黒羽と鵙目 4

黒羽と鵙目 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784592850373

あらすじ

突然出来た三日間の休暇。鵙目は黒羽の運転で信州旅行へと強引に連れ出される。思う存分愛の時間を過ごすはずだったのが、途中道に迷って古びた妙な宿に泊まることになったがそこは…!?
出版社より

表題作黒羽と鵙目 4

黒羽斉彬・暴力団組長
鵙目隆之・バーテンダー

その他の収録作品

  • 恋人のカタチ
  • フルハウス
  • 番外編 休暇
  • 番外編 ウィンター・デイ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

自分の中の鵙目の男気が少しブレてきました。

1巻から3巻までを振り返ってみよう。
前田孔明は、女性的な美しさを持つ色素の薄い美青年で
高校時代に同性の先輩に犯され、傷ついた気持ちをぶつけようと火炎瓶作ってて
運悪く負傷者がでてしまう。
なぜだか止めに入った鵙目が
前田の罪をかぶって少年院に入ってしまって
鵙目は自分のことを恨んで仕返しにくるんじゃないかと思って
鵙目を刺し殺しにきちゃった男だったわけですが
気がついたら、前田は鵙目に恋をしていたってわけなんですよね。

きっと、同性の先輩に犯されたあたりから
ずっと鵙目に恋をしていたんじゃないかと思う・・・。
好きな人に抱かれなかった初体験の苦さ
好きな人が自分の代りに罪を償ううしろめたさ
好きな人が自分を恨んでしまったのでは?という不安
初恋を自覚するには、前田にはいろいろありすぎて?
と、いった感じなのでしょうが
事が起こるたびに鵙目に許され甘やかされてしまう。
鵙目に恋心をぶつけて断わられるけど
いつも甘やかされるからずるずるしてしまうんですよね。

前田が鵙目の姉と結婚するのは、理解できるけど
結婚した前田にせまられ口封じの餌に続きキスをしてしまう鵙目には
ちょっと理解に苦しむというか鵙目の男気が揺るぎだしたかな?
と、思ってしまいました。

鵙目の精神はそんなに強くないのはわかるのですが
前田に手を出すのは、ちょっと嫌だなぁ。
しかも、黒羽の許可が下りてるというのもwww

前巻からの続きネタ。
借金返済を鵙目の身体で返すというネタも引き続きひっぱってはきてるけど
“おしゃぶり”は、まだ達成してないですw

今回は、鳩子の父の手駒の男鹿を鵙目が陥落したような雰囲気w
後半は、番外編が2本入ってて『ウィンター・デイ』は、ほんとにおまけ的な感じでした。
『休暇』のほうは、“子供”についてじっくり話し合う場面がありました。
ずっと黒羽は鵙目の“子供”がほしいと時折もらしていましたが
破天荒な自己中男の黒羽が“子供”に、こだわる意味を
もう少し深く知りたくなりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