弦巻先生の作家生活

tsurumakisensei no sakkaseikatsu

弦巻先生の作家生活
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神39
  • 萌×230
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
347
評価数
82
平均
4.3 / 5
神率
47.6%
著者
tacocasi 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥685(税抜)  
ISBN
9784864423199

あらすじ

文豪に憧れる鬼とひとつ屋根の下!
薄幸の枯れ気味無職男(28)×小説家デビューした世間知らずの美形鬼(240)


昔から人の縁に薄い​青年・槇大吾は、ある日「俺の仕事を手伝わないか」と見知らぬ男に声をかけられる。
怪しげだが美しいその男の正体は、人間界の文士に憧れ、めでたく小説家デビューを果たしたばかりの鬼・イチイであった!
公の場に姿を現すことのできないイチイの影武者として“作家・弦巻先生"を務めるべく​、​​​イチイと隷属契約をし​、​ともに暮らし始めた槇だったが?!

表題作弦巻先生の作家生活

槇大吾,28歳,隷属契約した影武者
イチイ,240歳の鬼,新人作家弦巻先生

その他の収録作品

  • note.5.5(描き下ろし)
  • 弦巻先生のめがね(描き下ろし)
  • その後(描き下ろし)

レビュー投稿数10

人ならざるもの

あーーーーーーーーーーーもうっ・・・可愛いと叫ぶ気持ちが止まらない。
ひたすら可愛いお話しでした(≧◇≦)ひゃほぅ☆

人との縁に恵まれない攻。
家族も失い、職も失い。
さまよっていたところに偶然(?)遭遇した鬼と契約を交わされてしまう。
しかも小説家希望の鬼。
なんじゃそりゃな出会いから、二人が少しずつ距離を縮めていく。
過去に鬼が好きだったという男の話。
そして実は実はな運命と。
作画ももちろん好みってのもありますが、
とにかく全部が可愛かった。
エロなしですが、これはこれでいい。
ヤってりゃいいってもんじゃないのです(ぇ

弟くんもかわいかったですな。
次は弟くんカプでも読んでみたい。

8

可愛い可愛い鬼のお話

だんだん自分好みかもと思うものがビンゴするようになってきて超嬉しい。色っぽいシーンは皆無で本当にじんわり可愛いお話でした。2016~17年にCabさんに掲載された6編+描きおろし3編です。人外好きで、色っぽいお話なしでも大丈夫な方にはオススメしたいー

カバー下は登場人物一覧と、二人の住んでる家の間取図。いまどき珍しい縁側のある家です♡
冒頭は、勤めていた会社の社長のお葬式シーンから。会社をたたむ事になったらしく、明日からどうするよ・・・と就職雑誌を手に呆然と公園に座る槇さん(28)。そこへフェレットを連れた和服美人さんがやってきて「俺の仕事を手伝わないか」とお話は始まります。

登場人物は、槇さん、和服美人さんのイチイさん(鬼 240歳)、フェレットの煤竹(同じく鬼、側仕え)、イチイの弟(ブラコン)等。一人だけやんちゃな方がいらっしゃいましたが基本、善人さんです。

この鬼さんが本当に愛おしい。鬼界でも箱入り息子的に大切に育てられた模様で、なーんにも出来ない(笑)それなのに、小説書いて応募して、デビューすることになったとニッコニコ♡わかったよ、何でもするよと本当に隷属したくなる可愛さです。そして、人の命の短さを知っていて、人を思いやってあげて、優しい。これから攻めさんと二人で仲良くやっていくんだろうなあと嬉しい終わり方でした。
もうちょっとすったもんだ話を読みたいなあと少々思うんですけどね、続きないのかな・・・?

6

どうかいつまでも幸せに暮らしてほしい

タコカシさんの作品を最近やっと読んだのですが、なぜ今まで読まなかったのか!こんなに素敵な作品を書かれる方だなんて!

この一冊なのにとても長く入り組んだ素晴らしいお話がまとめられていて最後の発見も良かったです。

そうかーそうだったのかー。最後の印象が強くて何とレビューを書けばいいのか。

240歳の文士に憧れる箱入り美人鬼イチイと人の縁が薄い孤独な槇、それにイチイの側仕えのフェレット?(人間界での仮の姿)煤竹とイチイの弟ナラが登場します。

まず煤竹がいつも顔に縦線が入っていて、青ざめてるの?怒ってるの?と不思議に思ってたらそれが標準だったんですね。とっても可愛いです。

そして人の縁の薄い槇。それにはご先祖様の代から受け継がれた呪いがあって。これが可哀想なのですが最後には…吉と出たのかな?

