BLの新機軸となるか!?

隣りの

tonari no

隣りの
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神78
  • 萌×260
  • 萌60
  • 中立5
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
61
得点
815
評価数
212
平均
3.9 / 5
神率
36.8%
著者
腰乃 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784904101216

あらすじ

引っ越してきた当日に隣人・東大寺のホモキス現場を目撃してしまった沢田。
あまり関わらないでおこうと思っていたが、鍵を忘れ困っていたところを世話になり、それ以来何かと身の回りの面倒を見てもらうことに。
口は悪いし意地も悪い。でも実は優しい東大寺と接する内にノンケだった筈の沢田の気持ちは変化を始め…。

男らしいのに可愛くて、エッチなのに超純情★
話題彷彿のNewエロスター☆腰乃のデビューコミックスが遂に登場!
天然鬼畜系上司に翻弄されちゃうガチホモ部下の番外編も収録。
超必読のエロ可愛い描き下ろし付き!

表題作隣りの

ガチホモの東大寺君
元ノンケの沢田さん

同時収録作品コンビニ店長と落ちる男

犬丸 コンビニ店長
桜 会社員

同時収録作品幸せなら手をつなごう

涌井 課長
小西(部下)

同時収録作品熱の線上

目黒茂 高校生
赤坂国雄 高校生

同時収録作品誤解の先

川端 部下
西島 上司

同時収録作品よく考えよう

高橋 会社員
十重田 主任

その他の収録作品

  • 隣で(描き下ろし)
  • 描き下ろしの続き
  • 会社の同僚が上司と出来ている件

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数61

各キャラがそれぞれ熱くて魅力的

◆誤解の先
 先輩と後輩の関係性が、学生の頃と社会人になってからで逆転しているのに萌えました。学生時代は後輩の川端のが背もちっちゃくて初心で可愛らしく、先輩の西島は大人びた風貌だったのに、再会後は川端の方が体も大きくなって、西島が川端の挙動に戸惑うことも増えていて。もっと落ち着いてクールなキャラに見えた西島が、本当はいろいろ悩みを抱えていてちょっと面倒臭い性格だったところも、意外なギャップで可愛かったです。

◆よく考えよう
 30万を提示されてうかうか部下に体を明け渡してしまう上司、十重田の隙のある感じがすごくタイプでした。仕事はできるのに計画性がないから万年金欠で、絆されがちな性格が危なっかしいけどほっとけないですよね。部下の高橋の眼鏡で硬派な見た目も良かったです。

◆隣りの(表題作)
 いろんな男を連れ込んでいるゲイの遊び人・東大寺が、ノンケの沢田の純情に触れて、1人のものになっていく過程が素敵でした。重たくなりたくないけど、東大寺以外に抱かれるのは嫌だと素直に吐露する沢田。彼のように自分の弱みにもなり得ることをありのまま吐き出せる人って、なかなかいないと思うんです。東大寺がそんな人と出会えたことはとても貴重なことなんじゃないかなと思いました。

0

収録短編全部好き

表題作と表紙のキャラが違うって珍しいですね。
腰乃先生の別の作品のレビューでも書きましたが、初めてみたBLを親と思って着いて行く雛のように、 BL買い始めに読んだ腰乃先生の作品がずっと好きです。

◾︎コンビニ店長と落ちる男
◾︎犬丸(ノンケ コンビニ店長)×桜(ゲイ)
エッチした後にパンツで話す2人ってシチュエーションがとても好き。腰乃先生の作品の会話でストーリーが進んでいく所もいいですよね!日常に寄り添っている。桜も偶然でこんなに懐の深いノンケ攻めを手に入れられるなんて、運が良すぎる!

◾︎誤解の先
◾︎川端×西島
告白シーンの身長差からの、10年後の身長差が萌えでしかない。

◾︎隣の
◾︎東大寺(ゲイ)×沢田(ノンケ)
リバシーンがある記憶だったのにありませんでした。正確には最後まではありませんでした。絶対するでしょこの2人。
体格小が体格大を姫抱っこする描写が大好きなので、東大寺のピースがめちゃくちゃ可愛いし、沢田がカッコいいです。武闘派…良き…

