カラーレシピ (1)

color recipe

色彩秘方

カラーレシピ (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神553
  • 萌×2111
  • 萌61
  • 中立21
  • しゅみじゃない42

--

レビュー数
95
得点
3413
評価数
788
平均
4.4 / 5
神率
70.2%
著者
はらだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
カラーレシピ
発売日
ISBN
9784041041000

あらすじ

店に新しくスタイリストとして福介が入社してきてから、笑吉の周りでは不可解なことが続くようになる…。これはただの偶然、いや…。あいつは、白馬の王子様のふりして、本当は…。

表題作カラーレシピ (1)

福介,26歳,スタイリスト2年目
笑吉,25歳,スタイリスト

その他の収録作品

  • カラーレシピ・コントロール
  • 鬼原さん

レビュー投稿数95

これぞ、はらださん!!!

はらださんの「ワンルームエンジェル」を購入させていただいて、とても優しくて切ない話で、なにより絵柄がとても好みでしたので、はらださんの他の作品にも興味をもって、いくつかの作品と一緒にこの作品を購入させていただきました。

美容師さんのお話で、技術は優れているが意地っ張りで職人気質な笑吉と、接客ではコミュニケーションを大切にするが笑吉に対しては少し意地悪な福介の恋を描いた話です。途中まで読み進めていくうちに、はらださんの他の作品と比べると攻めの王子様感が強いなぁ、とは思いました。あくまでも途中までは。

セックスシーンは思わず、エロぉ...と声が出てしまうような感じでした。笑吉くんの赤面がかわいくてかわいくて仕方ないです。はらださんが描く液体の書き方が好きだなぁ、と思います。

「やっぱり、はらださんだ」と思ってしまうような結末だったので、是非たくさんの人に見ていただきたいです。どんでん返しからのどんでん返し。とても面白いです。

購入しようか迷っている方がいらっしゃるなら是非購入することをおすすめします。少し見る人を選ぶシーンがありますが私の性癖にはぐさぐさ刺さってきました。続編も一緒に購入させていただいたので早く見たいです。

0

神作

とてもとても面白い!凄すぎます!

0

私史上1番どストライクなBL!

攻めの執着がドロドロで最高!絵柄も臨場感も凄くて凄く惹き込まれる!私の性癖でしかない…!

0

語彙力が欲しい

絶 対 的 大 興 奮

1

執着責め

はらだ先生の作品で初めて読んだのがコレです。

サイコパス、闇感強め、ゾッとする、と聞いていたのでなんとなく展開は読めていました。しかし、すごいそこまでするか、というくらいの執着ぶり。

私はこのくらいのサイコはむしろ好きですが、確かに読む人を選ぶ作風だなと感じます。

でも、他のはらだ作品の執着系に比べたら軽い方な気がします。一度読んでみて、他の作品を読むかどうか決めるのもアリかと。

入門編にしては厳しいかも知れないけど、これを楽しめたら、もっとゲスいBLを楽しめます!

1

執着責めの金字塔

神作品中の神作品。
角川バージョンの表紙の福ちゃん最高です。
続編も出ましたが完全に一冊で
完成されてると思います。
何年もBL読みですが
感動作にあたりついにちるちるレビューをはじめましたが
それにあたりやっぱり一番外せない作品は
カラーレシピかなと。自分史上最高の衝撃作品。
今更すぎますがBL読み以外にも面白いサイコパス展開鬼才天才はらださま。
やっぱりカリスマですよね。
大好きです。福ちゃんは私の永遠の推し。
いきなりエッチしちゃうようなBLは求めてないし
読んでたら好みの作家さんもはっきりしてくるものですがはらだ先生はやっぱり特別だなと。
読まなきゃ損な一冊。

3

鬼才とは

欲しいものはたとえどんな手段を使ってでも手に入れる。
自分の色に染める快感のあるカラーの方が好き。
タイトルの「カラーレシピ」は攻めの福介が受けの笑吉を自分色に染め上げたいという欲望から名づけられたのではないかと思う。

一度助けられたら恩義を感じてしまう笑吉の心理を巧みに操り、彼の心を自分に向けさせた福介には驚いた。怖い。笑吉が「人心掌握術でも習ってるのか」みたいなことをボソッとつぶやいているのに共感した。どうしてそんなにも人の心操り、計算することができるのだろうか。恐怖通り越してむしろ感心しました。

最後、鬼原さんの過去ストーリーを読むと彼がかわいそうだと思わせられる。こんな過去は絶対に寂しかっただろうし、相当悲しかったであろう。そこに現れた笑吉は一筋の光のように思われたのでわないだろうか。笑吉に強引に迫ったことはよくないと思うが福介に様々なあらぬ罪を被せられた挙句「二度と姿を現すな」という旨の罵声を浴びせられたのは本当にかわいそうだったと感じられる。


何回も読み、ドラマCDも何回も聴いてしまいました。何度も読むと新たな発見があったり、より恐怖や笑吉くんのかわいらしさを感じることができます。
キャラクターも個性豊かな人たちばかりなので楽しかったです。

2

今更ながらに了読

あらすじ等は皆さん書いてらっしゃるので割愛。

はらだ先生の作品を読むたびに、凄い才能だなぁと思います。
人間の感情、根源的な欲望、理性と本能、様々な感情がBLという世界観の中で渦巻いています。混沌のようでピュア、一本の愛。

こんな愛し方や愛され方は必要ないけれど、そこまで深く人と関わることができたなら、それはもう幸せなんじゃないかと思いました。

2

サイコ系が好きな方には合うと思います

BL界の鬼才、はらだ先生の作品ということで以前から気になっていたのですが、う~んなんともいえない…
私には話の展開が凄いというよりも、単純に病んでいるだけに見えてしまいました。
病んでいることは決して話が深いことではないのと思うので、見方が合わなかったです…
読んでても、え?え?という感じがしてしまって、話に入り込むというより置いてけぼりをくらった感じでした。
高評価が多い中で申し訳ないですが、しっくりきませんでした。

2

どうしても受け入れられなくてすみません

精神をえぐられる作品。
正直趣味じゃないし、読後感も重々しくしばらく引きずるくらいですが、それだけ作品に引き込まれてしまう作品でもあります。
はらだ先生の作品の中では王道な闇感強めのストーリーです。

4

メンタルが健康な時以外は読まない

BL界で周りがこぞって絶賛するはらださんの作品。
ずっと読もう読もうと思いつつも、メンタルがいい時にしよう……と今更になってしまいました。
カラーレシピを1、2巻ほぼ同時に1週間ほど前に読了。
1巻で本来は完結だったんですかね?
凄くきれいにまとまってました。話を作るのが物凄く上手い。展開に矛盾がない。多分絶対そういう事なんだろうな……と思いながら読み進め、予想通りでありながらも見せ方が本当に上手い。
世界観に引き込ませるのが秀逸すぎるし、天才と言って間違い無いです。
ただ周知でしょうがお約束のハッピーエンド!読後感最高!という作風では全く無いので、重たいものをずっしり読んで感じたい時に読む作品。
かなりの執着攻め。手に入れるためならなんでもやる。読者の自分の考えが及ばない考えもありましたがサブキャラとの会話で、そういう事なんだとすべて納得させられます。

重たいものが読みたい時にぴったりです。

4

狂気の執着攻め

上ではなく(1)と下の組み合わせのせいで、真っ赤っか福助&福助になってしまいました。同じような方もきっといらっしゃるだろう。

基本は甘々が好きなので、このまま甘い展開になるなら嬉々として読んだのでしょうが、どうやらそうはならないらしいと知ってしまってからずっと完結巻を読むのをためらってました。意を決して読むために1巻を読み返してます。

小説ではまま見るけれど、漫画の中ではかなり狂気の執着攻めな気が。特に人気作となった漫画では珍しいのでは。はらだ先生だからこそ、でしょうか。
といってもはらだ先生の作品て特に"似たキャラ"がいるわけでもないんですよね。幅が広いし奥が深い。絵もうまいし漫画もうまい。 BL漫画界の宝。

◾︎福助×笑吉 美容師
はらだ先生がどの設定から作られていくのか興味がありますが、この作品は美容師でなくてはならないっていうのが伝わってくる。細かい展開が美容師ならではで、漫画がうまい!

※電子書籍booklive 修正薄めシャカシャカ

4

同僚:腹黒サイコ&サイコ放置、客ストーカー。ヤバスギませんかこの職場

近頃評判になっている「BL最高峰 はらだ先生」の作品を一気買いしてみました。
兄弟萌え属性としましては、先ずは何を置いても「にいちゃん」を一番最初に読みました。
感想:あ…無理。
無理、、キモい。これ少年性虐待だし。無理過ぎ。気持ち悪い。
一応最後まで読みまして、一応ハッピーエンドっぽいんですけど、無理です。キモい。

続いてカラーレシピ1:いいですね。こういうサイコは大好きです。
ただ、「にいちゃん」を読んで、なんか「はらだ先生」には非常に危険な臭いを感じました。
私はハッピーエンドマニアでアンハッピーエンドは嫌いだし読みたくないし、虐待・SM・輪姦・3P・痛いやつも嫌いで読みたくない。
なので読む前にネタバレ上等!でレビューを読むし、ランキングで上位の作家を選んで買う。思い込みですが、ランキング上位作家はそれほどアバンギャルドというかニッチなネタは扱わないと、、、、、思ってました。

でも最近では小説の木原音瀬さん、この方もランキング上位作家さんですが、はらださん同様危険なゾーンにズバッ!と斬り込んでいく方で、しかもはらださん同様、筆力・表現力が凄いので、非常にキツイ思いをすることになる。
嫌なんだよぉ~、読み終わった時に安っぽくていいから幸せな気分になりたいんだよぉ~;;

はらださん作品はあと5冊ほどあるのですが、、なんか読むのが怖い、、

1

はらだ先生が鬼才と言われる意味が分かる・・・

私は本編未読の状態でネタバレを読んでもあまり気にしないタイプなのですが、この作品はストーリー展開を知らずに読む方が楽しめる作品のひとつだと思います。

序盤は中盤ストーリー展開で惹きつけ、油断した終盤でネタバレが投下されるという読者を飽きさせない展開がすばらしいです!

