僕をしあわせにしてください

boku o shiawase ni shitekudasai

僕をしあわせにしてください
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×232
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
241
評価数
61
平均
4 / 5
神率
23%
著者
鳩屋タマ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784796412087

あらすじ

勤めていた会社が倒産、その後勤めたバイト先も営業停止ととことんついてないハジメ。職も金もなく空腹で行き倒れそうになっていたところをお人よしなサラリーマン・大樹に拾われる。その優しい人柄に惹かれ、離れがたくなってしまったハジメは、処女であることを隠し大樹を誘う。痛いのを覚悟で超緊張していたけど、大樹とのエッチはとても気持ちよくて、ますます離れられなくなってしまい──!?

表題作僕をしあわせにしてください

岩村 大樹(31歳・市役所勤め)
ハジメ(20歳・蓬莱 萌)

同時収録作品嘘つきはこいびとのはじまり

佐伯(営業)
内田(総務)

その他の収録作品

  • ぼくたちおとこのこ(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • どっちも好きなの。
  • 電子限定描き下ろし漫画1P

レビュー投稿数8

王道にして様式美、それが良い!

職ナシ家ナシ頼れる家族もナシの真っサラなかわい子ちゃんが、行き倒れ寸前に声をかけたのはお人よしのお兄さん…と言う、まあよくある始まり方なのですが。

鳩屋先生のこの、お人好しなお兄さんが、本当の意味で大人で好きなのです。

お腹がすいてぶっ倒れてる→とりあえずラーメン奢ってあげる→帰る家もないって言うからほっとけない→うちくる?

この流れでこう、オラオラ系の攻だと「お前から誘ったんだろ?」とニヤリと嗤って怖がる受をメロメロに~って展開になるもんですが、このお話の大樹さんは違います。

なんせお人よしなので、ハジメちゃんがカチコチに固まってたら「う~ん、やっぱやめとく?無理やりは趣味じゃないし」って言ってくれるのですよ!!優しいのですよ!!

んで、カチコチに緊張しながらも「お願い、やめないで!」とウルウルの瞳でお願いされて、やっとこさ「も~知らんよ?」と行為が開始されると言う。

んでHも至極優しい。ほんまに優しく丁寧に、焦らずゆっくり気持ち良く~って感じで、どのページ見ても汁感や擬音があんまりなくて、オトナの余裕なのか本人の性格なのか、全然ガッついた感じがない。

いや~ハジメくん、初Hの相手にこんだけ丁寧な仕事してくれる人なかなかおらんよ。そら「初めてって痛いんじゃなかったっけ…?」とかなるわ!!おめでとう当たりです!!

大樹さんも一回り離れた年下の恋人が可愛くて仕方ないってのが伝わってきて、ほんまに癒しの一本です。



同時収録のリーマンもの、攻が西島〇俊そっくりなのは、やはり鳩屋先生がお好きなのかしら…ww
こちらは二人とも同世代です。
素直じゃないツンデレくんに、いろいろとお道具イタズラプレイをやらせるちょっと意地悪な攻。でも、常に「これやったら怒るかな~、あ、大丈夫そう」て相手を伺ってNGなことは強要しない、なかなかのバカップルなお話でした。

0

とろとろにされる受け

「猫とスピカ」にはハマらなかったのですが、きっとファンタジー設定が乗っかってなかったら好きなはず!と思っていた鳩屋先生、こちらは可愛くて面白かった!

表題作も同時収録作も高い割合でエッチしてます。絵が可愛いこともあり、どエロって訳ではないのですが、かなりエッチ。

◾︎僕をしあわせにしてください
ストーリー:不幸続きのハジメはお腹を空かせていたところ岩村と出会う。岩村との人生初エッチの後、なんと付き合うことになり…
攻めの岩村が非常にエッチです。優しくて丁寧だけど少々の言葉責めも交えトロトロにしてくれる。
20歳の可愛い男の子を捕まえて、初モノ奪ってかれぴにしちゃうという、岩村さんのドリームストーリーなのですが、なんとなくハジメにとってラッキーって感じで収まってます。
実は得してるの岩村だぞ!

