限りなくゲームに近い本気

限りなくゲームに近い本気
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
ダリアノベルズ(小説・ムービック)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896015515

あらすじ

まだ3年目なのに、異様に仕事の多いサラリーマン・堀慧一。
待望の新人・高須賀和正は長身でやたらと凄みの入った男前。
不安だった堀だが仕事の覚えも早く話も合い、デキる新人に一安心。
ところが突然、堀が好きだと告白してきた高須賀。
脅すような台詞とは裏腹にすねる様がやけに可愛く見えて、
とりあえず友達から、と付き合い始めた堀だが…。

表題作限りなくゲームに近い本気

高須賀和正,新入社員
堀慧一,入社三年目のサラリーマン,攻めより2つ年上

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ロクデナシの純情?

2004年ダリア文庫で新装版が発刊されていますが、SSの書き下ろしはなく、表紙も同じイラストです。

堀(受け)の視点でストーリーは進んで行きます。
堀は新入社員の高須賀(攻め)の教育係になります。高須賀は男前なうえに仕事ができてモテる男だというのに、堀が好きだと告白してきます。
トモダチから始めた関係ですが、フリル付きエプロン姿で食事を作る高須賀を可愛いと好きになり、エッチをして恋人同士になります。
ただ、堀にはロクデナシの弟・慧二がいて、堀の彼女を二度寝取られた過去があります。
ある日、堀が高須賀の家を訪れると、中からは慧二がシャワー後の格好で出てきて…という話です。

シリーズの1冊目です。ただ、私は図らずも3→2→1と進んでしまったたので、先を知っている状態でこの作品は読みました。

私には最初から、高須賀が堀のトラウマに関係する男だと知っているので、ストーリー前半の「殊勝で健気な高須賀」にはビックリでした。フリル付きエプロンとか…驚き通り越して不気味でしたよ。

フィスト(アソコに拳を入れるプレイ)にもビックリでした。2冊目、3冊目では強引であっても、続き堀が傷つくようなことはしなかったので。いや、今回も傷ついてはいませんけれど。ただ、堀が別れようと浮気したからだと分かると納得でした。堀への乱暴な口調も、シリーズ通じてここらへんだけなんですよね。堀が離れなかったら、高須賀は堀には甘い男です。堀には譲歩しているなぁと感じました。

ただ、それは私が2冊目、3冊目で耐性がついているからで、そうでなく初めてこの作品を読むと、攻めの酷さにうんざりしてしまう可能性もあると思います。(私も3冊目読んだときはそうでした。)

ただ、執着年下攻め、敬語攻めがお好きな方にはお勧めです!
この作品を気に入られた方は、2冊目「限りなく身勝手な愛情」3冊目「限りなく不幸に近い幸福」もぜひ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