「正しい事より、常識や空気感や慣習の方が重要なのか?」
はらだ先生の作品は、普段みんなやってる事だけど、でもそれちょっとそれ変じゃない?と言う点をとてもうまく表現されている事が多く、しかもそれが物語が始まるきっかけになっていたりして最高でした。

5

大好きな作品!!

初めて読んだ作品でとてもびっくりしました!読んでいてあきなくて、最後の展開に驚きです!

笑ちゃんがすんごく可愛くて私の好みでした♡

3

ドグマティックラブ

私ははらだ先生の狂った感じが好きなので、もう少しS攻めが強くてもいいかな、と思いましたが、ストーリーも含めてとても面白いです!

しょーくんも福ちゃんも好きですが、何より龍来ちゃんが良い!!キャラも強烈だし、女装男子なのにめっちゃ可愛い!はらだ先生が描く女の子ってすごい可愛いですよね〜♡

福ちゃんの嫌がらせ(?)がかなり陰湿でしたが、手段は選ばないってこーゆーことですね〜
しょーくんが本当に嫌がってるのかツンデレなだけなのか、続きが楽しみです♪

3

びっくり展開

受け君、まじめで可愛かった。思ったことを他の言葉で飾らず口にしてしまう率直な子。実際に居たらちょっと空気嫁とか思われてしまうのかもしれない。直ぐに人を疑うこともせず、いい子だと思った。上司も同僚もちょっと変わった方達だからか、職場で受け入れてもらってよかった。これからお客さんの指名がもっとあると良いね、と応援したくなる。攻めに対してはツンツンでそこが可愛い。

攻め君のお陰でびっくり展開だったけど、ヤンデレ・執着攻めが、とても良かった。これからの展開がとても気になります。攻め君、意地悪もいいけど、受け君を大切にしてあげてね、と思う・・・。

5

サイコ攻め

サイコパス良かったです!!!!本当に最高でした!!!!
受けは真面目な美容師さんで可愛かったんですが、攻めが良かったですね!
しょーくんとおんなじ店に働くために頑張ってたり、陰でずっとストーカーしてたり、しょーくんを手に入れるために時間がかかっても努力したっていうところが、普通は気持ち悪いんでしょうけど、はらだ先生の力で素敵なサイコになっていましたね…!!
サイコだけどしょーくん優先で大事にしているところもグッときました。二巻あるんでしょうか。とっても楽しみです!!

4

大好きなツンデレ受!

美容師設定は今までも何作品か読んだことがあるのですが、カラーレシピは美容院の内面も知れる一味違う物語です。また、登場人物一人一人の設定がしっかりされているので違和感なく読め、ストーリーに入り込めます。

はらだ先生の作品はバッドエンド?的なものもあるので少し警戒して読んでいたのですが、これは安心して読める、面白い、楽しい、笑吉かわいー!と思っていたら、まさかの展開笑笑

でもさほどシリアスさはないですし、気分ガタ落ちするようなものでもないです。むしろ福介のサイコパス的な所好きかもしれません。笑

とにかく笑吉の表情や仕草がかわいすぎるので続編出たら絶対読みます♡

4

はらださんの中で1番好き

現在はCIELからディアプラスへと移ったはらださんの作品。
今後ディアプラスからあらためて1巻が発売されるのかは調べていないのでわからないのですが、その可能性は高いのではないかなぁ。
どういうやりとりで角川から移ったのかにもよるとは思いますが。

美容師ものという一見普通に見えるキャラ設定ですがそこははらださん、それだけではありません。
攻めの福介(26歳)は受けの笑吉(25歳)に執着する変態です。
笑吉を手に入れるためには裏工作もするしマーキングもする。
自己鍛錬もする。
でもはらださんのキャラの中ではまだ普通なのではないかと思ってしまうのは、それ以上の変態が登場するからなのかしら。
もみあげ嫌悪症になりそう(苦笑
それにやってることは最悪でも、福介は笑吉が好きで好きで好きで、手に入れたくて仕方ないのが伝わってくるんですよね。
はらださんの出されてる本の中では一番好きかな。
続きの連載が始まってまだ間もないので単行本にまとまるには1年以上かかるかもしれませんが、楽しみに待ちます。

4

最後まで強烈。クセになるスピード感。

残り数ページでまさかの展開で…思わず「えーー!?」となりました。
受けがストーカー被害にあい、大ピンチの場面で攻めが現れて守る。そして受けが惚れる…という、なんら珍しくない王道のストーリー。それだけでも満足していたし、残り数ページだったからハッピーエンドと思いきや…言葉が出ないほどの衝撃。そして発覚した時の攻めの表情……何とも言えない不気味感とドキドキ。それがクセになりました。
攻めがなぜ受けを好きになったかの理由も最高すぎました。純愛系が好きな自分なのになぜかハマってしまいました……。
友人に借りて読みましたが、個人的に欲しいので購入したいです。はらだ先生の本を他にもたくさん読みたくなりました。そして2巻ガキになります……

6

最後の最後まで

初めてはらだ先生の作品を読みました。
読み終えた時は、何か凄い!としか言えなかったです。
言葉じゃ追いつかない感じ。まさに衝撃的でした。
以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい。


とは言え、今回はあまり内容を知らずに読んで頂きたいな、というのが個人的な感想です。
なので、これから読む方には一言、

最後の最後まで、油断しないで下さい!

とお伝えしたいです^^;
王道の展開かと思いきや、そうなっちゃうんだ!という衝撃の事実が発覚します。
この作品を読んで、色んな愛の形があるんだなと思うようになりました。はらだ先生ならでは展開とも言えるかもしれませんが。。。続くとなっていますが、この一冊でも区切り良い所で終わってるので、満足出来ます。むしろ、一冊読み終えた身としては、続きを読む方が勇気が要りそうです。。。

8

何度も何度も読み返しています

何度も何度も読み返している作品です。
こちらは私は皆様のレビューを読んでから購入したのですが、あらすじや感想を読まずに読んでみたらもっと違う感想を抱いたのかな?と思いました。

はらだ先生の執着攻め、最高です。
福介の執念たるや、素晴らしいです。美容師さんは大変な仕事だろうに、よく色々と仕込む時間があったなぁ。 そこまでして手に入れたいという事なんですね。

りくの言う通り、自分や周りの大切な人に火の粉が飛んできたらすごく嫌な攻めですね。 こうしてマンガとして読んでいる分にはいいのですが。

笑吉の徐々に福助に絆されていく様子もとても自然でした。
しかし、笑吉が体を許す時点で好きって事なんだと思っていたのですがまだ恋人って感じではないみたいです。

今後二巻で二人がどんな関係性に変化していくのか、楽しみです!
早く続きが読みたいですね。

また二人のエッチシーンがすごく色気があります。福介からしたら、ようやく手に入れたってところなんですよね。
早く続きが読みたいです!!

7

攻めの気持ち悪さが最高です。

私が初めて読んだはらださんの作品です。
人気作ということを知り、レビューを読んでから買ったのですが本当に素晴らしかったです。
とりあえず、読めばわかる。その一言に尽きます。心理描写が細かくて福介がどのようにして笑吉を好きになったのかや、また、美容師のお仕事ドラマとしても楽しむことができます。
ネタバレになるので控えますが、物語の展開が目まぐるしく、読み進めていく中で気がつく緻密に張られた伏線には圧巻です。
このまま終わっても十分な気もしますが、2巻が発売されるとのことでとても楽しみにしています。

6

とても良かったに尽きる。

今回の作品は美容師のお話ですね!!
まず最初に目が行くのは美容師のお仕事内容とか美容師の厳しさというものが伝わってきますね。

福ちゃんとしょうくんの出会いは最悪で犬猿の仲で可愛な〜とか思って最初見てましたが、後半に行くにつれて二人の関係が縮まって来て…。というのは王道と言っちゃ王道ですが、福ちゃんの距離のつめ方がえげつない!!人を蹴落としてでも、例え相手を傷つけても自分のモノになればそれでいいという素晴らしい程のサイコパスキャラでした!!
やはり、はらだ先生の作品はとても独創的で今回も素晴らしかったです^^

7

中毒性があります‼︎

インパクトのある作品でした!福介は最初は嫌な奴だと思いきやだんだん優しくなるし、そのくせ最後はまさかの…というかんじでした。第1巻なので是非続きが早く読みたいです。

3

2巻が待ち遠しい!!

これではらだ先生の作品を読むのは2作目なのですが、ますます中毒になってしまいました。
笑吉と福介という名前は、お笑いっぽいんですが、実際は真逆すぎて、先生のセンスのよさがそこからすでに感じられました。
執着系のお話は、場合によっては気持ち悪く思ってしまいますが、福介はとてもスマートな執着攻なので、そういう印象はありませんでした!!
そして、何よりしょーちゃんが可愛いくて…!!
福介の目線になってしょーちゃんをみちゃいます!
他のサブキャラもみんな魅力的で本当に大好きな作品になりました!2巻が待ち遠しいです!

5

かみさくひんじゃ~

すごい作品と出会ってしまった、、、それが私の読了後の感想です。
はらださんの作品はよく読むのですが、傑作と言っても過言ではない作品になっていると思います。

一見ただ攻めさんが受けさんに恋する、だけの話のようにみえますが伏線や執着がとっても綺麗に描かれています。気づいた時の衝撃がおおきすぎました。


もう1度記憶を無くして読みたいです、、笑

私はこういう依存や執着モノが大好物なので変愛ややじるしも読みました。

是非読んでもらいたいと思います、

7

とにかく面白い

初めて読んだ時、何も考えずにさら〜っと途中まで読み流していた私。「原田先生もこんな純粋(?)で王道な展開の話を描くようになったんだな〜」と思っていました。

攻めの福介は本当にただただ笑吉が好きでからかったり助けてあげたり(変態行為をしたり)しているんだと途中まではそんな印象でした。無意識的に違和感があるくらいで。


ですが、なんと途中からガラッとその印象が変わるんです!
笑吉が福介を好きになるまでの道のりが全てが福介の計画通りだったと知った時、鳥肌が立ちました。こう来るか〜!!みたいな。けれども脱線も実はたくさん張られていて、唐突ではなく衝撃はもちろんあるもののしっくりきます。


執着攻め、しっかり考え抜かれたストーリーがお好きな方にとってはどストライクでしょう!
あとツンデレ真面目受けも超かわいいです!!