◾︎嘘つきはこいびとのはじまり
別の単行本に収録されている作品の続編なのですね!知らずに読みましたが十分楽しめました。
ロータープレイと乳首プレイの2本立て。ラブラブの同僚の文字通りプレイを見せつけられます。うーんエロい笑

1

年上攻めと乳首責め

表題作は31歳の年上攻めがかっこいい。鳩屋先生のおじさん攻めが性癖どストライクなのだけど、今回の攻めは若め。でも歳の差はこれくらいが一番萌えるかもしれない。ビッチに見せかけたけど実は初めて、という受けちゃんも可愛いかった。

ストーリーは単純で、気持ちより先に体が繋がるけど、鳩屋先生がこのパターンを描くと、無理矢理ぽさがないので安心。
本人たちは自覚なしだけど、それまでのやり取りで既にでき上がっちゃってるような。で、エッチが気持ちよくてはっきり自覚、という流れ。攻めが優しくて紳士、しかも男同士に躊躇がないから成り立ってる。このパターンが都合よく感じられてしまう人には合わないかもしれないとは思う。
攻めの後輩がもっと絡んでくるかなーと思ったら、あっさり恋人ができてしまって肩透かし。
だけど、どんなに大好きでも子供を生んであげられない…と凹む受けは切なくてよかった。イチャイチャしてるシーンはとことん甘く、好きだという言葉を、お互いにたくさん言い合っているのは読んでいてほのぼのする。

同時収録作は、リーマンもので眼鏡受け。
恋人をもっともっと独占したい、自分なしではいられなくしたい攻めが、お道具をいろいろ駆使して受けを困らせちゃうお話なのだけど、これは実に素晴らしい乳首でした。
可愛らしい乳首を、攻めがいっぱい構ってあげてるのが性癖ど真ん中で、もー、ニヤニヤが止まらない。受けの見た目と敏感な乳首とのギャップが最高で、チクビストは必見の作品。

4

chikakumaco

しろたん9610さま!
コメントありがとうございます!
私も!私も!さらに大興奮(≧∇≦)きゃあー!
私も「あまあまに染まる」「声色に染まる」大好きなんです!特にトヨさん‼︎ もぅ、表紙から好き‼︎ 大好き‼︎ そうそうそう‼︎ あの目つきの色っぽさ、たまりませんよね!
レッツ布教しましょう!
ありがとうございました♡

しろたん9610

こんにちは、コメントありがとうございます!
私、「声色に染まる」「あまあまに染まる」の攻めが大好きなんですよー。鳩屋先生って受けの可愛さがクローズアップされることが多い気がしますが、私は攻めのかっこよさと色っぽさをもっと布教したいです。特に目の表情がいいんです!chikakumaco様のレビューを拝読して、そうなのよ、その通り!と思いましたw

chikakumaco

こんにちは。
鳩屋先生のおじさん攻めがお好きとの事で、「おお‼︎ 同士が‼︎」という嬉しさで、思わずコメントさせて頂きました。嬉しい〜♡
鳩屋先生の描くおじさん、素敵ですよね♡ あの少し枯れた、骨ばった、それでいてふわりと甘い、色気がたまらないです‼︎
勝手に興奮してすみません。

きゅんきゅんするお話

すごく良かった‼︎

表題作の受けちゃんは、すごく可愛いのにちゃんと男の子で、けど可愛い
この矛盾が個人的にすごくすんなり受け入れられる人物でした
攻めはちょっとくたびれ感のあるリーマン
けど、エッチの時はちょっぴりエスっ気もあってそれがおっさん臭くて、けど可愛いくて
ほんとに魅力的な2人でした
なんか、いきなり出会って、エッチしてから気持ちが育ってみたいな‥
大丈夫かしら?と思いながらもなんとなく、このままゆっくり2人で時間を重ねていくんやろうなぁと思えるカップルでした

受けちゃんの家族とかちょっと気になるなーどっかにお話あるのかな?

同時収録の作品も良かったです
エッチなリーマン
お互いバカになるほど、好きでエッチばっかりしてるけど、受けの表情にも攻めの表情にもきゅんとさせられました

どっちも、もっと続きが読みたいと思う作品でした
けど、綺麗にまとまっていて本当に良い本だと思います

2

胸がキュン

「僕を幸せにしてください」
優しいお人好しリーマン、大樹と
ビッチな誘い受けにみえて実は…なハジメ。

行き倒れ寸前のハジメを大樹がほっとけずに家に
連れ帰ります。
さあ、いざえっち…の時、艶っぽく誘っておいて
ド緊張のハジメ(笑)
そんなハジメを優しいながらもやらしく攻める大樹。
初めてなのにとろとろにされちゃいました…!

