男・鮫島、決めるときは決めます!!!!!

鮫島くんと笹原くん

samejima kun to sasahara kun

鮫島くんと笹原くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神288
  • 萌×2147
  • 萌88
  • 中立31
  • しゅみじゃない30

--

レビュー数
95
得点
2323
評価数
584
平均
4.1 / 5
神率
49.3%
著者
腰乃 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
シリーズ
鮫島くんと笹原くん、新庄くんと笹原くん
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784864420037

あらすじ

大学の同級生でバイト先も一緒の
友人・鮫島くんに告白され、
足の指まで舐められた笹原くん。
スルーを決め込めば
ちゃんと自覚しろなんて強気で攻められ、
受け入れようとすればヘタレで逃げ出す鮫島くんに、
もう笹原くんはイライラドキドキムラムラ……!?

ドタバタな2人が賑やかに贈る
ハッピーラブコメディ、cabの人気連載作が待望のコミックスになって登場!

表題作鮫島くんと笹原くん

鮫島くん,コンビニバイトの大学生
笹原くん,コンビニバイトの大学生

その他の収録作品

  • おまけ
  • あとがき
  • カバー下 マンガ
  • 鮫島のダメダメ思考(カバー折り返し)

レビュー投稿数95

ヘタレ萌え

鮫島くんのオナニープレイ?が最高でした♡

0

何度読んでも楽しい作品

腰乃先生の作品はどれも好きだが、自分にとっては、その中でもとっておきの作品。
ストーリーの展開も予想なところがあり、キャラクターも良くて、何度読んでも飽きない。
鮫島くんはヘタレなのに、笹原くんのことが好きな気持ちがところどころに現れていて、それを見るだけでニヤけてしまう。
笹原くんが鮫島くんのそういった姿を見て楽しんだり心地よくなっているところはリアルな男の子らしさが出ていて好き。
腰乃先生がよく描いていらっしゃる、ごたごたしているシーンも見ていて楽しい。
スピンオフが出る作品は、スピンオフのほうが盛り上がりがちだが、この作品はスピンオフに負けず劣らずで素晴らしい。

1

リバが見たい二人

笹原くんは好き好き言って気分良くしてくれる相手が可愛く見えてきて、応えたくなっちゃう自分を解っていて鮫島くんとの可能性をちょいちょい試してるのって、ほとんど男でもOKかどうかしか迷ってないような気もするのに鮫島くんと来たらビビッたり恥らったりの結果謎の波状攻撃を繰り出してるようになって、笹原くんを無駄にときめかせたの凄い良かった

目が合わなくなったりした時期を挟んだのが良い!
絶対、もう始まるに決まってるときの楽しいとき良い!
笹原くん鮫島くんが笹原くんを抱く気でいること解っていながら割と初めから鮫島くんを抱くこと思い描いてみてるし、なんか器がでかくて鮫島くんにはピッタリ
それに鮫島くんきっとそっちも幸せに感じるんじゃないかな
本当、切実にひっくり返すとこ見たいんですけど雑誌の付録の小冊子で出たんだそうで、とても残念です

この二人はケンカしたりしたらまた「にぁあ」とか付けて仲直りしたりするんでしょうか
そんでペッキー買っておねだりするんでしょうか
楽しそうだな

1

コンビニにて

なぜ女の子が面接に来ないのか、それはこの世界がBL漫画だからだ店長。
腰乃先生大好きで、鮫笹は久々に読み返してるのですが、店長だの弟だの出てくる人が先生の他の作品に繋がってるから楽しくなります。

◾︎鮫島×笹原
鮫島くんのそこはかとない童貞っぽさと、キレて強引になってくるところ、みんな好きだと思います。私は好きだ。焼肉シーンとか、器用貧乏な様子がバンバン描かれるのも鮫島くんの魅力と、気持ち悪いところ(ごめん)がバランス良く描かれていてとても良い!
裸見られたく無いとイモムシになるところも可愛いのですが、笹原くんがキレるのも分かる。

笹原くんの実は頭良い設定も、ボディブローのように効いてくる。やってくれるぜ先生。
冒頭から鮫島くんの告白にとんでもない返答をする彼だけれど、まぁ現実こんなもんな気もして、そこからラストまで1冊の作品としては必要なセリフですから!

腰乃先生独特のタッチと擬音が画面を埋め尽くすエッチシーンは相変わらず濃厚!電子(ひかり)は真っ白白抜きではなく、白海苔です。

家入ってすぐ玄関ドンのキスシーンは何度読んでも好き。
リバ描いて欲しかったな〜同人で描いてらっしゃるのかしら

※電子書籍ひかり 白海苔 カバー下あり

2

高評価だったので読んでみた

高評価だったのでBL初心者向けかなと思って読んでみました。

絵柄があまり好みじゃない。どっちが鮫島君?どっちが笹原君?あまり見分けがつかない。
あと、二人の性格が最後まで掴みきれないというか。

大事件は起きません。普通の男が普通の男を好きになる。告白して付き合うことになって両想いを確認して身体の関係を持つ。
割と淡々と普通の恋愛なんだけど、二人の内面は常にハイテンション、緊張しっぱなし。読んでるこっちもちょっと疲れる……。

2

みんなで可愛いモダモダを楽しもう!

