カスタマスカレード!

customer masqueraed

カスタマスカレード!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神146
  • 萌×246
  • 萌16
  • 中立6
  • しゅみじゃない7

69

レビュー数
20
得点
968
評価数
221
平均
4.4 / 5
神率
66.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403666209

あらすじ

〝CSの聖母“と呼ばれる江藤に会うため転職してきたと言う男・岸本の真の目的とは……!? 
天然系スパダリ×猫かぶり男子のアンマスク・ラブ♥

表題作カスタマスカレード!

岸本裕樹 上司として赴任
江藤晃 カスタマーサービスセンターの聖母

その他の収録作品

  • はじめての恋愛バトル篇
  • 江藤さんのはじめて日記
  • あとがき
  • カバー下おまけマンガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数20

かわいいどつき漫才(ただしぺちぺち程度)が最高!

「CSの聖母」の異名を持つカスタマーセンターで働く受け=ツッコミ、そして
その「CSの聖母」に、一目惚れならぬ一声惚れした攻め=ボケの
夫婦漫才ならぬBL漫才の、会話のテンポがとても良くておもしろかった!

基本はコメディ、テンポの良い会話や回想シーン、ちょいちょい入るメタ視点
(BL漫画の攻めみたいな~とか)など絶妙で笑ってしまうんですが、
それだけではなく話の骨格がきちんとあり読みごたえありました。

話が進み二人の距離が縮まってきたところで
なぜ受けの江藤が、まるで二重人格のような生活をしているのかが明かされます。
いじめを受けた傷も嫌われる怖さも、電話越しなら無いかのように仮面を被っていられる、
でも仮面をかぶり続けてたら一人が寂しかったことすら忘れてしまって…。切ない。
でも、一見天然系、実は洞察力抜群&超絶計算高いという新種のスパダリ攻め・岸本が
お見通しで、ぐいぐいドアを開けていくのが痛快。
そして、岸本さんにぐいぐい来られるたびにいちいちじたばたする江藤さんが超絶かわいい!
ねこカフェに行きたくてグラグラする江藤さんも、くやしくてぺちぺちする江藤さんもかわいい!
岸本と一緒に江藤さんかわいいいい!ってなってました。
雑誌の連載もまた続くようなので、これからの二人も楽しみ!

1

コメディ風だけどBLとしても面白かった!

正直表紙はそんなに好みではなかったのですが、
私の好きな漫画家さんがオススメしていたので
買ってみました。
想像以上でした!
表紙が好きじゃないというのは単純に好みの問題だったのですが、表紙より中身の絵柄の方が好きでした。凄く丁寧に描かれているのが伝わりました。

かなりギャグが多くて凄く笑いました(^^)
あっさりしてるので初心者さんもきっと読みやすいと思います。ギャグが多いけど、しっかり江藤さんの過去など、少しシリアス(?)なところや二人の心の葛藤など、とても読みごたえがありました。
二人の恋愛バトルがとても好きです!
読み終わった後にしばらくにやにやしてしまいました笑
受けもとっても可愛かったです!
攻めのおちゃらけているようで少し本心が見えにくいところも魅力的でした。
読み終わってもやもやするところもなくて、
あっさりしてるけど読みごたえはしっかりあって
とても楽しませて頂けました。

現在(2018年9月)この続篇?が本誌でやっているのでそちらも楽しませてもらってます。

2

岸本でかした!!さすがスパダリ!!

『天然スパダリ×猫かぶり男子』なんて説明一言で済ますには勿体ない、まさにこの受け凹にはこの攻め凸ってのがピタッっと収まる痛快さだった。
ボケとツッコミなノリであー言えばこー返すの応酬で始終笑わせてくれた中にも、ホロリとくる江藤の過去のトラウマも織り交ぜてって、コミカル一辺倒ではいかない奥の深さもあった。

何といっても百面相のようにころころ変わる江藤の地の表情が堪らん!!
あと、一コマずつ目で追っていて楽しかったのが岸本と江藤の距離感で、ヒソヒソ話できる至近距離から両腕を伸ばしてやっと指先同士が触れ合うまでといった範囲まで、常に安易に岸本の腕の中に収まろうとしないのには笑った。
おまけに岸本ってば羨ましい限りのリア充ぶりでなんかムカつくんですけど(笑)

江藤に少しオタク要素があるからといっても、「BLみたいな事一緒にしましょう!!」「オレはほだされ受けです~」ってノリには腐の身としては読んでいてちぃとばかし恥ずかしいものもあったが、れっきとしたBLバカップルの誕生には拍手喝采で歓迎したい。
CSでの電話応対で一目惚れ(一耳惚れ?)した勢いから同じ職場まで追いかけてきて、ものの見事に江藤の建前の仮面と聖母フィルターを引っ剥がしたうえにガッチリと心を鷲掴みにして彼の本来の可愛さを引きだすなんて、岸本でかした、よくやったぞ!!

