拘束プログラム

kousoku program

拘束プログラム
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌10
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
52
評価数
20件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288140

あらすじ

大学入学を機に念願の一人暮らしを始めた超資産家の孫・華月春真(カゲツハルマ)は、母が雇ったボディガード・呉橋昇陽(クレハシショウヨウ)に付きまとわれて困っていた。「いつも傍にいて必ず春真を護る」という言葉通り、地下鉄で春真を襲った痴漢を容赦なく撃退した昇陽。でも、痴漢に襲われたことを秘密にして欲しければ「自分自身を差し出せ」と、純情な春真は昇陽にファーストキスを奪われてしまう。一生懸命で不器用な春真の可愛さに溺れていく昇陽の本音に気づかず、このままじゃカラダまで食べられちゃう…と春真は不安を募らすのだった!!意地悪ボディガード×ウブ坊ちゃん★ちょっぴり危険なラブコメディ!!

(出版社より)

表題作拘束プログラム

呉橋昇陽 受け様専属ボディガード
呉橋昇陽 受け様専属ボディガード 華月春真 超資産家の孫で大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数10

ずっと一緒

学校、バイト先など、全ての生活の範囲になぜかついてくる、SPの昇陽と大学生の春真のお話です。

 春真は資産家の家に生まれ育ち、大学入学を機に親元を離れたのですが、親の都合で昇陽をボディーガードとして付けたのです。何でも自分でやってみたい春真からすれば、気の毒だななんて思いもするのですが、やはり春真はお坊ちゃまだなと思うことも多いのです。昇陽が熱を出さないようにブランケットを掛けたら自分が風邪を引き、子どもが線路に落ちるのを助けたかと思えば、自分が落ちてしまったりと、やはり昇陽がいないとダメかもと思うのです。

 昇陽も心なしか春真のお世話が楽しそうな気がしますが、少し遊んでいるのかも知れません。

0

安定した王道

こうじま奈月さんの作品なので、大きくはずすこともなく、安定した王道作品といった所でしょうか。

世間知らずでウブで純粋な箱入りお坊ちゃんと明るく飄々としたボディーガードのカップリングです。歳の差カップルは大好きです。こういう性格の2人は、食べ合わせ(?)が良いというか、BLとしてしっくりくるんですが、何ていうか、大きくきゅんとくるシーンも特になく、なるべくしてカップルになって終わった感じがしないでもないです。

ただ、主人公の春真が泣き癖があるのか?てくらい涙もろく、小さなことに動揺しては涙を浮かべる様はなかなか可愛かった。本当に大学生なのか。
あと泣きボクロも好みでした。
個人的な意見をいうと、ボディーガードの昇陽がちょっと軽すぎるのが苦手でした。


0

か、可愛いvv

確かにこのお坊ちゃま、可愛いかったです。
すれてない、ひねくれてない、素直!
勿論容姿も可愛い系。

超資産家の孫に生まれたばかりに、
大学生になったにも関わらずSPに付きまとわれる毎日。
そのSPが春真にとってチャラ男っぽい感じなので、いつも喧嘩ばかり。
(春真が一人でキャンキャン吠えてる感じで喧嘩にもなってないかもですが…(^^;)
ですがSPを付けるのにも理由があって…(春真には知らされてないですが)

お金を持ち過ぎると、やはりいろんなイザコザが身内内で起きるわけです。
今回の場合は伯父さんが悪い人たちと結託して、お祖父さんの財産を狙ってる。
それを知ったお祖父さんは怒って自分の財産は春真の父親と寄付をする!
と言ったもんだから、伯父さんが春真を狙わないようにと仕向けたSPだったのです。
結局誘拐されそうになってましたが…超金持ちも大変だね。

この本ではなかなか恋には進展しませんでしたが
最後の方でようやく恋人関係になれたのかな?
勿論、体はまだキレイですが。
それは次に続く???

