俺は頼り方がわかりません (2)

ore wa tayorikata ga wakarimasen

俺は頼り方がわかりません (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神152
  • 萌×263
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

286

レビュー数
16
得点
1065
評価数
235
平均
4.5 / 5
神率
64.7%
著者
腰乃 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
部活の後輩に迫られています 【スピンオフ】俺は頼り方がわかりません
発売日
価格
¥712(税抜)  
ISBN
9784799739662

あらすじ

田舎暮らし&世話を焼いてくれる清宮のおかげでどん底だった
心とアソコがどんどん回復していく牧野は元来の根明さを取り戻し始め
無邪気な傲慢さでゲイの清宮を振り回しはじめたていた。
イ●ポセラピーにキスしてくれと清宮に迫り、自分と遊んでと清宮を煽る!
ノンケにいい思い出のない清宮は牧野を避けるようになって…!?

恋ってどんなものだっけ?
男同志で見つける、ドタバタじれじれLOVE!
(牧野のイ●ポがどうなったかも必見!!)

表題作俺は頼り方がわかりません (2)

清宮哲司、過去の恋にトラウマを抱えるゲイ
牧野、24歳、小学校教諭(元ニート)

同時収録作品部活の同輩が実は悩んでいました

吉武(高校3年生)バスケ部後輩
守屋(大学生)元バスケ部の先輩

その他の収録作品

  • 部活の後輩と同輩が誤解しています
  • 部活の部長が可愛くありません
  • 描き下ろし
  • あとがき(描き下ろし)
  • ー電子限定描き下ろしー
  • 折り返し4コマ漫画

レビュー投稿数16

恋がしたい。

◾︎清宮哲司(ゲイ)×牧野(ニート→田舎で小学校教諭)
1巻のこのテンションからこう持ってくる腰乃先生、神としか言いようがない。「恋がしたい。」の破壊力に天を仰ぎました。清宮が牧野のために持ってきた"一番"の笹の前で「恋がしたい。」の短冊を持って立つ牧野。こんなやりとり描けないよ。ただ腰乃先生は描けるんですよ。

田舎の田舎っぷりとか、徐々に肥える牧野とか、それでもこの人やっぱ本質は人の機微に疎目の人だったのではとか、そういったものをまとめてテンポ良く漫画にのせて運んでくださる…すごい漫画です。笑える面白さがある上に、充実した恋を感じられる。唯一無二です。

はーこの告白シーン!この身長差!尊い!
初エッチ!初めての朝!なんだこれは!
読みたかったものがここにある。感謝。

かんちょうしてうんこだす…
ノンケ受けよりゲイ同士の作品の方が好きだけど、こういう風にノンケのノンケっぷりに呆れたり振り回されたりする描写がふんだんな作品は大好きです。単純に水浣描写が大好きです。すみません。

0

向き合うって大事だね

2巻でもまだ牧野は「なにやってんの」って感じで、中盤までは本当どーしようもない。
口を開けば失礼なことばかりだし、自分の感情しか見てないし。
清宮とどうなりたいのか、自分でも深層心理が見えてないんだとは思う。
だから後先考えず、唐突に思ったまんま行動してしまう。
初対面時に「好みじゃない」と言われ、なのにキスされて、そのへんの曖昧さが尾を引いてるのもあるだろうから、清宮にも一因はあるけれど。

あーでも良かったです。最高。
清宮がいいんだー。
散々無防備に煽られて、弄ぶようなことを言われてるのに、それでも牧野を嫌いにはなれず、まじめに向き合っている。

清宮が短冊に書いた「恋がしたい」って願い。
ぐっと胸が詰まった。
あれを見て人の気持ちの何たるやに気付けないようじゃ牧野は終わりだね!と思ったけど、それを機に自分の気持ち、相手の気持ちに向き合うようになっていって、そこからがすっごく良かった!!!
エッチする前、したあとの牧野からのW告白。
よく言ってくれたよ!
震えながら、すごく頑張ったよ!(感動)

