この恋に落ちてこい

konokoi ni ochitekoi

この恋に落ちてこい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
33
評価数
12件
平均
3 / 5
神率
8.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662751

あらすじ

サッカー部エースの日野は、部長の奥野が一年の桐山に告白しているところに遭遇する。
桐山といえば実力はあるがとにかく生意気。けれど奥野はそんな桐山が可愛いという。
心底理解できない日野だったが、揉め事を起こした桐山の面倒を見るうちに、彼の意外な可愛げに気付いてしまい……?
中篇「おいしい同居の始め方」も収録!

表題作この恋に落ちてこい

日野将真・高校3年生
桐山・高校1年生

その他の収録作品

  • この恋に落ちてから
  • おいしい同居の始め方
  • 同居の始まり、恋の始まり

評価・レビューする

レビュー投稿数5

普通過ぎてちょっと物足りない

帯『“ほっとけない”は恋のはじまり!?』
「ぶっきらぼう先輩攻×ツンデレ後輩受。サッカー部を舞台におおくするプレシャス・ラブストーリー」

表題作は高校生サッカー部活物でもう一作は元同級生再会モノ。

サッカー好きなんで読んでみました。
とりあえずサッカーのユニフォームというのはいいものですな~。
試合描写もまあこんなもんかな、そんな期待はしてなかったので。
ただ折角スポーツ物の部活を描くのならグランドの土の匂いとか、空の感じとかそういう青い春と書いて青春!!!みたいなそういう香りが絵から欲しかったな、折角のスポーツ部活なんだから。
話も普通、分かりやすいツンデレ後輩と先輩、しかし部長がお人好し過ぎてなんかちょっと気の毒。

「おいしい同居の始め方」
真広[受]は元同級生の沢谷[攻]に居候されちゃってます。
家賃は払わないけど食費は沢谷持ちで料理上手な事もあって居候させてる状態。
その沢谷が突然いなくなってから三ヶ月後にまた居候に戻ってきて~というストーリー。
しかしこの話も、表題作も突然に攻が受にキスするパターン。
偶然にしろ2作中の2作が同じ展開だと続きちょっとなーって感じはしました。

絵・マンガ共に普通、話も普通。可も無く不可も無しでもう一捻り欲しいところ。

1

ツンデレ~☆

日本中でサッカーが盛り上がっていたということでこの漫画を読んでみました!日本は負けちゃいましたが熱気にあふれていて良かった!(^▽^)
この漫画はサッカー部の話なんですが、まぁ実際言うと受けの桐山の表情にしか目が言ってなかったという。(え)
だって彼すごくかわいいんだもんっ!(>▽<)桐山はサッカー部の部員とはなじめず(特に2年生)けっこう生意気な後輩で、そしてすごくツンデレです。
生意気なので、イジメをうけることになっちゃうんですが(´・ω・`)
でも本当にツンデレなところはかわいい!!生意気すぎるけど。
常にツンツンしてるのに、日野に攻められるとすごく真っ赤になっちゃって!!
ああああーーーもうそういうギャップがいいんだってば~(≧∀≦)
恋愛になるとよわよわしくなるってすごくイイ(・∀・)b

え?攻めは何とも言えない(笑)えーと普通ってやつ?
いや、普通がいいと自分は思ってるよ。
しっかりしててまじめだったので(何かと不器用な桐山をいい方向に導いてくれたので)
大人っぽい攻めかな?学生にしては。彼もいいあじ出してましたよ。
まじめな攻めに惹かれる人は読続きんでみてもいいかも。あと、ツンデレ受けが好きな人はぜひ。

絵がすごく好みなので良かったです!!
すごく読みやすいです。スラスラ~っとサラサラ~っと流れるように読めます!
あっさりした感じが良かったけど、欲を言えば、もうちょっと甘甘なシーンを・・・!
部室でえっちのパターンが2回だったので、別の話題で漫画を進めてほしかったですね。
でも自分的には満足!!

0

高校生良いわ~。甘酸っぱい感じが好きです。

[この恋に落ちてこい]
表題作です。高校生のサッカー部で、先輩3年生(日野)×後輩1年生(桐山)
ツンデレいいわぁーww生意気な受けも大好物です。
「ちょっとした時に見せる顔がかわいい」・・・ホントに可愛いんですけど・・・。志々藤先生の絵は大好きです。先生の受けキャラがデレる顔がまた萌えるwww初デートの話がめっちゃ読みたいです。桐山可愛いよ。しかし何故リボン付きのを付けていたのか(笑)まぁ日野の仕業とは思いますが・・・。
しかし、部長の奥野は可哀そうでした。でも部長だったら、携帯の番号くらいは聞けたのでは?と思ったのは私だけ?うーん・・・
ぜひとも彼にも良いお相手を・・・
[おいしい同居の始め方]
うーん・・・私は表題作の方が好きでした。
元同級生の沢谷×真広です。沢谷が真広の家に転がり込んで居候していて、半年後、急に消息を絶って、また突然戻ってきたという、なかなか自分勝手な攻めです・・・。この設定自体、私の好みではなかったです(ゴメンナサイ)
でも高校の時に真広から貰ったストラップを付けているのは可愛いと思いましたww