0

意地悪な大人と意地っ張りでウブな子供‼

続編「束縛プログラム」販売にあたり、購入前に再読。

一年たっていないのに、残念ながらほとんど記憶になかったこの作品‼
読み始めると、「そうそう…こんな話だったと」思い出すんですけどね…。
こうじま先生は好きなだけに、ややショック。
印象が薄い作品というまではいかないし、ラブコメでそれなりに楽しいお話なんですけどね。
年の所為にはしたくないところですけど、最近よくある様な気が…若い頃はこんな事なかっただけに、年々感じる記憶力の低下にさみしくなります。
昔に比べると、BL作品が多くなって、それだけ読みたい作品が増えたってことなんだよ…と自分に言い聞かせてみたり(笑)
たいぶ外れてしまいましたが…すみません。

内容は意地悪ボディガード•昇陽×超資産家のウブな坊ちゃん•春真のちょっぴり危険なラブコメです。

不器用で意地っ張りだけど、いつも一生懸命で素直な春真。
色っぽさを象徴している泣きホクロも大好きですけど、
なにせよく泣きます(笑)その泣き顔が可愛いんです。
冷静でいなくてはならないボディガードを、ドキッと危険な気持にさせるくらい‼

昇陽は意地悪な続きんだけど、だんだん春真が可愛すぎて、構いたくてしょうがないっていう意地悪さんで、私的にはツボでした。
執着していくっぷりも、読んでいて楽しいところ!
いつもは敬語だけど、関西弁で話すところも良かったです。
もっと聞きたかった(笑)

おたふくネタが面白かった(笑)
おたふくで腫れた顔の春真が可愛いんですけど、ある所も冷やされちゃったの?な羞恥プレイに大笑いでした。

ボディガードなのに、意地悪にしても、可愛すぎるからの理由にしても、キスばっかりしてもいいものやら…ウブで素直な坊ちゃんには刺激が強すぎますよね(笑)
そこがBL的王道な展開で、どんどんお互いに好きになっていく要素なわけなので、美味しいといえば美味しいのですが‼

こうじま先生らしい、可愛らしいお話でした。
ただ、昔の作品に比べると物足らなさを感じるだけに、最近評価が下がり気味になってしまうんです。

結局ことがおさまるまでは、ボディガードという立場で…な事になったんだけど、恋人でもあるので、
今後は、微妙な関係と、Hな進展を期待したいなあと思います。
昇陽の兄達が凄く気になるところ!

0

好みの属性なのに萌えられず…

個人的に大好きなコミュ障ツンデレピュア受けだったのに、何故か全然
キャラ萌えが出来ませんでした。何でだろう…と自分なりに考えて
みたんですが、やっぱり終始うるさいのが原因なのかなー、と。

攻めがなかなか食えないやつなので、気に食わなくて反抗するのは
分かるんですが、それが子供っぽすぎると言いますか…。お坊ちゃま
だから、と言わればそれまでなんですけど、大学生にもなって「やだ!
お前なんか嫌いだ!」的なスタイルを最後の方までとられてしまうと、
正直読んでて疲れてしまいます。これも好みの問題だと思いますが、
私はあまり好きじゃない…(汗)

あと気になったのが、春真がピュアだったり素直な面を見せた後に、
いちいち昇陽のたまんねえ的な言葉だったり心情だったりが入ってくること。
しかも、「前にSPをやってた時は~」という語りもオプションで毎回
ついてくるので、2回目以降は、いや…それさっきも聞いたっス……という
デジャヴに襲われました。(「ガキのお守りなんてって思ってたけど~」
と言うのも確実に2回は聞いた)

昇陽の性格が結構好みだっただけに、「やべぇこ続きれは今までと違う。
こんなピュアと触れ合ったのは初めてだ(※意訳)」というアピールが
強すぎたのがすごく残念です。1回聞けば十分だよ昇陽…。

初こうじま先生作品でしたが、他の作品もこういう感じだとしたら、
もしかして私には合わないのかな…と思ったり。基本テンション高い
ラブコメは好きなんですけど………うーん。

2

ウブってどうなのよ?

