夢の後ろ姿

夢の後ろ姿
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥437(税抜)  ¥472(税込)
ISBN
9784062552554

あらすじ

自分の心を初めて奪った相手。
そんな大切な存在を、絶対に失いたくはない。
そして、人は誰かに愛され、必要とされていると思えればこそ、自己の存在を肯定できる―。
内科のプリンス菊地をはじめ、外科の青木、脳外科の桜井、放射線科の立花など、アイドル並みの医師たちを擁するN大附属病院。
彼らが言い寄る女たちになびかない理由―。
それは、それぞれが確固とした愛を胸に秘めているからだった

表題作夢の後ろ姿

その他の収録作品

  • 神様の座る椅子(漫画:邦久十也)/外科医×内科医+α
  • 外来患者(漫画:邦久十也)/内科医×同級生
  • ヘラクレスの柱(漫画:邦久十也)/『外来患者』act.2・外科医×内科医
  • ※表題作:紅野隆一による小説。挿絵:邦久十也(子持ち放射線科医師+脳外科医)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

懐かしく新鮮

評者のホワイトハートと言うレーベルに対する印象を
がらりと変えさせたシリーズの一作目でございます。
往時は『そうか、講談社でももうここまで描いて良い様に
なったんだ』と複雑な気分になったものです。

この方々、紅野隆一さんの小説と邦久十也さんの絵に
よって展開されるN大付属病院シリーズは一寸複雑な
構造をしております。
メインカップリングは外科医・青木克己と内科医・菊地
尊臣ですが、物語によってはこの二人が狂言回しに
なったりまたは場面転換の端役になったりと言う…。
ですからある程度巻数を重ねて読まないとついて行き難い
部分があろうかと。

今回の表題作はメインカップリングが狂言回しとして
配されておりまして、主人公は脳外科医と子持ちの
放射線技師の組み合わせとなっております。
この二人の障害となるのは意外にも二人が愛する存在。
そして脳外科医が一歩踏み出した時に新展開が訪れる、
と言う算段です。

全体の時系列を整理しながら読むという楽しみをも
含むシリーズです。歯応えは充分ありましょう。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