1

スポコンラブ

サッカー部で抜群の実力を持ちながらも、生意気な態度で周りと衝突ばかりする1年生の桐山。その彼が部長の奥野に告白されているのを偶然見てしまった日野。日野は奥野の気持ちが理解できずにいたが、他の部員ともめた桐山の面倒をみることとなり…。
受けの桐山は典型的なツンデレ。でも意外とウブで、度々頬を染める姿がかわいかった!かと思いきや、決定的な場面でのアプローチは桐山なとこもよい。
攻めの日野は愛想はないけど、部内を冷静にまとめるよき先輩。次第に桐山に陥落して戸惑う姿がかわいい。でもいきなりチューはどうかとww
サッカー漫画並みにサッカーを中心にお話が進んでました。でも以前から真剣なサッカー少年のBL読んでみたかったからうれしかった!
BLは恋愛を中心に描くものだけど、男同士だからこそ、スポーツを通じて絆を深める展開も多いにありかと!日野が桐山のために頭を下げる場面はお気に入り。
でもやっぱりラブがちょっと物足りなかったかな。あとがきの初デートは、漫画で見たかった!

同時掲載「おいしい同居の始め方」。高校時代の同級生真広の元で居候していた沢谷。しかし沢谷は三ヶ月前突然姿をくらまし続きたと思いきや、再び突然押しかけてきて…。
「同居の始まり、恋の始まり」と併せて、高校時代からの二人の想いがじっくり描かれていて可愛いお話でした。
沢谷を想うがために、現状を変える勇気が出なかったり、不安になったりする真広がかわいかった!あと、気持ちが通じてからの沢谷も真広にめろめろでかわいかったー。
あとがきで志々藤さんもおっしゃってましたが、タイトルの割りに食べ物がいまいち絡まなかったのは個人的にはちょっと残念。笑

2

部長が不憫すぎる…w

サッカー部に所属する三年の日野は偶然にも部長・奥野の告白現場を目撃する。相手は同じ部内で生意気と評判の一年、桐山。実力はあるが、その協調性のなさから問題ばかり起こすトラブルメーカーだ。
最初はこんな可愛げのない後輩のドコがいいんだ?と理解に苦しんでいたが、ひょんな経緯で桐山の意外な表情を目の当たりにした日野は思わず弾みで彼にキスしてしまい―!?

桐山はいわゆる絵に描いたようなツンデレの典型ですね。本当はサッカーが大好きなのに、なまじ実力があるもんだからその性格も手伝って仲間とのトラブルが絶えない浮いた存在。でも、そんな彼が自分にだけ心を開いてくれるようになった事が日野の気持ちにも少しづつ変化をもたらす。
ちょうど人見知りの子猫をちょっとづつ手懐けていくような感じかな。こうゆう王道パターンは嫌いじゃないです。
…ですが感情面においてこの2人だけで盛り上がってるというか…恋愛モノとゆうよりは何だかスポ根漫画を読まされてる気がして妙な違和感が拭えなかったです(苦笑
特に気になったのが部長・奥野の存在!w最初に桐山を好きになったのは彼だった筈なのに、いつの間にやらすっかり蚊帳の外…彼の告白は続き一体なんだったの!?とちょっと腑に落ちなかったです…wwどうせ出すなら奥野を絡めたもっとこう三角関係的な展開が見てみたかったな~と。あと奥野が本気で好きだと知ってて桐山に惹かれていく日野の葛藤や罪悪感が殆ど描かれてなかったのも私的に納得いかなかった要因かも…お話は面白いと思うんですが、こればっかりは読み手の捉え方次第なんでしょうね

なので私としては↑の表題作より同時収録の『おいしい同居の始め方』の方が内容的にはタイプでした^^こちらは何の前触れもなく突然転がり込んでくる元同級生に振り回される大学生のお話。
何を考えてるかよく分からない沢谷に期待しちゃいけないと思いつつ、それでも彼の言動にいちいち一喜一憂してしまう真広。そして端から見れば唐突に思える沢谷の行動も、実は彼には彼なりの理由があって…

本当は高校生の時からお互い好き同士だったのに見栄やすれ違いが邪魔して遠回りしちゃったみたいな…これまた分かり易い両片思いの王道ストーリーでしたw
割と展開も読めるし設定自体もインパクトがある訳じゃないんですが、でも純粋に恋愛ものとして楽しめたというか、ぶっちゃけこっちのキャラのが私のタイプだったっていうね!でもこれって大事ですよね?w

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