逃げる受&追いすがる攻の、大人げないリーマンラブ!

普通ぐらいに愛してる

普通ぐらいに愛してる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
44
評価数
17件
平均
2.9 / 5
神率
11.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403522482

あらすじ

イベント代行会社で働く広記(ひろき)は、仕事で高校時代の天敵・北條(ほうじょう)と再会する。
三年間毎日広記を「好きや」とからかい続け、そのくせ卒業後一度も連絡を寄越さなかった男。
あの頃と同じ調子で口説いてくる北條の言葉を、もちろん広記は信用できない。
だから言ってしまったのだ、「信じてほしければ、行動で見せてみろ」と――。
そこから北條の猛攻勢が始まり!?
(出版社より)

表題作普通ぐらいに愛してる

北条礼一
南広記

その他の収録作品

  • 誰より何より愛してる
  • 君だけを愛してる

評価・レビューする

レビュー投稿数8

関西弁攻めへの、好き嫌い次第?

評価が割れるのは、攻めの北条に好感が持てるかどうかだろうか?
個人的には、惚れないけれど嫌いじゃないという感じ。

その北条、
関西弁、軽薄そう、ヘタレなのに面倒臭い性格(笑)

一方の広記は男前受け、
その組み合わせと漫才みたいなやりとりはなかなか面白く好きだった。


一応私の好物の「同級生再会もの」なのだが、
そのジャンルに通常私が期待する感じじゃない。
あんまり切なくないし、個人的には萌えって感じでもないけれど
あはははと笑って気軽にサクサク読めるし、楽しんで読了。

橋本さんの挿絵が、きれいでエロ可愛いです。
これ、橋本さんのコミカライズで読みたい感じかも。


0

攻めが苦手

米やビールを受けの為にせっせとアクセサリーの如くラッピングする攻め( ゜∀゜)・∵ブハッ
律儀にメッセージカードもついてますw

うん…取り敢えずブリブリする北條の相手は面倒そうだっ!←

のれんに腕押し的な態度の北條に前半イライラっとしながら読んでました(´Д`)
でもあれですねー南がGoサインだしても「気の迷いでやってしまって後で後悔させたくない」…は強引な攻めをよく読んでる私的に新鮮でした。
北條の印象が私の中で変わった瞬間です。
いい加減で軽~いイメージだったのに、もぅ…ほんっと南の事が好きなんだなーって思えて。
なので中立選択(それがなかったら趣味じゃなかった。攻めが合わなすぎて…orz)
ま…決死の覚悟を気の迷い扱いされて怒りの南に殴られてましたがw
因みに北條のメガネが飛ぶ勢いで殴ること2シーンあります(_ _)ノ_彡☆バンバン!
「歯ぁ食いしばれ」です。

1

攻めがめんどくさい

語尾をのばす北條の話し方が字面からでも受けつけませんでした。

北條が南にふざけたような告白を繰り返してきた理由は作中で説明されているし、ヘラヘラしているだけの男じゃないということなのでしょうが、いかんせん普段の言動がめんどくさすぎる。

ほぼ南視点で話が進んでいくせいか、音信不通だった大学時代を経て北條に心境の変化があったという部分にもあまり説得力を感じませんでした。南へのアプローチの仕方が高校の頃と変わらないし。
それもあって、南が北條にほだされていく流れにも共感できないまま読了。

攻めに全く魅力を感じられず、残念です。

2

ヘタレ×ツンデレ

 イベント会社に勤務している広記は、仕事を通して、高校時代の同級生・北條と再会する。
 北條は、毎日のように広記に対して「好き」だの「きれい」だの言ってきたくせに、高校卒業後、一度も連絡をよこさない男であった。
 再会後、仕事の打ち合わせであるのに関わらず、高校の頃と変わらない調子で口説いてくる。
 けれど、その言葉のあまりの軽さに、もちろん広記は信用できない。
 だからついうっかり口にしてしまったのだった。
「信じてほしければ、行動で見せてみろ」と。
 するとそこから、北條の猛攻勢が始まり。
 自宅にバラの花が送り届けられ、毎日メールが来るようになり、食事に誘われる……。
 そんな北條にペースを乱されっぱなしの広記は……?

