BlueMoon,Blue ~between the sheets~

bluemoon,blue

BlueMoon,Blue ~between the sheets~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神135
  • 萌×263
  • 萌27
  • 中立12
  • しゅみじゃない7

177

レビュー数
37
得点
1020
評価数
244件
平均
4.3 / 5
神率
55.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
ISBN
9784403664670

あらすじ

「ここも、ここも、ここも…。ぜんぶ俺のものだろう?」

恋人同士になって囁く愛の言葉もより甘くなった外資系ホテル社長の一瀬。
上機嫌の一瀬とはうらはらに、高史は価値観の違いにグッタリしてしまう。
そんな彼の前に、高史にベタ惚れのワンコ・宏大が現れて――!?
甘い口説き文句と上質な会話、とびきり甘いLove Romance。

表題作BlueMoon,Blue ~between the sheets~

一瀬,外資系ホテル社長
青葉高史,魔性のバーテンダー

その他の収録作品

  • _xyz(描き下ろし)
  • ドラマCD between the sheets アフレコレポートマンガ
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数37

大人の色気とは、これだね

表紙からして色っぽいです。うっかりその辺に置いておけません。

前作に引き続き一瀬さんと高史のベッドシーンがかなり濃厚で、色っぽいったらありません。最初の方の二人の絡みなんか、その角度から描くかぁ!っていうところがあって、とても正確に細かく描かれているので、モデルさんでもいらっしゃるのかなと思ってしまいました。

今回はフレッシュな宏大くんという若者が登場し、ガンガン迫ってくるので、そこも新鮮でした。一ミリたりともなびかないんですが、この子を入れることによって一瀬さんの大人の魅力が余計に増して見えます。

バーが舞台なだけあって、美味しそうなカクテルがたくさん出てくるのも魅力的でした。ホットバタードラムなんて、説明だけで飲みたくなりました。

1

Men's Loveふたたび

「between the sheets 」の続編、Men's Loveふたたびです。
攻めが忙しくてすれ違ったり、受けのことが大好きな当て馬が出てきたり、それに気付かない受けの鈍さに攻めが呆れたり、恋人になってからのすれ違いが描かれています。
すれ違いがあったからこそ、約束もしてないのに自然と攻めの元へ足が向かってしまう受けがいじらしくてかわいい。意地っ張りだった受けにこんな風にされたら攻めも嬉しいと思います。

2

やっぱりエロ可愛くて大好きです!

前作が大好きで、今回も購入しました!

やっぱりこの作者様の話が大好きです!
攻めがカッコよく、受けがエロ可愛いのがたまりません!

今作では互いに嫉妬しあうふたりが可愛いです。
前作ではあまり感じなかった(笑)一瀬さんの社長としてのカッコよさも楽しめます。
そして嫉妬する一瀬さんが可愛くてたまりませんでした。

最後はやっぱりお互いに夢中でラブラブなふたりが楽しめるので、読み終わったあとも幸せな気分が味わえました!

前作を読んでなくても楽しめますが、せっかくなら前作を読んで、ふたりのラブラブな馴れ初めを知っていると、より楽しめると思います‼

2

お付き合いを始めた受の
デレッデレが美味しい今作であります。
なんだかんだいってもツンが過剰だったぶんのデレはいいですよね。
かわいいですよね。
ベッドの中では完全に娼婦wwな姿も
どーしてそこまでギャップがwと思うほど面白いのですが。

攻を想っての一人Hが好き。
ホテルのバーで出したカクテルの意味するところ。
好きな相手にすり寄る相手に牽制の意味を込めて。
何につけてもかわいい一冊でした。
この二人ずっと見てられる(*´ω`*)好き

追伸
秘書がなんだかんだ一番の曲者だと思うのです
彼のお話しも読んでみたいなーとか思ってみたり。
社長をげんこつで殴るとか面白すぎるw

4

続編出て幸せ。

1巻で恋人になり、甘々がさらに増しました…!
なんと言っても、高史から攻めてる感じがたまらない。自分から上に乗ったり、キスしたり。
でも1巻の方がエロが多かったような気がします。エロが足りないよー。

宏大くんに、一瀬さんのどこが好きかと聞かれて、高史が(身体とか言えない…!!)って焦ってるのめっちゃ面白かったw

しかもあのツンツンしてる高史が、一瀬さんを思い浮かべて1人でするなんて…しかも何回も!びっくりしてギャップ萌え//

でもこの巻では、結構すれ違ってて…普通に仲良くしてくれるだけでいいのになぁ。こういう恋人ならではのストーリーが好きな方もいらっしゃるとは思うのですが。

「食の価値観が同じなのは素晴らしいことだな?」という一瀬さんのセリフがお気に入りです。こんなことで仲直りできちゃうなんて、素敵ですね。

高史がペイシェンスに来たときの、一瀬さんのいい笑顔にも笑えましたw こういうコメディ要素も、このマンガのすごく好きなところです。

描き下ろしの「_xyz」で見るべきは、やっぱり、高史の「…いれる?」でしょ!これはやばい// さすがの一瀬さんも続き余裕がなくなるw
このギャップはやっぱりいつ見ても萌え。

2

う~ん、ほろ酔い気分が足りないんでないかい?