ちなみに瀬戸さんのコミックは『純愛セックスフレンド』に次いで2冊目だけど、絵がこなれた感が出て、よりキャラクターの個性やテンポの良さが際立っていた。
巻末おまけマンガも江藤がエロ可愛くなっていたうえに、最後まで二人のボケ、ツッコミは健在だった。

1

江藤さんのおこ顔が最高。

江藤さん、、なんなのこんなの可愛すぎる!

怒りに達してムーッてなった顔とか
美人さんなのに叫びまくってるところとか
素から、さっと猫かぶりに戻るところとか
ところどころにクスッときちゃいます♡

さらっと読める作品でした。

好き嫌いは分かれてしまいそうな作品ですが、わたしのようなbl初心者には読みやすい分類かな?と思いました。
たくさんの作品を読んでこられた方には少し物足りないかもしれないですね。

実際、こんな可愛い26歳の成人男性はかなり稀だと思います!!笑

二人のかけ合いがおもしろくって
わたしはこういうのも好きです♡

0

単純に合わなかった

評判につられて読んでみましたが、合わなかったです。

まず絵が苦手でした。
表紙ではあまり気にならなかったのですが、口が小さく目が大きい絵柄に最後まで違和感がありました。キャラか内容にハマれたら気にならなかったのかもしれませんが…

人気の高い受けも、絵と相まって女子にしか見えなかったです。コメディとはいえ男なのに周りからおしとやかと称されるのも、猫を被ってるとはいえ口に手を当てて「うふふ」って笑うのも気持ち悪いとしか思えませんでした。
そんな見た目も物腰も女っぽい受けがどぎつい裏の顔を持っていたらよかったのですが、裏のほうも普通の人という感じであまり面白みがなかったです。
いじめ云々もありきたりな感じがしました。

コメディなのでギャグ多めでテンポよく進みますが、個人的にそのギャグも全くはまらず、上滑りしている感じでした。
ギャグの時にデフォルメキャラになる感じのノリが合わなかったです。

好みの問題なのでなんとも言えませんが、私は本当に合わなかったので、今後この作家さんの本を読むことはないと思います。

4

どちらも可愛らしくコミカル、読後感もいい

自分は女と見紛うようなウケが出てくる作品は好みではありません。

読み始め、聖母と持ち上げられるウケはまぁ確実に実はヤンキーみたいな設定があるんだろうなーと思いつつ、あー中性系かーとも思いつつ。前述のような好みがあるので外れかもしれないとも過りました。しかし読み進めるうちに、普通に可愛いと攻めに同調している自分がいました。
現実にこういう人がいたらそれだけではないでしょうし、ミニキャラテイストのコマで色々と読者が受け入れやすい仕上がりになっているのは分かりますが、素直に二次元のウケとして可愛かったです。
攻めもストーカー気質やら計算高いなどの性質ながら、笑ってしまうようなスーパー攻め様みたいなキャラクターではないですし素直に応援できる可愛らしいキャラクター。ストーカーですが。

どちらも根が善人で、そこに絶妙な言葉選びのコメディタッチが加わり、読んでいて安心感がありました。ハラハラドキドキだったり、それに伴う涙だったり…というのはありません。でも、そういう作品はそういう作品で体力と気力を使う分余力がある時にしか読めませんよね。気軽に何度も読める、読みたくなる作品には個人的にキャラクターの優しさや安心感は欠かせないと思っています。恐らくどなたも感じるでしょうが、疲れている時でも読めて読後には少し元気になっている、そんな作品でした。

正直表紙ではあまり食指が動かなかったんですが、読んでよかった。細すぎミニマムすぎなウケの体型も年齢にそぐわないぶりっこの仕方もどうでもよくなるくらい、笑えたし二人とも可愛かった。それだけで十分に満足です。

5

江藤さんがちょっと…

うーん、可愛らしいキャラなんですがあんまり萌えませんでした。
カスタマーサービスという舞台は面白く、声だけで相手を安心させたり、満足させたりと言うのは有りそうで面白かったです。ただ、江藤さんが高校の時に苛められたのがきっかけで自分が嫌いになって、引きこもりみたいになってたと言うのがなんともうじうじしていて好きなキャラじゃなかったです。そんな人がカスタマーサービスの仕事に出会って、声だけなら演じられると言うのが、なんか正々堂々としていないままで、最後までそこは変わってないのかなぁと。
岸本が声の相手に魅了されてストーカーばりに追いかけてくれて、ようやく岸本には素の自分を出せるようになったけど、職場のみんなにも早く取り繕わない自分を出していければいいのになと思います。

