アイツと居るためには 自己嫌悪という対価を 払わなきゃならないんだ

スイートハート・トリガー2

sweet heart trigger

スイートハート・トリガー2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神95
  • 萌×249
  • 萌18
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
25
得点
730
評価数
167
平均
4.4 / 5
神率
56.9%
著者
ニャンニャ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
ISBN
9784801969063

あらすじ

同棲を始めた、根暗なゲイのコールとパーフェクトな男・アレックス。
コールは自分と余りに正反対な相手(アレックス)との関係に
居心地の悪さを感じながらも、セックスに溺れることで
そんな思いに蓋をして過ごしていた。
ある日、アレックスの友人・ブラッドと意気投合したコール。
趣味もフィーリングも合うブラッドと居ると、
自分が今までになくリラックスしていることに気づかされる。
時同じくして、アレックスが一ヶ月間家を空けることに。
コールは、家を探していると言うブラッドに
「うちに泊まれば」と誘ってしまい…!?

描き下ろし6ページ収録!

表題作スイートハート・トリガー2

アレックス・ロドリゲス,大学生
コール・ジェンソン,大学生

その他の収録作品

  • bonus track

レビュー投稿数25

モテイケメンはクズ、らしいよ

第2巻。
絶対合わなそうな2人だけどまだ続いてる。一見甘々。
しかもアレックスの方が。
一方コールは相変わらず病んでる。
…という前提があるところで、今回アレックスがバイトで家を離れる。
その間にアレックスの友人・ブラッドが登場。
大学の寮を出たブラッドを、部屋が空いてるから、と泊めるコール。
そして何だかそんな雰囲気になり、何だか浮気みたいなシチュエーション。
コールは罪悪感マシマシ。
そもそも。
コールはアレックスに対して卑屈。
そこはわかるの。
で、ここでアレックスが周囲に対して見下しているというある意味「非難」が出てくるんだけど、ここは私はよくわからなかった。
確かに「コールに対しては」、ありだったかも。
でも以前の女性の恋人たちにもそういう空気感を出してた、ていうのは私にはピンとこない。
これはアメリカや欧米と日本の空気感の違いなんだろうか。
モテ男は無意識に周囲に優越感を撒き散らすもの…ってか?
それこそ先入観のような気もするけど。
そんで、この物語はクズとメンヘラでベストマッチよん、てなストーリーに変容していくわけだけど(←ホントか⁇)。
とにかく自分はクズらしい、とアレックスが思って、そんな自分の方がコールを必要としてるんじゃないか、ってところまで行く、というのが2巻。らしい。
視点が凄く独特だと思う。
でもここはピンとくるかどうかで読後感は変わるかな。
私は、面白いとは思うけど「そうそう、そうなのよ!」とまでは。

0

アレックスというヤツぁ、しょうがねえなあ

アレックスの車が自然災害で破損、車を買うためにゲームモデリングの仕事をするためコールと1か月離れることに。それに対して寂しいけども自由を感じるコール。
自己肯定感マイナスのコールには、完璧オトコ・アレックスと付き合うには自分はふさわしくないという後ろ向きな気持ちを抱えたままでいたため、アレックスと離れることで自然な自分でいられる気軽さを感じる。そこへアレックスの友達・ブラッド(ノンケ)が現れて急激に接近する二人。

とゆーところからブラッドを、アレックスと一緒に住む自宅に泊まらせるコール。アレックスはどうせ優しいから自分がノンケのブラッドと間違いを犯すとは考えないだろう、だってオレだよ?みたいな気持ちだったんでしょう。でも、予想に反してノンケのはずのブラッドは自分を口説きにかかります。ブラッドも、のちにアレックスに言いますが「おまえがなんで男なんかと」というところからコールに興味を持っていたようです。
それな。

