もういちど、なんどでも。アフターエピソード

mouichido nandodemo

再一次,无论多少次。

もういちど、なんどでも。アフターエピソード
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
64
評価数
18
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
阿仁谷ユイジ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
サークル
阿仁谷組 <サークル>
ジャンル
オリジナル
シリーズ
もういちど、なんどでも。
発売日
価格
ISBN

あらすじ

2016/4/27発売予定のドラマCD「もういちど、なんどでも。」(出演:新垣樽助さん・佐藤拓也さん・他)の初回版の特典、書き下ろしシナリオ(コミックス未収録!)のアフターエピソードのコミカライズ版です。藤井、古藤のその後のイチャイチャエピソードになっております。

表題作もういちど、なんどでも。アフターエピソード

古藤多郎
藤井貴博

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

本編で描かれていない設定が

CDの特典音声→コミカライズして同人誌で発表→再録ってことでいいのかな?

本編「もういちど、なんどでも。上下」萌評価にしてますが、結構好きな20ページでした。
本編では描かれなかった設定が明かされているので、そこを知りたいファンは読むと幸せになれるし、逆に本編で綺麗に完結したと思っている方は読んでもイマイチかもしれない。
自分は本編にそこまで思い入れがなかった故に楽しめたのかも?

リバですがエッチ描写は飛ばして、これまた別枠で販売されています。阿仁谷先生のCPは個人的に受×受ばっかだと思ってるので、このリバは納得。

0

人によっては地雷

Kindleで配信されていましたので購入しました。
本編は評価を付けるなら "萌×2"という感じで、まあまあ好きな部類だったのですが、このアフターエピソードは微妙でした。
人によっては大きな地雷となる要素が含まれていますので注意してください。

理由は以下です。

1. リバ描写がある

貴博は記憶を失っていることにより、多郎との思い出がほとんどない>過去の自分自身に嫉妬する貴博>多郎との "初めて" は何が残されているのか>じゃあ受けになるのはどうだろう>覚えていないだけで受けたことあるんだよ>最中の描写へワープ


2. 貴博が多郎の母出演のAVにお世話になっていた発言がある(だから2人がこうなったのは運命!)

仕事で女性をエスコートする多郎を貴博が目撃し、どういう関係なのかと問い詰めます。
多郎から「ただの取引先の人」だという説明が入ってから1の流れに突入するのですが、その後でAV云々の話が出てきます。
私としてはリバはともかく、こちらの方が微妙でした…。

ところで、CDのおまけだったものをこんなすぐに配信しちゃっていいのかと思いましたが、コミックス購買層とCD購買層はあまり被ってないのでOKなのでしょうか。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