理解の余地はありました。一方の秋山は、冒頭で友人達の目の前で柴と何の躊躇いもなく性行為に及んだり、柴のどこを好いているのかもよく分からないまま恋人らしい関係を持とうとしたり、試験前で勉強に集中したいという柴にお構いなく自分の元へ通うよう言ったりと、何を考えているかも分からないし性格に魅力も感じなかったので、どうしても彼にハマることができなかったです。

 最後の佐野の夢や、フェラし合う柴×秋山の濡れ場だけを切り取って多少萌えは感じましたが、ストーリーやメインカップルの良さを見つけられなかったのでこの評価にさせて頂きました。夢の中で泣きながらモブに犯される佐野は可愛かったですが、彼をこっちの世界に引きずってきておいて、飄々と「これで俺と一緒だな」なんて言える秋山の態度は腑に落ちなかったです。別に悪いことをしたわけではないので謝る必要はないけれども、佐野の気持ちにもう少し配慮してあげても良かったんじゃないかなと。佐野は他人じゃなくて、一応親友ですよね? 秋山がクズとかゲスに振り切った受けなら一連の言動も受け入れられたかもしれませんが、そういうわけでもないので彼のキャラが掴めなさ過ぎて戸惑いました。2巻で魅力を理解できることを期待しています。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う