ずっと昔……貴明に好きだと告白されたことがある。

帰れない二人

kaerenai futari

帰れない二人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×211
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
80
評価数
24件
平均
3.5 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864362283

あらすじ

書道教室を営む喜一郎はくされ縁の貴明と、やもめ同士いつものように酒を飲んでいた…。 ところが、目覚めると何故か二人とも全裸で寝ていて…?? 

dC『小さな恋のメロディ』のスピンオフ! 栄司&巽の父達が織りなす、切ない大人の恋愛事情───!
「恋メロ」シリーズでおなじみのワッキーの恋愛事情「気になるあの子」も同時収録!


雑誌連動企画『描き下ろし小冊子』応募者全員サービス実施!
詳細はdC『帰れない二人』と、drap2012年4月号(2月29日発売)~drap7月号(5月31日発売)をご覧下さい。
(出版社より)

表題作帰れない二人

隣に住む子持ちやもめの会社員 中沢貴明
子持ちやもめの書道の先生 奥村喜一郎

同時収録作品気になるあの子

脇野 高校生
縁しのぶ 高校教師

その他の収録作品

  • おかえり

評価・レビューする

レビュー投稿数8

切ない、BLでしかやっちゃいけないお父さんカポー

この二人が好きなんです!
小さな恋のメロディのおとーさんカポー!
子持ちの二人が子持ちになるまでにも色々とお互いの感情の交差はあります。家庭を持ってからだって、家族愛とかもちろんありつつも、BL的にはちゃんとそこに収まるためにいろいろもだもだやってくれてよかったなあって、現実離れ視点で思いました。

萌えますねえ。色気がありました。

0

ワッキーがいい♪

小さな恋のメロディのスピンオフ。

『帰れない二人』
小さな恋のメロディのお父さん編です。
隣同士に住む、喜一郎(栄司の父)と貴明(巽の父)は
学生時代からの腐れ縁。
喜一郎の亡くなった奥さんは二人の共通の友人だった。
その辺も、二人の過去にいろいろあり・・・
昔、貴明は喜一郎に好きだと告白したことがある。
もちろんその時、喜一郎は断っているが
年齢を重ね、結婚離婚死別といろいろな経験を経た現在の二人の関係は・・

貴明は未だに喜一郎を想い、忘れることはない。
喜一郎もまた同じ思いでいるのには変わりないが、子どものこと
この先の相手の幸せを考えると、それに答えないことがいいと一度は思い・・
本心とは違う選択をしようとする喜一郎に対し
自分の想いのままにこれからの人生を生きようとする貴明。
お互いの子どもたちとそっくりです。
良い歳した大人が、恋愛にぐるぐるするところが
なんともいえず可愛く、共感できるお話でした。

『気になるあの子』
こちらもまた、小さな恋のメロディのスピンオフ。
主役二人の友人ワッキーと緑先生のお話です。

優しいけ続きど生徒思いで正義感が強い割にはすぐ泣いてしまう緑先生のことを
密かに想い続けているワッキー。
危なっかしい緑先生をここぞという時に助けに来て陰で支える男前。
小さな恋のメロディの時も、この脇役いい味出してるなぁ・・と思っていましたが
高校生にしてこの落ち着き方、考え方がめっちゃカッコいいです。
一度は気持ちを伝えるものの、拒絶され避け続けられるとさすがにあきらめモード。
でも、本当は緑先生本人も、自分の気持ちがワッキーに傾いていることを
自覚し始め、それゆえにあえて距離をおき、冷静になろうとしている。
そんな先生の気持ちを知って、高校卒業してからまた告白すると約束
今回はキス止まりです。
この続きは、先日発売になったコミック『気になるあの子』で


2

見た目チャラいけど紳士!ヒゲ面なのに純情!~ヒゲ面は関係ない~

 「気になるあの子」のワッキーに惚れて購入しました。「小さな恋のメロディ」のスピンオフ本です。前半に父×父の話が3話、後半にワッキー×縁先生の前後編74Pを収録。思った以上にワッキー率が高くて幸せでした。

◆『帰れない二人』
 「小さな恋のメロディ」の幼なじみコンビ、栄司と巽の父親達の話です。学生時代にひと悶着あったものの、それぞれ結婚し、一方は死別、一方は離婚してやもめとなった2人。大人ならではの妥協なんかもあって、とってつけた感が大きいですが、2人が今幸せなら何も言うことはありません。

◆『気になるあの子』
 縁先生の事が気になるワッキー(あごヒゲ生徒)。いつも笑顔の縁ちゃん。栄司が事故に遭った時泣いていた縁ちゃん。もっと縁ちゃんの事が知りたい。でも自分には何だかよそよそしい気がする。ヒゲか? ヒゲが駄目なのか?

