注目の新鋭・ニャンニャの描く青春BL新境地!!

スイートハート・トリガー

sweet heart trigger

スイートハート・トリガー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神128
  • 萌×274
  • 萌37
  • 中立14
  • しゅみじゃない22

--

レビュー数
38
得点
1061
評価数
275
平均
4 / 5
神率
46.5%
著者
ニャンニャ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784801956223

あらすじ

根暗なゲイの大学生・コールは、隣人・アレックスに片想い中。
女子にモテまくるアレックスを、コールは遠くから見つめ自慰に耽るだけの日々だった。
ある時、ひょんなことからアレックスとの距離が縮まり舞い上がるコール。
アレックスが参加するコスプレパーティーに乗り込み、勢い余って想いを告白するがーーーモテ慣れたアレックスに軽く受け流されてしまう。
傷ついたコールは、アレックスに愛情と裏腹の怒りを抱き始め…。

表題作スイートハート・トリガー

アレックス・ロドリゲス 大学生 21歳
コール・ジェンソン メンヘラ大学生 22歳

その他の収録作品

  • bonus track 「リリー・エヴァンス 25歳」

レビュー投稿数38

とにかく受けの情緒がはちゃめちゃ

光のノンケイケメン×メンタル超弱ゲイのお話です。とにかくコール(受)のメンタルが弱くて大変です。震える小鹿系では無いのですが、振り切り方が極端な為、どうしてそうなった!!の連続です。そんなコールが人気者のノンケイケメンのアレックス(攻)を好きになり、いろいろなやりとりをしていくのですが、本当にコールが心配になります。そんなコールですが秘密(本人はそう思ってない)があり、そこをアレックスが気に入って付き合うことになるのですが、独特なセリフ回しと素敵な絵柄でエロとストーリーをとても楽しく読めました。
メンタル弱めのコールですが芯が意外に強くて1巻が終わる頃にはコールのかわいさがわかります。ノンケでイケメンのアレックスがどんどん夢中になっていく描写もキュンとします。2巻ではコールも、少し大人になって横槍が少し入ったりして二人の関係がもっと胸熱になります。エロと胸熱とが繰り返されて2巻を読み終える頃には二人がこれからどうなるのかとても楽しみになってきます。

メンヘラかと思いきや思い込みが激しい純情っこなコールが真剣に恋をするお話です。海外の青春ドラマのように楽しめます。

0

初めてのメンヘラ受け

アレックス・ロドリゲスという名前にやたら聞き覚えがあると思ったのですが元野球選手に同名の方がいるそうで…どうでもいい情報失礼しました。

作者さんの作品は初読みでした。
海外が舞台、アメリカでしょうか?こういう設定の作品は初めて読んだので楽しかったです。
なんとなくセリフがたどたどしいのも雰囲気に合っている。
怒って去りかけて、戻ってきて指を差しながらまた捨て台詞を言う場面とか、洋画によくあるやつーと思いながら読みました。

アレックスはノンケでスクールカースト最上位で、モテるイケメンで、関係の始まりが始まりだっただけにいつでも不安と疑惑がつきまとう。
女性との仲を疑われ、友達との約束を優先しただけで銃持ち出されたらタマランよね。
とにかくコールがアレックスを好きすぎるのが伝わってきたのが良かった。

アレックスはいくらコールのオッドアイが気に入って、身体の相性がいいからと言ってあえて同性を選ぶかなぁと思うのですが、振り回されたり、とてつもなく面倒くさい所も好きなんでしょうねー。
また銃向けられる機会が絶対来そうだから、銃は即刻捨てることをオススメしたいわぁ。

0

面倒くさい恋人ほど目が離せない

なんだろう、この海外ドラマで観るようなお洒落なアメリカン臭。
雰囲気がすごくかっこいいんだけど、間の取り方や台詞回しは独特だなぁ
と思っていたら、他のレビュアー様の文章を拝見して
作者が外国の方だと知りました。納得!