最後はすっごく気分よく読了。
人っていくらでもやり直せるし、自分を取り戻して人を想うようになれるんだ!と。
それを泥臭く、カッコ悪く、自然体で描ける腰乃先生は、やっぱり天才。

3

一緒にどこまでも落ちていく

一言でいうなら、3巻への期待が爆発です。

清宮の不憫度がパワーアップしている2巻。
牧野は確かに可愛いけれど小悪魔が過ぎて流石に可哀想に・・・
いきなりキスして「遊んでよ?」
清宮に言ってはいけないナンバーワンのセリフ放つ牧野です。
見ていられず思わず本を閉じてしまいました。
けれどその分報われていて多幸感に包まれました。
今回は最後までいきませんでしたが、3巻は遂に?!という期待でいっぱいです。

書き下ろし
腸内洗浄に言及する牧野と妄想清宮。
これはフラグですか~~?!
もう3巻を読むのが本当に楽しみです。

1

星に願った恋の始まり!

『俺は頼り方がわかりません 1』の続編です。

とうとう、約6年(約2200日間)にも及ぶ、腰乃先生、担当者様、関係者様の愛と涙の結晶「感動と喝采の最終巻」が発売されました!

田舎の地主の息子 清宮(ゲイ)と小学校教諭 牧野(ノンケ)のお話。

前作では、ニートから田舎の小学校教諭として赴任した牧野くんが、命の恩人だけどゲイの清宮くんや下宿先の孫 福ちゃんと親しくなり、いろいろ悩み考えながらも前向きになっていました。
その一方で、天然無自覚ノンケに翻弄されている清宮くん…。
今作は、その続きになります。
小学校の時、喘息の療養のために東京から田舎の祖父母の家へ1人で引っ越してきた福ちゃんの回想シーン。
田舎の健康的な暮らしで喘息も治ったし、そこそこ楽しく過ごせている…だけど、最近モヤモヤする。
それは、清宮くんと牧野くんが親しくなったから?
ノンケの彼氏がゲイではなくバイになり、あっさり東京に帰られてしまった清宮くんの回想シーン。
結局は、ただ遊ばれただけで恋愛ではなかった…落ち込む清宮くんが自宅を出ると大雨の中で水難寸前の余所者がいる。
そいつを救助したら東京から来たノンケだった…。

偶然なのか?必然なのか?
本人も気が付かないうちに、牧野くんは清宮くんのテリトリーに侵入していました。
もちろん悪気はないのです…むしろ「素」です。
だから、清宮くんのお部屋で襲われているのは自然な流れ?でした(笑)
…が、しかし、清宮くんに押し倒されキスしたことで、2年ぶりに勃ったのです!!
そうです!EDだった牧野くんのチン〇が!(*n’∀’)nバンザーイ
手コキでイくことができた牧野くんは嬉しくて泣いてしまいました。
しかし、そこから清宮くんと牧野くんのモダモダが始まることに…。

1巻ではゲイの清宮くんと少しずつ仲良くなり、友人関係を築いていました。
それが、2巻では牧野くんも予想外の感情が芽生えていたらしく、清宮くんを意識し始めます。
後半になると、七夕の短冊に書かれた清宮くんの願い事を読んだ牧野くんは恋について考えるように…。
清宮くんが短冊に書いた願い事は「恋がしたい。」でした。

七夕の短冊エピソードからラストまではずっと胸熱です(泣)
誰かと普通の恋がしたい清宮くんの切ない思いに涙がこみ上げてきました。
そして、牧野くんの天然無自覚から覚醒した瞬間…ぜひ本編をご覧ください。
全身で好きって告白する牧野くんが愛おしい!