初めて読んだ腰乃先生の作品です。
現在、レビューランキングの上位にランクインを続けている『滅法矢鱈と弱気にキス 1』を読む前に、腰乃先生の代表作から読んでみようと思いました。

最初の感想は、個性的な世界観と絵柄でセリフも多くて、ちょっと好みではないかも…と思いました。
……が、気が付いたら、何回も読んでいる自分がいました。

あれ?腰乃先生って中毒性があるんじゃないの??と気が付いた私…。

それを確かめるために、
『部活の後輩に迫られています』
『未知との遭遇』
『私とあなたの馴染みの関係』
『新庄くんと笹原くん(1)(2)』
を読みました。
うーん、どれも個性的で面白い。これが「腰乃節」なんですね~。
ファンが多いのも頷けます!
これから『滅法矢鱈と弱気にキス 1』を読むのが楽しみです。

『鮫島くんと笹原くん』
同じ大学でバイト(コンビニ)も一緒の鮫島くんと笹原くんのお話。

ネタバレは他の方がレビューで記載されているのでご遠慮いたします。

鮫島くんは前半に攻めていたのに、後半は笹原くんが積極的になったらヘタレになってしまう完全に恋する男子!
笹原くんは無神経なところがあるけど、お付き合いしたら自分のテリトリーに入れちゃうタイプ。
『新庄くんと笹原くん(1)』では、笹原弟くん(真希ちゃん)に鮫島くんのことを「付き合ってっから」と、あっさり紹介しています。
その後、鮫島くんと真希ちゃんはメールをやり取りする仲になりました。
真希ちゃんは、鮫島くんを「兄嫁」として、いつの間にか受け入れています。

2人が付き合うまでの掛け合いがリアルで、一緒にモダモダを楽しめる作品です。
Hシーンはエロいと言うより、ある意味生々しいです(笑)

ポイントは鮫島くんが着ているサメTシャツです。
いや、サメTシャツを着ているのではなく、Tシャツにサメが投影されているのかも?
サメが鮫島くんの心理状態を表現してくれています。

まだ読まれていない方はぜひ読んでみてください!

3

キャラは面白いです。

キャラはとてもいいと思います。
何ていうか、強気になったかと思えば逃げだしたりする鮫島君の二面性とか、ノンケなのについ逃げるものは追いたくなっちゃう笹原君とか。
話の進み方も面白かったと思います(うろ覚え)。

でも、テンポが合わなかったんです…笑いのテンポが。
瀬戸うみこ先生やエンゾウ先生のポンポンと機転の利いたコミカルな掛け合いは好きなのですが、いかんせん会話が日常的すぎる…
でも、きっとこういうグダグダ感が皆さんに受けているのでしょうね。

1

いつまでも見ていたい!

ただ一言。
可愛い~!!!!
鮫島くんTシャツ欲しいです♡

1

ギャグ度高めでも結構生々しい

 テンポもいいし、等身大の男子学生2人のやり取りが面白くもあり、結構リアルでもあるなぁと感じました。片方は童貞、片方は今までまったく同性をそんな目で見たことのないノンケ。そもそもの恋愛の仕方や、やらしいことのやり方に毎回どちらかが戸惑いながらじりじり進んでいく感じ。実際同性に突然告白されて少なくとも拒絶はしなかった場合、本当にこんな感じで相手を受け入れていくことがあるんじゃないかなぁ、という気がしました。

 中盤まではキレると行動力が普段の5割増になる鮫島に笹原がやられてばかりだったけれど、笹原も鮫島の不器用さや直向きさを知って、だんだん鮫島を手懐けるような場面が増えていくという関係性もバランスがとれているなぁと思いました。2人とも初心な時もあれば、がっつく時もある。この年齢って、まさにこういう不安定さがあると思うんです。ギャグを散りばめながらも、そんな若者2人の葛藤が上手くストーリーに絡んでいました。濡れ場もくすぐったくなるくらい、初心さと若者らしい勢いがあって印象的でした。

0

受けより攻めが可愛い?

最初にどちらも「くん」読みなのに、心打たれました。今まであだ名だったり、呼びしてだったり、近しくなった存在はそんな呼び方をしてるのに「くん」って。なんか意外性を感じて、非常によかったです。
そして、ここまでヘタレな攻めは見たことがありません!何で告白したのにそんなに弱気なの!?と思わず突っ込んでしまいました。しかし、そんな性格からか、受けがだんだんと絆されていってしまうところを見て、これは作戦勝ちなのか?と疑ってしまったのですが、付き合ったあとも同じ感じだったので、素だったのかとホッとしました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う