双竜王を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ(4)

souryuou wo kainarase

双竜王を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神39
  • 萌×214
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

53

レビュー数
5
得点
268
評価数
63
平均
4.3 / 5
神率
61.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784199008689

あらすじ

欧州を手中に収めた竜王が、アジアの覇王・可畏の座を狙っている!? 各国のVIPが集う竜嵜家のパーティーに現れたのは、ギリシャ彫刻のような美貌の双子の兄弟──イタリアマフィアの御曹司・ファウストとルチアーノ!!「この子、気に入ったな。このまま連れて帰れない?」凶暴で好色なリトロナクスの影を背負う双子は、潤の美貌と水竜の特殊能力に目をつけ、可畏と共に攫おうとするが…!?

評価・レビューする

レビュー投稿数5

双子の悪党にあんなことやこんなことされちゃって…

めちゃくちゃ面白かった。期待以上に萌え萌えでした。
1巻めから本当に不思議なんですけど、なんで恐竜のバトルシーンがこんなにかっこよくてドキドキハラハラ夢中になって読めるのでしょう。
恐竜に何の興味もなかったのに。

犬飼さんの迫力ある文章と細部までくっきり描かれたイラストが素敵なのもあって、最後まで飽きずにハラハラ一気読みでした。

今回も非力な潤はまたアンナことやコンナことされ酷い目に遭わされましたが、生き餌達や今やすっかり崇拝者となった翼竜王と水竜王までもが守りに回って心強かったです。

今作品の敵キャラは双竜。双子攻めでした。
見かけはキラキラ王子様系でありながら、非道で身勝手なマフィアの次期ボスという立場 。
同じ王子様なリアムと違って甘さは皆無。
可畏パパ×リアムはそこはかとなく漂う甘い雰囲気。
うまくいってるんだろうなと思いと嬉しくなります。

リアムも潤もあられもない格好をされたり、可畏×潤もいつもながらがっつりなシーンのイラストも多々あり目も妄想も心ゆくまで堪能できました。

でも最後のシーンはすごく気になる終わり方で次回作が待ち遠しいで続きす。

1

必死に耐える攻めの苦痛が。。

双子の竜王がどんな絡みを見せてくるのかと思いきや、今回は問答無用に悪い奴らでした。
普段は間男の出現に萌えたりもしますが、全く萌えず、ただただ憎らしかったです。
受けを傷付けられて苦しむ攻めの心が痛々しくて、もう止めてあげてー!と言いたくなりました。
暴君で自己中だった攻めが、受けのために自分のプライドも捨てて、大人になったね。。と感慨深かったです。。
血の影響なのか、次回に向けて不穏な空気も漂っていますね。。
続き物だと新しい展開を作らないと仕方ないのは分かりますが、バトルが続いているので何気ないささやかな日常の甘々話も読みたくなります。

0

続きがきになる…!

暴君竜を飼いならせ4巻目。
もはや飼いならせるかどうかはどうでも良くなってきて、勝ちゃあいいんだよ勝ちゃあという心境。

可畏と潤がお互いを思う気持ちは回を追うごとに増していますが、今回甘さが少なかった印象です。その代わりバトルのシーンが充実した内容に。ドキドキハラハラしました。
今回の相手はイタリアンマフィアの双子にして双頭のリトロナクス。
ちょっとそこの双子!ほんとお前らサイテーだな!!と悪態をつきながら読みました。これまで対峙してきた相手(リアム、蛟)には、それぞれ気の毒な背景があり、多少は同情もできましたが、今回のこの双子にはちっとも感情移入できませんでした。やられてしまえ。

可畏の体調が万全な状態だったら、もうちょっとすんなり勝てた相手だったんでしょうが、今回はタイミングが悪かった。だって、12月の内にリアムと戦って、蛟と戦って、本調子じゃないのに、ほんでもって年末に双子でしょ。めまぐるしいな。可畏を休ませたげて。

可畏が毎回大人になっていってるのが、毎度感動するし、微笑ましいです。
立派になって。って。もうお母さん目線。
最後は不本意ながらも蛟の手続きを借りることになりましたが、可畏は自身で消化して納得するし、自分のプライドよりも守りたい存在がある…って高校生で。
潤を守りたい一心で、自分の地位を捨てる決意もします。頭を下げたくない相手に敬語で懇願するし、プライドはズタズタ。ここは読んでて辛くなりました。