メンヘラ系ゲイのコールと人気者のアレックス。
体格もガリガリの細身とムッチムチ筋肉の高身長。
見た目も性格も見事なまでに正反対の性質の2人だけど、
コールの必死のアピールで付き合うことに。

だけど、いざ恋人同士になっても
コールの面倒くさい性格が災いして
破局の危機を迎えて、仲直りの繰り返し。

卑屈で、思い込み激しくて、嫉妬深くて、かまってちゃんで、
余計な一言多くて、キレると何するかわからない。
改めて書き出してみると、こんな恋人イヤだなって思ってしまった(笑)

でも、アレックスはなんだかんだそういうメンヘラなところが
放っておけなくてほだされちゃっているのかもしれない。

だけど、周囲にコールと付き合っていることを隠さないとか、
元々ノンケなのに女の子に誘われても断れるとか、
モテるのに意外と一途というか誠実なところが素敵です。

ただ、ふとしたときにアレックスが見せる目つきが
コールとはまた違うタイプのヤバさをはらんでいるような気がして…
普段は明るいだけにちょっと怖いなって思ってしまった。

でも、さすがに拳銃を突き付けられたときは
さすがのアレックスもドン引き。そりゃそうだ。
このコールの情緒不安定っぷりは怖い。
恋人なら尚更危険を感じるよ。
それが全て愛ゆえだとしても、受け入れるのは中々難しい。

だから、2人のヨリが戻ったときにはもはやアレックスが
ダメな男と別れられない女の子みたいに気の毒に思えてしまった(笑)
コールから離れるにはもうのめり込みすぎていて、手遅れだったのね…

外出先で知り合ったリリー、いつもは女の子の当て馬って
苦手なのだけれど、彼女は不思議と好きでした。
邪魔もするけれど、結果としてリリーの後押しで元サヤに収まったとも言えるし…
それにコール狙いと言いつつ、2人並ぶと姉妹みたいで可愛くみえてきちゃって。

コールの激しさには正直びっくりさせられるところが多いけれど、
読めば読むほどにコールのイカレっぷりを味わうことができました。
こりゃ、ちょっとくせになるかも。

0

興奮のままに書いた酷いレビュー

好きすぎて、アレックスかコールかが死ぬ前に自分がやられる勢いでした。
どっちかが撃たれるの?もう撃たれたっていいんだけど?何が起ころうともこの作品が好きだが?いや撃たれなくていいけども!!!

◾︎アレックス・ロドリゲス×コール・ジェンソン
自分好みど真ん中で、見るだけで興奮していた対象が、自分のベッドで寝たあげく、同じベンチでお喋りなぞしてしまったら、そりゃもう滾るしかない。

いつもはノンケ攻めって「信用ならんな」ぐらいの気持ちなんですが、アレックスがどどどどストレート過ぎて逆にメロメロになってしまった。はー手慣れてる…エロ…

心身共にガリッガリのコールが、スクールカーストトップの男に付き合ってることオープンにされて、及び腰にならない方が無理ってもんよ。そりゃあそうでしょう!セックスアピールの塊みたいな男にさ!!確かにアレックスはずっと誠実だったけど、そこがコールの良いところでもあるじゃないの!知ってる?そうよねアレックスはご存知よね!!はーーー尊い

1

気持ちの流れ的なロジックみたいなやつが見えずらいから刺さらない

自信がない受視点で話が進んでいく。
ノンケの攻を好きになってしまって、しかも初彼氏、彼の心はどうしたら離れていかないですむのか、いっそのこと離してしまったほうが楽になるのか……。
そんなことが単調なリズムで描かれる。心の機微……ガーッてのとか、ゴーッてのがないから、読んでていて飽きてしまう。ヤマがないから、話にのめりこめないのだ。(まあ、それこそやおいの本懐でもあるか)

途中、表紙にもある銃が出てくる。銃をよっぽどの覚悟で持ち出す、あるいは本当に殺す、死ぬ気で扱うなら読者の気持ちも持っていかれようものなのに、この話は銃をまったくいいスパイスとして扱わず、唐突に持ち出してただ銃を向けられた恐怖ばかりが描写される。
そこにいくまで、重要なキーワードとして織り込まれていたなら、もっと面白い展開が見込まれたのに残念である。

