皇帝竜を飼いならせ1 暴君竜を飼いならせ(7)

kouteiryu wo kainarase

皇帝竜を飼いならせ1  暴君竜を飼いならせ(7)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神59
  • 萌×219
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

9

レビュー数
8
得点
381
評価数
85
平均
4.5 / 5
神率
69.4%
著者
犬飼のの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
暴君竜を飼いならせ
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784199009662

あらすじ

可畏を脅かすのは、
竜人組織トップの皇帝≪ツァーリ≫──
パートナーの絆を揺るがす史上最大の試練!!
二か月連続刊行のシリーズ第7弾!!

全世界の竜人を束ねる組織のトップは、
毒を操る皇帝竜!!
しかも千年の昔から生き続け、
誰もその姿を見た者はいない謎の巨大恐竜らしい!?
潤と双子の出頭要請を断ったことで、
組織に拉致されるのを警戒していた可畏。
心配と焦燥を募らせる中、潤が憧れるロシア人
カリスマモデル・リュシアンとの競演が決定!!
厳戒態勢を敷く可畏の危惧をよそに、
新ブランドの撮影が行われることになり!?

表題作皇帝竜を飼いならせ1 暴君竜を飼いならせ(7)

竜嵜可畏、T・レックスの遺伝子を持つ竜人で大学生
沢木潤、私立竜泉学院大学一年で可畏の恋人、18

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

電子書籍の統合版で購入

1,2巻統合版を電子書籍で購入しました。
小説には苦しさと痛さを求めているところがあり、1巻がピークで面白いと感じ次点で双竜王、前巻の甘さが辛かった人でなしです。申し訳ない。幼生竜で読むのを止めるべきなのかもしれませんが、1巻の興奮が忘れられなくて読んでしまう。

以下、直接的ネタバレ

終盤、潤が拐われてから途端に読むペースがはやくなったので、自分の分かりやすさに笑ってしまいます。暴力による苦痛もいいですけれど、洗脳とか精神作用も好き!その上で身体的にも恐怖を与えてくれるとなおよしなのですが、ツァーリはそんな振る舞いをする感じがしませんね。
可畏ももっと気が狂ってくれるかと思いきや、案外と冷静でした。1巻の後半のような激情をもう一度読みたい。2巻に期待。

0

ありのままで愛される

具体的なあらすじにはほとんど触れませんが、物語の形についてネタバレしている様な気がするのでネタバレ表記にしておきます。

何と言っても一番印象的なのは「可畏がお父さんやってる!」という事。
前作でもそう思いましたが、続けてこう来られると「凄いな」という言葉しか出ません。だって1作目を思い出してくださいよ。『暴君竜』という名の通りの人(?)だったでしょうが、可畏って。
この変わりようがスゲェというか、ドリームというか。

ドリームをドリームにしているのは可畏と比較して潤くんが本当に(良い意味で)変わっていない様に思える処なんですわ。
弱い者に対して思いやりを持ち、素晴らしい者に対しては敬愛し。
とても素直なんですね。彼の血は確かにピュアな味がしそうです。
でもちゃーんと男の子っぽいんですよ。『マーマ』なのにね。

その純粋さ故に周りが変わって行く、という事。
純粋だから危機を呼び込んでしまうっていう事。
あまりどなたも言いませんが、この辺は『王道中の王道!』だと思います。
「この続きでは、想像できる様な『型』で大団円に向かって欲しい」と強く思いましたよ。『あなたはあなたのままで愛される』というのは、女子が抱えている永遠のドリームだと考えているものですから。

2

一気読みしています!

待ったよーそして一気読み中。相変わらず双子は激激激可愛く、可畏パパもめっちゃ頑張ってるのですが8巻に神を置いておこうと企んで萌2にしました。本編260P弱+あとがき。

1歳ぐらいの姿になって歩く練習を始めている双子ちゃん!パーパとマーマと仲良く過ごし、潤は大学の栄養学科で色々ありながらも何とか学生生活を始め、新しい知り合い(なんとトリケラトプスの留学生)も出来ました。またそれと並行してモデルとしての活動もあり順調かと思いきや、なんだか可畏の様子が変。訪ねてみると組織からの呼び出しを無視していて、ツァーリと呼ばれる竜人組織の陰の皇帝という存在の事を聞かされて・・と続きます。

攻め受け以外の新しい登場人物は
李燈実(リー・トゥミ、トリケラトプス)、リュシアン・カーニュ(超売れっ子モデル)、リュシアンのマネージャー、ツァーリ。ドレイクやリアム、二号さんはじめとする生餌たちも出てきます。

++良かったところ

やっぱり双子ちゃん!!!!そしてその子供と潤に癒やされ蕩けまくっている可畏パパ!!!!
たまりませんです・・本当にいつまででもイチャコラしてくれて良いのに、ちょっと緊張感足りない
潤(せっかく最新式のを付けてもらったのにーーーーーーーーーーーーっ)のせいで、あえなく誘拐されちゃうんだもんなあ、ほんと潤ったら!!!!

