没落侯爵・音彦と箱入り御曹司・湊(みなと)の恋も収録。

執事と画学生、ときどき令嬢

shituji to gagakusei tokidoki reijou

執事と画学生、ときどき令嬢
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
63
評価数
20件
平均
3.3 / 5
神率
10%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403523076

あらすじ

素顔は明朗快活、そして若干粗忽な画学生。
けれど駆け落ちして失踪中の男爵令嬢と瓜二つだったことから、
女装して身代わりを務める羽目になった来智(らいち)。
一週間後に控えた夏見侯爵とのお見合いまでに立派な令嬢になりきるべく、
執事の竹之内の鬼のしごきに日々耐えるうち、厳しい中にふいに見せる彼の優しさが気になり始め……?

(出版社より)

表題作執事と画学生、ときどき令嬢

幸堂男爵家の執事 竹之内濯
帝国美術大学の画学生 池端来智・20歳

同時収録作品侯爵と御曹司、ときどきモダンガール

夏見乙彦 侯爵
財部湊 虚弱な御曹司(19歳)

その他の収録作品

  • 執事と画学生、ときどき酒乱
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

執事×女装男子

登場人物が全員イイ人で安心して読める、大正モダンが薫るライトなラブコメです。

地方の裕福な家庭の末息子らしく明るくて元気な来智が男爵令嬢に化けようと奮闘する様子が微笑ましかったです。竹之内の冷静なツッコミに笑ってしまいました。

執事モノってなんとなく下克上…というか「実はドSな執事」みたいなギャップが良しとされている気がしてそこまで好きなジャンルではなかったのですが、竹之内は根っからの生真面目な青年で好きでした。

来智と竹之内のお話をもっと読みたかったなーと思うので評価は「萌」です。

0

これは音声化して欲しいな

ときどき開催「金ひかる祭り」

何故かツボにヒットする確率の非常に高い、金ひかるさんが挿絵の本。
今回は小林典雅作品。
後書きで作者様もおっしゃっているとおり、それ程「はっちゃけたお話」ではありませんが、「号泣ネタ皆無のストレスフリー」な「和みと癒しの読書タイム」。
登場するキャラ達や設定は、ちょっと浮世離れしているけど、時代の設定が絶妙で、こんな時代なら、それもアリかもとすんなり受け入れられるし、結末もそれぞれみんな幸せそう。
寝る前に、お風呂の中でサクッと読んで、気持ちよくおやすみなさいってできるお話。

そして、このお話の画学生・来智。
もう最初からこのキャラは下野紘さんの声で脳内再生!
箱入り御曹司は阿部敦さんかな。


1

軽くて楽しく、ときどき爆笑

時は大正、所は帝都……
とくれば、読まずにはいられまいという、好物の設定だけれど
正確な時代考証やら大正ロマン歴史物語を期待し過ぎずに、
レトロな雰囲気のラブコメくらいに思って読むのがよろしい。

爆笑する程弾けてはいないけれど、軽くて読み易く
気持ちよく笑いながら楽しんで読める一冊でした。

お話は2つ+SS。
1つ目は、失踪した華族のお嬢様の身代わりで
お見合いをさせられる画学生と執事のお話。
2つ目は、そのお見合い相手のイケメン侯爵さまと病弱な深窓のお坊ちゃまのお話。
最後のSSは、画学生と執事のその後。

表題作の見所は、鬼執事への文句を防音室で一人で喚いているところ。
その前の落書きシーンもいいんですけれどね。

個人的には、2話目の方が好み。
侯爵さま、いいなぁ!
やんごとなきご身分ながら、案外苦労人、現実的でバランス感覚に優れた侯爵様と
世間知らずここに極まれりの純粋培養くんの、なんともズレた組み合わせが楽しい。
笑いながら、キュンキュンしました。

どちらもエロはそれなりに充実(笑)