ノンケを好きになったゲイの「いつ女に行ってしまうかわからない恐怖」と男と初めて付き合う男の「恋愛音痴に手こずる」という気持ちの動きがうまくないから、読んでいて歯がゆい。
セックスに溺れている風の描写もあるのに、全然キュンとこないのは、二人の気持ちが見えないからだ。
アレックスが飄々としすぎなんだよなあ……。
あと、コールもずっと好きで、おかずにする程好きだった男とやってるのに、そんなに嬉しそうじゃないのも好かん。

もっと!アツくなれよ!!!!

でもね!嫌いじゃないんだよ、わたしは!
だって、この漫画ずっと平和なんだもん。
銃出てくるけど、誰もドロッとした嫌な感情持ってないし。持ってるんだけど、直接的に私の心にダイレクトアタックしてこない。だから、嫌いじゃないんだ。
嫌いじゃないんだけど、もっとアツくなってほしい!!!!
あと個人的にヤマシタトモコの話に似てんなって思った。

1

この受け、取り扱い注意

初読み作家さまでした。
独特なセリフまわしや会話のテンポが軽快で、海外ドラマを見ているような感覚になります。
付き合ったり別れたりのサイクルが早いというかすごくあっさりしていて、どちらかというとゲイものという感じでしょうか。
ゲイのコールから好意を寄せられたアレックスが興味本位で体の関係を持ち、あっという間に両思いに。
キャラクターに愛着が湧く前にトントンと進んでいってしまうので、うーん…集中出来なかったというか、ちょっと萌えどころが分からなかったです。
個性的な絵柄にパンチの効いたストーリー、コールのとにかくネガティブで病んでいる危なげなキャラクターも斬新でしたし、垂れ目でセクシーなアレックスも魅力的です。
が、コールがアレックスのどこが好きなのかがよく分からず、アレックスに抱かれる事に依存し「付き合っていたい」だけに見えてしまいました。
コールを好きになれるかどうかで好みが分かれそうですね。
ネガティブを拗らせた受けが好き!という方はピンと来るのではないのでしょうか?
アレックスのキャラクターと2人の体格差は好きでした。
ベッドシーンは盛り沢山。

高評価の中、少し評価を下げてしまってすみません。
キャラクターやカップルの心理描写を重視する方やラブが読みたい方は物足りなく感じてしまうかもしれません。
2巻まとめて購入したので、この後の続編でどう感じるか。
引き続き読んでみたいと思います。

1

恋とはクレイジーなのかな?

長かった…。何度も諦めようかと思った。
毎日毎日エッチする繰り返しで。相変わらずコールは自信がないし。
でもこの先に面白いことが萌えがあるのかもしれない、銃も出て来てないしと頑張って読みました。

結局はラブラブカップルなのにコールが拗らせて。
まあ根暗のゲイのコールに学校一のモテ男アレックスが本気で付き合ってくれるとはなかなか信じられませんよね。

海に行ったあたりからようやくお話が大きく動きだし、その後は駆け足でした。

アレックスはコールが大好きだったのにリリーに掻き回されて、拗れて別れてしまって。
でも真実を知ったコールが命懸けでアレックスに会って。恋とはクレイジーなものなのかしら?

王道といえば王道でしたね。

2

好きか嫌いかどっちか。

受けキャラが全然無理でした。
作者さんはアメリカ在住なのか帰国子女なのか、短銃の扱いがリアル過ぎて嫌だ。
気に入らないからって好きな相手の頭に短銃を突き付けトリガーに手をかけてるって、、、それはヤンデレとかの枠外です。
そのまんま命に直結してる。そしてリアル。
弾丸が入ってないとか入ってるとか関係なく、被害者面しながら何故好きな人にそんなことができるのか。
話の中で受けが泣きまくってますが、どう考えても攻めの方が被害者だと思う。
勝手に妄想想像で嫉妬して病んで攻めをクソ野郎呼ばわりし頭に短銃を突き付け、攻めが離れれば自分の頭に銃を突きつけ分かれるなら死んだ方がマシとか、、嫌すぎ。
ここまで嫌いになれば受けの細身を通り越した、アバラの浮き出た鶏ガラヒョロガリも嫌だし、ヒョロガリのくせに極太グッズを愛用してるのも外国のゲイ臭くて嫌だ。(←偏見)