まあ攫われてくれないと話にならないのでしょうがない、頑張って8巻も一気読みだ!気分盛り上がりまくりです!めっちゃハラハラですぞ!

2

一気読みするべきです

レビュー読んでたので電子セットで一気に読みました。

潤の大学での調理実習の頑張りに、親としての覚悟を感じて感動しました。でも留学生にイビられるのが気の毒でした。可畏にチクらないところが潤の良さだけど。

親子での記念撮影にホッコリしました。また潤のモデルの仕事の頑張りも素敵でした。
可畏の嫉妬はともかく、慈雨の場合は本能で危険を察知していたのではと思いました。

ツァーリのやり方は腹が立つけれど、潤に惹かれる気持ちは分かったし、永遠の時間を生きて来たからちょっと気の毒に思ってしまいました。

4

めちゃくちゃ好き

今回は、すっごい可畏の頑張りが見えました。
家族を守る暴君竜の、強く揺るぎない気持ち
それに応えよう、お互いに守りたいって言う潤の気持ち、素敵な1冊でした。

3

大好きな作品

大好きな作品です✨2巻連続発売めちゃくちゃ嬉しいです

3

まさに史上最大の試練ですが、二人は絶対乗り越えられる!!

暴君竜シリーズ7作目にして、2ヶ月連続刊行の第一弾になります。
完全な続きものなので、ご注意下さい。

で、丸々一冊ご褒美ターンだった前作と比べ、今回は一気にシリアスモード。
いや、あらすじをチェックしながら「二人の絆を揺るがす史上最大の試練」ってヤダなぁと、ドキドキしてたんですよね。
そしたら、まさかこう来るか!と言う試練でして。
もう、二人の絆は絶対揺るがないと安心しきっていただけに、とんでもない方向から飛んできた変化球に、すっっごいダメージですよ。
潤の、可畏や双子達に対する愛情自体を利用するなんて、なんて卑怯なの。
このクソ野郎!てなもんですよ。
ただ、可畏には申し訳ないけど、萌えてしまうのも事実なんですよねぇ。
だって、根っから腐ってるから。
当て馬展開も、めちゃくちゃ好きだから。

とりあえず、「ここで!?」と言う終わり方なので、辛抱強い姐さんは来月の続編を待ってから読まれた方がいいと思います。
ちなみにですね、私も来月まで待とうと思ってたんですけど、「せめてイラストだけでも見ちゃえ」と見てしまったら、もう読まずにはいられませんでした。
ミューズとして撮影してるイラストに悶絶なのですよ・・・。
素肌に毛皮(フェイクファー)を纏って螺旋階段を降りてくる潤の口絵カラーに、鼻血ものなんですよ。


で、ザックリした内容ですが、大学生となり、新しい環境や子育て、そしてモデルとしての仕事に奮闘する潤の活躍ー。
並行して、組織との対立の序盤戦って所になります。

で、今回、メインになるのは潤なんですね。
大学生となり、可畏や双子の為の栄養学の実習や、新しい友人が出来てと言ったキャンパスライフ。
そして、双子の子育てに、可畏との揺るぎない絆ー。

実は可畏ですが、組織からの出頭要請を潤に言い出せずに、自分一人で抱え込んでたんですね。
そこで、生じるスレ違い。
いやこれね、そんな可畏の普段とは違う様子に気付き、ちゃんと自分にも分かち合わせて欲しいと、真っ直ぐ語る潤が素敵なのです。
また、可畏が黙っていた本当の理由ー。
こう、なんか切ないんですよ。
そう、誰だって、愛する人には笑顔で居て欲しいんですよね。
可畏、健気だわー!
もうめちゃくちゃ健気だわー!!