コールも、つい絆されそうになってしまいますが、アレックスの顔(メガネ付き)を見た瞬間に吹っ飛びます。その吹っ飛び具合がめちゃ面白かったし、コールのごく単純にアレックスの見た目とセックスにいかに惚れていたかという微笑ましいエピソードですね。
遠く離れた街でも、浮気ひとつせずにちゃんとコールのところに戻ってくるモテ男アレックスの実直さを、コールは気づくべきでしょう。わざわざオッドアイだしヤレるからってだけでヤンデレ・コールと付き合ってるわけないじゃん。
コールのひたむきに自分を求める気持ちと、けなげなかわいさと、あと体にハマっちゃってるアレックスですが、ブラッドとのことを白状された(キスだけ)とき、自分のトラウマを告白し、「別れたくない」ときっぱり言います。聞いたかコール、君は愛されているんだよ。

しかし、これで終わるアレックスではありません。
彼のプライドはズタズタです。しかも、過去に因縁のあったブラッドのこと、すっかりその復讐と思い込んで彼のところへ赴きます。
その思い込みは、ブラッドに指摘された「コールなんかに浮気はできないと思ってたろ」が如実に表しています。

この「コールなんか」というワード。
1巻でリリーちゃんが言った「コールなんかにキスして」っていうのが、彼女はアレックス自身が「コールなんか」と思っていると知っていたのだと思います。「俺じゃなくコールなんかに」と、アレックスの考えが透けていたんでしょうね。
だから、コールの浮気未遂の原因はコールではなく浮気相手にあると勝手に決めつけることで自分の思う力関係を維持できると思ったんでしょう。そういうとこやぞ。

でもそこで浮気の詳細は明らかにされず(ブラッドが出来た人物で、あの時のことをこと細かに説明するような野暮な野郎じゃなかったことに感謝)、自分の闇をえぐられたアレックス。コールが自分より優位に立つことを許しがたいアレックス。思わずコールの首に手をかけるが、コールの苦悶する声に我に返り、すぐさま謝りフォローするところ、本気ではなかったのでしょう。しかしこんなことをせずにいられないほど自分は愛される存在ではないという抗いが見れてよかったです。

本当はひどいヤツで、こんな俺でもまだお前はそばにいられるのか。

これ、よくわかります。
いくら大切にされている感があっても、本当は自分はそんなんじゃない、自分の嫌な部分を見たらきっと離れていってしまうだろう?
このように、相手にぶつかってみて初めてわかる自分のカタチって、あると思います。乱暴ですが、相手の気持ちの許容範囲を測る方法のひとつです。アレックスについては、モテすぎるゆえの孤独感でしょうか。
(非行に走る子とかビッチとかもね)

でも、コールは離れなかった。可愛いコール。
しかも、アレックスと一緒にいることの意義を、いつの間にか見出していたところも、とても良かったです。
画一化された過去の女性たちの反応を裏切る、ヤンデレの低~いところからの目線ならではのアレックスとの共存方法を、コールは見つけていました。

コールも手首の傷のことを打ち明け、ふたりはお互いの今まで知らなかった部分を見つめ始めます。分かり合おうとする姿を見て、やっとホッとしました。
このシリーズ大好きなんです。
ニャンニャさんの人物描写が一筋縄ではいかない具合が秀逸です。
そして、アレックスの見た目(体込み)とコールの可愛さがたまらんです。

また読み直そうっと。

3

アレックス!!

よくコールと付き合ってられるな、すごいよ!
と改めて思った2巻。

アレックスといると苦しい、ブラッドといると楽
自身がなさすぎて、ぶっれぶれになって
でも、アレックスを一目見たら好きな気持ちが爆発しちゃうの可愛くておかしくて可愛かった!!コールのめんどくさいところが愛おしい。あのアレックスが自暴自棄になって首絞めちゃうのには切羽詰まり具合にギリギリしたのに、コールの反応がこれまた斜めで!
苦しくっても、アレックスといればどうにかなると思えるって、コール~~~~~ぶっとんでるのに、めちゃくちゃに深い!!
アレックスもなかなかのクズっぷりをみせてくれましたが、コールがこれまで自分に関わった人間とは違う特別と想いを寄せれて良かったね!

平穏な幸せとは違うけど、心も体もエロエロにぶつかり合って、チョロいのも2人の良いところ!!

