放水開始!<許可証をください!6>

放水開始!<許可証をください!6>
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
96
評価数
24件
平均
4 / 5
神率
45.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784576091815

あらすじ

取引先である大東亜有機の要請でISOの取得に乗り出した喜美津化学。実質的な先導役を務める弘はその膨大な作業に追われているが、悩みの種は遅々として進まない製造部の文書作成。ところが当の本人たちは弘の目を盗み、時を同じくして行われる消火栓大会の練習に熱中。しかもプライベートでは前原が母・佐知子に弘との関係を明かしたことで、弘と佐知子は口もきけない気まずい状況が続いていて…。次々持ち上がる難題に煮詰まった弘に、前原が施した解決方法とは!?
(出版社より)

表題作放水開始!<許可証をください!6>

前原健一郎/喜美津化学製造部 頼れる若頭
阿久津弘/喜美津化学品証部 理系大学卒

評価・レビューする

レビュー投稿数10

お互いの存在がパワーの元となる関係、それは最強。

シリーズの6作目。
5作目に引き続きISO関連で弘の悪戦苦闘・奮闘ぶりと、この忙しいのに(いや、忙しいからこそ?)消火訓練のタイム短縮に熱中する製造部の面々、そしてもちろん前原と弘の情熱、が語られます。
弘は製造部のISOの捗らない進捗状況に焦り、自分ではそうとは思わずに業務を抱え込んでしまいます。ISO認定の期限も迫る中、そこに大口の取引が無くなるかもしれない事、前原が母親の佐知子にカムアウトして佐知子から避けられている事、などが同時に押し寄せて、前原といる時間だけが息を継げる、という有様。
煮詰まったときは、一人で抱え込まず周りを使う、体を動かして気晴らしを……ってそりゃそうですけど。でも生真面目な弘はそれが出来なかった。前原が強引にかつ自然にその事を弘に分からせてくれるんです。
自分を取り戻した弘は急遽北海道の両親の元へ飛び、前原との仲を告白します。佐知子とも話しができるようになって、さて二人のこれからはどうなる?!

というところで、7作目は未だ出ておりません!
ISOはどうなった?大東亜有機の案件はどうなった?次作は出るのか?

2

ISO

私の大好きなシリーズです。・・・・・・今だ未完ですが・・・・
出会いから前作までとても面白かったのですが、ここにきて恋愛面では安定してしまったせいかあまり萌えれず・・・・と、いうか前原の出番が少なかったような気がします。まぁテーマは書類作成のISOでは前原を出ずっぱりにするのは難しいのかもしれませんが。
「ISO」を磯とあいそにひっかけて話が始まるのはとても面白かったです!
ISOは仕事でちょっと書類を整理したことがありましたが、そうした文字いじりが出来るとは!さすがです。
相変らずの面白さでしたが萌えがすこし足りなかったので萌え2で!

1

続き懇願(>人<;)

二人の今後よりISOが無事に取得できるのか!?←すごく気になる!

最後まで読むのにボリュームあるし、途中で読むの止まらなくなるし・・・と思ってなかなか手が伸びなかったのですが、烏城あきらさんは製造業に精通されているようで、次から次に襲いかかる工場のピンチにハラハラして、6冊一気に読み終えました!

程よく入るエロシーンに「そういえばBLだった・・・」と我に返えります(笑)

兼業作家さんらしいのですが、ぜひとも完結させて欲しいです~待ちます!