ちなみに、腰乃先生が「勃起のメカニズム」についてイラストで丁寧に解説してくれています。
正直、かなり勉強になりましたよ(笑)

脇キャラに仲間が増えました。
清宮くんの幼馴染みでお寺のご子息 安則くんです。
時には厳しく、時には優しく、ちゃんと清宮くんを見守っていました。
福田屋の孫 福くんは中学生特有の小生意気さと可愛さが見事に融合され、すでにヤバいんじゃね?と思っています(笑)

Hシーンは、本編最後にあります。
でも、挿入はしていませんよ~。
それでも、エロいので楽しめました。

描き下ろしは、本編の続きになります。
男同士でセックスをするには腸内洗浄を…と清宮くんに教えてもらった牧野くんはスマホで調べます。
1巻同様に、ここから清宮くんの妄想が(笑)

いつもながら、腰乃先生の類まれなるストーリー構成とセリフやモノローグのセンスで最後まで惹き込まれます。
牧野くん絡みで吉武くんと守屋くんCPのお話もちゃんとありますので2倍楽しめました。

恋って相手のことを思いやる
それに気が付いた牧野くんはすでに「恋」をしている。
2人で叶える「恋」って、最高に素敵ですよね!
ようやく始まったばかりのゲイとノンケの「恋」が、この後どうなるのか?

多くの方に読んでいただきたい屈指の良作シリーズです。

1

あー本当に大好き

頼り方がわからない生き方にも心当たりがあるし、斜めに構えているけれど心はやわやわなことにも心当たりがある。
自分に当て嵌めてもみっともないことを自分で認めて相手を受け入れる過程は全てが苦しい。
その全てがわちゃわちゃと描かれていて、すっごく面白かった。
大好きな作品。
スマホで読むには字が小さくて読めないけど何度でも読む。

1

ようやく

福くんの過去が描かれてました。清宮の親友のお坊さんが清宮に近づく人間を、福くんが遠ざけてたと言ってたのが気になりました。もしかして三角関係もありうるのかな?と思いましたが、今のところありませんでした。

清宮は守谷と出会う直前にノンケに振られて傷ついてたんです。なのに守谷は頼りきって無意識に煽ってて気の毒でもありました。短冊に書いた「恋がしたい」は守谷に対する告白というよりは抗議に近かったように思います。

ようやく自分勝手だったと気が付いた守谷が自分に向き合って、清宮を好きだと気が付いて良かった。

初のエッチは挿入無しでしたがとてもイヤらしかったです。起きた後にベッドに守谷がいない事に焦った清宮が切なかった…。

デリカシーが無い守谷がどう変化して行くかがこれから楽しみです。そしてお盆休みに清宮を品定めに来る吉武の様子を早く読みたいです。 ww

0

牧野が自分のことばっかりであんまり萌えられず

すごい情報量ですね!文字が多い!擬音も。

牧野が自分のことしか考えてなくてなんかなあ。
清宮は牧野のこといつから対象にしてたのかな?

ノンケの傲慢さと自分のことしか考えてない牧野がいまいちでした。まあ自分を対象にしてないと思ってたからなんでしょうが、ちょっとひどいこと言い過ぎです。

福くんは恋のライバルじゃなかったんですね。2巻を読み出してライバルなのかな?と思ったらだんだん霞んでいって。

面倒味がよくていい人な清宮が気の毒で。牧野のどこが良かったの?
牧野が挫折から立ち直ろうと必死なのはわかるけど、色々無神経過ぎでした。

初めて自分から好きになって告白するのや初エッチでせいぜい恥ずかしがればいいや。

0

彼らをずっと見ていたい

一巻が本当によかったので読んですぐにもう一度本屋へ走りました笑

清宮さんがいいキャラしてるんですよ。
ゲイだけど昔あったある事のせいでノンケが苦手。
だって本気にならないから。
だから以外と恋愛に臆病なんでしょうか。

たいして牧野先生
ノンケで鈍感。所々清宮さんが可哀想になります笑

ゲイとノンケ
この二人の価値観や見方の違い。ノンケの牧野さんはゲイの清宮さんの事を全然分かっていません。
しかし下巻では牧野さんが初めて自分の感情と真面目に向き合っていきます。

作者の腰乃さんはどうしてこんなに説得力のあるリアリティな話が描けるのだろうと感嘆してしまいます。まるで本当に彼らが実在するのではないかと思ってしまうほど。

続編が出るそうなので楽しみで仕方ありません。




1

惜しむらくは…!

