官能小説家は傍観中♡

kannoushousetsuka waboukanchu

官能小説家は傍観中♡
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784796405584

あらすじ

大御所の官能小説家・天堂近衛と恋人になった担当編集者の宮野若葉。一緒に住むようになりH三昧で幸せに過ごしていたはずが、部署異動の話が舞い込んで――!?

官能小説家は傍観中(書きおろし)/官能小説家は奮闘中(書きおろし)/官能小説家は奮闘中、その後(書きおろし)

表題作官能小説家は傍観中♡

天堂近衛,純文学出身の大御所官能小説家
宮野若葉,中堅出版社で近衛の担当編集者

同時収録作品官能小説家は奮闘中

龍桂,紅葉の恋人でスポーツインストラクター
谷本紅葉,龍の恋人で最近売れ始めた官能小説家

その他の収録作品

  • 官能小説家は奮闘中、その後
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

安定感

官能小説家シリーズ9作目、まさかこんな風に続編が出るとは思っていなかったので
かなり嬉しいし、近衛×若葉と龍×紅葉の恋人としての暮らしと言うよりどこか
夫婦的な落ち着いた信頼関係を感じさせるような続編になってる気がします。

個人的にはかなり面白い、それぞれのカプが日々の中で持ち上がった問題を双方のカプが
それぞれ乗り越え、成長している。

近衛×若葉の二人は同居しながら、プライベートと仕事を上手に折り合いながら
それぞれが無理に相手に合わせることなくそれでも寄り添っている大人カプ。
若葉の上司で官能小説大好き編集長が引き抜きで他所へ移ることになり、
編集長に若葉が一緒に行かないかと打診される話です。

前の二人なら若葉は近衛から離れたくない、近衛は手放したくない、相手に執着し
束縛しなんてことになっていたと思うのに、今回の出来事で何があっても二人の絆が
揺らぐことなく相手の生き方を尊重できる流れでしたね。
切なくて苦しい恋から穏やかな愛情になったように感じて素敵でした。

龍×紅葉カプは、まだまだ若さで暴走しがちな雰囲気はあるものの、
こちらの二人続きもやはり強い絆を感じます。
喧嘩しても仲直りが出来る、龍の怒る態度が頑固オヤジみたいで面白いし、
若葉は良妻賢母ぶりを発揮しているようでした。

そしてトラブルは龍の身に降りかかる、インストラクターで働く龍がセクハラで
訴えられる寸前でそのことを二人で乗り越えていきますが、
互いに相手を守りたいと思う気持ちが強く感じられる展開になっています。
若葉の成長がかなり目を引くものがありましたね、相手を信じ守る。
龍が怒ると解っていても愛されるだけで満足さず溢れんばかりの愛を注ぐ。
戦う紅葉は天然ぽいけれど素敵です。

こんな風にそれぞれのキャラのその後を短編的に読めるのはとても嬉しいですね。
全て書き下ろしで思った以上に楽しめて得した気分です。=

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