鬼のイチイは人間界で文士をするのに影武者を探していて、槇に目をつけます。それも理由があって。

槇とイチイのふれあいや二人と煤竹の暮らしにほのぼのします。どんどん少しずつお互いが大切になって笑った顔を見たくて、ちょっと嫉妬したりして。

最後の事件は衝撃でした。お互いが相手を守って命を落とそうとして。でも結果人間界で共に生きる道へ進めましたね。

はぁー良かった。凄く満足感が高いです。ほのぼの系の中に呪いや理不尽もあり、お互いを思いやり大切な人を失いたくない強い気持ちが功を奏して。

そういえば箱入り鬼の貞操の危機もありましたね。

もうエロなんてなくていいです!幸せに暮らしてほしいと願うのみです。

4

おにかわいい・・・・

人との縁が薄い攻めが受けに拾われてw作家の影武者生活をするお話です。

いやこれ、鬼がおにかわいい・・・・
絵柄が素朴でこれってBL?って感じなところがまたGOOD。

鬼っていうと筋肉隆々なイメージがあったんですが
こちらの鬼は箱入り鬼ってことで少年性がある鬼でした。
240歳なので、ショタではない・・・?w

鬼の感情があこがれ→恋慕にかわるのはわかるとして、
攻めの感情は前世関係なく守るべきもの→恋愛?って感じなのかなあ。。。
ちょっと攻めの感情がわかりにくかったですが、妄想で補填ですね。

あとこの箱入り鬼、弟がいてその弟は筋肉隆々。
しかも受けのお世話係といい感じ・・・なのがまたよき。
続編はその二人のお話が読みたいなー・・・。

お世話係は人間界では力が弱くて獣の姿になっているのですが
まさかのテン。テンの姿なのにツノが隠せなくて烏帽子をかぶっているんです。
かわいいがすぎます。。。

先にいったようにはっきりとした線で素朴な絵柄なので
BL初心者でも妖もの好きならさらっと読めるのではー?と思います。

この二人、偶然と縁が結んだ二人だったので、
もう少し、弦巻先生と攻めのつながりと受けとの運命感がでてればもっとよかったけど
これ以上描くとわざとらしすぎるのかしら?ってことで
少し足りないくらいがちょうどいい感じです。

はー・・・・読み返そう。癒されるわ・・・。

3

可愛い過ぎる鬼さんのお話

装丁がめっちゃキュートで、思わずジャケ買い。

日本家屋、着物、鬼。
前作『お守りくん』もそうでしたが、和風テイストな感じがお好みの作家さんなんでしょうかね。

作家になりたい鬼(イチイ)と、不運な人生を送る青年・槇くんのお話。

イチイは鬼ですが、ホラー要素とか怖さは皆無。とにかく、このイチイがめちゃんこ可愛いです。
240歳ですが、ビジュアルは20歳そこそこ。
鬼なので、「人」としての生活能力も子どもの様。

そんなイチイを放っておけずオカンのように世話してしまう槇くんですが、そんな彼の気持ちに激しく共感してしまう。庇護欲を激しく掻き立てられる人ならぬ鬼、なのです。

イチイは小説家(人)として生活するために、世間を欺くための影武者として槇くんを選ぶわけですが、その理由がなんか切ない…。イチイは、彼に恋してたんだろうな。でも、失恋した、という感情が備わってないのが、また可愛いというか切ないのというのか…。

そんなイチイが、槇くんを守るために奔走する。槇くんと出会ったことで、「心」が育ってきたんだろうと思う。
そして、槇くんも、イチイを守るために命を張る。

tacocasiさんて、なんていうのかな、体温が低い作品、といえばいいのだろうか。
淡々と進むストーリーを描く作家さん、のイメージですが、その中に潜む愛情とか思い遣りとか、そういうものがしっかりと根付いていて、読んでいて気持ちが温かくなります。

イチイのお付きの煤竹は可愛いし、弟のナラはカッコいいし、この二人のスピンオフを読んでみたい。

丸々1冊、表題作のCPのお話なので、非常に読みごたえもあり面白かった。

次回作も楽しみです。

7

ショタジジィ好きにはたまらない!

とてもかんたんに言ってしまうと、
生活能力ゼロのショタジジィ作家と、その玉の輿に乗った世話焼き青年のお話です。

表紙の鬼っ子がショタジジィなのですが、めちゃくちゃ可愛い。めちゃくちゃ可愛い。けどジジィ。ちゃんとジジィ。
ラブ的な意味でのイチャイチャはとても少ない作品ですが、鬼っ子の可愛さとそれに振り回される人々の姿に「萌え」……。

tacocasi先生の前作「お守りくん」とは打って変わって、異界のキャラが盛りだくさんで、しかもみんな可愛い。それぞれに魅力があるので、もっとこのキャラクターたちの色んな話を読みたいです。

装丁や封入ペーパー(初回特典ですが)もすごく可愛いのでぜひ紙で買って読んでいただきたいです!