でもストーリーも絵柄もハッキリと個性が出ている作品なので、この作品は好きか嫌いかどちらかのような気がします。
私は嫌い。
アメリカで銃規制が何かと取沙汰されていますが、こういうタイプにこそ絶対に銃を触らせてはいけないと思います!
撃ってから「撃つつもりじゃなかった、、、」「アレックス…」とか言ってダバダバ泣きそう。

4

アレックスのドクターコートとスクラブに鼻血

攻めのアレックス・ロドリゲス。イケメン設定でえっ?これで?と疑問を抱かせないどこからどうみてもイケメンだった…!!ファミリーネームからしてラテン系なのかな、人タラシの優しげな瞳が大変セクシーで、なんというか泰然自若としたモテキャラ。

ディルドにアレックスJr.と名付け自慰行為に耽っていた受けのコールは、実際に彼と寝る仲になり喜びに打ち震えてるかと思えば、なんで俺なんかと?と冷静になったり情緒が安定しません。
アレックスの気持ちがコールに向いて来たタイミングで他の女の子と寝てもいいよ、と言ってみたり、かと思えばおれを無視するな!と銃を持ち出してみたり…。支離滅裂でぶっ飛んでるしここに共感できちゃまずいとは思うのですが、自己評価めちゃくちゃ低いんだなぁと思うとなんか憎めない、可愛いんですよね。そしていつも不安なの分かるよ、そのぐらいアレックスのイケメンっぷりやばいもんね。

コールの独り相撲かと思えば、そんなコールに振り回されてなんだかんだ夢中になってしまったアレックス。今後も苦労は絶えないだろうけど彼にもニッチな嗜好がありそうだしとてもお似合いに思えます。これ2人の続編あればいいなあ!

外国人らしい絵を描ける人は沢山いても、台詞までらしさを出せる人って少ないと思うので、ホント海外ドラマみたいでニヤニヤしながら読んでました。
たまに今の台詞なんだコレ?っていう時があってそれが終盤のアレックスの気持ちの部分だったりしたので、自分なりの解釈をせざるを得ない所もあったのですが、そこも含めて海外モノっぽくてとても良かった、面白かったです!

4

読むたびに惹かれる

はぁ、もう好きすぎる世界観。前に一度読んでから、しばらく海外のエモ系男子を見るのにハマっちゃったほど。
この何とも病んでいそうで陰鬱な、痩せていて中性的な、どこか違う世界に存在してるんじゃ?と思うほどの独特な雰囲気がたまらないんですよね。

受けのコールは本当に可愛い。健気で一途。
たまに感情のネジぶっ壊れてワンワン泣いちゃうし、時には物騒なこと考えたり持ち込んだりもするメンヘラくんだけど、そんなコールがとても愛しい。
でも、そんな彼に応えられるのって、やっぱり強いアレックスだから出来ることだと思うんだ。
重いくらいの愛をぶつけてきたと思ったら、次は自己完結して急に逃げ腰になったり、コールってすっごくめんどくさい子なんだけどね。
そんな病んでるくらいの愛し方を「こえーっ」って逃げ出すことなく受け止めて愛し返すって、普通なかなか出来ることじゃないと思う。
なのになんか自然なんだよな、この2人。

この先もずっと、泣いたり、疑心暗鬼になったり、呆れられたり、銃を突きつけたり、でも最後はキスしてセックスして愛し合って生きていくんだろうな〜って思えた。

アレックスがコールのオッドアイに魅せられるシーンは大のお気に入り。

やっぱり外国のキレイな男の子たち、いいなぁ。
こういうリアルな雰囲気の海外BLがもっと増えてくれたら嬉しい!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う