そして、なんと言ってもオオトリは最続き後のSS!
酔った画学生の痴態がなんとも可笑し可愛い!
チン拓ですよ?チン拓!!
最後で大爆笑してしまったのでした。

4

ちょっと残念

作家買いしている大好きな小林さんの作品。
大正浪漫風のお話で、小林さんの変態お笑い風味は薄めです。
小林さんの作品の中ではかなりパンチの弱いものだと思います。
うーん、残念。

受けの来智は画学生。
元気な粗雑、一般人代表って感じです。
大学教授の叔父夫婦に可愛がられており、この時も叔父にタカリ(笑)にやってきた。

攻めは男爵家の執事、竹之内。
来智へお嬢様教育をほどこし、なんとかお見合いを成功させようとしている。

叔父を迎えに男爵家へやってきた来智が、実は男爵家ご令嬢にそっくりだったことが発端。
男と駆け落ち中のご令嬢の身代わりでお見合いをすることになるストーリーです。

一週間後のお見合いまで続けられるご令嬢レッスンで、徐々に来智と竹之内が心を通わせることになりますが…ちょっと弱いかなー。
レッスンもあまりビシバシがなく、どうせならもう少しSっけがあれば良かったです。
とにかく竹之内が無口(この時代の執事なんてこんなでしょうが)なので、気持ちの移り変わりが良くわかりません。
わたしは執事さんも敬語責めも萌えないので、よけい入り込めなかったのか続きもしれません。
どうせなら来智には、お見合い相手の夏目侯爵とくっついて欲しかったかも(笑
この夏目侯爵はなんとも小林作品らしいキャラ。
竹之内が若干地味なため、どうしても派手な夏目侯爵に目を奪われてしまいました。
夏目侯爵のショートが収録されていて、そちらの方が楽しめました。
そちらは夏目攻めで、病弱で資産家のスーパー箱入り息子が受けです。

3

あっさりサラダ風味

今から90年前くらいのお話でしょうか。タイトルから、こりゃまたトンデモなお話なのかと期待ワクワクで読んだのですが、コミカル要素があまり感じられず、典雅節も薄い…。
でもやはり面白いんだよ典雅さんですもの。つる~~~っと読めちゃいました。

表題作は、平民画学生の池端来智(いけはたらいち)が、行方不明になっている男爵令嬢の身代わりをすることになるお話。
失踪した令嬢に偶然瓜二つなため、ちょっと粗忽者だけど純真で天真爛漫な男の子が、男爵家の鬼軍曹ならぬ鬼執事にしごかれながら、しっとりしとかやなお嬢様に変身させられるのです。たった一週間で。
感情を顕にしない機械のような執事の竹ノ内が、ときどき見せる優しさが気になって、だんだんと…という楽しい展開です。
わかっちゃいるけど、こういうのってやっぱ面白い。だってマイフェアレディだものこれもまた。

しかしもっと面白かったのは、同時収録作のスピンオフのほうでした。
表題作で、来智演じる野百合子様の見合い相手として登場した夏見音彦侯爵の救済措置が嬉しかったです。
とても良い味を出して、竹ノ内執事を食う勢いの存在感を見せていた侯爵様続きだっただけに、一冊の中にスピンオフがあるだなんて、なんというお得感!
一粒で二度美味しいを子供時代に刷り込まれてる世代としては、こういうのほんと嬉しい限りです。

その侯爵様、没落しかけの上級華族である自分の立場を認め、妙に達観したようなところがあるくせに、心の奥底には熱いものを隠し持っている感じがします。
飄々として日和見なことを言いながらも、現状がなにもわかっていないお姫様育ちの母親のために、資金繰りを考え行動したりと、実はできる男なのです。
そんな公爵様の心を掴んだのが、平民ではあるけども大金持ちの箱入り息子の財部湊(たからべみなと)。
溺愛しすぎの親に、今だったら間違いなく虐待と言われそうな育て方をされている湊は、生まれた時からお屋敷から外に出たこともなく、大好きな冒険もの小説でしか外界を想像することもできないために、ときどきおかしな言動が飛び出します。
「僕、人間の友達は来智くんしかいなくて…あ、『人間の友達は』って言うと、もしかしてほかに『河童の友達』ならいるのかと疑われたら困るんですけど」には吹き出してしまいました。
これですよ!典雅節。こういうのがもっとたくさん読みたかったけど、今回はあまりなかったんですよねえ。
出版社にもよるのかな。ディアプラス…ページ数が少ないですもんね。仕方ないか。
それでも短いなりに良い塩梅にまとまっているし、とにかくキャラが生きている。
この人達はもうとっくに亡くなってるんだよな~なんて思ってしまうほど。最初から実在してないってことはわかっているのに。
いやなこともスカッと忘れさせてくれる効果があり、今回も元気いっぱいいただきました。


