可愛気。

Kawaige

可愛気。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×212
  • 萌22
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
19
得点
162
評価数
48
平均
3.5 / 5
神率
18.8%
著者
鹿乃しうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
ISBN
9784896440676

あらすじ

昂成(バツイチ&コブつき鳶職人)に恋してしまったケンジ(コンビニ勤めの清純派)。最高に仲がワルかったハズの目白(男気あふれる鳶職人)と中野(秘密あふれる鳶職人)。気になる2カップルの同時進行ラブ、待望のコミックス化!シリーズ4作品にお楽しみの描き下ろしプラス秘蔵イラスト、そして衝撃の学園問題作「白日」収録。

表題作可愛気。

茂木昂成,バツイチ子持ちの鳶職人,27歳
広末堅二,コンビニ店員,20歳

同時収録作品可愛気。2 ガチンコHONEY

目白靖,鳶職人,22歳
中野旬次,鳶職人,25歳

同時収録作品可愛気。3 ガチンコBABY

目白靖,鳶職人,22歳
中野旬次,鳶職人,25歳

同時収録作品可愛気。4 チャームポイント

茂木昴成,バツイチ子持ちの鳶職人,27歳
広末堅二,コンビニ店員,20歳

同時収録作品白日

堀田,高校生
小阪,高校生

その他の収録作品

  • されどデリカシーの巻
  • 1K上等!の巻
  • あとがき

レビュー投稿数19

「中野」登場!

「〇〇気」シリーズ2作目。
とはいえ、実質は本作からがメインと言っていいでしょう。

まず、表紙絵通り。
前作「生意気。」にもちょこっと登場していたバツイチこぶ付き鳶職の昴成が登場。
子供もいて巨乳好きな昴成。
ノンケ、ですよねぇ。
なのに。
昴成に恋する一途なコンビニ店員・ケンジの恋心にほだされ…

続いて「〇〇気」内最強キャラ・中野、登場〜〜‼︎
私はこのシリーズ通じて「中野」が一番好きなんです。
ワケアリ、過去アリ。
暗くて暴力的で。
なんとも惹きつけられます。
攻めは、「目白」。
こちらも単なるノンケではない重荷を背負った存在。
表面上は、ツッパって、挑戦的で、喧嘩腰の関係性。
中野も一見淫乱ビッチのような描き方なんだけれど、なぜ中野がこうなのか、そこが少しづつ明らかになっていく。
そんな中野にのめり込んでいく目白。
この2人から目が離せない。そういうパワーのある1冊。


本作には別作品が同時収録されています。

「白日」
女教師に誘惑されて逆レイプの高校生・小阪。
現場を見てしまった硬派のクラスメート・堀田。
これは…女教師許せん!
内容はちょっとフクザツ。短編だから色々強引な展開です。

0

男の嫉妬

みんな始まりがちょっと…。でも男だもの、こっからが大事だよね!

昴成×ケンジ
ガテン系子煩悩27才男前かあ、これは惚れちゃうよね!ケンジが積極的で。なぜか受け入れられエッチまで。え?いいの?と思ったけど後の話では職場の仲間にノロケたりしててラブラブなのねと安心しました。昴の父は一体?

目白×中野
うーん、弱味を握って脅してしゃぶらせて犯すの大嫌いなんです。
でもでも目白は嫉妬したり庇ったり男気あるじゃない!なんで最初にあんなことしたかなあ。
こちらもラブラブで良かったね。

白日
こんな女教師いるのか?いやマンガだから…。
小阪がそんなあ、脅されてあんなことされて、しかも原因が堀田のことで。
幸い?にも堀田は小阪と女教師の現場を目撃してから小阪を意識し出して。
拗れましたがこちらもうまくいきましたね。

しかしなんというか激しいですな。

0

昴成×堅二と目白×中野 ガテンカプ

シリーズ最新刊の「はかなげ」が新しく出たので、ここで気合いいれて読み返すついでにレビューというよりも自分用の覚え書きをしたためようと思います。
いつも何がなんだかわからなくなっちゃうので……。