1

キーマンはブラッド

2巻もぶっ飛んでいました。
2巻は甘々な二人を見れるかな?と思っていたのですが
まぁ…そんなに世の中甘くないですよね(*_*)

コールは、自分とはあまりにも正反対なアレックスとの関係に
居心地の悪さを感じながらもセックスで繋がっていることによって
そんな思いに蓋をするのですが…。


今回のキーマンはアレックスの友達のブラッドです。
悪い当て馬ではなく良い当て馬です。
ブラッドと一緒にいるほうがコールにとっては自然にいられるのですが
それでもやっぱりコールはアレックスのことが好きなんですよねぇ…。
だがしかし浮気はだめだ。
アレックスが浮気することはなんとなく想像できたのですが
まさかのコールが…!!!!!!

結局おさまるところにおさまるんですけど
もうちょっとコールの扱いをうまくならないものかな…と
アレックスをみてやはり思ってしまいました。

1

思っていたより深い話

ブラッドだと平穏な精神状態で普通に付き合えるかも、と思ったコール。
アレックスとの違いを示してくれる役割だったブラッド。

アレックスがいない間、悩むし、ブラッドとちょっとああなっちゃったコールのことわかる。

アレックスが戻ってきて、コールの今までのさんざんのモヤモヤが一瞬で吹っ飛んだシーンがよかった。
銃を向けてまで自分のものにしようとしたアレックスだもんね、やっぱり離れられない、求めちゃう。

それがそれが、コールがアレックスと一緒にいると卑屈になって嫌な気分になるの、コールの性格のせいかと思ったらそれだけじゃなかったんですね。

歴代の彼女もコールと同じ思いをして、別れてきた。
アレックスは無意識か意識的にかわからないけど、恋人を下に見て、優越感に浸るという性癖?があったのか。
結構立派なクズw

リリーとのやりとりが布石だったの、おもしろい。

ブラッドが、アレックスはテンション上がると空気読めない、と言っていたの、そういうことか〜と妙に納得。

だから、コールが浮気しようものなら、アレックスにとってはありえないくらい許せない。普通の嫉妬どころじゃないんでしょうな。

首を絞められてもコールはアレックスから離れようとしない。
アレックスのそばにいてくれるのはコールだけかもしれない。
アレックスは自分のクズさを自覚しているし、もう恋人に離れられたくない。

コールはもう自己嫌悪は卒業して、アレックスと一緒にいると何とかなるかもしれないと思えるようになったし。

銃を向けたり、首を絞めたり、命がけでお互いを試して、それでも離れられない、一緒にいる2人。
どちらも十分イカれていてお似合いでしたねw

ブラッドがいい当て馬でしたw
いい奴と言われていてガッカリしていたけど、いい奴。好きだわ。

1

とにかく面白い

ストーリーが最高です。鬱作品が地雷なんですがこれは読める!読みたい!不思議!感情のグルグルが凄すぎて、感動もの。

アレックスの旅立ち(モデルのバイト!)に、寂しくも「やっと安らげる」と息をつくコール。いつも気を張っている。彼に見合うようにだったり、彼を盗られないようにだったり。近くにいる時も、二人きりの時も休まらないのだ。

ここで出てくるのがアレックスの友達のブラッド。アレックスと異なり、コールと趣味が合う男で、コールはブラッドといると自分を偽らなくていい。好きなものを好きと言える。

「アレックスといるための対価を払わなきゃならないんだ」
「自己嫌悪という対価を」

それは愛か?

ブラッドとゴタゴタして。ただの気まぐれか?と思ったが、彼は本気で、コールに会いにきてくれた。

「これからもし「幸せじゃない」って感じたら」
「俺のこと思い出してみてほしい」

泣ける…!というか泣いた!なんて良い男なんだブラッド…(もしくは、ただのメンヘラ製造機)。

コール、幸せになるのか????

と思ったのに!そうだ!アレックスに抱いているのは愛だとか恋だとか、そんなものじゃなくて、本能だった。だから逆らえないのだ。たとえ自分が苦しむとわかっていても。アレックスはアレックスで、余裕の無さが出てきて良い。もっと苦しめよ、イロオトコ。

あとは、、テキーラの飲み方クソエロっ、、!

