天狗の恋バナ 弐

tengu no koibana

天狗の恋バナ 弐
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
Santa Maria<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
28ページ
版型
A5

あらすじ

夏コミ発売「天狗の恋バナ」の続編。
またまた八尺坊が不動山まで恋の相談に。お礼に春画双六野外版を置いていってくれたので、剛籟坊と雪宥が早速レッツプレイ!

表題作天狗の恋バナ 弐

剛籟坊,不動山の主
土岐雪宥,天狗修行中

評価・レビューする

レビュー投稿数1

どんぐりネタは禁忌

商業誌「天狗の嫁取り」「天狗の花帰り」の番外編同人誌2作目になります。
13/8のイベント新刊で13/3イベント新刊「天狗の詰合せ」に続いての番外編です。

私の一押しポイントが双六、それも人間界では目にかかれないエロものです。
天狗界のアイテムなのでしょうか、春画双六、エロそうでしょう?
そして、剛籟坊の自称親友である八尺坊が人間で元サッカー選手の慶太とのことを
恋相談する内容の2作目です。
八尺坊の恋がどうなるのかも気になりどころなのですが、慶太のした行動が
八尺坊と手下である烏天狗たちに衝撃を与えたという内容なんですが、
これは、雪宥も経験したことがあるどんぐり事件でもあります。
どうしてどんぐりが残酷なのか、商業誌同様番外編同人誌でもまたしても気になる。
先生どうしてなのか教えてくださいと言いたいくらいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