ガテン系シリーズはこちらからスタート。
「可愛気。」
鳶職人の昴成(バツイチ・子持ち)とコンビニ店員の堅二(ゲイ)カプ。
「○○気」シリーズを全部通して読むと、どうしてもガテン系の現場中心に描かれているので、リーダーである昴成はちょこちょこ出てきてもコンビニ店員の堅二の印象は薄くて忘れがち……。
そして昴成がおやじというイメージが強かったけど、27歳なのね、まだ……。


「可愛気2 ガチンコHONEY」
出た!中野。
目白×中野という鳶職人同士ガテンカプ
中野の昴成への思いを見抜いた目白が、それをタネに揺すって関係しちゃうという身体の付き合い先行カプ。
中野の過去が……少年院の中で肉便器扱いされていて、それを救ってくれた看守にまた性奴隷されていたという……何故年少送りになったかはこの巻では明かされていない。
(大人気。に理由記載あり)

自分用覚え書き
「生意気」→「可愛気。」→「大人気。」→「大本気。」→「アブナゲ。」→「ハカナゲ。」
「生意気」は一番最初か一番最後に読んでも支障ないけど(昴成がまだ結婚している頃のお話)「可愛気。」と「大人気。」は続きものなのでこの順番は絶対。できれば「可愛気。」と「大人気。」を合冊して蛍修正から白線修正にしたR18版が「おとなかわいげ。」のほうがおすすめ。

1

ガテン系のワケあり恋愛模様

関連作の『大人気』からこのシリーズに入ってしまった私は、表題作はこちらに続く前菜的な感じで読みました。鈍感で子煩悩な昂成さんは、ケンジじゃなくてもヤキモキしてしまいますよね。何となくこのカプは昂成さんが受けの方がしっくりきた気がします。
一方の目白×中野カプは、中野さんの過去がヘビー過ぎて…( ω-、)途中まで読むの辛かったのですが、読み終えた後は、最初ヤな奴だと思っていた目白に拍手を送りたくなりました!ガタイいい同士のカプは元々苦手ですが、この二人に関してはありですね。

1

「〜気。」シリーズはここから読むと入りやすいです!

私、このシリーズを飛び飛びでしか読んでなくで、こともあろうに本作を未読でした。
先日新刊が出て読んだのを機に、ちゃんと最初から通して読もう!とGW中にようやく全作読破したんです。
で、読んでみて分かった。
このシリーズを読む上で、この巻は一番読んでおかなきゃいけなかった。
逆に1作目の「生意気。」は未読でも後の巻を読むのには支障ないです。
これから読む方は是非本作からどうぞ!とオススメしておきます(^o^)/

「可愛気。」→「大人気。」→「大本気。」と、お話はオムニバスで展開していきます。
「可愛気。」が、本シリーズのガテン集団「チーム昴成」を仕切るリーダー〔昴成〕の話と、昴成に想いを寄せているチームメンバー〔中野〕の話の2本立て。
「大人気。」が、「可愛気。」からの続きで、1冊丸ごと中野の話。
「大本気。」が、「大人気。」で中野への無自覚の恋心を拗らせて最低な行いを働いてた〔有坂〕を主役にしたお話。
…とこんな感じで繋がっていきます。
しうこさんのもう一つのガテンシリーズ(Punch↑シリーズ)より、ストーリーは重めなんですけど、順番にキャラ達が救済されて幸せになっていくので読後感がとても良いです。
ピアスなのに…なんて言っては失礼ですが、1冊1冊の読み応えもしっかりしています。
今回一気読みしてすっかりハマっちゃいました。