ちびキャラでコメディタッチになるところと、エッチには案外積極的なのが笑えました。

1

キャラの躍動感に魅了される

まず絵がきれい。
ちびキャラやデフォルメも結構な割合で織り交ぜて、
コミカルな会話劇が漫才のように良いテンポ!
グイグイ読めます。

ボンボン×聖母のほんわかコメディですが、
受けちゃんがアラサーとは思えないほど幼女。
お顔が雄弁で、表情がくるくる変わるのが
驚異的にかわいい!泣き顔もかわいい!
攻めくんは一貫して受けさん大好き!!なワンコというか…
やさしい人で、安心して読めます。

生き生きとしたキャラが魅力的です。
圧倒的な掛け合いで展開されるストーリーは、
職業BLは数あれど、
カスタマーサービスという珍しい設定を生かし切っています。
個人的には、今もっともCD化を期待する作品です。

4

キャラの魅力が尋常じゃない

カスタマーセンター、BLで珍しくないですか??でもこれ、カスタマーセンターだからこそ、ならではの出会い、恋物語で、カスタマーセンターの設定がとてもよく生きていてすごいな〜と思いました。

以下、ネタバレがひどすぎです。

江藤さん(受け)が猫をかぶっているのは過去にいじめられっ子を助けていじめられた上にその助けたいじめられっ子に追い討ちかけられて引きこもり、人間不信になったことがきっかけです。相手に見られない電話なら自然に話せるし、電話で話すように仮面を被って人と接すれば人に好きになってもらえる、そうして猫かぶり江藤さんが出来上がりました。しかし岸本の策略で(笑)その仮面も岸本の前ではうまく被れないようになってしまいます。岸本のペースに飲まれていき、百面相するのがめちゃくちゃに可愛いです。ちなみに2人の掛け合いはとてもテンポが良くて、漫才を見ているかのように面白かったです。江藤さんの岸本へのツッコミとかクスッとしますよ〜。

岸本は江藤さんが欲しい言葉が分かるんですかね〜??大事なところで江藤さんの心をがっちり奪っていきますね。そんな岸本に振り回されっぱなしの江藤さんの表情が可愛いです(2回目)岸本がなんでも気持ちを素直に言ってしまうので、江藤さんは赤面して「ばかきらい!」といって逃げてしまったり家でも岸本のことを考えさせられて「なんか岸本ばか!」って連呼して枕をぼふぼふ叩いたりします。(その後「あぁぁっまたばかって言っちゃった」てシュンとなるんですけどねかわいい)

そんなこんなで江藤さんは過去のトラウマからの自分嫌いを岸本に救われます。ぐっときたセリフがこちら
「だから俺はこれから江藤さんがご自分を否定する度にその倍江藤さんの良い所を教えます。そうすれば江藤さんはご自分を否定すればするほどご自分の素敵な所をたくさん知ることができますよね。だから俺にたくさん弱音を吐いてください。そして弱音を吐くのは全部、それを聞きたいと思う俺のせいにしちゃってください。俺が絶対に俺の大好きな江藤さんを江藤さんにも好きにならせてみせます」
スパダリか!!!!(尋常じゃないネタバレ失礼しました)ちなみに俺のせいにして、てとこは江藤さんが他人のせいにしないで全部自分のせいにしてしまう性格であることを踏まえているんですね。このあと江藤さんが今まで言えなかった「ありがとう」を泣きながらたくさん言います。そして最後に俺のことを好きになってくれてありがとうと抱きついて言うんですがここ見開きでとてもグッときます。

全編通して、瀬戸うみこ先生の言葉選びが最高にお上手だなぁとつくづく思います。江藤さんのセリフはどれも精巣にくるし(オイ)、岸本のセリフは江藤さんを優しく包み込んでいました。あと、おせっせ、めちゃめちゃ、エロかったです。ごちそうさまでした。

8

江藤さんが可愛い!!!

絵が綺麗なのと、今までにないCSという職場が舞台なのが気になり購入しました。
コメディもありテンポも良く2人ともキャラが濃いので読んでいて面白かったです。

【以下ネタバレあり】
CSの聖母と呼ばれているいつも笑顔で皆に優しい江藤さん。
でも実は元ヒキニートのコミュ障で元いじめられっ子でした。
"江藤さん"の仮面を被らなければ人と話せない不器用な人です。
そんな江藤さんを広い包囲力で全て受け止めてくれるのが岸本くん!!
けれど、ズカズカと自分の領域に入り込んで来て素の自分を引き出そうとしてくる岸本くんに恐怖を感じつつイライラする江藤さん。
ですが岸本くんが江藤さんを想う言葉や行動一つ一つに段々と心が動かされてゆきます。

素の江藤さんと建前の江藤さんのギャップが読んでいくうちにすごく可愛く見えてきます。
すぐバカって言っちゃうのもなんだか可愛いです。
岸本くんもなんだかんだ憎めない性格で端から端まで江藤さん大好きなのが伝わってきます。
岸本くんの方が上司で年下っていうのもキュンときました。
これからの2人も見てみたいと思える1冊でした。
買って良かったです!!

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