3

消防練習している受けがみそ

弘が前原にしっかり告白しましたー!
おめでとう前原!
きっと今後はさらに白熱する夜をお過ごしになる事でしょうww

7巻が発売される可能性は皆無でしょうか。すっかりキャラクター達に入れ込んでしまったのですが・・・・。カムアウトしたあとの両親の回を読みたいのですがあまり期待はしない方がいいですかね。ぜったい面白そうなのに・・。さみしいです。

2

シリーズ6作目

ずいぶん間が空いたので、ほとんどキャラも内容も忘れかけ。
でもアホの子、天然ボケ受けのお母さんも、見事なアホの子で爆笑しました。

0

挿絵の変化に、ちょっと興ざめ。

引き続きISO問題と、カミングアウトの問題で
暗雲たちこめた雰囲気のシリーズ6でした。
次巻で最終巻となるので、ぐっと重い雰囲気でしたが
読者の心をほっとさせてくれる出来事も書いてありました。
そのあたりのバランスは、さすがですが神評価にいたるほどの
幸福感とか満足感は得られませんでした。

弘と前原。
ふたりを産んだ両親へのカミングアウトが大筋ですが
この親にしてこの子アリな感じでしたね。
とくに弘母のキャラは、大好きだな。
人間的にすごくかわいい人だと思った。
鳥城あきらさんの作品のおもしろさは、周りのオヤジやオバさんキャラの
人柄の良さってありますよね。
フィクションだけども、どこか存在感があって、いい味がある。
今作は、とくに弘母が魅力的だった。

シナリオとは関係なく気になったのは・・・
文月あつよさんの挿絵のタッチがガラリと変わったこと。
工場を舞台に男だらけの作品ですから、少し絵柄が変わるだけで
誰が誰なのかあいまいな印象。
表紙カラーより中のモノクロ挿絵が別人のようです。
個人的な趣味でいえば最初の絵柄のほうが好きです。
続き巻も、この絵柄なのかな・・・。
長いスパンで出版するシリーズものの絵師は
絵柄がある程度完成されてあまり変化しないタイプの方のほうが
いいようなそんな気がしました。

0

お仕事VSラブ

攻・前原健一郎
受・阿久津弘

お仕事BLでは最もリアルで本気に仕事をしている主人公たち。
ISO取得のお仕事に多忙を極める弘と、現実逃避に消火訓練のタイムを競い合う製造部の面々。
元はといえば弘が江夏に「消火訓練は気晴らしになるだろう」と言ったのを、「カラダを動かして気分転換しろ」と言ったと都合よく解釈する製造部。
普段使い慣れない(失礼?)頭脳をフル稼働の仕事は大変ですからね。

その大変なISO取得の発案(言いだしっぺ)の大手会社との取引が無くなるかもしれないと知り、ISO取得の意義(やりがい)を見失いかける弘は精神的に追い詰められます。
ストレスでおかしくなりかけた沢村組長が心配していたように、弘もキリキリし始めるんですが…前原がちゃんと弘を見ていて、的確にフォローするんですよ。

恋人同士だけど、一方的にもたれあう関係じゃなくて、互いに自立してて対等。
相手に助けが必要なときは最低限のフォローで自ら立ち直るように仕向ける。
いいなぁ、この2人。

そして前原・母にカミングアウトしてしまったことで気まずくなった弘。
色々な悩みを抱えたままのグルグ続きルがら一歩進んだ弘は、じっかの両親にもカミングアウト。
…なのですが、まさか、
「前原と付き合っている」を「前原・母と付き合っている」と誤解するとは…。
あ、いや、普通はそっちを誤解しますね(笑)。
でも阿久津・父の方はすぐに「あれ、もしかして息子の方?」って気づくのは…免疫アリですか?
そして阿久津・母。
息子の恋人が阿久津・息子と知って「息子さんならいいのよ。息子さんなら何も問題は無いわ」って…とっさに言うにしても、すごい母です。

前原・母とも誤解が解けて和解し、悩み事は一つ解消されました。

そして最初のISOに戻るはずだったのですが、消火訓練で弘の予想外の光景が。
「阿久津ちゃんが水が出た方がいいと言ってたから」と模擬消火栓を本物の消火栓を設置し放水可能にしてしまう…製造部、ノリが良すぎます。