リアムの血を体内に入れられた潤は体に変調が。リアムのように空を飛べるようになったわけではないけど、もしや…と想像が膨らみます。
気になるところで終わっており、続刊(糖度高めを目指してくださるとのこと!)が今から楽しみです。

好きなシリーズで、今回も楽しく読ませてもらったので 神 にしたいところですが、端々にこじつけ感と文章に引っかかり(偉そうにすみません)を感じたので 萌×2 で。

3

美形だらけのド派手な恐竜ワールド

3巻も良かったですが、4巻はそれ以上でした!!
今回新しく登場するのはリトロナクス。双子のイタリアンマフィア、
ファウスト&ルチアーノ・ヴィスコンティ兄弟。
豪華絢爛な世界の中で繰り広げられるバトルは、圧巻でした。
バイオレンス風味増してますが、可畏と潤のラブ度も増し増しです!!

ファウストとルチアーノは人間の姿の時も、変容しても凶暴凶悪(但しハンサム)。
対する味方(?)はリアム、クリス、蛟とオールスター共演。
挿絵も本当に美しく、敵も味方も美形だらけで眼福でした。

物語としては、竜嵜家主宰のクリスマスパーティに、招かれざる双子がやってくることから始まります。アジアを制する竜嵜家を支配下に置こうとする双子。
その前に潤が双子にちょっかいかけられるのですが、双子は最初からとてもいけすかない感じ。
しかし、パーティ自体は準備や当日もすごく煌びやかで華やかな雰囲気が良かったです。
可畏も人格的な面で成長著しく、潤との愛情が深まっているのを感じました。
可畏と潤はお互いに、異種族であることを理解して相手を思いやる気持ちがあるので、読んでいて和みます。

続き盤から双子のやりたい放題が加速します。
可畏と潤とリアムを襲撃及び拉致して、豪華客船に乗せた双子の非道な仕打ちに
可畏は特殊な拘束具のせいで、全力で抵抗できません。
しかし、潤に対する双子の蛮行にはブチ切れて、可畏は大きなリスクを背負ってTレックスに変容。
リトロナクスに変容した双子とのバトルは本当に大迫力で、必見です。

リアムや蛟の活躍も良かったですが、私が一推しなのがやはりクリス。
双子がリアムに対しても筆舌に尽くしがたい所業を行いつつあった状況を見て
双子に最もダメージの大きい、効果的な報復をします。
直情的に激昂する可畏とは対照的に、クリスが冷静にキレるところに背筋がゾクゾクしました。
悪の魅力というか大人の余裕と知恵を併せ持つ、危険な「頼れるパパ」です(笑)
受けのことを大切に想う可畏もクリスも、攻めとして非常に魅力的です!

前半と終盤の可畏と潤のエッチシーンもかなーり濃厚でラブラブだと思います。69とか。
挿絵もばっちりエロス満載でした。
そういえば、双子に無理矢理色々やらされるシーンもありますね・・・ちょっと無理めな体勢の。

全体的に、BLとしても、ファンタジーとしても、大変面白く、
毎日少しずつ読もう、と思ったのに一気読みでした。
次巻は、糖度高めだそうなので、それもとても楽しみです!!

7

水竜王との闘いから5日後のお話。萌えの後…油断し過ぎました。

*♡*〜犬飼のの先生〜*♡*。
2017・02・25発売/双竜王を飼いならせ/

大人気の[暴君竜を飼いならせシリーズ]
〜♢待望の第4弾♢〜[双竜王を飼いならせ]

去年発売された第3弾水竜王を飼いならせ発売から1年経たず続編を読むことができて、お忙しい中書き上げて1冊として下さったのの先生に感謝の気持ちしかなく(>_<)大切に集中して読ませて頂きました。

特典はコミコミスタジオ/ホーリンラブブックスで購入すると頂けます(◍^ᴗ^◍)


[第4弾]の始まりはクリスマス前夜。潤は授業中だったものの、ある理由から教室を抜け出してしまう。校舎内(恐らく中庭)で、リトロナクスの双子の竜人、ファウストとルチアーノと接触。そこで突然2人に迫られ…______!

