きっちり躾けてやるから覚悟しろよ?

繋がれ咬まれて恋をする

tsusnagare kamare koiwosuru

繋がれ咬まれて恋をする
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
77
評価数
21
平均
3.8 / 5
神率
23.8%
著者
桐式トキコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
ISBN
9784047343610

あらすじ

天涯孤独の比呂あやとは洋菓子店オーナーの楢崎千歳に拾われ、彼の店で働き始める。
そして気づけば楢崎に恋していたが、彼は事あるごとに比呂を犬扱いするので全く脈ナシ。
同居しているせいでいい加減に詰まった比呂は、ある夜、楢崎を押し倒してしまう。
しかし拒絶されるどころか、その日以降、楢崎のスキンシップが激しくなる。
毎日のようにキスを仕掛けられ、楢崎の真意がわからず悩む比呂だったが――。

表題作繋がれ咬まれて恋をする

比呂あやと,楢崎に拾われ犬扱いされる青年,19歳
楢崎千歳,洋菓子店オーナー,比呂の飼い主,29歳

同時収録作品堕落と恋の調味料

亜貴,隣に住むコック  ?
静哉,リーマン  ?

その他の収録作品

  • ほどけてとけて恋をする
  • 繋がれ咬まれてほだされその後(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト

レビュー投稿数1

犬というより狼

洋菓子店が舞台とは思えない表紙。
さらに本編でも洋菓子店オーナーは893のイロにしか見えず。

絡まれて傷だらけだった天涯孤独で施設育ちのヒロを拾ったのは、洋菓子店オーナーの楢崎。
ヒロを「犬」と呼び、こき使う胡散臭い楢崎に憎まれ口を叩くものの、ヒロの本心は…。

飼い主と野良犬ですが、実は似た者同士です。
親の顔も知らず施設で育って、何もしていないのに疎まれて絡まれて、という人生を送ってきたヒロ。
無条件の愛を受けたことのない彼は、ひとが自分に親切にしてくれるのは偽善者か、何か目的があるはずだと思うけれど、変に優しさを見せるわけでもないし横暴な楢崎はどちらにも当てはまらない。
そもそもヒロを家に住まわせて雇うことに、何のメリットもない。

じゃあどうして楢崎はヒロを拾ったのか。
楢崎自身が寂しい人間だったからです。
幼い頃から店にかかりっきりの両親からは寂しい思いしかもらった記憶がなく、大人になって親孝行をしようと思ったときにはもう…、という状況で、両親が遺した店を継ぐという形で、最初で最後の親孝行をする彼もまた、天涯孤独の身。
証券マンという職を捨てて店を継ぐこと自体、すごいことで。
自分から両親を取り上げ続けた店ですよ。
そこを継ぐという決断をするまで、どれだけ自分と向き合ったんだろうと思いますよね。

そんな寂しい2人の生活で、最初に飼い犬が飼い主の手を噛みます。
19才の若者が、職場でも家でも好きな人と一緒にいて、しかもスキンシップ過多な状態に我慢が効くはずもなく。
そこからのヒロの変化が目覚ましい。
さらに読者には、ヒロに対する楢崎の気持ちもちらちら見えているから、にやにやしながら読めます。

最大の切ないポイントは、何と言っても言葉の受け取り方を間違えてすれ違ったところです。
何回か読み直してますが、ここ、何度読んでも目頭が熱くなるんですよ。
もともと何も持っていないヒロだから、元の状態に戻るだけ。
だけど今のヒロにはたくさんのものがあるのに、それを全部切り捨ててもいいと思えるくらい、楢崎が大事になっていたというふうに読むと、胸が苦しくて。
このシーンだけで萌2に評価が跳ね上がったと言っても過言ではありません。

犬、犬と言っていますが、むしろ孤高の狼のようだったヒロが、初めて損得なしに自分を見てくれるひとに出会えた。
そしてこれからも2人が一緒にいられる喜びを味わえる作品でした。

同時収録は生活能力に欠ける隣人の世話を焼くパティシエ(?コック?)。
職場で泡立て器を使っていたので、てっきり楢崎の店の従業員かと思っていたのですが、店構えが違うのと、ヒロだと思い込んでいた同僚がセンター分けだったので違ったようです。
こちらも言葉の取り違いによる誤解が切ない話でした。
リーマンが神戸、コック?パティシエが洲本という、関西圏に住む人は「おや?」と思うネーミングもツボでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う