※電子書籍 白抜き

0

恋ってヤツはこんなにも。そこいら中に落ちているものなのか。

これが腰乃先生の初コミックスらしくて、絵自体は「嘘みたいな話ですが」の方が断然旧く感じるのですが、アレは後からそれ以前のものを扱ってるとかなのかしら。とにかく、最近の腰乃調といいますか、そのスッキリと痩せてカッコいい体躯っていう男の子たちは出来上がっております。素敵。
この何とも言えない、中途半端なタイトル「隣りの」は表題作なのに、中程に収録されており、あらすじも一番最初の物語「コンビニ店長と落ちる男」に触れており、何だか不思議な構成です。
そしてまぁ全てがショートストーリーなんだけど、ごく普通の男の子たちが、ウッカリというか何というか、男の子たちと恋に落ちる。それは間男扱いされて2階から落ちて来た男だったり。急に不良とつるみ出したクラスメイトだったり。「隣りの」世話好きのゲイだったり。
ノンケの方は「そんな簡単に(男同士で)落ちてたまるか⁈」と一瞬、ほんの一瞬、悩んだりもするけれど、やっぱり恋をしてしまう。好きで好きでたまらないのだ。可愛い。
男同士でエチをするのはちょっと怖い、と思ってたりするんだけど、その怖さをも超えてしまう愛おしさ。「隣りの」の「怖いの我慢するほど、俺のこと好きになってくれちゃってんの?」という東大寺くんのセリフにもそれが表れていて。なるほど、さすが表題作だなと。
そんなドギマギやジタジタがきゅっと凝縮されています。それにしても腰乃先生の作品は読むのに疲労を伴うほど濃いのだが、登場人物にセリフが多いからなのか。一生懸命自分の心情を吐露する彼らを愛さずにいられない。
エチの方は濃いめかな。スッキリした体躯の男の象徴のアレが妙にリアルなのも腰乃先生ならでは。アナルを解している際、たぷたぷとたわむアレを描いている先生は他に無いかと思われます!あと、ジャリってする毛とか。押し込まれていく結合部とか。楽しくもエロエロです。描いていて楽しいんだろうな、とも思います。
ところで、あの天然鬼畜メガネの涌井課長の物語はここにあったのですね。この人はちょっと酷いので、小西くんが不憫じゃよ。

0

字が小さいのだけ注意!

 しょっぱなは、2階から男が降ってきたコンビニ店長のお話。

 なかなかに夢のあるシチュエーションで、間男になったその男の人があんなことやらこんなことまでしてくれる。
 相手のことをいとしそうに語るその姿に
「自分のことをこんな風に思ってもらえたらなあ……」
 と店長の妄想がスイッチオン。
 そしてそのまま、おいしくちょうだいしてしまいました……と。

 空から降ってきた男の子に惚れてもらえるような機会なんてそうそうないと思うので、ステキな萌え漫画でした。
 他にもお隣さんに仲良くしてもらう話とか。
 職場の上司に手を出したら、やられる側になっちゃった話とか。
 いろいろ萌える話がたくさんあるので、是非とも読んでもらっていいと思います。
 ただ、少し、他の漫画に比べても字が多い&小さい印象があるので、字を読みなれてない人には読みにくい、って感想になったりするのかなあ……と思ったりはします。

1

Hはあったりなかったり

短編集。腰乃さんのデビュー作なんですね。

「コンビニ店長と落ちる男」「〜2」
いいですね、この話!ノンケとゲイのいきなりの出会い、からの〜
店長side:オーラにやられ→涙にやられ→フ○ラにやられ→『お付き合いしてください』
この店長は男は初めてのはずなのに自然体で凄い。
エロは、腰乃さん独特の擬音一杯の身も蓋もない正直H。事後のアイスあーんの優しさがいい。

「熱の線上」
これもしかして中1〜⁈
んんん〜。女の子より友達といて安心するっていうラブの芽生えはいいけど、不良兄の元カノに乗っかられてDT喪失はイヤよ。(もし中1なら喪失は小6じゃないの!)

「誤解の先」
なかなか甘酸っぱい再会愛。豪雪に閉じ込められて…のシチュがいい。すごく短い話なのに、高校時代、その感傷、いきなり縮まる10年間、今想いが通じる嬉しさ、が詰まってる。

「よく考えよう」
これはよくわかんない。無計画に金を使いすぎ金欠に陥った十重田が、部下の高橋に金で買われてオフィスで…心まで流される十重田です。

「隣りの」「隣りの2」
「隣りの」はノンケの沢田視点。
隣人はホモ⁈と警戒しまくりだったのに、目覚ましを止めに来てくれて朝ごはんまで作ってくれて、そんな東大寺におれも相手して〜とすがっちゃう謎展開。
「〜2」はゲイの隣人東大寺視点。
ノンケに告られたはいいけど、こっちにも遠慮はあるよっていう冒頭。
ある晩沢田の同僚がいきなりご飯を食べにやって来て…ソイツに襲われた沢田が撃退し、『あんた以外とすんの無理』。コレ究極の告白だよね。
そこから腰乃さん独特描写のHシーン。毛の生えてる玉と、曲がって勃つ竿と、あ、今回はめくれる穴はナシね。結局甘々な空気になってgood。

「幸せなら手をつなごう」
これ面白ーい!でも実はそんなに好みの話じゃないんです。
涌井課長が……こんな人物見たことない…クズ?不誠実?小西君の想いが通じてるんならそれでいいけどさ。(小西君は沢田を襲ってねじ伏せられた同僚だ!)