2

ちょっとカラーが違う典雅さん?

私はこれ好きです。

確かに、もともとの小林さんの持ち味とも言える、いわゆる『典雅節』を期待したらちょっと物足りないかもしれませんね。
でも、会話(や心の声)が特に『イヤ、やっぱり小林さん』だな~という感じでした。

ただ私は、申し訳ないですが『典雅節』全開にされると、ちょっと濃すぎて鼻につくこともあるので、これくらいの方が楽しめました。正直なところ、花丸文庫の小林さんの作品で、ストレートに『好き!』と言えるのは『嘘と誤解は恋のせい』くらいのものです。

表題作は、もともとは雑誌掲載作(シャレード)ということですので、花丸の前になるんですよね。

小林さん、『実はヘンタイ』を書かせたらホンット上手いな~と思います。あれ!?褒め言葉になってますよね?
表題作も、執事・竹之内(攻)のキャラクターのヘンタイ具合がなんとも好みでした。執事攻も敬語(丁寧語)攻もあんまり興味ないんですが、コイツの前ではもうそういうのどうでもよくなりました。

来智(受)も結構好きですね。健気というよりはやんちゃで、(当時のことはわかりませんが、たぶん)ごく普通の男の子だと思うんです。それが続きわけがわからないままに巻き込まれて、『令嬢』としての特訓を受けるんですが、鬼執事に文句タラタラだったのが次第に惹かれて行く、その過程の気持ちの動きが自然でした。

うん、本当に気持ちがいいくらいのハッピーエンドでしたね。面白かったです。

私はそれよりも、書き下ろしの別CPもそれはそれでよかったんですが、表題作CPを丸ごと1冊分書いて欲しかったと思いました。まあSSはありましたが。

でも、トータルではよかったです。好きですね。

5

わたくしの好きな方は鬼のような方なのです。

個人的にこの作家さんの醸し出すユーモラスな表現と文章が好きなのですが
今回の作品はパンチには欠けている部類かも知れませんね。
面白くないとは言わないけれど、最高とも言い難いかな。
作者既刊の「なぜあの方に恋したのかと聞かれたら・・・」の雰囲気が
和風で大正ロマン風にしたような作品だったような気がします。

華族の令嬢と瓜二つだったことから、見合いを前に出奔してしまった令嬢の
身代りに、令嬢を探し出すまでの間、最悪見合いの日までの身代りをする事に
なった画学生の受け様と、華族の執事である攻め様との恋のお話です。
即席のお嬢様に仕立てる為に、鉄仮面バリで感情を見せない執事の特訓を受けながら
日々令嬢の振りをする受け様なのですが、粗野な性格が仇となりながらも
なんとか頑張っている姿は微笑ましいのです。
そして見合い当日侯爵に気に入られてしまい、更に男だと言う嘘もバレてしまうが
性別を関係なく好きになったと侯爵に告白される受け様。
果たしてその結末は?なんてハッピーなお話です。

書下ろしは、受け様の見合い相手だった侯爵さまと、民間ながらも事業が成功してる
続き産家の病弱な箱入り息子とのほんわかラブです。

短編は画学生の受け様が酔っぱらって、普段とは違いすぎる程いやらしく積極的に
なって、攻め様を目一杯楽しませるお話です。
チン拓を取りたいと言いながらも、やっぱり自分に入れて~なんて・・・
お酒は程ほどにと言う教訓&攻め様は再び飲ませたいよね?ってお話です。