3

必読

初見の衝撃がすごい作品でした。
こういうのが新しい本を読む醍醐味だわぁ
うわー記憶喪失になってもう一度真っさらな状態で読み返して心動かされたい!
あらゆる場面に伏線が織り込まれていて、何度読み返しても発見があります。
受け攻めモブほぼ全員のメンタルこじれ具合が最高。
そして毎度はらださんの本は素敵装丁ですね。
変態で偏執的な感じがでてるのにスタイリッシュ。
本棚に置いててもBL感ない。
とにかく読了後の興奮が素晴らしい一冊です。
しかも!しかもこれ To Be Continued!
ありがたやありがたや。

3

スピード感が素晴らしい

はらだ先生の成長ぶりが凄まじくて圧巻でした。
実はお話の構造的には「よるとあさの歌」と似てる(ネタバレになるので詳細は伏せます)のですが、読後の印象はまるで違っています。

もともと物語のスピードコントロールに長けた作家さんですが、本作の切れ味のシャープさはBLに限らず最近読んだ漫画全体の中でも突出しており、コマ割りによる目線の誘導も見事です。

初見の読後感のゾクゾクした感じのまま再読してみると、さらりと読み飛ばしていたセリフに対する小さなコマでの表情や、ちょっとした仕草なんかにそれぞれの伏線がきちんと描き込まれていて二度びっくり。お仕事漫画としての面白さも十分にあり、タイトルの意味も物語にしっかりと絡んでいて素晴らしい。
多少無理ある展開も勢いで読ませてくれるので気になりません。
読み終わってから続刊することを知り、これほどの完成度なら続かなくてもいいのでは...と思ってしまいましたが、はらださんならそんな不安も杞憂に変えてくれそうです。

4

なるほど

はらださんの商業BL作品全巻のなかで、一番好きです。何故なら執着攻め、強気受け、鮮やかな当て馬撃退、伏線回収と自分の大好きな要素が盛り盛りだから!!
鬼原さんはかわいそうな気がしなくもないですが…
タイトルも良いですよねー、タイトルの意味を理解したときに背筋がゾクッとしました。
ただ、ただね、難を言うならおせっせに至る過程が唐突すぎて お、おう……ってなりましたかね。
ああ、その前に序盤で福介くんがち◯こ擦ってる画が衝撃的すぎて、こ…これは夢か??って思ったり。
はらださんってほんと、凡人がいくら頭をこねくり回しても決して思いつかない話を産み出す天才だなとおもいました。

4

リアリティが素晴らしいです

表紙の雰囲気があまり好きではなく手に取らなかったのですが、Y!BOOKSTOREの特設コーナーで試し読みをしたら、ズルズル世界観に引き込まれて結局購入。これだけ暗い話なのにキャラクターの飄々としてる様や笑える小ネタが入っていてそこまで深刻な重苦しい雰囲気がなく、楽しく読めました。
美容師の仕事のリアリティと話が中弛みすることがない点が素晴らしい。はらだ先生にハマるきっかけとなった一冊です。

3

トリハダ!

最後まで読むと『カラーレシピ』のタイトルの意味が分かってなるほどな〜と思います。鳥肌たちました。
途中伏線がすごいので何度も読み返しました。
受けに執着する攻め、最高です。
えっちシーンがそんなにあるわけではないのに、ものすごくエロいです…!受けの泣き顔や怯える姿の色気がすごい…

個人的にはらだ先生の作品で1番好きです!ドラマCDも気になっているので買ってみようかな…
とにかく続編が楽しみです!!

4

最高

神です

2

一度は見た方がいい!!

もうほんと素敵な作品でした(;-;)
作者買いしているんですがこれはなかなか良かったです。
とにかく笑吉くん可愛すぎます。
ツンデレ受けが好きな方は絶対萌えます。
泣き顔もとてもそそります。なんであんなに魅力的な絵が描けるんでしょうか…。
福介くんもかっこよくて執着攻め好きなのでとても萌えました。

とにかく最後まで見て頂きたい作品です!!

3

何回読んでもドキドキハラハラします

はらださんの絵とお話がとても好きでこちらも気になって買ってみました。
こうかなー、と予想しながら読んでいたのですが予想の斜め上をいくお話と設定に感激しました!
わたしはあまりBLCDを聞かないのですが、初めて聞きたくなった作品でした。

3

登場人物の意外性に何度も驚かされる作品

読んでる間中、スピーディーな展開に惹き込まれっぱなしでした!

はらださんのスタイリッシュな絵柄が好きなんですが、美容師という職業と雰囲気がとてもマッチしています。スタイリストさんがどんな風に仕事をしているのか、わりと専門的なワードが出てきたりもして、職業モノとしても楽しめます。

黒髪受けの笑吉くんはもちろんかわいいんですが、はらださんの描く攻めのなんともいえない腹にイチモツ抱えた表情が恐ろしく、ゾッとしつつも惹き込まれました。
続きがあるようなのですが、ここで終わってもそれはそれで妄想がふくらみます。

3

普通でした

はらださんの作品ではポジネガが大好きなのでこちらも手に取ってみました。
笑吉みたいなキャラは人間としても受けとしてもわりと好きなんですが、
自分は福助みたいなクズとかサイコパスっぽい攻めはあんまり得意じゃないみたいです…全体の感想としては普通でした。読み返すことは多分ないかな。
お仕事BLとしては面白かったです。
あと、りくのキャラもいい。スッピンの状態から化粧はじめてすごいスピードで美人に変身するシーンが好きw

2

『カラーレシピ』なるほど、そういうことか……

またまた裏切られてしまいました!!
(勿論、良い意味で!)

「自分が欲しいモノを手に入れる為なら、他者がどんな損害を被ろうが知ったことではない」サイコパスな福介、とても僕好みのキャラクターです。

笑吉は、可哀想に……
変態を惹きつける才能(?)魅力(?)があるのでしょうか……?

また、福介とりくの睨み合い(?)が、またイイですね……最高です。
「邪魔はしませんよ 手助けもしませんが」
背筋がゾワワワっとなりました。

はらだ先生、最高です。

3

良作ですがぞっとします!

不愛想で客のつかない美容師・笑吉と要領が良く客からも好評な美容師・福介のお話。
最初は仲が悪かった2人ですがストーカー事件が起こったことにより、ぐっと距離を縮めついにカラダの関係を持つように。
しかーし事実は半分ホントで半分ウソ。これまで起こったことは一体誰の仕業だったのか。
本当に信用できるのは誰なんだろうと考えさせられます。
一般的に一見魅力的な人がサイコパスだったりするらしいですが、まさに福介はそんな人物。
しかし笑吉くんは変態ばかりに好かれて可哀想です。
続きもあるようですが、最終的に福介は笑吉をどうしたいんだろう。気になります。

1

もっとアホさほしい!

はらだ先生のことだから、何か裏があるに違いないと思いながら読み進めたら、案の定でした。。。
予想していても、ぞわぞわしてしまう結末です。

はらだ先生が描かれるクズ、ゲス系の作品のなかでも、『やたもも』のようなアホかわいらしさのある感じが好きなので、私には少し精神にくる作品でした。

あと、もうちょっとエッ○シーンがいっぱいあるとうれしかったです・・・!(笑)
色気は満載なんですけど(笑)
ゲスアホエロな感じのはらだ先生が好きなので!

1

はらださんの話題作。

はらださんの作品はどれもドンピシャで、ゲス攻めとアホな受けの組み合わせが好きでいつも新刊を買ってます!キャラがそれぞれ人の道から外れてるのも萌えpt高しです。
それで今回の新刊が話題だと本サイトで見たので買いました。はらださんの持ち味であるアホ受けとねちっこい攻めの話かな?と思ってたけどそこははらださんで、やっぱり攻めには裏があるんだよね〜。ラストのどんでん返しと攻めのゲス顔を見て、やっぱはらださんのゲス顔は最高だな〜と実感。読み返すと受けが可哀想で興奮しました!笑
ん〜だけどこの展開は前にも読んだことある短編に近い感じがするから、びっくりはなかったです。サイコパスってほどでもないかな?けどこれが1巻ということで、予測不可能な2巻に期待です!

