双思双愛の冬休み

双思双愛の冬休み
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
Romantic? Drastic!<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
16ページ
版型
A5

あらすじ

「双思双愛の夏休み」番外編。
クリスマスを控えた2組のある日の風景。短めですが濃厚です♪

表題作双思双愛の冬休み

受様達の恋人で双子・大学三年生/氏原基久・氏原治久
攻様達の恋人で双子・大学一年生/窪沢充・窪沢光

評価・レビューする

レビュー投稿数1

最弱なのは・・・

薄い同人ですが、中身は特濃でした。
いや、元の文庫の事を考えれば容易に想像できたことでしたか。

『双思双愛の夏休み』の中の登場人物で、おそらく最弱で最も従順なのは充なのではないかと思っています。
光は受けだけど奔放で誘い・襲い受けで積極的なイメージ。
充は不慣れで初心、好きな人のために頑張る従順な健気さを持っているイメージ。
愛のなせる技だろうとは思うけれど、彼が一番好きなように扱われている気がします。

今回は大学のトイレで自分で準備+おもちゃを入れて待機というプレイ。
もちろん、トイレの鍵は空けておこうね?というオマケ付きです。
更に、中に入れたものを手で使わずに・・・というにっちもさっちも行かないプレイ、まで。
作者さん曰くそれらが目的だったそうです。
やってるだけの内容ですが、この双子シリーズはそれでOK!な感じがします。

最後に少しだけ出てくる治久×光・・・というか、光と充の会話に出てくる治久×光というべきでしょうか?の平常運転っぷりが素晴らしかったです。
数行なのにその突き抜け方に完敗です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