「隣りで」
沢田と、小西と、涌井課長の出張風景。
課長は体弱いのに小西を駅弁スタイルで…。
帰宅後の沢田は、酔って送られてきた東大寺をお姫様抱っこ、の図。

1

男性のキャラクターが良い

勝手に腰乃作品まつり①:どこで見かけても大人気の腰乃さんの作品を初めて読みました。表題作でまるまる一冊だと思ったら作品集だったのにまずビックリ。表題作はたった2話(兄弟作と合わせて3.5話)なのにCD化もされてるってすごいな~と期待しつつ読みましたが…期待しすぎたかなぁ。評価は「萌」です。

第一に…絵がちょっと苦手でした。でも腰乃さんの描く男性の良さは分かりました。普通で、たまにカッコ悪くて、たまに愛とか欲望が暴走する感じが、なんというか愛おしかったです。お話も、非現実的な起伏はないのにちゃんと読ませる展開になっていて、巧いなぁと思いました。

個人的には「コンビニ店長と落ちる男」と「よく考えよう」が好きでした。

0

定期的に読み返したくなる

6,7年前、初めて手に取った商業BL。
電子書籍販売サイトで収録作「誤解の先」(高校の先輩後輩→上司と部下として再会)のサンプルを読み、続きが気になり購入。
当時私の周辺ではこの本を持っている人が何人かおり、どの話が一番好きか話をしたものです。
また、エロ描写がリアルで斬新(当時比)なことから、腰乃先生は男性なのではという議論をしたこともありました笑
今ではすっかり腰乃先生のファンで、ほぼ全作品所持しています。



1

腰乃作品で一番好き!

腰乃先生の作品はほとんど読んでいますが,デビュー作である「隣の」が一番好きです。

■表題作「隣の」
もう何度読み返したかわかりません!
ゲイの東大寺くんは見た目はチャラくてゆるい空気を纏っていますが
面倒見が良くて料理上手という素敵な嫁感…
体格の良い長身が好みで男をとっかえひっかえしています。
少しオネエな語尾になることもあるのに
タバコをくわえた姿が妙にエロく男らしさを感じで個人的にこの人がとても好きです(笑)

そんな東大寺くんに惹かれてしまう受けでノンケの沢田さんは小柄可愛いキャラですが
実は武闘派という男前。
最後の「隣で」で頭一つ分背の高い東大寺くんをヒョイとお姫様抱っこしたり
カバー下ではぐいぐい攻めて東大寺くんをドキドキさせたりと
リバで続き出ないかなー!!!!と本当に期待しています。

このお話を一番気に入っている理由の一つは,この作品のドラマCDがまた秀逸だから。
ぜひCDと合わせて読んでいただきたいです!

■幸せなら手をつなごう
個人的には涌井課長が好きになれませんでした…
小西くんは可愛かったのですが。

■コンビニ店長と落ちる男
桜さんがとてもフェロモン垂れ流している感じで
「こっち方向にはふしだらちゃんで」
というセリフがとても良かったです(笑)


それぞれ全部続きが読めたら良いのに!と思える短編集でした。

3

短編集だけど・・・

腰乃先生のデビューコミック。
短編集ですが内容が詰まっているので物足りないという感じはなくて、ちゃんと読みごたえがあります。

表題作「隣の」
描き下ろしとカバー下にもちょろっとだけそれっぽいのが描かれていたのですが、彼らのリバがみてみたいと思いました。
個人的には沢田さんのほうが攻めっぽいと思うので。
東大寺くんがネコをしているところを想像するとニヨニヨしてしまいます。

ちなみに、私がこの中で一番好きなお話は「コンビニ店長と落ちる男」でした。

2

何度も読み返したくなる作品

表題の「隣りの」は、ノンケがゲイに恋しちゃうお話。
引っ越した先のアパートの隣の部屋に住んでいたゲイの東大寺くん。
最初は敬遠していたもののなんとなく気になりだして気づいたら恋してた沢田さん。
とっかえひっかえ、いろんな男が出入りする東大寺くんの部屋。
「なんか自分だけがのけものみたいで・・・」って何の仲間はずれなんだ??
と、思わずつっこみたくなるような可愛い沢田さん。
そして、この東大寺くんなかなかまめで可愛い奥さんという感じ。
ほかの方も書かれていますが、Hシーンはかなりリアルに描かれていると思います。

短編がたくさん入っている作品ですが
私個人的には表題のほか「コンビニ店長と落ちる男」が好きです。
上から人が降ってくるって、結構すごいはじまりですよね。
それも半裸で・・・驚きながらも親切丁寧に対応する店長、さすがサービス業。

どのお話も最後はハッピーエンドで幸せ気分になれるのがいいです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