始まりこそ不純だったかもだけど、2人がお互いを
好きすぎていちいち胸キュンしちゃうくらい想い合える
存在になっていくのがよかったです。
可愛いだけじゃなくて大樹との先のことも考えている
しっかりしたハジメを愛しく思う大樹。
優しさが溢れててほんわかしました♡

「嘘つきはこいびとのはじまり」
「両手に花じゃダメですか?」に収録の
佐伯×ウッチーの恋人同士のリーマンカプです。

ウッチー大好き佐伯により、ウッチーがさらにえろえろに
なっております…!

1話目では佐伯がウッチーのお尻にローターをインして
飲み会に参加します。
違和感を感じていたウッチーですが、スイッチオン
されると前立腺に大ヒット!!(笑)
耐えられなくなり佐伯にお持ち帰りされました♡

2話目は乳首!!
焦らしに焦らされ、責めに責められ最後に乳首ローターが
出てきた時はさらにかい!!と興奮して
(電子なので)スマホ投げました(笑)

素直に受け入れちゃうウッチーがまたえろいんですよー…
大人の大人による大人のためのえっちをたっぷり
堪能させていただきました♡

5

かわいくてエロくて癒される〜♡

発売以来、表題作が気に入ってなんども読み返しています。
シリアスな小説を読んで心が疲れた後や、寝る前に最適な一冊。

「暇だったら俺と遊ばない」と声をかけてきて……という、そういうの腐るほど読んだ…みたいなやつなので、話のストーリーとしてはぶっちゃけ特筆すべきところはないんです。



でもいいの!!
全然オッケー!!



だってかわいんだもの。この二人。

かわいい二人があれこれ喋ったり、エッチしてる姿見れるだけで、なんか幸せ&癒される。

そして鳩屋さんの絵って、やっぱり好き。
私は鳩屋さんが描くどこかお人好しで断りきれず、押しに弱いキャラが好きでして。
そしてそんな彼らが、八の字眉毛で困る顔がなんとも好きで。
(例:「となりのオネエさま」の受け、「僕をしあわせにしてください」の攻めなどなど)
このお話の攻めもなんともいい顔してて、この顔好きだなぁ……と思わずニヤけてしまう。

そして受けちゃんのかわいさといったら!
てっきり誘い慣れたビッチ受けかと思いきや、まさかの処女というギャップ萌え。

ほんとこの受けちゃん、かわいいんですよぉぉ。


そして描き下ろしがまたまたいいんです〜。
えっち中は女の子みたいになっちゃうもんな♡という攻めのからかいに傷ついちゃった受けのハジメ。
どうせ俺は女みたいだ……ちんこのついた女とでも思ってくれれば‥‥と呟いた受けの言葉に対して、「女の代わりにしたことは一度もない!言ってなかったけどハジメが俺に入れたいなら…」とリバる覚悟があることを言うんですよ!攻めが!

萌える。

あ、私はリバ推奨派ですけど、このカプはリバらなくてもいいやって思います。
お前が望むなら俺を抱いたっていいんだぞ、という気持ちが攻めにあるというだけで、充分なんです。

【嘘つきはこいびとのはじまり】
「両手に花じゃダメですか?」に収録されている【嘘つきはこいびとのはじまり】カプのお話です。

断りきれず、何故か揃って合コン参加することになってしまった二人。
合コン中、俺のことだけしか考えられなくなるように♡と恋人・佐伯(攻め)にリモコンローターをしこまれちゃったウッチー(受け)。

異物に耐えながら「俺の意識は佐伯じゃなくて尻の中にしか向いてねえよ。」というウッチーのモノローグに思わず爆笑しちゃいました。

ローターだけでなく、乳首もお道具使ったプレイも登場します。
攻めの佐伯が何気にちょっぴり鬼畜入ってて、ウッチーがんばれ♡って感じ。

8

派手な展開はないけど可愛くてえっちでほっこり( ´∀`)