主人公達だけがお仕事するんじゃなくて、この会社全部が楽しくて面白い。

「許可証シリーズ」を知ったのが半年前なので、あまり待ったという感じはしませんが…6巻が3年後とかいうのは、ツライかも。
早めにお願いしたいです。

2

大人になった二人

久々に出たらしい新刊。自分がBLにハマッてからそれほど経ってないので、人様より待つ時間が短かったのは幸いです。
うおー、弘くんが美人になっている!→カラー口絵の右端の渋い男は誰!?→無精髭の前原! と萌えが先行して、山積みの問題から逃避してしまいました。ISOの業務規定の提出が滞っているのに社内は消化訓練ブームだとか、取引先の値下げ要求の裏の取引終了だとか、前原が母親にカミングアウトしたこととか。
仕事のプレッシャーで連日泣いたことがある自分としては、弘くんはさすがに男だなあ、と感心する。前原の対応も大人なんだよ。男前で大人。全てを自分でこなすことはできないのを弘にわからせるやり方が。手を抜けってんじゃないんだよね。でも彼のおかげで気が楽になる。同僚でライバルな関係っていいねえ。
前原へ想いに改めて気付いた弘がとった行動がよい。負けず嫌いだからではなく。前原の想像を超えるところが彼らしいなと思う。そして、初めてのスローテンポなえっちに戸惑う弘。雑誌シャレードがなくなって、ストーリーの区切りが違ったせいではないだろうけど。がっついた前原がこの話のウリだと思っていたのですが、やっぱり続き親にカミングアウトしたことで一生ものの覚悟ができて落ち着いたということでしょうか。
問題は解決したわけではないけど、この二人は何があっても大丈夫だろうと心強い。次巻で大団円だそうです。次もBLらしくないタイトルとのことですが、この巻のタイトルはある意味BLと思う…。ちなみに渋い男は前原の後輩の菊川くんでした。大人になって(涙)。BL的な意味での大人になってくれるのはムリでしょうね。

4

最終巻に向けて否が応にもカウントダウン開始

萌萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
化学薬品という世界に1ミクロンも興味がないハズのわたしを魅了してやまないこのシリーズ。
色気もへったくれもない化学工場を舞台に、もはやお仕事BLの代名詞といってもいい許可証シリーズ第6弾です。
5巻発売からおよそ3年。この時を待ってました、待ち続けてました…(嬉し涙)

短期間でのISO取得という課題に向けて、先導役を担った弘。
そんな大忙しの弘に新たな難事が!って、おなじみのファンにとってはそこが一番のお楽しみですからねv
さて今回の問題は、同時期に消化競技会が重なったおかげでISOの規定文書作成を担当しているはずの製造部の仕事が遅れがちなことがまず一点。迫る期日を横目に、こそこそタイムアタックに励むおっさん連中は困ったもんです。
おまけにプライベートでは前原が恋人だと母親に打ち明けたことで、仲が良かった左知子とも気まずくなってしまったことが二点目。
更には、工場どころか会社の将来を揺るがす大問題が起きそうな予感。
難問にぶち当たれば当たるほど燃える流石の弘にも、異変が……!?という感じです。

このシリーズってば、ページ続き数的には仕事と恋愛の割合が7:3くらいでしょうか。
BLにあるまじき比重ですが、仕事部分がメインでありながらしっかり恋愛もメインとして両立しているのは、ひとえに弘と前原が男同士でしかも同僚であるからこそ。
喜美津化学工場で働く二人が恋人同士、ということをとことん追求しています。

同性という戸惑い、同じ職場だけど違う部署で働く相手という難しさ、男同士だからこその仕事上でのプライドのぶつかり合い。
そういった諸々をテーマに、今まではどちらかというと公私をいかに区別するかという印象でしたが、今回は良い意味でそのラインが曖昧だった気がします。
臨機応変に恋人と同僚の顔をオンオフさせるというか。
特に煮詰まってきた弘に対しての、前原の指摘とフォローのタイミングとバランスがいいなあ。