1

良作すぎて驚いてます

すごく良い作品だと聞いて買ったのですが、本当にびっくりするほど自分の好みの作品だったので驚いてます…まさに神の評価にピッタリだと思います!
カラーレシピという不思議なタイトルにも読み終わって納得してしまいました…!
話としては、笑吉と福介という名前があまりにもおめでたくて最初は笑ってしまったのですが、そんな笑いも吹き飛ぶサイコパスな終わり方をしたのでもし、続きがあるのであればすごく気になります!BL漫画なのに伏線的なところが多く伏線が回収される度に鳥肌が立ちました。
全体的には、美容師さんのお話なので専門用語が多く「?」となるシーンも多かったのですが、しっかりと調べて書かれているのだなと感じました。
トーンの使い方やコマ割りや構図も個性的でそういう点でも面白い漫画だと思います。
BL漫画で1番大事な2人のイチャイチャシーンも巧みな画力と表現力でゾクゾクさせられました!イチャイチャシーンめちゃくちゃ評価高いです!w
ストーリーはもしかしたら好みが別れるかもしれないなと思いますが、イチャイチャシーンだけでも良いので見て欲しいくらいです…!
はらだ先生の作品を読むのは初めてだったのですが、他の作品も読んでみたいと思いました!
続きが出れば、必ず買おうと思います。(1)とあるので続きが出るのを信じてますw

3

やっぱりはらださんだった

美容師のお話。
福介ぶっとんでるけど、ショーちゃんの事励ましたりストーカー男から救ってくれたり、まるでスーパーマン!はらださんの作品なのに今回は良いお話だなぁ~珍しい~と思いながら最後まで読み進めたらまさかの展開にビックリ!!
ゾワワァァ~とした!!
さすがはらださん、期待を裏切らない…!!
相変わらずのはらだワールド炸裂でした。
これ、続編あるんですね!
いつもみたいに1巻完結だと思ってたからものすごく嬉しいです。

はらださんの書くキャラは個性的で、一味違うBLの世界を楽しめますね。
ほんと癖になる。

3

ネタバレなしで読んで、何度も読み直して欲しい作品でした

やまあり、いみあり、おちあり、(エロあり)で息が止まるかと思いました。 とりあえず最初は何も考えずに読んで下さい〜

1度は「うえぇ〜恐ろしいなぁ」と思うかもしれませんが、全てを知った上で頭から読み直してみると「こいつ、どこまで計算してるんだ?」「あぁぁぁ。こんなところで、こんなことしてたのか〜」という事がゴロゴロでてきて、 最終的には、はらだ先生すげ〜 と思われるはずです。

ネタバレになってしまうと思いますが、サイコパス??という評価をされている福介ですが、一読してみると、全ては笑吉を愛るが故の行為とも取れそうです。なんだか愛おしく思えてきます。案外福介、凡ミス犯してる所がぽつらぽつらありますしね。

1番怖いのはそれを察知して探りをいれたりくクンかもしれませんね〜。続編が出たとしたらキーパーソンになるのでしょうか… また、何も知らない笑吉が不憫でなりません。 どうか笑吉が何も知ることなく幸せに暮らせますようにと願うばかりです。

3

興津さん

CD化おめでとうございます

2

またしてもやられた!

はらださん、初めての続きもので期待度高まります。
美容師もので、お仕事内容も細やかで内情もシビアに再現している感じ。
でもって、あれあれ?はらださんなのに、なんもないの?ってとこまで引っ張ってきといて、そうくるか!という仕掛けが本当にお上手。見事にやられました。
リクが怪しいと思ってたからなおさら驚いた。ストーカーって、本人が怖いと思わなければストーカーじゃないのかもな(そうなのか?)
鈍チンだからよほどのことがないと笑吉にはバレなさそうだけど、2巻でなにか起こりそうな予感。 早く読みたい!

3

レビューは読まずに

この作品は ネタバレの有無関係なくレビューを見ないで読んだ方が絶対に良いです。

2

マジか!!

最初は、本当王道ぽくて、ストーカーから、受けちゃんを助けるカッコ良い攻めちゃんって感じで、普通に面白い!ってなってたけど、後半マジか!え?マジってなります

ケンカップルぽい感じとか、テンポとかいい感じです*\(^o^)/*

3

自分色に染める処方箋〜執着男の場合

事前知識なく、「はらだ」さんの作品ということで購入、読んでみたのですが、なーんてことなく読み進み、ストーカー登場で「ん?面白くなってきたんじゃないのお?」と思い始め、フンフンとエロシーンをクリアし、りくちゃんの何気なーいセリフまで来て………

え。
そういう話だったの〜?!は〜!全然気付きませんでしたよ。
びっくりして、ゾ〜ッとはしたけど「サイコパス」ってほどではないのかなあ。ストーカー野郎のわけわからん執着理由と同じで、なんで手に入れようと思ったのか、その辺の動機の弱さが逆にリアルにも感じられるけど。
確かにこの後の展開、どうなるか非常に楽しみですね。
どうにでもなりそう。もっとホラー、あるいはより純愛、下剋上的逆転劇もあり?完全に手に入れてからのポイ捨てもあり?
帯の「王道と非道が混ざり合う…」は言い得て妙!です。

1

思わず鳥肌が立ちました

BLを読み始めたばかりで、どんな作品がよいのかわからず、とにかく絵柄が気に入ったものを読もうと思って手に取ったのがこの作品でした。
好みの絵だな~、ああ反発しあっていた二人がくっつく王道ストーリーなのかな~と読み進めていたのですが、、、終盤!!思わずうわー!!!っと叫んでしまいました!!
1巻ということなので、この先どんなストーリー展開になるのか、楽しみで仕方ありません!
一度読んで、また初めから読み返したくなること間違いない作品です!!

3

これぞ神

とにかく最高としか言えないです。
今まであまり商業BLは読むことはなかったのですが、たまたま冒頭だけ試し読みしてみてなんとなく面白そうだなーって思って買って読んでみたところ、なんというか、もう、神だ……と拝みたくなりました。もう何十回も読み返してます…そして読み返せば読み返すほどこうだったのか…!!と改めて気づかされて何度でも圧巻されます。
もともとBLに限らずサイコパス系のキャラが好きだったこともありドスライクでした。
私は宣伝文句や皆様のレビューを見ていなかったので内容はそんなに知らなかったのですが、絶対に内容は知らずに見たほうが良いと思います。
私が今まで読んだBL作品の中では間違いなく断トツで一位ですしおそらくこれからもこの作品を抜くものはないのでは…というくらい好きです。
to be continueと書いてあった(ような気がする)ので続きが楽しみすぎて禿げてます。

4

続編が待ちきれない…!

痛い系が苦手なので今まではらださんの作品は何となく敬遠していたのですが、この作品はサンプルの時点でグイグイ引き込まれて思わず購入しました。結果、今まで読んだBLで確実に3本の指に入る名作に出会えました。大満足です。
読み返す度にいろんな発見があって飽きさせない面白さ。コマ割りから見せ方、ハッとする表情など画面いっぱいに才能が溢れてます。
はらださん苦手と言う方もこの作品からぜひデビューしてみては如何でしょうか。
途中までの王道展開にキュンキュン、後半のどんでん返しにゾクゾク、一冊でいろんな感情が味わます。
とにかく福介の異常っぷりがカッコいい!
それに尽きます。

3

狂気とも呼べる愛

はらださんの作品はいくつか拝見したことあるのですが、その中でも一、二を争うほどの攻めのヤンデレっぷりとサイコパスっぷりです。

始めの方は、いつも喧嘩ばかりしてしまう、ツンデレ受けとそれを飄々と躱す攻めのような話だと思っていたのですが、物語は後半に進むにつれ、攻めの狂気とも呼べる愛がどんどん見え隠れし大どんでん返しが待っています。
そんなことは露しらず、少しずつ攻めに懐いてく受けを見て、何度も逃げてーと思ってしまいました。

エロ部分もいつも通り文句なしのエロさで大満足の一冊です。二巻では、二人の関係性がどうなっていくのか楽しみです。

3

サイコパス!

はらださんの作品で初めて読んだのがこの、「カラーレシピ」です。
1巻完結型だと思っていたら続くみたいで嬉しいですまさか福介がサイコパスとは思ってなかった…
完全にストーカーの仕業だと思っていて、
りくが意味深な事を言った時に、
ん?あれ?もしかして!?と思ったら、福介が…って事で始終ハラハラドキドキでした。
見事に騙されました。
それにしてもりくちゃん(くん)いいキャラしてますね。個人的には好きですが、笑吉が可哀想…。
果たしてカラーレシピはハッピーエンドになるか…?予想の斜め上を行く、良い意味で裏切られました。
これからの展開が楽しみです!

4

シエルさんでも変わらずの新たなるはらだワールド!

自分、同業者です。先生再現お上手!取材もされたでしょうが、さすがです。指示の出し方、スタイリストの系統も!シャンプーの手つきなんて、そのものです。
ちなみに私はしょーくん系スタイリストですが・・・(笑)

新たなるはらだBLですね!最高です。本当に革命家です。↓下のレビューの方々の通り、普通に飽き飽きしてきた、上級者向けですね!もう、普通のハッピーエンドが自分の中でマンネリしている近年に、はらだ先生は新しい風をそそいでくれます。毎度素晴らしい作品に感謝感謝感謝です!
まさかのシエルさんで連載と知った時から控えめでいくのかな~と(個人的にシエルさんは純愛、キラキラ系だと思っているので)思ったら、シエルさんなのにはらだ節きいてるわー!!と感動いたしました!!
サイコパス、こーゆーことね!!!と読み終わってからまたじっくり読み返しました・・・!
鬼原さん気の毒ですが、福介は競争業界美容師ならではの、ストイック精神のキャラだなーと、応援したくなります!(笑)

続き読みたいです~~~~!!!
はらだ先生に美容師ネタ書いていただけたなんて・・・!光栄です(笑)全国の美容師腐女子が喜んでいるでしょう(笑)

やっぱり好きだ~はらだ先生・・・!

5

読む前に帯の裏側を見て、???となった後に本編を読んで、もう一度帯を見ると、!!!となりました。
この感覚を記憶を消してもう一回味わいたいです!
一筋縄ではいかないことがおおいはらださんらしい作品で、とても良かったです!

