高久尚子さんのレビュー一覧

Chara BIRTHDAY FAIR 2019 Ⅱ キャラ創刊24周年記念バースデーフェア小冊子 小冊子

加藤スス  サガミワカ  高久尚子  見多ほむろ 

好きな作品ばっかりだー!!!ヾ(*´∀`*)ノワーイ

毎年恒例 Charaバースデーフェアの小冊子です(^^)

今年はちょっぴり仕様変更がありまして、
応募者全員プレゼントの応募券は小冊子に付いています。
(※応募には券が3枚必要です。詳細はHPにて)

小冊子の隅っこをちょっと切り取らなければならぬ葛藤よ…。
Charaさんわかってないよ…。
なんでこんなとこに応募券付けたんだ…。

応募台紙はフェア帯にあるんだから応募券も帯…

2

歯科医の憂鬱 小説

榎田尤利  高久尚子 

真逆だから、惹かれあうのかも

歯医者さんは怖いですよね…。
もし先生が非常に優しいとしても痛みが恐ろしい!
でも健康でいられる為には定期的に診てもらう事も大切なのは重々承知しております。
もう十年以上歯医者さんに行っていない私は三和先生にがっつり叱られてしまいそうです。

治療はいっさい手を抜かず妥協を許さない三和先生が
素顔でいる時は別人のような穏やかさという二面性、
最初はそれもどうなのと思いがちでしたが

0

晴れたら君を迎えにいく コミック

高久尚子 

エロの福袋

表題作は、爽やかでピュアな可愛らしい作品です。
こちらは読み切りで1話だけですので、これから…というところで終わってしまいます。
短いお話なのですが、消防士×気象予報士のカップリングで萌えます。

2作目がガチ兄弟もので、ピンクゴールドに収録されていただけあって非常に…です。
プレイもバリエーションがあり、変態だけど愛があります。
お互いが好きすぎて執着していますが、心ではお互いの幸せ…

0

Chara collection EXTRA 2007 小冊子

吉原理恵子  神奈木智  剛しいら  英田サキ  菱沢九月  水壬楓子  秀香穂里  松岡なつき  雪舟薫  長門サイチ  円陣闇丸  小田切ほたる  祭河ななを  高久尚子  北畠あけ乃  高階佑  鹿住槇  秋月こお  穂波ゆきね  唯月一 

普通の男

大好きな「顔のない男」の番外編、「普通の男」のレビューです。

飛滝(攻)への辛口評論を読んで憤る音彦(受)。そんな音彦をなだめる飛滝が次に出演を決めたのは「普通過ぎる人々」というその評論家が嫌う監督の映画で…という内容でした。

役になり切って別人になる飛滝の前に、姿を現し、何度も恋を仕掛ける音彦。
ただ、台本としては飛滝は音彦と恋愛関係になってないので、一体どうなるの?
というのが…

0

僕はすべてを知っている コミック

高久尚子 

真面目な絵なのに…すごく……ちんこです。

なんか、真面目な絵なのに話のド真ん中に「ちんこ」がドーン!とそそり立ってます。
大真面目にちんこ連呼。
服の上からでもちんこの形が分かるちんこマスター。
ちんこのお医者さんの話なので当然なのですが、素晴らしかったです。
「(患者さんの)ちんこを見れば名前が出てくるけど、名前を言われてもちんこは出てこない」
仕事に大真面目で熱心であるあまり自分が世間から大きくズレてしまっている自覚が無い。…

0

50番目のファーストラブ(表題作 純情サノバビッチ) 小説

月村奎  高久尚子 

受けのお母さんが1番好きかなぁ

読みやすかったです

受け可愛かった
ところどころ、女性との絡みがでてくるのでお嫌いな方は注意です

攻めはカッコよかった
スパダリじゃないと思うけど、隙がない感じ
受けの視線がどんどんほだされて、受けがカッコよく見えていく過程の描写が好きでした

乙女思考の受けが、ほんとにヤリチンだったのか?と不思議に思ったのですが、それをやり過ごすと読みやすいお話でした

受けの思考はな…

0
非BL作品

愛犬が、私を愛してくれません。どてどてどてちん! 非BL コミック

高久尚子 

高久先生の手始め

犬好きにはたまらないコミック。高久先生のコミックに今度進出しようと考えているのですが、犬好きな私としては前々から気になっていたこちらの本を!と思い購入。2012~16年にかけてchar@に掲載されたもの(1回6P×24話分)+藤生先生のコミック2P+あとがき(カバー下は先生んちのカレンダーにあるどてちん落書き♡)です。

とにかくおーもーしーろーいっ。いやはや何度読んでも面白い。どてちんは高久…

0

恋の傷あと 小説

安西リカ  高久尚子 

クズ男に振り回された攻と受

寂しがり屋のほだされ受が、付き合ってたクズ男にとんでもない捨てられ方をして、それが縁で知り合った超堅物の真面目男に恋しちゃう話です。
もう読みながら受の付き合ってた男のあまりのクズっぷりにイライラ。
なんでこんなマダ男に引っかかってんの、アホじゃないのと悪態をつきながらページを捲る手もイライラ。
そしてそのマダ男に元妻を寝取られた間抜けな攻の無骨さを唯一の癒しに、ふたりで逃げたマダ男を追うと…

0

きみと暮らせたら 小説

杉原理生  高久尚子 

幼馴染再会モノ

設定は、ベタというならばこの上なくベタ。
しかしベタだけどやっぱ面白いよな、と感じさせてしまうのはさすが杉原先生だなと思いました。

本作の攻めは、攻めの従兄弟が「ほんとムカつく」「かわいくない」と言うだけあって、確かに可愛げがないし変わってるし無愛想で神経質で、よくわからないキャラクター。
……なのに、読み進めるにつれてどんどん可愛く思えてくる。
よくわかんない攻めだけど、でも受けのこ…

1

愛する 小説

菅野彰  高久尚子 

純文学っぽい

BLとしての萌えは少ないけど、文芸作品っぽい雰囲気があってストーリーは楽しめました。

芸術家って普通の凡人とは違う部分が多くて大変なんだろうな、と思いました。由多の先生も絵の才能があったのに若いうちに潰されてしまって可哀想。歪んだ性格のあの芸大講師。当て馬かと思ったらそうでもなく…芸大ってあんなに才能のある奴は潰しておけ、みたいな恐ろしい所なんでしょうか?大学の同級生たちもギスギスしていて嫌…

1
PAGE TOP