昴成×ケンジカプは、昴成さんのワイルドな見た目に反して純情度の高い可愛いカップルです(*´艸`*)
「アブナゲ。」の黒田×赤石カプといい勝負のほのぼの系カップル。
トーンもラブコメなので読みやすいです。
本編は2話しかなくって他のカプに比べると短いんですけど、「大本気。」の2巻にこのカプの番外編が収録されていますよ。

対する目白×中野カプは、目白の無理矢理セックスから始まり、その後も一難去ってまた一難の試練が「大人気。」のラストまで続く不憫なカップル。
本作に収録されている2話だけでもヘビーです。
中野の過去が不幸過ぎるよ…(/ _ ; )
ハッピーエンドが見れて一番心からホッとしたカップルはこの2人だなぁ。
最初の目白は最低な男だけど、この2人が出逢えて本当に良かった!

ラブコメとシリアス、180度毛色の違う2組のカップルのお話が読めますので、「〜気。」シリーズの雰囲気を知るのにもちょうどいい1冊じゃないかなと思います!

4

「生意気。」から数年?

妻子持ちの身でありながら一八のお尻を揉みしだいた男、昴成編。
生まれたばかりの昴は幼稚園児となり昂成にはバツがひとつ。
ありがちな若気の至りを体現しつつ、雑な性格なのか侘しい独身生活もそれなりに満喫しているようにも見えます。
そんな男に恋するケンジの鼻息ばかりが荒らく。
お付き合いするならそれなりにいちゃいちゃして欲しいところですが、子持ちヤモメはなかなかその気にはなってくれず。
持て余してばかりのケンジが憐れになってしまいます。

このカップルだけではエロ不足と感じたのか同時収録「ガチンコ」シリーズ。
新しく加わった目白と中野編。
憂さ晴らし的なきっかけからハマるまでの直下降。
ひたすらエロエロなのに、中野の過去がハード過ぎて途端にシリアス度が増します。
けれど日常会話はコメディよりのほのぼのさ。
中野の凶暴さもガテン系男子の筋肉質でタフな体が見た目の痛さを和らげ、段々愛情の裏返しと思えるようになりました。

0

ガテンと言う新しい扉開けちゃったかも

先日このシリーズの『生意気。』が完全版としてまた発売されたので最初から読み直してみようと再読しております。こちらの巻はシリーズ2作目ですね。『生意気。』にもちょろっと登場した昂成さんとコンビニ店員の堅二が最初のお話のカップルです。もうひとつのお話の方はその昂成さんの後輩目白と中野の組み合わせ。
後者のカップルが人気のようですが私は昂成×堅二カプが好きです。とにかく優しい昂成もさることながら、堅二が可愛い❤「温めますか?」「うん」の会話だけで妄想スイッチ入っちゃうし、二人三脚で密着しただけで前屈みになっちゃうほどピュアで一途なのに、ひょんなことから泊まることになったら、「もう辛抱たまらんっ!」とばかりにプチンと弾けて襲い受け!大人しくてもじもじと控えめだった堅二とはかなりのギャップで結構萌えます。

もうひとつのお話の中野は、なんだかかなりの訳あり。綺麗な人なので少年院時代にかなり酷いことをされていたみたいだし、そもそも少年院に入ったこと自体訳がありそうなんです。そんな中野がもともと憧れていたのは先程の優しい先輩昂成さん。それを知って強請はじめる悪い男が目白です。そう言う始まりなので、なんか目白が好きになれないし、中野が痛々しくて。最終的にはうまく行くのでスッキリしますし、嫌なやつと思っていた目白も実はいいやつだったので、こちらのカップルが人気が高いのも納得です。

このシリーズはとにかくこれでもかってくらい鳶職姿が出てきますし、肉体労働をされてる方の美しい体がたくさん描かれていてそれだけでほぅとなってしまいますね。

1

ガテン萌え!