2

生きてきて一番の作品に出会った

もうただただ神!サイコパス系なんてキャラ、今まで好きになったことなかったのに、福介さんのせいで新たな扉が開かれました…。今まで読んだ商業BL、いや、版権二次創作BL、すべてのBL作品の中でダントツの1位です。こんなに最初から最後までハラハラドキドキした作品は初めて。純粋にストーリーが神。そこにホモが加わるんだからもうたまりませんね。購入してからもう何回読んだかわかりませんが、今でもハラハラドキドキは止まりません。王道に飽きた人には是非読んでもらいたい。もう続きがはやく読みたくて読みたく仕方がない。

4

斜め上の期待以上の展開

すごく良かったです。はらだ先生の作品のキャラクター?のカプは、必ずしも、髪の毛の色が白で黒に分かれているので、とっても見やすいし、面白い!
ストーカーの犯人はあの人だっ!って思いながら読んでいたのに、実際は。。。だから、正直ビビりました。
好きな人を手に入れるまでにあんな事をしちゃうのは、ある意味尊敬ですw
自分の予想の斜め上の期待以上のものを返してくれる、はらだ先生の作品が好きです!
この、作品は。。。なんか、自分を考えさせられましたwでも、とても良い作品過ぎて。。。続きが気になります!!!
カラーページが多くて、綺麗w
でも、「やたもも」「好きなひとほど」「よるとあさの歌」など、他のはらだ先生の作品に比べたら。。。思いの外、○ックスシーンが少なかった気が。。。。。。それでも、読み応えのある作品!!買って満足ですw

3

圧倒される勢い

タイトルに(1)とあったので完結してから読もうと思っていたのですが、待てなかった。そして読後の自分からはとにかく流石とか見事とか、そういった言葉しか出てこないのですが少し感想を書いておきたいと思います。なにが流石って、まずはこのジャケットがすごい。幻惑させられましたよ(笑)。ソファに置いてあって、少し離れた位置から本が目に入っていたのですが、そのままずんずん歩いていったら"ぐわぁ~ん"と。これ不思議で、縦方向から見るとそのままキレイにタイトルが読めるのですが、横から見るとぼやけるのですね。それを発見してからは片手で持っていろんな角度から眺めたりして、思い出すとなんだか恥ずかしいおかしな光景です。それから表紙を開くとまた驚きで、原色感が強い。ところで先のレビュアーさま方も書かれていますが、もしこれから読まれる方にはネタバレしないで本を開かれることを強くおすすめしたいです。※以下、ネタバレ含む

福介・笑吉、この名前いいですよね。福も笑もお互いそれらしくないというか、遠い(本人たちがそう感じている)のかなというところに愛おしさを覚えながら読んでおりました。相手を自分色に、というか好きな色に染めていこうというつもりが、結果的には相手の色にすっかり染まっているのでは?みたいなお話なのかなと思ったりしながら。

私はあらすじさえ読まなかったのですが、正解でした。はぁ面白かった。ピンポイントなんですが作者の描く「おでこ」が大好きで、シャンプーシーンはたまらなかったです。あの丸みが可愛くって、もう!それからやっぱりあのコマかなぁ…。あぁ、あのページもだなぁ。エロがなんだかすごくエロいし。そんな感じで圧倒されつつリピートしている一冊となっております。

3

いつものはらださん

はらだ作品の人々ってちゃんとした定職に就いていないイメージだったのですが、今回は美容師ものということで一応仕事は真面目にやっている人ばかりでちょっとびっくり。
身近な存在だけどよくは知らないこの業界。技術と接客のバランスの悩みの部分など興味深く読みました。
仕事面の描写だけ読めば青年誌でやってそうな内容ですが、そこはやはりはらださん。一筋縄ではいかないです。
続刊の予定がありそうですが、このまま狂気・執着を突き詰めていくのか、それとも他の方向から仕掛けるのか気になります。
巻末のおまけ漫画は悪役のおっさんにも光を当てるような内容で、ちょっと切ない。だからってなんでもやっていいわけではないですが、おっさんも辛かったんですね…。

1

オススメ\(^o^)/

はらださんの描く絵は綺麗で好きでしたがストーリーは好きな人ほどを読んで苦手と正直思い(攻め受け逆転系が苦手で)こちらもそうかなと読まずにいましたが評価が良かったので試しに買って正解!あっと驚く展開がありそして受けが可愛い攻めが色っぽいと読んでてぞくぞくしました。オススメです!

2

はらださん流石すぎます...

神です。読んでほんとにビックリしました。
読んでいて三回くらい「うっうわぁぁ(唖然)」ってなりました。
ネタバレになるのであまり詳しくは書けませんが、攻めの受けへの執着っぷりが凄まじかったです。
やっぱりはらださんの作品はすごいなぁと改めて感じました。
すごくサイコパスです。レベル高いサイコパスです。

とても続きが気になる。早く2巻が出て欲しいなぁと思います。

4

裸体が美しい!

これあらすじや帯で若干ネタバレになってしまってるの残念ですね…。ネタバレ無いで見た方が絶対面白かったからなあ。要はどんでん返しがあるわけですが。
とにかく読んでみた方がいいです!ストーリーも凄いですが私は絵の美しさにヤられました。こんなに色っぽく男の子の体を描ける作家さんはあまり見たことがありません。男の子の裸体だけでも一見の価値ありですよ!

6

素晴らしい

神!!!!読まなきゃ損する、そういえます。
はらだ先生は好きな人ほどのみ読んだことがあったのですが、他の作品の情報を読むと好みじゃなさそうだったのでこちらも本当はスルーするつもりでいました。でもちるちるでのレビューを読み気になり買いました。
うまく文章にできないので私はとにかく、これはすごい、読むべきとだけ書いときます。

3

最高…さいこう…さいこ…サイコホモ!!!!

出、出〜〜www狂気精神病質男色家奴〜〜wwwwww

簡単に言うといわゆる一つのクレイジーサイコホモの福介くんが、コミュ障ツンツンツンデレなノンケの笑吉くんとパコる話なんですが、パコるまでの福介くんの涙ぐましい不健全な努力が泣かせます!!!
カラーのエロも最高です!!福介くんは色白!髪も白!某カヲルくんのよう!サイコホモにぴったりですね!笑吉くんはいたって普通の見た目(ものすごく可愛いんですけどね!)なので福介くんに出会うまでまともに真面目にきちんと育って来たんだなあとしみじみ感じます。ああこんな子の尻ッケツ穢すの楽しかろーや???もっとやれ!!!となります!あ、いや私はなりました!
2巻まで出るとの事なのでこれからの展開が楽しみなのですが、福介くんは大方賢いけど所々ぬかっているので心配です…龍来ちゃんのが一枚上手なのかな?しくじるなよFUKUSUKE!!!!!
果たして笑う門に福は来たるのか!!?ハッピーエンドである事を願っています!!!

22

はらださんの頭の中を覗いてみたい

ちょっと前に購入していたのですが、はらださんの本は読むのに割と精神力が必要とされるのでしばらく放置していました。その間皆さまのレビューや、本の内容はチェックしていませんでした。
で、満を持して読んでみたら、…あれ? それほどヘビーじゃない…? 受けくんのストーカーはキモいけど、受けと攻めは割とさわやかな王道ケンカップルだ…。


……………∑(゚Д゚)!!

…いや、途中まではころっと騙されました。一瞬でも王道だと思った自分が浅はかでした。(笑)

とりあえず、たくさんの素敵レビューが書かれているので内容は割愛させていただき、神評価の投票のみにとどめます。
これ、リアルタイムで雑誌連載を追っていた方は、なおさらすごい衝撃だったでしょうね。
1巻と銘打ってあるけど、キリのいいところで終わっているので、さほど以下続刊のストレスは感じません。この一冊で完結でも問題なかったくらいかも。しかしこのあとどう続くのか…謎です。

6

こういう作品読んだことなかったので驚きました。

読み終わるまで目を離せない感じでした。
この作品は全く知らなかったんですけど、表紙の感じとタイトルに惹かれて買いました。なんか髪色きれいでさらさらな男性がいるなー。そんでもって黒のタートルネックいいよねー。って感じでした。帯にサイコパシー・ラブと書いてあり、どういう意味だ!?と思ったのですが、そんなことはどうでもいい。読んだらきっとわかると思い読みました。(←読んだら意味わかります)
初めのビラ配りしてるときの女子高生。本当にびっくりです。いそうですけど、可愛い感じに見えるのでビラ捨てるなんて本当にひどい。ていうか道に捨てんなよって思いました。そんでもって、福ちゃん、初めは結構きつい感じに見えてたけど、接客中はお喋りで、若干オネエかと思ってしまいました。すみません。
これ、話せば話すほどネタバレなっちゃいそうですし、ネタバレない方が絶対面白いと思うんですよね。でも、読む人によっちゃ合わないかもですよね。私も最後まで読んで本当にびっくりでした。実際にこんなことがあったら怖すぎですけど、あくまでもこれは漫画なので…セーフです。面白すぎです。こういう、こわい。でも続きが気になる。って感じの作品いいですね。
あと、登場人物もいいですね。誰が誰かわからない。ということにはならないです。顔も違うし性格も違う。読みやすいですね。
エッチは…びっくりでした。モザイク?のかけ方が少し笑いそうになりましたが、そこ以外は素晴らしすぎました。とっても丁寧に描かれてます。モザイクのところ笑いそうになってしまいすみません。
とにかく読んでみてほしいの一言ですね。

3

美容師萌え

これはネタバレすると面白くないからレビューもあんまり書けないんです。
強いて言うなら、読んでみて!ってこと。
一人で読んでたのですが自分に驚くくらい、「えーっ!」って叫んでました。
サイコパシーラブってこういう意味かぁ。
設定としては美容室なので、美容師さんが働いてる描写もそれだけでワクワクします。抱え込まれてシャンプー台に寝かされたり、耳元で囁かれたり、それだけできゅんきゅん来ます。
これ、一巻みたいなんで、まだまだ色々ありそうで楽しみです❤

1

ネタバレなしがオススメ!

ようやく読みました。下衆いのやエグいの苦手なので
「大丈夫か…?イケるか…?イケそうだな!よし読もう!」
とドキドキ緊張して読んだのですが、読後は面白い作品を読んだ後のドキドキが続いてますヾ(*´∀`*)ノ
下衆いの苦手のくせにはらださんを読みたい私にはちょうどいい塩梅なサイコパシーラブでした!面白かった!

