有栖川家の花嫁

arisugawake no hanayome

有栖川家の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
4件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784902543490

あらすじ

旧華族の流れを汲む名門・有栖川家の当主・誉の婚約者だった姉が行方不明になった。焦った父に騙された水晶は、身代わりの花嫁として嫁がされてしまう。 「妻は道具」と言い切る尊大な誉に水晶は抗う術もなく、初夜では無垢な心と体を乱され、激しい快楽に啼かされる。 水晶は有栖川家の因習に従い、昼は貞淑で、夜は従順で淫らな妻として誉と暮らすことになり…

表題作有栖川家の花嫁

旧華族の流れを汲む名門の次期当主・有栖川誉
失踪した姉の身代わりに攻様に嫁いた大学生・真野水晶

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

「慈悲をくれ、愛してるんだ…」

この作品は神の中でも神だと思います。姫を雪代鞠絵さんと引き合わせてくれた作品です!

まずはあらすじを軽く…
旧華族の流れを汲む有栖川家の当主・誉(ほまれ)との結婚が決まっていた真野水晶(あきら)の姉が失踪してしまったことから物語は始まる。見つからない姉の身代わりとされる水晶、それは一切の花嫁の役割をすべてこなさなくてはならなくて…

とあらすじだけ書くとなんだ、よくある話じゃ~んとお思いかもしれませんが、この誉さんがひどすぎます…!!血も涙も通ってないように思えるぐらいひどい人、水晶を当たり前のように「お前は物だ」と言い放ち、無体なことばかり要求してきます。

しかし、それで終わらないのが鞠絵さんです!!

この水晶くん、かなり健気です。憎み、家を飛び出してもいいはずなのに、お姉さんが帰ってきたときに酷い目にあわされないようにひたすら誉さんに尽くすのです(閨の中はもちろん、日常の細々としたことまで)。たまにこんだけ従順な受けだと読んでてイラっとくるものですが、不思議とそれは感じません。

段々、自分を必死に受け入れようとする水晶に感化されていく誉。しかしその示し続き方がわからない。優しくした方がいいに決まってるのに、相手に酷いことをしてしか関心の得方がわからない。

タイトルのセリフはようやく示せた誉さんの言葉です。思わずうるっとくる

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