こうじまさんの作品を自ら読むことは
多くはない理由の一つに
名前の独特感があります

読みにくく覚えにくい
私の脳内では、警護の人とおぼっちゃまと
覚えることにしています

このおぼっちゃまが人付き合いが
得意ではないウブという設定なのですが

男のウブはやはり需要があるのでしょうね
わがままほうだいの、無知野郎とはちがい

このおぼっちゃまは、理解しようとはしている
ため、苦手ではなかったです

恋している状況というのを楽しめる作品ではないですが
大人と少年という大きくかけはなれた

としの差を楽しむのでもなく
男気とおぼっちゃまという萌えはあるのだろうなと
思えた作品でした

2

何故か

今回は受に萌えられない作品でした。
こうじま奈月先生の作品は受が大好きな作家ですが入りこめませんでした。
いつもの元気系の美人さんが好みなだけに何か入り込めず…。
天然はいいんですが、素直すぎなのかな…。
もう少し天の邪鬼な子がすきですね。
話としては初心者に読みやすいですね。

1

まぁまぁ

ところで、消えたチン子はもう帰ってこないのかしら
(よもや女子の言葉とは思えない・・・↑)
てなわけで、こうじまサンの新刊思わずゲットしてしまいました。
やんちゃで無鉄砲気取っている風なのに、育ちがいいから
思わぬ所で律儀という、なんだか不憫なんだか天然なんだかな受が可愛い1作でした。
親の引越しのため、一人暮らしを手に入れた受。
なのに、親につけられたボディーガードがいつもそばにいる。
じゃーーーーーまーーーーーっ!!
オレってば一人でなんとかできるんだからな!な強がりよろしくなお話。
設定、ストーリーともに、そんなにインパクトはないのですが
安定感はあるかなという感想。
なきぼくろは、色気狙いなのかな~な感想なのですが、
せっかくなら、いつものヤンチャなガキンチョのほうが好みだな。。

エロは薄め。
なにより、チン子がない(見えない
ここだけに限らずだけど、ナニがないのはいかがなものか。
モザイクかけすぎて形状なくなっちゃってるもんな~最近
ブツが全てではないのだけれど。。

1

美人受最高!

あらすじ省略。

こうじまさんの作品の受けは割と可愛い系が多かったと思うのですが、今回は美人受け!
なのに天然というなかなかの破壊力!!
かっこよくて色っぽいのに可愛いという、悶絶ものの受け様でした。しかも天然誘い受けの素質アリ(笑)

しかしえちシーンの無さにびっくり……(*_*)
最近そういったシーンが少なめのコミックはありますがここまで露出がないのにも驚きました。

でもほっこりきゅんきゅんする作品だったので萌評価をつけさせていただきました(*^^*)

1

お坊ちゃまは意地っ張り

資産家の孫と元SPで、民間のボディーガード会社に所属してる二人が恋人になるまでを
描いたコミカルで、でもちょっぴり切なく苦しい恋のお話(受け様視点では)

お坊ちゃま育ちで世間知らずな受け様は、大学入学と同時に憧れの一人暮らしを
する事になるのですが、何故か実家の母から実家に帰るまでの間にボディーガードを
付ける事にしたと言われ、現れたボディーガードの攻め様は、受け様を子供扱いし
仕事以上に構いたててくるような男で、受け様は何とか振り切って逃げようとするが
何をするにもベッタリ張り付かれて、挙句おふざけのようにキスされて・・・

お坊ちゃま育ちで純情で、泣き虫だけど意地っ張り、初めはガキの子守と思っていた
攻め様もいつの間にかそんな受け様を構っている事が楽しくて、ボディーガードとしては
かなり失格的な事を受け様にしてしまったりしてるのです。
そして純情受け様は、そんな攻め様にいつしかドキドキしちゃうけど、
攻め様が仕事だから子供の相手をしているなんて言ってる言葉を聞いてショックを・・・
誤解と擦れ違い、そして受け様に迫る危険、大人になろうと背伸びをする受け様続き
そんな受け様を本気で好きになってしまう攻め様。
受け様を危険から守る為の拘束プログラムが恋人束縛になるかもしれないお話です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