のっけから福のお話で、
あーね、牧野が来てからちょっと寂しい思いするのもわかるけど
相変わらず清宮さんは優しいし、
牧野だって頑張ってることもちゃんとわかってる良いコですね。

描写はあっさりめでしたけど清宮さんがノンケノンケ言う理由、
しんどそうでした…。
自分が本気になったってノンケの男は同じように思ってくれないし
よそ者はいつかいなくなってしまう。
ツライ思いをするのは自分だけ、なんて虚しい。
そんな事情も知らず、牧野のデリカシーの無さ!ひどい!
でも自分らしく戻ってきた頃には思考もまともになってくるものなんですね。
清宮さんに好意を持たれてるってことに胡坐をかいてたのが
冷たくされたら傷付くのは身勝手なようですけど
それほど余裕がなかったからなのもわかります。
好き、を自覚した時の表現がダイナミック!!
あんな風になるんだっけ、なんてすっかり遠い日の花火ですがww
相手を想って必死になるのがいとおしいです。

そしてやっぱり守屋と吉武が牧野を心配したりしていて微笑ましい!!
何気に牧守もしくは吉牧もいい感じだよねって言ったら吉武にどつかれそうですけど
仲良しだからネ!

残念だったのは腰乃さんの代名詞でもあるゲイビのような本気エロ!!!(?)
未挿入で終わってしまったのが悲しいー!!
いえ、このお話は牧野の再起ストーリー(ダブルミーニング)ですから
仕方なかったのかもしれませんが
絶対清宮さんはテクニシャンだと思うので
牧野をこれでもかと抱き潰して欲しかったなぁ…。
でも楽しかったです。

1

清宮さんを応援します

2巻は、福くんと清宮の過去から。
まず福くんがなぜここに住むことになったのか、から始まります。
喘息だったのね。だから空気のいい所で…という流れ。
で、福くんは清宮が好きなのね〜。恋愛ではないけど誰かと仲良いのは嫌だ、みたいな。
一方、清宮はノンケにあっさり捨てられた過去。
ノンケとの温度差を痛感して、もうノンケは嫌だ、みたいな。
なのに、牧野は正にそのノンケ特有の残酷さ、無自覚さ、無神経さで清宮を煽る。
一方的に清宮に迫り、勝手に勃起不全から脱却し、それゆえにまたやってくれと頼もうとする。清宮は露骨に気まずさを顔に出してるのにね〜。
この辺は清宮に感情移入して、牧野の言動に萎えました…
しかし!
清宮が本心を伝え(短冊、イイネ!)、牧野がその真意を本気で考えるところあたりから俄然面白くなってきた!
腰乃節のワチャワチャやグルグルは、ドジったり間違ったりの「行動面」じゃなくて、心理的にどんどん変化する場面で使われる方がめっちゃ効果的だと思う。
2人の初H(挿れてないけど)、すごく良かったです。
それ以上に、事後お互いに「みっともなくなかった?」「ならドン引きしなかった?」
そう、気になるよね。でも好きな相手とのセックスならお互いそれどころじゃないでしょう。
そういうのを共有した所がいいと思った。牧野が震えながら交際を申し込むのも。
同じベクトルで恋したこの2人のこれからのラブラブなHが見たいです!
(描き下ろしは腸内洗浄に怯える牧野と、清宮の妄想話。)

巻末は、大学時代の牧野+守屋のお話、に吉武が絡みつつ、のエピソード。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う