• 通販購入【PR】

表題作 恋愛ルビの正しいふりかた

鈴木弘 → 新垣樽助

鷲沢夏生 → 増田俊樹

同時収録作 ほどける怪物

秀那 → 佐藤拓也

林田 → 小野友樹

その他キャラ
三田[菊本平]/ 鳶の後輩[長南翔太]/ キャスター[増田隆之]/ 三田[菊本平]/ 鳶の後輩[長南翔太]/ キャスター[増田隆之]

あらすじ

恋愛ルビの正しいふりかた」と「ほどける怪物」の2話を収録。

<ストーリー>
【恋愛ルビの正しいふりかた】
「この泣き顔が見たかったんだ。」
高校時代、暗いメガネだった俺に、図々しく絡んできた、黒歴史・鷲沢夏生。
数年後、俺は夏生に再会して告られた。これはチャンスだ。
付き合って、惚れさせて、ズタボロに捨ててやる!

【ほどける怪物】
「どうせ、また殴って終わる。」
夏生と高校時代つるんでいた林田は、会社のチャラい後輩・秀那を、
酔った勢いで誘惑し、セフレになった。
転職前、恋人を殴っていた林田。
後悔の数だけ開けたピアスで穴だらけの俺を、
おまえはずっと抱けるのか――?

作品情報

作品名
恋愛ルビの正しいふりかた
著者
おげれつたなか 
媒体
CD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
Ataco / WaterBear / ftwmf
脚本
佐々美沙
原画・イラスト
おげれつたなか
オリジナル媒体
コミック
メーカー
新書館〈CD〉
シリーズ
恋愛ルビの正しいふりかた
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー初回特典:描き下ろしプチコミックス
発売日
JANコード
4560219323254
4.5

(142)

(103)

萌々

(24)

(9)

中立

(3)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
19
得点
641
評価数
142
平均
4.5 / 5
神率
72.5%

レビュー投稿数19

声優さんのしっくり感がハンパない!

久々に来ました、おのゆー受け!!
ということで、首を長ーーーーくして発売を心待ちにしておりました☆
この作品については、キャストさんの組み合わせが新鮮で、その点も楽しみだったりしましたからね♪

まずは表題作の【恋愛ルビの正しいふりかた】
ヒロ:新垣さん、圧巻の爽やかボイス!あんな美容師にカウンセリングされた日にゃ、次から指名確実ですよ(笑)
増田くんも、アホだけど真っ直ぐで純粋な夏生そのもので、ヒロへの一途な気持ちがすごく伝わりました☆
初めて同士の2人が初々しくて可愛かったですよ♪

で、メインの【ほどける怪物】!!!
林田:小野さんの色気が色気が色気がもうヤバかったんですけど!
そして軽くてチャラい秀那な佐藤さんがとっても新鮮☆
こんなトーンの佐藤さん、最近ではなかなかお耳にかかることがなかったのではないかと。
チャラさMAXなのに、情熱的に林田へ気持ちをぶつける姿、時に林田の可愛さに萌える秀那がすごく良かったです♪
でもやっぱり小野さんが…。
普段は抑揚のない低音、そしてたまに見せる若干のデレ、圧巻は濡れ場の喘ぎ…どこをとっても圧巻の小野ワールド☆
秀那によってほどけていく怪物:林田の様子が声の力で嫌というほど伝わって来るんです。
お陰様で、林田が泣くと切なくなり、林田がデレを見せると秀那と一緒に萌えるという、忙しい聴き方をしてしまいました(笑)
心が通じ合った後の林田の最後のセリフ、棘がなくなってすごく優しく聴こえてちょっと涙が出そうになっちゃいましたよ。

やっぱり、声の力ってすごいですよね!
いやが上にも物語の世界に引き込まれてしまいます。
どちらのお話も、声優さんのしっくり感がハンパなくてとても満足でした。
確かに、書き下ろしがまるっと省かれていたんで物足りなさはありましたが、表現されていた部分の満足度で神とさせて頂きます。
あぁ…おのゆーもっと受けやってくれないかしら。。

11

初々しさと色っぽさどっちも楽しめる作品

原作で素敵だった間合いの取り方がいまいちなのかちょっと不完全燃焼です。2枚組でじっくり録ってほしかったですね。もちろんキャストトークも。ただ、それでもよかったのでこの評価にしました。声優さんの演技が本当に素晴らしかったので。どちらの作品も最終トラックは泣きました。原作を知ってるので展開は読めるのですが、声がつくと印象が変わりますね。

「恋愛ルビの正しいふりかた」は初々しい感じでかわいいです。増田さん初受けだったんですね!すごくリアルでよかったと思います。個人的に再開系好きなので楽しめました。ただ、年齢も含めて仕方ないと思うのですが、ヒロが色っぽいキャラではないので、新垣さんの色気が堪能できなかったことは残念ですね。続編ではもっと成熟した色っぽいヒロが聞けるのでしょうか。それを楽しみにしておきたいと思います。

「ほどける怪物」は打って変わってまぁセクシーでしたね。原作読んでいたとき、秀那って正直どんな人なのかわからなかったんですが、声がついたことでちょっと秀那の気持ちに近付けた気がしました。佐藤さんBLって実は聞いたことがなかった・・・ということに気が付いて今愕然としています。これを機に漁りたくなりました(笑)。小野友さんは言わずもがな。あれだけセリフ量で安定して色っぽいという・・・個人的に原作では「・・・」になってるようなセリフがないところの間合いの取り方が好きです。マニアック(笑)泣き演技も大好物なのでこれからもガンガン受けてほしいですね。

たしか既出の情報で雑誌での付録CDがすでに決まっているとの事だったので後日談はどちらも付録CDを期待して待てということでしょうか。新垣さんの「ツルツル!」を楽しみにしています。

7

やっぱりおのゆーの受けが好き!