この作品はネタバレなしで読んだ方が面白いと思います。
帯の「王道と非道が混ざり合う…究極のサイコパシー・ラブ」
の通り、ベースは王道。非道部分はコマゴメピペットの砂利ローションとかモブにヤラれるとか暴力的なシーンに比べたら可愛いもんです(1巻の段階では)

はらださんが王道を描くとこうなるのかー!と唸りましたね。
まだ1巻なのでこの先に待ち受けてるのが光か闇かはわからないのですが、続刊は発売日に読みます。心構えより先が気になるw


(ネタバレなしを勧めておいて申し訳ないですが、以下ネタバレ含む萌え吐きしてます。スイマセンヽ(;▽;)ノ)



スゴく良い執着攻めでした!!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
受けを手に入れるために徹底した計算と落とし方にゾクゾク。
執着攻め好きには堪らんです‼︎( ´艸`) ♡♡
これは萌えるわ〜・・・///

受けは爪立てて威嚇してくる野良猫が、徐々に懐いてくる感じが可愛かったー!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

そんで歪んでても愛情はたっぷり!穴に使われてない優しさ溢れるエッチをはらださんが描いてると思うと新鮮でギャップ萌えです。tnk描写があまりない変わりに乳首がエロくてエロくて滾りました(^///^)

攻めがやったコトよりも鬼原さんのがよっぽど怖かった。
受けが勘違いしてる半分は冤罪だけどさ、実際変な行動に出てるのは本当だし…。イッちゃった顔がホラー漫画のようで怖かった…。背中丸めて帰る姿や書き下ろし見て可哀想に感じたけど、読み返すと"やっぱり同情は出来ない!怖っ!"を繰り返してしまうヽ(;▽;)ノ

現段階では攻めも幸せ。受けもなんだかんだ知らぬが仏で幸せ。
職場内も安泰。おおー!ハッピーで良いね(・∀・)b
だけど、きっとコレで終わるわけがないと信じてますよー。

全てが明らかになった時にものすっごい萌えが襲ってくる予感がしてワクワクしてます♪いろんなパターンをシュミレーションして妄想するのが楽しいです。さてはて、2巻はどうなるのか…。

5

やっぱりはらださん!

この『カラーレシピ』は、はらださんらしい展開だったと個人的に思います。
最後の数ページで衝撃を受けました笑

2

ゾクゾク、わくわくが止まらない

以前からはらだ先生の作品を気になっていたものの、なかなか購入するまで勇気が出ず、表紙のイラストと帯のサイコパシーラブという言葉に惹かれて今回初めてはらだ先生の作品を拝読いたしました。
どんどんどんどん内容にのめり込んでいって読んでいくのが楽しくて仕方がない、そんな感覚になるのは久しぶりでした。
そしてこう来ますか!と期待を裏切らないオチ、まさに帯の『ゾクゾクする』の言葉がぴったりな作品でした。
個人的にはりくくんの強気でガンガンいく性格が好きです。福介の手口を暴くやり取りの緊迫感、最高にわくわくしました。
福介の笑吉へのベタベタすぎる執着心ももちろん見物です。
トータル的に評価はすごい……!としか言いようがありませんが萌えでもないので神に投票しました。続きがとても気になります。

4

疑似体験できました☆

酷い暴言を吐いたり、罵倒したり
という描写が苦手で、読むのをためらっていました。
特にはらださんの主人公達の暴言は容赦がないので
購入にはかなりの決意が必要でした。
サイコに惹かれ…結果
暴言は最初だけで、その苦痛を乗り越えたら
執着のイカレっぷりを楽しめました☆

笑吉もきっとそうだと思えました。
暴言が凄く辛く苦しかった。
それを乗り越えたら印象が少し変わり、
恐怖という心の隙に入り込まれ、
そこに外堀を作られたら安心にかわる。
嫌悪から生まれた安心は思いが強く、揺るぎない物となる。
そして繋がりをもてば もう離せなくなる。
おぉ、見事な精神コントロール。

罵倒が苦手なお陰で笑吉の体験ができ、楽しかったです♪
でも、萌えるかというと…あと一歩。
笑吉がもっともっとドップリはまって、抜け出せなくなった時…最高に面白くなるだろうな。
もっと福介に心酔しているトロトロな笑吉がみたい!!
それを見て喜ぶイカレた顔の福介の笑顔がみたい!!
だから2巻なのか?!
まだ甘い。もっともっと笑吉は堕ちると思います。
堕ちてほしい!!

4

何度も読んでしまう

作者買いです。

ストーリー、キャラクターともにとても好き。
話のなかに紛れたいくつかの伏線、最後の落とし所といい何度も読み返しをしたくなる飽きがこない漫画でした。
CIELにこんな系統の話が掲載されてたことにも驚きです。

サイコパスが出てくると宣伝で見たのですが福介は私の思うサイコパスではなくて
どちらかというとハンニバルレクター博士タイプの綿密な計画を立てて獲物を仕留めるタイプの攻めでした。

ネットでの販売ではタイトルに(1)がついているのてすが続編が出るのですかね?
この巻で綺麗に終わっているので続きが出るとしたらどんな話になるのか気になります。

3

巧みに絡めとられた先は…?

初読みはらださん作品。
サイコパス攻めと聞いて購入に走りましたーHAHAHA(・∀・)

美容院で働くスタイリストたちの話。
洗髪する手になんか色気を感じました(〃艸〃)ムフッ♥
笑吉くんは寝てる間にとんでもないトリートメントを付着させられてましたが…((((;゜Д゜))))

タイトルとストーリーがマッチしていてそれがまたゾクゾクさせられます。
しかもあれですよ、染められていく本人が気付かないように巧にやってるんですよね。
もうほんと…人身掌握術でも習得してるんですかレベルですね。

リクがいいキャラしてるw
あの時、テキスト忘れたって店に取りに行こうとする描写あったのに来てない感じだったから違和感あったんですがそうきたかー。
終盤にある福ちゃんとリクの会話場面は圧巻でした。
確かに彼の言うこと一理あるなーって思います。
自分の身近なところにいて欲しくはないのだけれど、被害を被ることのない漫画の世界だからこそ見ている分には興味深い。

鬼原さんの「さあっもういちどやさしく僕のもみあげをもんでおくれ!!!」にはリアルに顔引きつらせて「…きっも…((((;゚Д゚))))」ってなったんだけど…可哀想な人だよな。
笑吉くんが怖がらないようにゆっくりと接触していっていたのにね。
最後危ない人になってたけど、あの瞬間以外は彼なりに優しくアプローチしてたんだよね…。
マメにLINEしたり、誕生日に花贈ったり、美味しいご飯食べに連れて行ったりって。
これで両想いになれたら恋人想いの優しい彼氏になってたんかな。
んー…でも両想い後に“亡くなった恋人の身代わり”って分かったとき修羅場だな。
貶められて、誤解されたまま「うわっ」って引かれて…カバン持って去っていく姿は可哀想すぎた。
自分の亡くなった恋人に似てた笑吉くんを忘れて、どうか新しい恋を見つけてください。
全然違う恋をしてください。
福ちゃんと戦うのは(ヾノ・ω・`)ムリムリ諦めろ。
相手がね、ヤバすぎるよね。
自分のモノにするためには、周りの人間貶めようが、自分のモノにしようとしている人間が多少傷つこうが関係ない…手段は選ばない、そんな相手だからね。

取り敢えず笑吉くんは可愛い。
でも…今の所笑吉くんの周りでまともな人店長だけじゃ…(;´Д`)
真実を知らなければ福ちゃんは“良い彼氏”なのかもだけど…このまま平和に終わりそうにないよね…。
2巻は一体どんなことが起きるんだろう?
福ちゃん、頼むから笑吉くんが壊れない程度でお願いいたします┏○ペコ

2巻発売されたら即日買いに行くわ(`・ω・´)キリッ

8

一筋縄ではいかない

これも一粒で二度おいしいというか、いい意味で裏切られるというか、
はらだ先生にしては予想外の、普通な、意地っ張りな子が、最初は反目しあっていたのに、けんかするって事はそれだけお互いを意識していたからで、やがて恋を自覚して、二人は結ばれて、めでたしめでたし。
、、と見せておいての、どんでん返し。
やっぱり、はらだ先生の作品、
こう来たか!
っていうか、
こう、なるよね。
こうじゃなくっちゃ!
そして、これが1巻って事は、更にこの続きがあるの?
ゾクゾクするなぁ。

5

顔の良い執着攻め×鈍感でぶっきらぼうな一途受け最高!!

いいですね(^ ^)
もしかしたら…と思っていたので、想定の範囲内のダークさでギリギリ許せる範囲です☆
これ以上いっちゃうと、恐怖なのですが、この位受けに執着してくれるとドキドキします。
特にくっつくまでの攻めが狡猾に受けを絡め取る様を見てて、ハラハラドキドキ感に萌えました!
美容師ならではの世界観も良かったです。
ここから更にエスカレートしていくのかと思うと、違う意味でドキドキしますが、はらだ先生ならではの今後の展開に期待しています!!

3

久々にこんな気持ちに

とにかくビックリ。
最初に読んだ時、一瞬理解できなくて
某ページを何度か読み返しました。(笑)
久々にゾッとするというか、
予期せぬ展開と言いますか
あぁそういえばはらださんだもんな
ってなりました(笑)
購入してよかったです!

3

攻洁党在此!!