2

病的な恋のしもべ

1巻より距離の近くなった二人の、生き方による考え方の違いとか浮気?な2巻ですが、それらを完全に吹き飛ばしてしまう相手への恋と欲情!!が最高でした。
引き続き、外国感と日本の漫画要素がどちらもナチュラルで加飾過ぎず読みやすいです。他のBLコミックであんまり好きじゃない表現(フェとかトイレでとか)もこの作品はすごくいい。

とにかくアレックスに恋する滅茶苦茶なコールが愛おしいです。相手と居ると劣等感で苦しいけど、それ以上に欲しい。
会話での表情や心情の変化がとっても丁寧でドラマティックな面もあり、即物的でもあり。
続きではより心が近くなるといいな。

そして引き続き男の人のTシャツやYシャツ姿がカッコいい!!ヒョロもムキも。
リゾートでのテキーラの飲み方滅茶エロいな。

3

対価

1巻で破局危機を乗り越えた先にあるふたりの甘い日々を描く2巻…と、なるはずもなく(笑)
相変わらずの病みと激情が繰り広げられていました。

コールのネガティブはいくらかマシになったかな?と思いましたが
ここにきて当て馬的存在のブラッドの登場で今度はアレックスが荒れて暴走してしまったりして飽きのない展開でした。

アレックスとコールの関係は甘い恋人同士とはちょっと違うのかもしれませんが
それでも求め合って離れられないのはお互い様で。
そんなふたりをハラハラしながらも見守るのが楽しくて仕方ありませんでした。
次巻も楽しみです。

0

発売時、人気あるなーと思ったまま未読だった作品!
1、2巻まとめて読みましたが面白かったです。
まんま海外ドラマのような雰囲気が楽しい!

アレックスとコールの恋愛って、酸っぱいところも甘いところも、大人になりきった恋愛って感じでなくて、未熟な部分含め萌えます。

完璧男のアレックスと一緒に居ることによって生じるコールの苛立ちや苦しみ、焦燥感。
アレックスの事情でひと月近く離れていた二人だったから、コールの思考も余計そちらに傾いていったのだろうと思う。
アレックスの友人、ブラッドも魅力的でしたし。

帰ってきたアレックスの顔を見た途端、悩んでいたことが「知ったことかちくしょー」って吹き飛ぶコールに、相変わらずのちょろさ…と思いながらも、恋ってそんなもんか、とも思う。
顔を見たら、触れ合ったら、あらがえないこともきっとあるのだろう。

その後の展開でもブラッドは魅力的でした。ですので彼にも、幸あらんことを。です(^-^)

途中、アレックスとコールの日向と日陰の反する性質にハラハラもしましたが、最後はもう安心だと思えるハピエンに大満足♬

4

続編いいです

メンヘラ気味のコールと、さわやかイケメン、アレックスのカップル。
1巻は、コールがアレックスを自分のものにするには殺すしかないと銃をつきつけるところまででしたが、2巻はアレックスにも焦点が。

アレックスの車が事故でダメになってしまい、お金を稼ぐために、これまであまり本気にしていなかったゲームのモデルをやることに。そのためにアレックスは長期不在になる。

このとき、コールの方が浮気しそうになって、アレックスが嫉妬するというお話でした。
アレックスといると劣等感のかたまりになってしまうコール。でも、アレックスの友人であるジョナサンといると、波長が合って楽なことに気付く。
アレックスの留守にジョナサンを家にあげるコール。そして二人はちょっと危ない雰囲気に。

コールは悩むけど、迎えに行った空港で久しぶりにアレックスの顔を見た瞬間、否応なくアレックスのことしか考えられないことに気付きます。

一方アレックスも、どんどんコールにはまっていて、案外本当に執着しているのは自分の方では、と思ったりする。

2巻ではだいぶんカップルらしくなっていていい感じでした。
続編あるのかな~。期待。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う