胸さわぎのナビシート

胸さわぎのナビシート
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
13
評価数
3件
平均
4.3 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
オヴィスノベルズ(小説・茜新社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784871824170

あらすじ

幼い頃から大事にしてきた従兄弟の明良に振られた沢田一秀は傷心の日々。
不注意から若き実業家・冬貴の車と接触しかけ、以後なにかと強引な冬貴に車で連れまわされる羽目になった。
派手な外見で口説き文句を連発する冬貴に反発しつつもペースに乗せられてしまう一秀は、生徒会の明良絡みのゴタゴタから逃げ出して自ら冬貴の元へ来てしまうのだが…。
胸さわぎシリーズ第5弾。

表題作胸さわぎのナビシート

冬貴 モデル兼モデルクラブオーナー
沢田一秀 高校生

その他の収録作品

  • 胸さわぎの夏休み
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

大好きな冬貴×一秀カプですヽ(*´∀`)ノ

『胸さわぎ』シリーズ五作目、冬貴×一秀カプです。
シリーズで一番好きなカプです。
ヽ(*´∀`)ノ

幼い頃から従兄弟の明良の事が好きで彼を守ってきた一秀。
明良の父親と自分の母親が再婚し、一緒に住む事になった。
明良に恋人が出来て落ち込んでいた一秀は、予備校帰りに信号を無視してしまい、車に轢かれそうになってしまった。
車にぶつかってはなかったものの、心配し車を飛び降りてきたのは金髪の長い髪をした男性、冬貴だった。
何かあったらと連絡先を教えてくれた冬貴だったが、帰り際、一秀に突然キスしてきたのだった。
翌日の放課後、帰宅しようとする一秀だったが明良が藤島キスしているところを見てしまった一秀。
落ち込んでいたところ、校門を出た所で昨晩轢かれそうになった真っ赤なフェラーリが止まっていた。
待っていた冬貴はドライブに誘い、一秀は断ろうとしていたが、先ほどのキスシーンが頭に甦り、彼とドライブへ行く事にした。
そして冬貴は何度も一秀にキスをする。
帰宅した一秀に明良は香水の匂いがすると言い、明良と言い争いになった一秀は思わず明良にキスをしてしまう。
泣きながら抵抗す続きる明良。
翌朝から明良に無視される一秀は、学校へ行ってからも明良の友達である由也に責められ、藤島にまで「自分のものに手を出すな」と言われてしまった。
今まで十数年、明良を守ってきたのは自分なのにそんな事を言われ腹の立った一秀は、藤島を殴って学校を飛び出した。
そして一秀は冬貴を思い出し彼に電話し、彼に会いに行った。
その後一秀は冬貴に抱かれるのだった…。


カズちゃん、切ないです。
(´;ω;`)
今まで愛しくて守り続けてきた明良を奪われ、フラれてしまうし。
しかも明良にキスしたら、みんなに責められる。
かわいそすぎだよ…。
でも、冬貴と出会えてカズちゃん良かったです。
大人で、大きな心でカズちゃんを包んでくれて愛情を注いでくれる冬貴。
やっぱり鷹野と藤島子どもで由也と明良を泣かせてばかりだけど、大人で優しい冬貴はカッコいい!
ヽ(*´∀`)ノ

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