5

箱入り鬼がかわいい

tacocasiさんの二作目は、安定のほのぼの&かわいらしさで溢れる長編です。

長年作家に憧れていた鬼のイチイ。
人間界でめでたく作家デビューをすることになったけど、人間じゃないから打ち合わせやらあれこれをやってくれる影武者を…と探したところ、たまたま出会ったのが槇。
勤務先が会社を畳むことになり職探しの最中だった槇は、イチと隷属契約を結ぶことになり、古い日本家屋で同居を始めることになります。

イチイには煤竹というお付きがいて、甲斐甲斐しく面倒を見てくれているんだけど、人間界ではフェレットの姿なんです。(鬼の世界へ戻ると微妙に冴えない容貌なのがこれまたいい感じ)
フェレットが烏帽子被ってて、ちんまり超かわいい。おじゃる丸の電ボみたいな喋りがこれまたかわいい。
話と話の合間には「煤竹の御側付生活」と題して、DIYで作った煤竹用のミニ台車や、カゴで作ったベッド、お手製ナイトキャップといったミニアイテムが紹介されてるんだけど、それが可愛くて和む〜。

さてイチイは240歳なんだけど、家族から大切に大切に育てられた箱入り鬼なので身の回りのことは何もできないけど、人を疑うことを知らない純粋無垢さがあって、つい面倒を見たり気にかけたりし始めるオカンな槇。
だけど槇には実は先祖から代々解くことができない呪いが引き継がれていて、そのせいでイチイにも変化が現れてしまいます。

全編ほのぼの和んでかわいい〜!だけではなく、切なさが滲む箇所もあります。
イチイが作家を目指すきっかけとなった、とある作家との思い出がじんわり切ない。
イチイが鬼だと知っても邪険にせず、読み書きを教えてくれた作家。
字の練習に根をあげるイチイにたいし「字が書ければ文が書ける 書き手が死んでも文は残る お前ら鬼より文はずっと長生きだと思うがな」と諭す箇所。
そして「文が読まれている間、その書き手は生きている」と言うのですが、なんか深い言葉でいつもここを読む度、ジワっときちゃいます。

片思いのまま終わってしまったイチイのかつての淡い淡い恋。
相手はとっくにこの世を去っており、残された思い出を元に、人間と鬼との交流を作品に綴ってみたり、時には人間に恋する鬼の話を書いてみたり…というイチイがいじらしいだけに、巡り巡って繋がった最後には良かったなと思えます。

槇の先祖がそんな末代まで続くような呪いをかけられてしまった理由が不明なので、そこもきちんと回収されていれば神だったかも。
それとも途中のインチキ?女占い師の言葉が、事実なのかなぁ?

5

かわいすぎる

もー、この鬼のかわいさは反則。表紙からしてかわいくてじたじたするレベルなんですが、本編読んだら破壊力すごかった。。
誰でもほだされちゃうよね、これは。

悪いものに憑かれやすい槇と、鬼のイチイ。
小説を書いてみたいというイチイと契約し、イチイの代理としてマネージャー的な仕事をする槇。契約した瞬間に悪いものは出て行って、不幸な目にあわなくなる。

しかし、イチイがかわいいんだよなー、絵もセリフも。
tacocasi 先生にはこういうお話をずっと書き続けて欲しいです。

3

ナイスキャラ揃い踏み

文豪に憧れる鬼・イチイ240歳ってインパクトありますね!
ファンタジーものはあまり得意ではない私ですが
なんたってもう摩訶不思議なあれやそれが可愛い!

幸の薄い槇が一見怪しげなイチイに雇われるなんて
普通じゃ「ヤメトケ!」ですが
未知の世界に踏み込むのも人生だ。
イチイが本当に箱入り鬼でおぼこなので
庇護欲にかられるのはいたしかたあるまい。
御側付のフェレット(?)煤竹がいい味出し過ぎる……。
あとでいつもの姿にもなりますがそばかすも可愛い!
そして意外と背が高かったし地味メンでツボりました。
なんと言ってもイチイへの忠誠心にほっこり。

イチイの弟のナラがまたドンズバ…!
弟だけどガタイはいいし人間の姿なんて短髪で
あれはモテるわな~…。
兄を心配するのも、煤竹に抱っこを嫌がられるのも
そのゴツゴツした体とのギャップが愛しい。

槇がイチイに命を捧げてもいいと思えるなんて
そこまで深い愛になっていたとは……情ありまくり。
黒笠の本体ビジュアルがこれまたかっこいいので
悪役っぽかったですけどちょっと贔屓目です。

ピンチもありましたがほぼほぼ煤竹でなごませていただきました。
もっとこの世界の番外編を読みたいです。

2

「二代目!地獄ブラザーズ」と併せて

「二代目!地獄ブラザーズ」でこの作品についての言及があって気になってました。面白かった!

遠縁とか運命とか…そりゃあ好きですよね。
何の非もないのに、過去の呪いに縛られる槇が悲しい。あとイチイくん(作家に憧れる鬼)が鬼ではなくなってしまって、ナラ(イチイの弟)はかなり寂しいのでは…なんだか色々考えると結構悲しいお話です。

ナラと煤竹くんも匂わせ空気を醸し出してました。5.5で、もう少し深く描かれるのかと思いきや匂わせどまり。しかし本編含め、tacocasi先生の作品はこの濃すぎない雰囲気と、過剰演出少なにドライなところがいいのかな〜って気もする。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う