原作既読

 『恋愛ルビの正しいふりかた』

 ヒロを演ずる新垣さんの七変化ぶりにはいつも驚かされます。
 『囀る鳥は~』の矢代、『誤算のハート』の清竹、『営業二課!』の東條、『ダブルバイインド』の久地楽とそしてこのヒロくん。
 すべて全く違っていて、事前知識を全く入れずキャスト表を見ないでこれらのCDを聴いたら、多分同じ人が演じているってわからないんじゃないだろうか?
 声はもちろん、リズム、タイミング、間、息づかい、すべてが違うように感じてしまいます。…もう、凄すぎます!
 ほかにやっていらっしゃる役が全然出てこなくて…もう死ぬほどヒロくんでした。

 増田さん演ずる夏生がまた、おバカで一途でエロくて。
 本当に本当に可愛かった!大好きです!
 久しぶりにあほの子受け萌えが湧きったって笑いもだえました。
 だからこそ、ネタバレするシーンがすごく可哀想で。居たたまれなくて。いつも思わずCDを止めてしまいます。
 でも痛いようでいて、微笑ましく、可愛らしいカップルのラブっぷりに結局あてられるのです。
 ごちそうさま!!(笑) 楽しいひと時をありがとう!

 『ほどける怪物』
 
 いやもう本当に私、小野友樹さんの受けが死ぬほど好きだあ。
 そして、この作品は本当にエロくて、切なくて、男前すぎて、惚れ惚れしました。
 何度聴いても、林田さんが切なくて堪らなくなってしまう。
 とくに、CD発売後に出されたこの作品の番外同人誌『薊』を読んだ後聞き直したら、泣けて泣けて…かんちゃん、本当に地獄から抜け出せて良かったね…秀那、彼の笑顔を取り戻してくれて、本当にありがとうね…そう、心の底から思いました。
 あの軽めでなつっこい秀那だったからこそ、林田さんは救われたんだなあと。
 その佐藤さん演ずる秀那は育ちが良さげで、仕事が出来て、要領がよい、人当たり抜群の男で、そのチャラさ加減が抜群でした。
 けれど後半、彼の奥に眠るいろんな思いも伝わってきて。
 ラストのほうの林田さんを笑わすことになるあのセリフの感じ、すっごく好きです。めっちゃ可愛く愛おしかったです。
 重低音系の美声の佐藤さんのイメージが強かったので、若干高めで少し小西克幸さんに似たお声に新鮮さを感じました。
 そしてそれがまた秀那にぴったりなのです。
 
 二人のHシーンはどれもエロくて、時に切なく、雄々しく、サバサバしてて、でも比類なきセクシーさに溢れていて。
 もっともっと二人のお話を聞きたいなあと思っているのに、あっという間に終わってしまう。
 大好きな大好きな作品になりました。


 続編、切にお待ち申し上げております。
 
 
 

 

6

大人の色気

怪物目当てで購入。
さすがの佐藤&小野友という感じ。
大人の男の色気カップル。
最近は受けが若干高めが多いので声質的に新鮮。
秀那のチャラさを佐藤さんが想像以上に上手く演じてくれて、対するかんちゃんの無機質で抑揚のない喋りの対比が面白かった。
このカプは日常会話だけでもテンポ良くやり取りが可愛らしい。
ずーっとLowなかんちゃんがたまーに可愛く返事したり嬉しげな声で喋る所が萌えるのは、音源化ならではの楽しみ方。
エロシーンは安心安定のお二人なのでありがとうございますと。
小野さんの受けはやはり艶々で今後もどんどん受けて頂きたい(ほどける怪物の続編決定も期待)

なんだか全体的にセリフカットが多かったり、急ぎ足感がしていい作品なだけにそこがもったいない。どうせなら2枚組にして濡れ場ももっとじっくり聴きたかった(+フリト)

なんだかんだ怪物のカップルが可愛くてリピしまくっている。

5

男前な受け声に痺れました

かんちゃんが非常に理想的な声の低さで、最中の吐息や漏れる声も男前ながら色気たっぷりで。
そんなかんちゃんの心が秀那の手でほどけていく過程が音声でたっっぷり堪能できて最高でした。

『ほどける怪物』
コミュ力の高いチャラワンコな秀那(佐藤さん)×
つり目で無愛想で、過去に囚われるかんちゃん(小野さん)。

今やBLCD界で引っ張りだこの人気声優さん同士ですが、二人は記念すべき初絡み!
収録の最中は互いの表情を盗み見て呼吸を合わせていたそうですが(Dear+本誌の収録レポートにて)、本当に息ぴったりの臨場感のある言葉の応酬が楽しめました。

声で聴くと改めてかんちゃんの面倒くささ、最中は殊更素直になるギャップ、
秀那の底抜けな明るさや気遣い上手なところ、初めての本気の恋に戸惑っている様子なんかが
ひしひしと伝わってきました。

ストーリーに関してですが、改めてずっと体だけの関係でやることやってた二人が、最後は何もせずに甘い空気の中眠るだけって、とても良いですね。
最後のかんちゃんの笑い声、「うん」の優しい響き、胸が温かくなりました。


『恋愛ルビの正しいふりかた』
こちらも夏生のアホの子っぷりが非常に可愛く、
ヒロの不器用さと性格の悪さも愛しいと感じられ、
原作の味が生かされてるなぁとホッコリしました。

BLCD界、増田さんのような有望な新人さんが進出して、ますます盛り上がってくれますように!


5

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(CD)一覧を見る>>

PAGE TOP