超级喜欢痴情攻

2

まさに狂気

はらださんの新刊。非常に楽しみに待っていました。
はらださん作品て、いつも表紙がとても個性的。派手目なカラーを使用していることもあると思うのだけれど、描かれているキャラの表情にもグッと惹きつけられるものがあります。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。なるべくネタバレしないようにレビューしたいと思います。

はらだ作品で、かつ帯の「究極のサイコパシー・ラブ」の文句。
ああ、そうだよね、そういう結末だよね。と思いながら読み終わりました。

長い年月をかけて、じっくり攻め落とす執着ぶりがなんともエグい。エグいのだけれど、好きで好きで仕方ない攻めの想いがそこにある。けれど。
愛があれば何をしてもいいのか?
という問いが頭を駆け巡ります。

これで完結の話なら、「執着攻めに落とされた受けさん」という話で終わると思うんですよね。でもこの作品て続きがあるんですね。
どうなるんだろう。とすんごく気になります。

あと、脇を固めるキャラたちもいい味出してます。
りくくんの怖さにはちょっとぞくっとした。彼が今後どんな風にかき回してくれるのか楽しみです。

そして鬼原さん。あまりに不憫でちょっと泣けた…。幸せにしてあげてほしいなあ。
はらだ作品は愛するが故の執着攻めって多い気がするのですが、こういう、不器用で、人の愛し方を知らない不憫な脇キャラに、非常に心を鷲掴みにされます。
これで彼が引き下がるのか、はたまたまた再び仕掛けてくるのか…。

いやはや、続きが非常に気になります。
早く2巻、出ないかな~。


10

あてにはならない

はらだ先生をリスペクトしている自分は神フィルターが通常デフォで装備されているので一般の人よりややひいき目で見てしまっていますのでレビューはあまり役に立たないかもしれませんのであしからず。

待ちに待った新刊だったので手にしたときは感無量感が半端なかったです。
まず、鮮やかなオレンジ色の表紙でひきつけられます。
そして読み始めると一気に物語に引き込まれて、あっという間に読めてしまいます。
そして内容は一言で申しますとただ怖いです。
狂気的愛情なのにこんな風にまとめるなんて。。。ただすごいと思って仕方なかったです。
執拗なまでの愛の濃さに怖さを感じるのに読んだ後はこれでよいのだと思える。はらださんの作品の根底にはきっと愛があるからなんだと自分は思っています。
そして、なんと驚くなかれ。きれいに終わったと思ったのにまさかの1巻という事実。続きをどういう風に振っていくのがすごく気になります。

あと、どうでもいいのですがかなり重要なので言っておきます。
今回のはらださん久しぶりにオティンコのモザイクが網掛けです!!!
自分的にはとても重要なんであえてお知らせしておきますw

皆さん、はらだ先生最高です。
好きです。
若干サイコパスなお話ですが読んできっと後悔はしないはずです。
お勧めです。

5

恐怖

怖いよ(´;ω;`)ぶぁ・・・・
最近どうにもサイコな作品に当たる率が高い気がする。
・・・とおもったらハラダさんはもともとこっち系でしたねw

楽しみにしていた新刊☆
美容師の受。真面目で技術面は誰よりも持っているのだけれど
なにせ愛想がない。
おしゃべりも上手じゃないから指名客をなかなかつかめない。
そんなとき現れたのは、一流の美容室に勤めていたのだという
べしゃり上手な攻。
犬猿、水と油。そんな関係だったのだけれど
いつの間にかその喧々囂々な雰囲気が一変し~な流れ。

なんていうんだろうな。
最後に明かされた真実も怖いのですが
緻密に計算されて、追い込んでいる様がまるで狩人と言いますか。
そこまでするか・・・と思わずうなってしまった。
インパクトはもちろん絶大なんですけど。
1巻ということで、こののちどうなるかという展開ですね。
外堀を埋めて埋めて埋めて
逃げ場を無くして~という感じなのですかね。
とはいえ、受との普段の会話、行動のバランスはすごく微笑ましく
うまくまとまってくれるといいなーと思いました。

4

ん~…?

はらださん、同人作品では読んだことがあるのですが、あまり好きではなく。
商業作品は初見です。

はい、やはり好みではありません。
福介、ゲスい。
まあ何も知らない笑吉にとっては、自分を守ってくれる王子様みたいな、それでいて何でも言い合える親友みたいな、素晴らしい彼氏なのかもしれませんが。
ゲスいですね~。
てか福介の行動キモいし犯罪ですね。

はらださんにしてはソフトというレビューがあったので、そのせいかもしれませんが、あまり退廃的というかダークな雰囲気はしません。
でも特に萌えもない。

これ続くんですかね?
てことはその内福介の本性が笑吉にバレるのかな?
まあ、続きが出たとしても読まないと思いますが。



5

やはり神だった

すっごく好きです。
最初の導入がいつもよりも軽めで入りやすくて、初めての方にも配慮されているなあと思って読み進めていたらなんともドブ沼。深すぎる。

エロシーンは少ないかなぁと思う反面、コマ割りの見せ方でエロさが倍増しているのはもう本当に天才なのではないですか。ていうか天才ですよね。
ストーリーが進むにつれて追い詰められてくるスピード感も素敵ですし、あまりのサイコっぷりに震えました大好物ですありがとうございます。
着地点がどこになるのか気になるくらいのサイコっぷりなので次巻も期待大です。

7

出た~!!はらだの描くサイコパス!!!!

前作の「よるとあさの歌」ではかなりまともなキャラクターばかり描かれていましたが、久しぶりにこの狂気以外の何者でもないサイコパス登場ではらだファンとしてはわくわくしております!!
こんな話だったならCIEL購読しておけばよかった・・・!!

確かに、エロ描写は他のに比べると短いかもしれませんが、短い中でネットリと濃い仕上がりなので私は全く気になりませんでした。
むしろその分、ストーリーやサイコパスっぷりに集中できるので、これはこれでちょうど良いです。

もし、先生自身が掲載紙・出版社事情でエロが少なくなることを存じて、敢えてこのようなストーリー描写にされたならもう本当に神だな、と思います。

3

少し物足りなさもあるけれど!

設定、キャラ、内容、ストーリーとどれをとっても申し分なかったのですが……やはりあすかコミックスという事もあってなのか他社のはらだ作品と比較してエロ描写が少なく感じました。
後半はサイコパスエロ盛りだくさんでとても楽しく読めました!
前半は少し物足りなさもありましたがストーリーの構成的にはしょうがなかったとも思えますね…。
全体的にみて、はらだ先生らしい良い意味で狂ったサイコパス攻め×素直になれない受けと言った感じで 、"やじるし"のエッセンスを含みつつ美容師の内容を取り入れた読みやすいストーリーで私はとても気に入りました。
評価は神にしたいところでだったのですが、刺激が少し足りないと感じてしまったためひとつ評価を下げました。
ですが、あくまではらだ先生の作品との比較ですのでBL漫画の中では十分なエロさだと思います!
好き嫌いの分かれるかも知れませんが、気に入った方は他のはらだ作品も読んでみるといいと思います!

2

安定のはらだ節!!続きが気になる

前半はやや会話とテンポの違和感にイマイチ話に入り込めず、『ん?はらださん本調子じゃないのかな?』と思ったのですが、後半に入るにつれてどんどん引き込まれて読んでしまいました。前半の違和感もちゃんと付箋回収してくれたし大満足です!
今作もはらだ節炸裂です!はらだ先生は本当に狂気を描くのが上手いです。一味で終わらせてくれない(笑)今作はほのぼのとシリアスが丁度いい具合に噛み合っていて、楽しく読めました。終わり方や福介(攻)は人によって好みは分かれると思いますが、私は好きです変態。
ただ、これまでの作品の傾向からオチが少し読めちゃうので、評価は萌え×2で。
しかしこの作品続き出るんですね!はらだ作品ってどーしょうもない2人のその後がいつも気になるんですよ。はらださんの新境地が見れるかも。楽しみに待ってます!!

2

ゾクゾクと甘キュンの共存がお見事!

今回のはらだキャラはゲスでもクズでもなく、サイコパス。
ついにキタコレ!と飛びつきました。
もはや安心して読める作家様です。
【王道と非道が混ざり合う…究極のサイコパシー・ラブ】
今回のコピーもなかなか正しく端的に作品を言い表してると思います。

どうしよう、すっごい萌える!!
あえて一言で言うと、“サイコパス流”純愛BL?
ゾクゾクと甘キュンの共存がお見事です。
読み終わる頃にはこのイカレたサイコパスキャラが可愛くてしょうがなくなってました。
再読して気付くのは……何が起こるのかと色々疑い過ぎて真っ直ぐな目線で読めてなかったこと。
え、これ、最初からもうめちゃくちゃ好きがダダ漏れじゃん!っていう。
やー、萌えました。
はらだ作品って、リアルにこんな男いてもまず惚れねーわって思うキャラほど好きになってしまうんだけど、これは何なの。
私の中のどんな乙女の部分が刺激されてるの?

あと、エロが妙にエロいです。
愛撫描写にかなり力入ってます。
乳首めっちゃ攻めてる。
乳首好きな人はエロシーンだけでも是非読んでほしい!
下も下着の上からじっとり触ってて何かやたらえろい…
CIELだからモロがあんまり描けないのかな?

で、これ、「続く」なんですね。
ここで「完」でも全然問題ない感じなんですけど、この先どう転んで行くんだろう?
この2人で王道の日常BLよろしく、2人でお店出すとこまで続いてもそれはそれでウェルカムです。

8

安心と信頼のはらだ節

このたびもまた、はらだ流の病的な下衆野郎を描き切って頂きました、ヘアサロンを舞台にしたお話です。
キャラクターのお名前がそれぞれ福介・笑吉と目出度いネーミングですし、冒頭もギャグシーンから始まるので珍しく(まともな)ハッピーなお話かしら?と思いきや中々のブラック具合。良い意味で騙されました。

恩師が経営するさほど流行らないサロンに勤める、美容師としては致命傷なほど無愛想だが技術は確かな笑吉(受)と、そのヘアサロンに突如新人としてやってきたコミュ力抜群の福介(攻)が出会うところから始まります。笑吉にとって福介の第一印象はとにかく最悪。馴れ馴れしく突っかかってくる福介と喧嘩ばかりの毎日。同時に、笑吉の身の回りで少しずつ気味の悪い出来事が起こっていきます。いがみ合いながらも何かと手を差し伸べてくれる福介の助言をよそに、犯人をつきとめようとする笑吉だが…。というようなお話。
さて"カラーレシピ"とはどういう意味を含んでいるのだろうか?