微妙な言い回しですが、「恋人だけど同僚」だったのがこれまでの二人なら、ずっと一緒にやっていく相手だと覚悟したことで、「恋人で同僚あることが必然」となってきたってのが今作の感触でした。
もう連れ合いだなー。
ホント、この二人が好きっス。(江夏っちゃん風)

そして、びっくりするくらい専門的な知識が満載なのに、飽きるどころかむしろわくわくしながら読めるのは、驚くくらい脇に至るキャラクターたちみなが生きているからでっしょう。
ここまでキャラが行き渡ってる作品は中々ないと思います。おかげで二人の恋愛どころか、喜美津化学という会社にまで愛着が…すげぇよ、烏城さん。
でもでもでもでも、次作でエンドだなんてっ(白目)
終わってほしくないよーーーーーーーーーー!!!

7

ともふみ

こんにちは~ミドリさん。
うおーーーーー嬉しいお言葉!まじで嬉しい…敬礼!
タイトルもあらすじも舞台も地味ですもんね、かくいうわたしも某BLブログで評判いいから読んでみた口です。
ここまでワーク色濃いのは中々ないですよねー。そして1巻よりも2巻、3巻とじわじわ面白くなってくると思います。
そう、次でラストらしいです…しょぼん。
早く追い付いて~ミドリさんv
で、一緒に最終巻首長くして待ちましょうvv

ミドリ

ともふみさん、こんにちはー
私、このシリーズともふみさんのレビュー見てつい最近見はじめました。
まだ1巻なんですが。
次で最終巻なんですね!
早くそこまで辿りつきたいです…!
ここまでのお仕事BLは初めてなんで、かなり楽しんで読んでます☆

今回はおっさんたちが見どころ☆

大好きな許可証シリーズの最新刊が来ました!!!
このシリーズは、BLとして出来がいいだけでなく、工場でのお仕事がどういうものかわかってしまうという、職業ものととしても抜群の面白さを誇っています。ブルーカラーの労働をここまで具体的に細かく書いてあるBLを私はほかに知りません。

今回は、お仕事としては前巻に引き続きISO取得への弘の奮闘が、そして前原(組長!ラブ!)との関係では両親へのカミングアウトが描かれています。

このISO取得への道が曲者で、会社全体で取り組まなきゃいけないことなのですが、いかんせん製造部の肉体労働者のおっさんたちは不得手な頭を使う作業を嫌がります。もちろん今やISO取得へ向けて先陣を切って頑張っている弘の手前、おっさんたちもおおっぴらにはしていませんが、なんとおっさんたちは影で息抜きと証しての消火競技会への練習に熱中しているのです!!
これが弘の苦労の種になるわけですが、も~このおっさんたちがかわいくてキュン死にしそうになります!!だって嫌なことからの現実逃避のために消火訓練のタイム争いに夢中になるなんてかわいすぎます!お前らは子供かっっ!!と言いた続きくなります。
その一方で、ISO取得のための作業でパソコンを使わなければならないとなると、二本指入力だったり、使い方がわからなくて壊してしまわないかビクビクしていたりするのです。
けれども、そんな状態の中でも、おっさんたちはちゃんと弘の心配もしています。おっさんたちに心配される弘はさしずめヒロインの風体です。ヒロインというには男前すぎますけど。も~ほんとに調子に乗っちゃったおっさんたちがみんなで仲良くワーワー消火訓練をやってるのかと思うとかわいくてかわいくて!!

さらに、両親へのカミングアウトでは、弘の母親の斜め上な反応なのが楽しめます。カフェで読んでたのにめっちゃ笑ってしまいましたwwお母さんかわいい!!

そんなこんなで今回はおっさんたちにかなりキュンキュンしてしまいました。もちろんメインの前原&弘も相変わらず素敵なカップルでしたよ!組長相変わらずちょうかっこよかったです!!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