 そんなある日、注意した生徒に逆ギレされ絡まれている縁先生を助けたワッキー。危ないから関わるなよと忠告するワッキーに、そんなわけにはいかないと、熱血な縁ちゃん。
「じゃあ 俺が守るよ」
 ずっきゅーん。普通の高校生に「俺が守る」と言われても何も感続きじませんが、見た目に反して真面目で優しいワッキーの言葉はいつでも誠実で胸に甘く響きます。

 以来ラブラブモードな2人ですが、教師という立場上一線を引いた態度の縁ちゃん。我慢できず告白するワッキーに、今はまだ駄目と答えます。そこで「なんで駄目なんだよ俺達両想いなんだろ!?」と詰め寄ったりしないワッキー。オトナ!
「卒業したらもう一度告るから そんときもっかいちゃんと返事して」
「は…はい…わかりました…」
真面目×真面目なやりとりにきゅんきゅんします! そして単行本「気になるあの子」に続きます。 

1

表題の作品はじゃない作品が好きです

小さな恋のメロディのお父様バージョン

お父さんまで?とは確かに思いましたが、なんというか、ちょいと無理あるんじゃないかなと
思いながら読み始めやはり難しいなと思いながら読み終わりました

お父さん同士もだから難しいのではなくて、雪子さんがダメだった
これは、関係が濃すぎるなと
思うし、そこまで見えている関係の中でさらに、できるのかなと
思いました

なので、お父さん同士もの話だけなら趣味じゃないで終わりの感想ですが

この同時収録には、同じく小さな恋のメロディでめちゃ良い友達だったワッキーの話が入ってます

これがめちゃ良かった
ワッキーかっこいいやはり
風貌もかっこいいけど
なーんて男前な生徒でしょう

俺が守るよって言われちゃう先生羨ましい限りです

0

別の次元の話なら…

作家買い。
基本的に「1作品にホモ1つ」が信条なのでどうかな~と思ったのですが、やはりうーん…な感じでした。
しかも息子同士に続いて親同士、更には同級生と先生もってのはなんか安易な気がします…。
どんだけホモが多いんだ…。
『小さな恋のメロディ』が比較的好きな作品だったこともあり、あの世界観をやや崩されたような今作は微妙でした…。(´_`。)

エロ重視のおバカなラブコメ作品ならスピンオフでホモだらけでも気になりませんが、
ストーリー性の高い嶋二さんの世界観でそれをやると不自然というか。

ストーリー自体は、個人的な好みは別としてよく練られていたので、スピンオフではなく、まったく別の世界観で描かれていたらもう少し印象はかわったかもしれません。

長い片思いという要素や、三角関係に女性が含まれるシチュは素晴らしいと思います。

《個人的 好感度》
★★・・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★★・・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★★・・・ :構成

2

やっと熟成しました(汗、、)

最近、嶋二作品にダイレクトにキター!!というのが中々なくて、ちょっとエンジンのかかりが遅くなってるんですよ。
割とじっくりじっくり読んであげて、些細なセリフさえも大事にしてその関係性をみつめてあげる。
酒のように発酵させて頃合を見て取り出すと、それはそれは芳醇な香りを醸し出す銘酒となる。
なんて、格好つけて書きましたが、ぶっちゃけ寝かせたら萌えた♪っちゅーわけですね(大汗)
それだけ、結構大人な切ない関係を描く味わいのある作品が増えてきたって事なんですが。

『小さな恋のメロディ』の主人公たちのお父さんの話。
家が隣でずっと一緒にいる腐れ縁の喜一郎と貴明。
ダイレクトにズバっと書くと、貴明はずっとずっと喜一郎が好きでいるんだけど、いい加減俺の方逃げないでまっすぐ向き合ってくれよ!と思わせぶりなセリフを吐いたり、行動をしたりして、喜一郎を翻弄するといいますか、翻弄される時点で何か特別なものがあるはずなんですが(w)、そうやって関係をまた新しいスタートラインにたたせるお話でもありました。

貴明が喜一郎を好きというのは、最初から見えてましたから彼の逐一のもったいぶった、続き感情を実はそこに秘めたセリフのそれぞれが、あとになってジワジワ効いてきます。
貴明は離婚しており、喜一郎は妻をなくしており、まだ再婚しないのかみたいな話のときに、貴明が浮気の一つや二つ、、みたいなことをいうのですが、あとで訂正して、いや、二つだな。。。って言うんですよ。
これって、ひょっとして、妻にたいしては喜一郎と、喜一郎に対しては妻と、という気持ちの上での裏切りを、体の裏切りをさした言葉でないのか!?
勝手に深読みして、ここで心鷲掴みにされました。
喜一郎がこだわって貴明をうけいれられない事情は、亡くなった奥さんの雪子のこと。
ずっと仲のよかった3人の一方通行片想いの末、貴明が姿を消したことから喜一郎と雪子が結婚できた。
それへのこだわりと、好きな人を失くす喪失感が怖くて今のままじゃダメなのかと悩む喜一郎。
友情から恋愛への情の移行ははっきりした線引きがないだけに、貴明の押しというか駆け引きは喜一郎には必要だったのでしょうね。
子持ちおっさん同士のゆるゆるは、ほれたはれたのガチンコよりも、なにげにしみじみとおっさんらしい関係だと、縁側の雰囲気なのであります。