もうすぐ、鹿乃先生の新刊が発売なので、おすすめを再読レビューします。
この作品は、同時進行の2カプのお話と短編読み切りになります。まず、表紙絵のカップル茂木×広末のお話ですが、体格の良い鳶職人茂木に恋するコンビニ店員の広末のお話になるのですが、とても面白いです。受けの広末の力技で両思いになるのですか、その時のウガーって感じが、これが本当の襲い受けって感じで可愛くて萌えます。攻めの茂木も一見、軽くてチャラい感じなのですが、優しい男で実は誠実で良い男です。もう、一方のカップリングの方は、そんな茂木に恋する狂犬?!中野のお話です。これが、また攻めの目白が最初はゲスなんですけど(脅して犯す)途中からは健気な感じで。二人のまだ、完璧両思いでは無い感じで終わってるので、二人が好きなら続編を楽しめると思うのでぜひ。

2

ガテン男の体がGOODです!

『生意気。』にちょこっと出ていたガテンの昴成とコンビニ店員の堅二。堅二は7歳年上の昴成に憧れている未経験の20才。ガテンの男たちと体型が描きわけられてるせいもあって、堅二のウブな感じが本当に可愛いし、バツイチ子持ちの昴成の癒しになってるのかな。Hの時に昴成がいちいちふざけたことを言うんですが(ラマーズ法には笑ったw)、それが若い堅二を相手にしている照れ隠しみたいで笑えるのに萌えます♡
 もう一つのカップル、目白と中野。これ、目白が最初ゲスなんですよ!脅して無理やりって強姦じゃないですか。こういうはじまり方って嫌いです。だからその後、実は目白がいい奴だってわかってからもどうしても引っかかっていたし、昴成に憧れと未練が残ってる中野が可哀想だと思っていました。でも最後に中野が言うんです。「俺はもうガキじゃねーから誰にでも好きにさせたりしねーよ」って、そしたらなんだか許せてしまった。なんだろ、これ、2次元マジックですよね。この2人は人気なのか続編の『大人気。』があります。『可愛気。』ではちょっとシリアス目だった2人だけど更にシリアスにっ!そして昴成&堅二カップルは『大本気。2』で番外編が読めます!
 そしてどうしても書きたかったことが!可愛気2話と可愛気3話の間の目白と中野の″GACHINKO″LOVE FIGHT!というイラストがすごいです\(//∇//)

2

迷宮のリコリス

詩雪さん、
コメントありがとうございます!
見てくださいましたか!!あのイラスト!
本当にガチンコって感じですよね。
何度も見返してしまいました\(//∇//)
鹿乃先生はちびっこも女性も可愛いですよね。
新刊発売前にしうこ祭りしてます!!

年の差オジサン発言には萌える

こちら、ラストの高校生物以外は二組のカップルで繰り広げられております。

『可愛気。』の方は、鳶職でバツイチ子持ちの昴成・27歳×コンビニ店員で昴成に片想い中の堅二。年の差です。
多分、堅二は20歳くらいかなあ。お酒が飲める歳になったという台詞があるので。
『可愛気。2』は、イトコと同棲中の鳶職人、靖・22歳×同じく鳶職人で、昴成とは小学校時代からの付き合いがある25歳の旬次。

個人的には昴成カップルの方が好きなのですが、人気は靖たちの方なのかな。
昴成カップルの方は受けの堅二の方が最初片想いなのですが、出来上がってからは昴成の方がメロメロ〜って感じですね。
その模様は靖たちの方で垣間見れます。
しかし処○に感動するとか、やっぱノンケだなあ(苦笑
靖たちの方は最初完全に体からで、しかも靖が旬次の弱味につけ込んでなのであまり良い気持ちのしないスタートでした。
もともとガタイが同等なカップルのコミックは苦手なので、よけいかもしれませんが。

この一冊は昴成カップルの方は明るい感じなのですが、他の二編は暗い部分がかなりあるので鹿乃さんのエッチなコメディ系とはちょっと違うかな。
無理矢理な部分があるので、もしかしたら好き嫌いがあるかもしれません。

*鹿乃さんの漢字を間違えていましたので、修正いたしました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う