([↑]双子で顔以外の性格や見た目は違うものの、やはり双子なので息が合う(汗)一度に2人が潤に迫るので、なかなか頭の中で行動が整理できずパニックでした(苦笑))


逃げ出す為に発動してしまった例の能力を2人に知られ、今後…命を狙われるかもしれない…。起きたことを可畏に伝えたいと思った潤ですが、明日は続きアジア覇王である可畏が主役の大事なクリスマス会。ーこんなことで…ー。。。集中して欲しいと願った潤は、前回水竜王の蛟に攫われた経験から、今後もしもの為…生餌のユキナリに起きた事ほぼ全てを打ち明けた。そこでユキナリの口からファウストとルチアーノの正体を聞かされる…______


クリスマスパーティー。中々、潤と可畏は2人で過ごせず話せずいた…。そんな時、潤は翼竜王のリアムと再会。クリスチャンの近況を楽しそうで嬉しそうに聞いていると突然会場がざわつき始めます。誰かと思えば双子の兄弟で…。潤は咄嗟に彼(リアム)の背中に隠れ…またそれに気づいた可畏が”彼”の元へ。

([↑]ネタバレしたくないので上手く言えませんが向かってくる時がまたカッコよかったです。)


潤の為の行動が周りからは可畏の恋人と思われているリアムをエスコートしている様に見られ…その空気を感じた潤は何を思ったか……。

([↑]クリスマスなのだから早く触り合って欲しい…そんな事を考え読んでいたので可畏とリアムの2ショットは私も苦しくなりました。←何も無いのにね(笑)潤を励まそうとしてくれるユキナリが愛らしくて…恋人の潤の為に可畏が頑張っていたことを伝えてあげて…。普段は憎いのに憎みきれないユキナリです^^)


双子と話を終えパーティーも無理矢理抜け出し側近やリアム達を引き連れ潤の元へやって来た可畏。潤はリアムをエスコートしているように見える可畏を見て、また心を苦しくさせながらエレベーターに乗る。これから貸し切りホテルの部屋で…と思いきや、着いた先は部屋ではなく、可畏は潤だけを連れ出し…。彼がこれからしてくれようとすることが嬉しい反面、このままではいけない、2人で楽しむことができない…そう思った潤は、殴られること覚悟で(ほぼ)全てを打ち明ける…。

([↑]ここで可畏が大人になった態度だったり、潤をどれだけ大切かを言葉で聞けて見られてとても感動しました。)


この後…リアムとクリスチャンも登場…
(挿絵美しいです♡)

可畏の言動にホッコリ…

水竜人の為の研究をしているクリスチャンが自身を実験台にしていて…それがまた…意味ありげで微笑ましいです♡私は蛟の文字を見るだけで飛び跳ねました。

しかし…

そんな温かい時間も長くは続きません…

これからあったことをレビューには出来ないくらい衝撃で苦しくて私は両目から止まらないほど涙で濡れました。

痛み…

苦しみ…

後悔…

この後を読んでからは『[この時夜中の12時]最後まで読まないと寝ない!最後2人がちゃんと生きて寄り添えないと寝ない!』と誓いを立てて本の中に引き寄せられ読み続けました。

読み終えた後も双子兄弟ファウスト、ルチアーノを◯み、今後何があってもずっと許せないと思います…。最初と最後でここまで違うのか…と体験させて頂きました。これまでの竜王達(敵)とは本当に違います。

※※※クリスチャンの行動、最高に萌えました(T ^ T)
泣けました。可畏も良いですがクリスチャンの株が急上昇です。
([↑]※かなり双子をアレするとこ見所です!)


なのでこの後起きることは是非小説の世界へ
入って楽しんでみてください(◍> <◍)♡ ✧*。


”痛い辛い”などと私は言いましたが決してそればかりではありません。萌えを沢山頂きました。第5弾も制作…予定とのことで嬉しく思います。あの一件がありましたが潤が無事でありますように。リアムとクリスチャンの行方も気になります。しかし私は蛟が大好きです♡笑

犬飼のの先生、本当にありがとうございました。

。・゜・゜・。。・゜・゜・。゜・。。・゜・゜

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