5

ちん拓!?・・・喜劇の舞台を見ているようでした。

アクの強いぶっとび展開の典雅節のほうが好きな自分には、それが薄まってるディアプラの文庫は実は今ひとつパンチが弱く感じてしまう。
学生で例えるなら(?)進学校で異彩を放つ成績は中くらいだけど個性が強い生徒、みたいな立ち位置?
しかしながら、割とこの作家さんの特徴のスれてない主人公、もしくはすごく庶民的な主人公、という点は笑いを導き出す元になってはいると思います。
今回のお話は、まるで舞台の脚本みたいな印象を受けました。
元々、ポンポンと交わされる軽妙な会話と、ツッコミがちなモノローグが愉快を産んでいるので、
それと時代設定が大正時代の上流階級と一般庶民という設定のために、余計に劇調の印象を抱いたかもしれません。
でもそれは、文章を読みながら頭の中で画面が動いて見えるという想像力をかきたてますね♪

表題は、大学教授をしている叔父におねだりをしようと、画学生の来智が叔父の訪問先の男爵家に出向いたところ、そこのお見合いを目前に失踪した令嬢と瓜二つということで使用人たちに間違われ、そして、叔父の欲と引換に(笑!)女装をして令嬢の身代わりに、そして1週間、令嬢としての特訓をするこ続きとになる。
令嬢の立ち居振る舞い、マナーなどなどを厳しく指導するのは執事の竹之内。
元々不本意である上に、厳しい指導に来智にとっては竹之内は鬼執事w
だけど、気を使ってくれたり、褒められたのが嬉しくて彼が気になり迎えた当日・・・

恋愛うんぬんより、ごくごく一般庶民である来智が、体験する色々な柵と建前にしばられて不自由な上流階級の理不尽でおかしいと思う部分に、文句を言わせるのが多分面白い面なんだと思います。
着物の裾から足が見えたときに見苦しいからと毛を剃ったり、寝相が悪いからと寝るときに足を縛ったりとか、来智にとっては変態執事w
一番面白い場面は、眠れない来智が竹之内の似顔絵を書いてそれに落書きをするシーンですね♪

そして、経済的に苦しいためにお見合いをした相手の侯爵のお話が次の『侯爵と御曹司、ときどきモダンガール』
華族の虚飾の現実を身をもって知っている侯爵は、お見合いで本当は来智を気にいるのですが、結局振られた本編のラスト。
まだ来智があきらめきれない侯爵は、来智が資産家の家の息子の絵の先生をしていると聞きつけて、顔を見に行こうと口実をつけて出かけるのです。
まるで映画俳優のような甘いマスクの侯爵に惚れてしまったのが、来智が教えている生徒の湊。
彼は生まれた時から病弱で長く生きられないと言われたために、過保護に育てられ外へも出られない超箱入りの子息。
侯爵が来智に目が向いているのがとてもショックで、絵のモデルを口実に彼に家に来てもらうことに。
モデルだけではつまらなくなった侯爵が、湊を外へ連れ出す計画を。
しかし、2回目の外出の時出かけたデパートが火事になり。。。
これも恋愛的には、箱入りの一途な片思い、そして侯爵のほだされでしょうか?
一見箱入りを侯爵が弄んでるようにも見えなくもないですが、、これってひょっとしてモノ好きなんではないだろうか!?
箱入りゆえに天然の湊が物珍しくて手放したくなくなった?それと火事という危険な目にあった吊り橋効果も?

一番愉快だったのが『執事と画学生、ときどき酒乱』
湊が侯爵に話した来智が神谷バーへ行った時の話。
酔っ払った来智はかなり奔放で愉快です。
そのあげく「僕は濯さんのここも好きだから拓本とってもいいですか?」
・・・チン拓です・・・しかししようとしたら興が乗ってきてしまって、結局エッチ突入。
酒乱のせいで淫乱になってる来智に竹之内がほくそえむというお話(爆)

むずかしいです!
一体なにを基準に評価するばいいか。。。なので萌えよりの中立。
やっぱり花丸のはじけた典雅作品のほうがすきだな~

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