はらだ先生が描く受の子は毎度のこと望まない悲劇に合うので「かわいそうにねぇ…(他人事)」と思う反面、愛があれば問題無いよね?とどっかで聞いた事ある台詞が天から降ってきます。世の中馬鹿でいる方が幸せなことだってあるのです。
ストーリー展開は趣向を凝らしていて確かに面白いとは思うのですが、特に著者がはらだ先生ということを考えると、斬新さはほとんど無いかな〜と思います(通常運転と言えば良いのか)。ただやはり今回もエンタメ性が高いのと、愛せるキャラクターが多いのが魅力です。
また、エロ方面ですが今回もねちっこいです。乳首描写のなんと入念な!具体的な性器描写はあまりありませんが、突然のカラーページと乳首へのねっちこい描写でお腹いっぱいです、有難うございます。乳首攻めがお好きな人にもオススメしたい一冊。

続刊モノですが、メイン二人の関係はとりあえずこの巻でキリよく描き切ってくれているので、ドキュメンタリーを見ていたら結末寸前でテレビコマーシャルが入るようなイライラやもどかしさを味わうこともなく読み切れます。続刊面倒臭いから様子みようかな〜と思っている方はご心配なさらずにどうぞ。2巻は新キャラを出すのか、それとも脇役キャラを使ってくれるのか、どちらも期待が高まります。
ていうかですね、とりあえず本編じゃなくても良いので鬼原さんを幸せにしてあげて〜〜!!このままじゃ彼立ち直れないわよ〜〜!!彼は恐らく受のほうが向いてるんじゃなかろーか。

4

足りないっ!こんなもんじゃないよね!?

 これまで短編で素晴らしいゲスを描いてきたはらだ先生。歪んだ愛と執着に絡め取られていく様子にゾクゾクとさせられた後に、その愛の深さにゆえに安堵すらしてしまう。“これぞはらだ”という個性は読まずにはいられません。
 『よるとあさの歌』では思わぬぴゅあなカップリングと、バンドという私の好きなものが組み合わさって、きゅんきゅん萌えたのですが、こちらの新刊は『やじるし』の流れを汲んだ作品だと思います。それだけにまだまだ甘いよ!先生の実力はこんなもんじゃないよね!?と感じました。ゲスだけど愛がある…BLの基本ですよね。だけどこの先はそれを裏切る何かが欲しい。1巻は今までのはらだワールドそのままです。ここまでの手の内はもうすでに見せていただいています。その先のもっとぬかるんだ沼と救いを期待してしまってもいいのでしょうか?どんな手段を使ってでも手に入れたかった男を手に入れたその先。常人には想像できないサイコパシ―の脳内。私には期待する展開があるのですが、それは次巻の楽しみにとっておきます。どうか、新しいはらだワールドを見せてください!
 ここで終わっていたら中立だったんだけど、続きに期待したいので萌で!

2

これまでの作風から

作者さんの作風がわかっていたので、オチというか、こいつ悪いヤツだろうなーと思っていたら、やはりって感じで先が読めちゃいました。

ただ、続きがあるようなのでこれからどうなるのかなっていうのはあります。執着系のお話は苦手なので、続きを受け入れられるかはわかりませんが買うと思います。

3

恐怖と救済の完璧な配合レシピ

これは正直、あらすじを読まずに読めばよかった。
裏表紙のはいいんですけど、ネットに載ってるのが
すでにネタバレ気味です。
まあ、あらすじを読んでいなくても、はらだ先生が
“王子様とのハッピーエンド” “いい人だったなー”
で終わらせてくれるわけがないので、どちらにしろ
早い段階で気付くとは思いますがw
その点におけるはらだ先生への信頼感は絶大ですw


※ネタバレ有です


受けを巧妙な罠に仕掛けて、確実に自分のもとへ
落ちてくるように仕向ける攻め。
受けに対しては表面上、(最初のオ●ニーを除いて)
決して無理矢理迫ったりせず、最後の一歩を受けに
踏み出させて自分で選択したように思わせる。
実際は全て攻めの計算通り。
最近サイコパスキャラをよく見かけますが、はらだ先生の
絵とストーリーで見ると一段とゾクリとします。
普通は、全力で逃げて!と思うべきところですが、
手を伸ばした受けに振り返った時の攻めの目が「落ちた」
と言っていたのと同様に、落ちたー!と喜んでしまったw
こういう攻めは大好物ですw

サイコパスキャラな攻めの、受けに対する感情が
支配欲・所有欲なのか、それとも愛情なのか。
歪んではいても愛情だと思いたいところですが、
そこははらだ先生なので油断できません。
続きものということなので、攻めの感情の終着点と、
受けが攻めの異常さに果たして気付くことができるのか、
その行方が今から楽しみです!

余談ですが、異常な執着と計算高さを持つ攻め&タイトル
から、志水ゆき先生の「レシピ」を思い出しました。
あちらは料理人が美味しくいただくためのレシピ。
こちらは美容師が理想通りの色に染めるためのレシピ。
どちらも攻めのゾクッとする真っ黒な表情が印象的で、
改めてこういう攻め好きだなーと認識させられましたw

5

さすがはらだ先生!それに尽きます!

とてもおもしろかったです!はらだ先生は本当にお話作り、キャラの魅せ方、絵すべてとてもお上手で単行本を読むといつも感動してしまいます。今回の話はサイコパス攻め×天然ツンデレ受けです!
私は受けへの愛が強いサイコパス系の攻めがだいすきなのでとても好みでした。執着心の歪み方がだいすきですね。
受けもかわいいけれどなよなよしているわけじゃない男らしいツンデレ受けで本当に好みど真ん中のキャラクターでした。
脇キャラも個性豊かでどのキャラクターもすきになってしまいます。
前半はほのぼのとしたケンカップルかなと思っていたのですが、後半からのどんでん返しで惹き込まれました。
まだ続くということでこれからどうなっていくのかとても楽しみですね!

6

俺色に染めたい

正反対の美容師ケンカップルのお話かと思ったら、ラストでとんだどんでん返しがっ!
帯にある『王道と非道が混ざり合う究極のサイコパシー•ラブ』のとおり、さすがはらだ先生ただでは終わらせない、ゾクッとする展開に脱帽です!


舞台は個人経営の美容院。
人気スタイリスト•福介×生真面目だけど無愛想なスタイリスト•笑吉というなんともめでたい名前同士ww
だけど、人間性は正反対です。

笑吉は、技術面の腕は確かだけど愛想がなくトークも苦手なので指名客も少ない。
仕事に対しても生真面目すぎて、過去の職場では苦い思いもして、現店長に引き抜かれて今に至ります。
そんな中、店長がスカウトして入ってきたのが有名店に勤務していた福介。
明るい性格と巧みなトークで客の心を掴む福介の指名のおかげで店は活気づきます。

職人気質で固い笑吉と器用で立ち回りの上手い福介は、まさに水と油で連日ぶつかってばかり。
しかも、閉店後の技術チェックで終電を逃した福介が笑吉の部屋に泊まった際、寝てる笑吉の上でオナるという嫌がらせとも思える変態行為でますます関係は悪化。

ですが、笑吉の固定客である鬼原がストーカー化していって、ふたりの関係性にも変化が…。
気色悪いストーカー行為にあったとき現れて助けてくれたり、笑吉が仕事で落ち込んでたら慰めてくれたり、ふとした時の「惚れてる」という告白に戸惑いながらも態度が軟化していく笑吉が可愛いです。

そんな中、笑吉と福介の仲に嫉妬した鬼原が強行手段に出ます。
笑吉の危機に、颯爽と現れ見事鬼原を撃退した福介。
そのタイミングで、福介はふたりが以前にも出会っていたことや、自分からスカウトされるよう店長に近付いたことや、ずっと笑吉が欲しかったことを告白。
福介のいつになく真剣な表情に、笑吉は一度は拒否するも、帰ろうとするのを引き留めてしまって…

いやーーー、この引き留めてきた笑吉を振り向きざまにキスする福介の目がですね、最後まで読み終わった後に改めて見るとまさに「掴まえた」って感じの目でゾクっとしました。
そしてそのあとの初エチは激しいものではなかったのですが、動きや表情から愛撫、言葉の一つ一つまで細かく描かれていて読み応えアリ!しかもカラー付きです!(歓喜)

晴れてくっついた二人でめでたしめでたし♡
かと思ったら簡単には行かないのがはらだ先生。

福介の笑吉に対する想いや執着は偽物ではないとは思うのですが、その本質と自分のものにするやり方が尋常じゃなかった!
最初の方で言っていた「手に入れたいものには手段を選ばず全力だ」というセリフどおり、誰を貶めようが傷つこうが、あらゆる方法で笑吉を自分のものにする…
まさにサイコパスでゾクゾクゾクゾクしちゃいました!

全ては笑吉への支配欲から、自分の手に落ちてくるようにそう仕向けてきた。
自分の手で思い描いた色に染め上げる快感。
タイトルと内容が重なりあって、あぁ〜なるほど!と納得。
染められてる本人は全く気づいてないから巧みすぎます。

受のツンデレ可愛いとこや、異常な執着攻も強烈ですが、今回も脇キャラが光ってます。
笑吉の恩人である店長は優しくてほのぼの癒しキャラ。
そしてなんといってもアシスタントの龍来(りく)が際立ってます。見た目は完璧美少女の男なんですが、別にオカマなわけではないです。
性格はサバサバ、というか達観していて、言い争う主人公ふたりを冷静に観察しては辛辣なコメントをだす。
そしてその鋭い観察眼!福介の本性を見抜いた唯一の人物なのですが、終盤の福介との背筋が凍るようなやりとりが圧巻!
笑吉への執着を暴かれた福介のサイコな表情もすごいですが、「邪魔はしません、手助けもしませんが」と微笑むりくも鬼畜臭がハンパない!

平和キャラがふたりと、クセありキャラがふたり。このバランスがいい。
真っ直ぐで計算とは無縁の笑吉
執着と所有欲と独占欲と愛情で歪みまくってる福介
自分に害がなければ楽しみたい、高みの見物のりく
お口直しに人の良い店長

まだまだ話は続きますので、ここにまた新たなキャラが登場したりしてどう盛り上がっていくかが大変楽しみです!

描き下ろしは、挿入ではなく兜合わせのエロ。しつこいほどの乳首責めが良かった〜^ ^
無愛想な性格から恋愛経験も多くないであろう笑吉の反応が可愛くて、そんな笑吉を「かわいいかわいいもっともっと独占したい」という福介の支配欲がてんこ盛りでした。

もひとつ描き下ろしは、ストーカー鬼原について。
彼もちょっと気の毒な男で、死んだ恋人に笑吉があまりにも似ていたから、あんな異常な行動をとってしまったんですね…
『やたもも』の須田のようなちょっと報われないポジションのキャラでした。

13

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う