鳩屋さんの絵が好きで、作家買いしてます。今回も可愛くって癒されました〜!
作者比でちょっとエッチめな1冊です。

表題作と、『両手に花じゃダメですか?』に収録されている「嘘つきはこいびとのはじまり」の続編の2カプ入り。

「僕をしあわせにしてください」
市役所勤めの31歳と不運続きの20歳無職、11歳差な二人です。
上手くいかないことだらけで道端で途方に暮れていた〔ハジメ〕をお人好しの〔大樹〕が拾って・・・と始まるお話で、ストーリー自体はトントン拍子で進んであっさりめではあるんですが、とにかくハジメくんが可愛くってエッチできゅんきゅんしながら読みました。
あー鳩屋さんの受けちゃんってなんでこんなに可愛いんだろう!(*´꒳`*)
もう眺めてるだけで幸せ♡
誘い受けなのに実は初めてで、初めてなのにめっちゃ気持ちよくなっちゃうっていう、とっても攻めゴロシな子でした。
不運続きだったから自分といたら大樹も不幸になっちゃうかもと心配するハジメだったけど、大樹さんはそんなのものともしないあげちんだったようで、なによりです!
幸せそうな2人にほっこりしました。

「嘘つきはこいびとのはじまり」
営業部と経理部の同僚リーマンのお話です。
すでにカップルの2人なので、エッチメインのお話でした。
1話目はお尻にローターを入れて合コンに行くお話、2話目は乳首を死ぬほど責められるお話です。
どっちもウッチー(受)がやらし過ぎてやばかった〜
前立腺も乳首も順調に開発されてます(〃ω〃)
佐伯さん何気に微鬼畜ですねw
ウッチーがどんどんエッチになっちゃう!
きっとそのうち会社にもローター入れていったりするに違いない。

どちらもイイ甘エロでした♡
はぁ〜癒された!

【電子】シーモア版:修正○、カバー下なし、裏表紙○、電子限定描き下ろし(1p)付き

3

最高の『気持ちいい』をくれる人。

とってもエッチです♡
鳩屋タマ先生と言えば‼︎の、ほんわりした美青年(少年と言ってもいいくらいの。)と、
スーツを着た、背の高い、ちょっぴりヘタレな攻め。(願わくば、もぅちょい枯れていて欲しい。私は、鳩屋先生の描く、枯れたオジサンが好きなのだ。あくまで、鳩屋先生の描くところの限定で。)

大樹は仕事帰りの夜、歩道橋でハジメと出逢う。ハジメは職にあぶれ、バイトも失くして、
途方にくれていた。お腹を空かせて倒れかけたハジメにラーメンを奢ってやった大樹は、そのまま
ハジメを家に連れ帰ることに。そして…。
最初、ハジメをゲイだと聞いて、大樹は引いていた筈なんですが。
どういうわけか、事に及ぶ際、ノリノリなんですよねぇ。
そして、何となく、好みだし、誘っちゃうハジメなんですが、実は処女。
ノリノリの大樹に引きますし、でも、やめて欲しくない気持ちが勝って、我慢してしまう。
ところが…。初めてなのに、これがすごく気持ちよくて。
「頭の中がきもちいいしかなくて。」「好きになっちゃいそう。」になる、ハジメ。
大樹は、テクニシャンなのか。
なだれ込むように、エチから始まっちゃったけど、
「何かよくわからんけど、俺といたら幸せになれるんじゃないの?
…違うな、俺が幸せにするよ。」
すんごくゆるーいんだけど、ちゃんと告白もしてくれる大樹がカッコよくて、可愛い。
ゆるふわな二人の日常には大した葛藤は無いんだけど。
お互いに想い合う優しさは感じられて。
『せいぜい末永く大事にしてやる』というモノローグも、ホッとします。
フワッと終わるので。表題作をも少し読みたかった。

同時収録はサラリーマン同士の恋。「嘘つきはこいびとのはじまり」
イケメンの彼氏、佐伯が女の子に飲み会に誘われるのが嫌だなぁ、と思っている内田。
しかし‼︎ 内田の心配をよそに、佐伯の方こそ、「好きすぎてやばい」のだ。
また、こちらの作品には、鳩屋先生の乳首への並々ならぬ愛着が示されてもいて。
内田こと、ウッチーの乳首が愛され過ぎて大変なことに⁈ 腫れちゃう!
乳首には優しくしましょう。

どちらの作品もそうですが、乱れていて気持ち良さそうな受けはともかく。
イッてる時の、攻めの切なそうな表情がヤバい。エロいです。
そして、受けをデレデレ見つめる目つきも好きだ。ちょっとした目配せにも萌えてしまいます。
色っぽいんだな、絵が。

修正は太め短冊でした!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う