 という話でした。
 とにもかくにも、広記がツンデレ。
 とにかく素直じゃないんですが、ここぞという時にはしっかり腹をくくれるタイプのようで、腹をくくったらよっぽど、北條よりも男前。
 一方の北條は、押しは強いけれど、根幹のところはヘタレ。
 せっかく広記が「やろう」って言っても、「後悔してほしくない」とわけのわからないことを言い出し続きて、据え膳を食わない。そういう時こそ一思いに行ってしまえばいいのに、行かないから話がこじれることが多々。
 でも、一回OKが出てしまえば突っ走って、やっぱり結局広記に怒られる、という感じのヘタレ×ツンデレなお話。

 広記のツンデレは、どちらかというと意地っ張りに近いのと、あんまりムードがないです。
 相手を誘うのも、かわいく甘えられないから「やれっていってんだろう!」という調子になってしまう。
 そういうのがお好みな方にはオススメです。

0

笑ったww

まだ読み終わってないけど
北條が萌え過ぎてしぬwww
今まで久我先生の最萌え攻めさんでもなれるほど!
根性のある面白い男は最高です!
橋本先生の挿絵も綺麗ですよww
メガネをかけてない北條君は南より美しい!!!
反則だぞそれ!
北條の祖父ちゃんも優しい人なんです!まさか孫の恋を応援するとはwww

とにかく面白い!
やはり久我先生は素敵です!これからもついてきますww

1

これが久我ワールドなのでOK!

ストーリーは王道。
好きだ可愛いと言い続けてくる攻めに対して「本気か嘘かわからない」とイライラする受けに、私がイライラしました。
相手にしないんだったらどっちだって良いじゃん。
「好きなら行動で本気を示せ」っていう受けに、また私がイライラ。
相手にしないんだったら示されちゃ困るじゃん。

けど良い!
サクサクっと読みやすい文章、嫌味のないエピソード、テンポの良い会話。
そういうのをドンドン追いかけているうちに、気付けば終盤。
あれよあれよと誤解が解け、受けが自覚し、まるく収まるんです。
すれ違い方そのものが「そこですれ違わんでも」ってことばかりなので、ちょっとくらい強引に解決しても、「落ち着くべきところに着地しました!」って感じで気持ちが良いです。

これって久我さんの作品じゃなきゃ、ご都合主義に見えたり物足りなかったりするんだと思うんですよね。
(↑実際そのように感じる方も居ると思うし)
けど、私的には久我さんの作品だと、なんだか「うんうん、これが久我ワールドだよな」って頷いちゃうんですよね。
勢いに押されて最後まで連れて行かれた!みたいな。
変に説教続きくさくなくて、軽い感じだから、サクサクっと読んで純粋に楽しめます。

私がBL初心者にまず「読んでごらんよ」と読ませるときのセレクトが大抵久我さん(か高遠さん)の作品なんですが、この作品も、腐慣れしてなくて恐る恐る読んでみようって人にオススメできるお話だと思いました。
「そっか!BLの世界では恋する男の子たちはそういうことに悩むんだ~」とか「えっ、こういうことには悩まないんだ~」みたいな、腐女子独特の都合不都合がギュッとつまってました(笑)

0

最後まで不思議な男・・・北條くん

高校時代の同級生の再会ラブです。
それも、片方(攻・北條)はずーっと好きだ・可愛いといい続け、片方(受・南)は相手のことが大嫌いだったという過去つきです。

いやだいやだも好きのうちと言いますが、ふと気付いたときにはすっかりほだされちゃっていると言う・・・ある意味王道な展開なのですが、北條がやたらまったりとした関西弁をしゃべり、のらりくらりとかわすのと、南がそれにイラつき突っ込むというスパイスがあるので、なかなかおもしろかったです。
ただ、北條の事情が最後の方になるまでハッキリしないので、南といっしょにイライラしてしまいそうになりました。

実は、最後の最後で登場した北條の祖父がいなかったら、中立評価になっていたかもしれません。
じいちゃん登場のひとコマがあったからこそ面白くなった作品だと思います。

2話めの「誰より何より愛してる」は思いが通じ合った二人のその後になるわけですが、体で愛し合いたいと思いながらも、相手を思いやりすぎてギクシャクしてしまう二人が、もどかしいけれど可愛かったです。
しかし、あいかわらず北條って不思議な存在で、一貫して優しいんだけれどとらえ続きどころがないから相手を不安にさせてしまうといった、独特の性格はそのままでした。

で、「君だけを愛してる」に至っては、北條の独壇場です。
本編はほぼ南目線でお話がすすんでいたので、北條の輪郭がボヤケ気味でしたが、書き下ろしになってやっと本性が明らかになりました。
ヘンタイ、嘘つき、卑怯者、絶倫、バカ、アホ、ボケな北條でした。

1

ほんとーにフツーだ…

久我有加 さんはわたしの好きな作家さんのひとりなのですが、
今回はわたしにはイマイチでした。
受けは攻めの言う「好き」が本当なのか冗談なのかウソなのかと何度も何度も悩むのですが、読んでいてイライラしました。
受けが素直でないツンデレゆえに2人がこじれるというより、そもそもコミュニケーションがなりたってないような印象を受けました。
あらすじに「信じてほしければ、行動で見せてみろ」とありますが、その行動も花をたくさん贈る等、そうたいしたことなく、わざわざ帯やあらすじに書くほどでもないような…。

従姉妹と一緒にいる攻めを見て、受けが「カノジョがいるじゃないか」と誤解するという手アカにまみれたネタが主要なエピソードとなっているというのも、苦しいのではないかと感じました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