『気になるあのこ』もスピンオフ
巽と英司のひげの同級生ワッキーと、優しくて皆に好かれているちょっと泣き虫のピルピル系先生:縁ちゃんとのお話。
ワッキーがひげも生やして、体も大きく一見コワモテなのに、頭がよくて面倒見の良い人だったという意外性がツボ♪
いわゆる男前なんですが、出来すぎた男前じゃなくてイヤミじゃない。
彼が先生を皆と同じ「縁ちゃん」と読んでいたのが、特別を誇示するために「先生」と呼ぶ。
だけど、すれ違いが発生したらまた「縁ちゃん」という呼び名に戻ってる。
相手を意識していれば、この違いは相当ショックなはず!
この何気ない表現が一番胸を掴まれたシーン。

よくよく読み込めば、この切ないの意味と感覚をより深く味わえたので、寝かせて正解でした。
ただ子持ちおっさんが着物きてヘタレてるだけじゃぁ萌えない。
高校生がひげはやして時々メガネというのだけじゃ萌えない。
そこに彼等が動いて考えて言葉を発する、行動をして初めて、そのキャラ設定が生きてきて萌えるのだと、改めて思った作品でした。

3

お父さん

ようやく収まるところに収まったかなというところですか
結局想い続ければ叶う恋もある。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。
そういうことよね!?よね!?
幼馴染で腐れ縁。そんでもって家も隣どおしな二人。
好き→好き→好きのとライアングルから
年月を経て一順した感じ
「やっぱり好きだ」この言葉に思わずジーンとしてしまいました。
まだまだプラトニックですが、いつか!

歳をとって、父親になった二人
けれど、気持ちに歳は関係ないのだなとか
初々しい二人が可愛いなとか。
ついホッコリしてしまうお話(*´∀`*)
メロディーから~のスピンオフなのですが、あんまり前回の記憶がない
そちらも合せてよむとまた楽しいかもしれません。

>>きになるあの子
他の人と同じ呼び方はイヤ
なんか独占欲っぽくてすき。
受のことが好きでどーしようもなくて。
受のこと甘やかしたくて、かまって欲しくて一生懸命な攻ってのがツボです
ごほうび欲しさにしっぽふる犬w可愛いじゃないか
プラトニック解禁まであと少し?
可愛い作品でしたw
強姦もの~なBL読み続いていたので思わずほっこりな1冊

1

気持ちに応える事は出来ないけど離れるのも嫌で・・・

既刊の「小さな恋のメロディ」の主人公たちの父親篇になる今回の作品
こちらは幼なじみ同士で間に亡くなった女性を入れた三角関係みたいな話で
トライアングルに思いが交錯し一人が亡くなってもその影に二重の意味で
囚われる二人の関係です。

設定は結構ありがちなんですが、三角関係の一人は女性、その女性は攻め様が好き
その攻め様は受け様が好き、受け様は女性が好き、でもその幼なじみで3人でいる関係を
壊したくなくて口を噤む。
しかし、攻め様はそれを初めに壊して・・・姿を消してしまう。
その後攻め様と会う事も無くなった残った二人が数年後に再会し結婚するが
幼なじみの女性は子供を産んでから亡くなってしまう。
運命の悪戯のように今度は攻め様の母親が病に倒れた事から再会するがその後母親も
亡くなり、攻め様は結婚していた妻と子供を連れて受け様の隣の実家に住むように
攻め様は妻とその後離婚をして・・・
それから受け様に対する諦める事が出来なかった思いを再び伝えようとする・・・

受け様にとって攻め様は初めから大事な幼なじみでお互い子供がいることで
家族も同然な付き合いを長い間し続きているんですよね。
でも受け様は亡き妻に囚われている。
それは自分が好きだったことと、自分の妻が好きだった攻め様に告白されると言う
なんとも複雑な感情で追いつめられてしまう受け様

既におじ様同士の熟年カップルなんですがそれ故の双方の思いが切ないお話でした。
前作も評価がかなり分かれたシリーズのスピンオフなんですが今回はどうかなぁ~
なんて思いながら読みました。
過去に囚われてる心情が痛いような苦しいようなストーリーですが絶対嫌いになれない
離れられない関係だから余計に苦しむみたいに感じましたね。

気になるあの子、は前作の子供同士が通う高校の先生と髭面の老け顔高校生との
歳の差ラブストーリーです。
先生なのに小動物みたいに可愛い感じで、何気にヘタレさんです。
そしてか弱いくせに生真面目で生徒思いの教師だからトラブルに巻き込まれる
そんな先生が気になってしまうのが攻め様である高校生なんですが
見た目強面なので初めは先生に若干怖がられていたりするんです(笑)
でも受け様を助けた事で二人の距離が縮まる。
縮まり過ぎて攻め様は受け様を好きになってるけど、無理強いもしないなかなか
良い男なんですよね。
でも受け様は混乱してしまう気持ちが先だって攻め様から逃げてしまう・・・
でも再びトラブルになってしまった時に受け様が心で助けを求めたのは攻め様で
先生に合わせた?ピュアなこれから始まる恋のお話です。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