で、今作での、(個人的)一番の萌え処。
実は潤のモデルデビューになるんですけど。
えーと、今回、新キャラとして潤憧れのカリスマモデル・リュシアンが初登場するんですね。
で、どこか潤に対して興味を寄せ、甘い態度で接してくるリュシアン。
そして、潤に言い寄ってるからと言うだけでなく、彼に警戒心を見せる可畏。
その中での、モデルとしての撮影。
これ、本文と挿し絵の相乗効果で、もうめちゃくちゃときめいちゃうんですよ。
本当、生き生きと撮影してる潤に萌え、イラストに悶絶しって感じで。

と、ここまでは、二人の絆に感動し、双子の可愛さに和み、華やかな世界にうっとりする。
が、ここからシリアス展開。
モデルの撮影を終え、着替えていたハズの潤が拐われ・・・と続きます。

実はここで御大登場。
そう、組織のトップで毒を操る皇帝竜、初お目見えになります。
潤が拐われた不可思議な空間。
千年も生きる皇帝竜の謎。
そして、皇帝竜が見せる、潤への執着ー。
と続きます。

ここまで、二人は辛い試練を乗り越え絆を揺るぎないものしてきたんですね。
が、皇帝竜の特殊能力により、その絆の根本的な所から潤は変えられます。
いやもう、嘘でしょ!?しか出てこない。
そして、強い絆や愛情自体を利用するツァーリ(皇帝竜)には、強い怒りが沸くのです。
いや、酷い!
めちゃくちゃ酷い!!
ただ、こういう当て馬展開って、萌えちゃうのも事実でして。
受けに言い寄る執着系の当て馬って、個人的に大好きなんですよ。
根っから腐ってて申し訳ない・・・。
そして、矛盾するようですが、二人の絆はこんな事で壊れたりしないと言うのも信じている。
だって、可畏が、これで潤を諦めるワケが無いのです。
また潤も、そんなヤワな受けでは無いのです!
まさに史上最大の試練ですが、二人は絶対乗り越えられるよ!!
と、熱く応援したい!

とりあえず、続編が一ヶ月後ですので、ジリジリ待とうと思います。
これ、一年後じゃなくて良かった。

あと、当て馬がですね、二人の強い絆の前に敗北すると言う展開までが、セットで大好きです。
次作でツァーリが「ガクッ」となるのを楽しみにしてます。

17

酷い嘘すぎる。皇帝竜を引っ叩いてやりたい。

まだ途中なので、中立にします。この本だけなら正直「しゅみじゃない」です。最後のところは嫌悪感すらします。あくまでも個人的な意見です!
上手く可畏との絆を取り戻せてくれたら、いいなぁと思います。本当、あらすじ通りです。
ただ、2巻連続なのでこの本だけ読むとモヤモヤすることは間違いないです。はい。ですから、モヤモヤしたくない人は10月まで「がめん」する方がいいです。
私も書店でギリギリまで買うか悩みました。結局買って巻末から読み始め、すぐに初めに戻り、全体的にはチラチラ読み、笠井先生の可愛いベビちゃんたちのイラストで癒されてすぐ本棚へしまいました。それほどこの展開での続きはキツイです!自分的に!嫌な想像しちゃうし!
ていうか、本当に皇帝とは何もない状態で完結して!って感じです。犬飼先生、今更ですけど怪我とかの流血沙汰はギリセーフでも精神的な身体流血は嫌です!しかも今回は子供が関わるから余計に!
私は基本主役カップルのどちらかがモブや脇役と何かあるの嫌なんです。濃密なものがなくて、「無理やり危機一髪!」でギリセーフって感じなので。今までのシリーズもそんな感じの展開はありましたが、特に「濃密」ではないのでなんとかセーフなんです。ですので、私と同じ考えの方は10月まで「がめん」してください。その方が心のモヤモヤは軽減されます。それまで6巻のベビちゃんに癒されてください。

ここから、ちょいネタバレです。
ネタバレ厳禁な方はご注意を。

まず、私は基本ハッピーエンド主義なんですよ。それと、「何かを壊す嘘」とか「何かを傷つける嘘」って嫌いです。それはこのシリーズに限らず。
展開的には、たぶん予想してる人が多い展開?と思います。皇帝竜の「毒」の効能的な面とあらすじを読めば、たぶん想像しちゃうかと。私もそうかな?と思ってたものです。

ただ!ただ!ただですよ!?
ここまで酷い「嘘」になるのか、皇帝さんよ!?って感じです。潤ももうちょっと頑張ってよ!抗えよ!って思ってしまいました。
可畏との絆だけじゃなくて、ちびちゃん達との絆を考えると胸が痛い。10月が待ち遠しい。
皇帝さんのことは詳しくはわからないけど、何となく気持ち的には「水竜王を飼いならせ」を思い出してくれるといいかと。やってることは私的に水竜王より酷いけど。
なんていうか、本当に8巻で可畏と潤の絆の強さを見せて欲しい!潤、騙されるな!思い出せ!って感じです。
じゃないと、誰も幸せになれない。
何かを傷つけたものから本当の幸せは生まれない。
それを分かって欲しいです。
今は皇帝竜を思い切り殴りたいですけど…。

本当に8巻が待ち遠しいです。もう、モヤモヤする!!8巻の展開次第によっては、萌え2かしゅみじゃないになるかと。



2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