絶対者に囚われて

zettaisha ni torawarete

絶対者に囚われて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
7件
平均
2.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ブライト出版
シリーズ
ローズキー文庫(小説・ブライト出版)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784861232824

あらすじ

家族の復讐を誓う友那は西井組組長・本俊と再会する。助ける代償は「友那自身」。そして、荒々しい陵辱に友那は淫らに堕とされ…!?
バーバラ片桐の大人気「絶対者シリーズ」が文庫化!

表題作絶対者に囚われて

元神城組員の西井組組長 西脇本俊
家族を殺された神城組長の息子 神城友那 大学1年

その他の収録作品

  • 思い出
  • 今日も明日も(漫画)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ヤクザものらしい愛し方

懐かしい作品の文庫化再販ものです、もう、7年くらいなるのでしょうか。
親兄弟を奪われや名前だけのヤクザの息子、やくざ稼業を嫌い普通の生き方を
望んでいた受けになる友那が突然悲しみの底に突き落とされる。
そんな時に思い出すのが子供の頃懐いていた組の人間で攻めになる本俊の姿。

それでも突然何も言わずに目の前からいなくなった本俊と傲然自失のまま
親兄弟を殺した組織と思われる組へ単身乗り込もうとしていた時に再会し、
仇を討つためにはどんな事でもすると言う友那に仇を討つ手助けをするからと
無理やり信頼していた本俊に凌辱され、解決するまで人形のように言いなりになり
軟禁生活を余儀なくされる日々。

信頼して慕っていた本俊からの裏切りの凌辱、そして浮かぶ上がる疑念、
身内の組員からの密告、擦れ違いと誤解で揺れ動く友那と傲慢な本俊。
本俊のヤクザらしいというか、不器用な愛情を感じさせるお話です。

1

俺の天使

旧版を全面改稿(ストーリーは変えずにわかりやすく)と書き下ろし【思い出】が入った06年のアルルノベルスの新装版。

博徒系の広域暴力団神城組の組長である父親と、母親と兄が車の事故で亡くなり、たった一人になってしまった次男の友那。
敵対する組の仕業かもしれないと通夜の夜、怒りと悔しさから唐突に疑われる組に行こうとした時、7年前に組を破門になった友那が懐いていた男・本俊と再会するのです。
仕返しをするためなら何でもするという友那に、大きな勢力の組の組長となっていた本俊は憎しみを覚えろと、友那を手篭めにし、オレの女になれというのです。
こうして本俊に囲われ身体を開発される中で、思いだす本俊への過去の信頼と思いと、自覚していく恋心。
神城組が解散することになり、本俊の組がその中で使える者を引き取るということで元組員が出入りするようになるのですが、そこに友那に近づいてい来る男があり、衝撃の事実を告げるのです。

展開としては、無理矢理犯してオンナにする。
しかし、そこに二人の過去があって回想されたりするために痛さはありません、
様々な責め苦も快感を引き出すものであり、終われば続きそこには本俊の愛が垣間見えます。
彼にとっては友那は、子供の時からの彼にとっての天使なのでしょう。
そこは書き下ろしの【思い出】に過去の真実も含め描かれています。

さほど痛さも感じずに、甘さの予感と余韻が大きいです。
親兄弟を殺した犯人は誰だったのか?
この辺りも展開の中で見えて行きます。
割と王道の過去の気持ちありきの、再会と本俊は友那の王子様は大げさですが、友那を裏切らない人だったといえるののかもしれません。

海老原さんの漫画が、ほっこりさせます。
作中に思い出のホットケーキが登場しておりましたが、やけに本俊がキラキラしてました(笑)
続編の新装版も改稿されて10月の予定だそうです。
楽しみに待とうかな?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