外資系ホテル社長・一瀬と魅惑のバーテンダー・高史の濃厚な甘さ漂うラブラブっぷりは現在進行中。
そんな高史の元に前の店のオーナーが訪ねてきてバイトとして甥っ子の面倒を依頼した事からいつもと勝手が違う方向に…。

といっても、一瀬のほうも仕事が立て込んでいて時間に余裕がないのだが、それがすれ違いの黄信号!!って訳でもないし、波乱が起きそうな雲行きって程のものともちょっと違う。
今回初登場の脇役は何だか当て馬として活躍する事なくパッとしない二人だった…。

あと、一瀬のホテル内のパーティーで助っ人で高史が入る機会があるシーンの、カクテルに込めたメッセージってシチュエーションから、昔の少女漫画の一場面を彷彿とさせられて高史の内面のオンナノコっぽさに少し興ざめしてしまった。

そもそもこの二人、身体の相性に特に不満はない訳だから一瀬は二人きりで過ごせる時間不足に悩んでいる程度なのに、高史のほうは悩みだすと妙に乙女に浸っちゃうんだよな~。

一巻では濡れ場満載のインパクトが強かったけれど、高史自身が単なる好き者ってだけではなく一瀬と身体を重ねる時のゾクゾクするスリルを味わってい続きるかのような奔放さが良かったのに。
『一瀬の身体が好き』って主張でも全然問題ないじゃない、ど~んと構えていればいいんだってば!!
って、もやっとした感じだった。
う~ん、前巻と比べるとほろ酔い気分が足りないんでないかい?

ちなみに、高史の幼馴染みのたっちゃんの達観ぶりや、一瀬の秘書の福原のナイスフォローぶりは話の中でさりげなく光っていた。

2

美人、女王様、好きな人にだけエロ積極的な理想の受け!

バーのマスターの高史さん、お客には距離をとってスマートに接待しているのに、恋人の一瀬さんには素直になれずツンツンしているのがかわいい。
そして夜はツンツンから一転して、我を忘れてエロエロに変貌してしまうギャップがたまらないです。

前作『between the sheets』は一瀬さんが高史さんを落とす話でしたが、恋人となった今作の高史さんは、当て馬の存在に慌てたり、一瀬さんのセレブワールドにとまどったり、一瀬さんだけじゃなくて高史さんも気持ちが深まってるんだなっていうのが伝わってきました。

美人、ツンツン、女王様、好きな人にだけエロに積極的と、高史さんは理想の受けすぎます!そして、それを転がす大人の一瀬さんも甘くて素敵なんですよね。
ストーリーとしては綺麗にまとまって終わっているので、これ以上の続編は望めないかもしれませんが、一瀬さんと高史さんにはまたお会いしたい!

2

エロ度UPの原因は

 橋本先生の別のキャラの作品も読んでみたいと思いつつ、こちらも購入しました。雄々しさが足りないとレビューした前作ですが、今作も二人は雄々しくなるはずもなく、でもエロはパワーアップしているし、あて馬的なオーナーやその甥っ子の広大も出て来て、期待が高まります。
 大人の余裕を見せる一瀬が、高史には子供じみた顔を見せるのが魅力なんですが、今回のあて馬の広大は更に子供っぽくて、全然相手になっていませんでしたね(笑)それなのにあんな子供に嫉妬する一瀬ってどーなの!?って思ったけど、あれは嫉妬と言うより、高史からのアクションが欲しかったってことなんですよね?
 トレンディードラマ風なお洒落なお話だけど、二人の恋は駆け引きと言うほど擦れていないところが好きだな。意味のあるカクテルのシーンも、カッコつけ過ぎずさりげなく、それでいて後でグッときちゃうところとか、ほのぼのした感じが二人にピッタリだと思いました。
 エロは評価通りにすばらしくエロいと思います!ただ前作でも思ったけど、やっぱり一瀬が40半ばぐらいに感じるんですよね、私。そのためねっちりしたエロ度がUPしている気がします。それでも私は橋本続き先生の絵で男くさい話が読んでみたいな。たっちゃんみたいな男くさくて大人なキャラが出てくるお勧めがあったら教えてください。

2

エロくて美しい。

前作が比較的好きな感じだったので、続編発売が嬉しかった。でも前作より間違いなくこちらの方が好きです。
相変わらずアングルがエロい・・・。扉絵もついでにエロいです。それでいて汚らしくならないのが素晴らしいなと思います。体のラインがしなやかで、美しい。トーンの多用とギャグコマが少し増えたのは気になりましたけど、補って余りある良さがありました。
私はお洒落なBLが好きなので、高史のシンプルなお部屋とか一瀬さんのゴージャスなお部屋、カクテルのお話などとっても好みでした。
前作から一瀬さんが高史にめげずに愛を注いでいくのは想像がつきましたが、高史の方が予想以上に一瀬さんに惹かれていることがわかっていきます。食べ物、飲み物、いろんなものから一瀬さんを思い出してしまうその様子が可愛らしくその過程もとても素敵に描かれていました。
もっと続編が読みたかったですが、これでいったん終了とのこと。
残念~

2

もっと二人のエロ以外の日常を見たかったなあ。

ああ、エロ満載という感じですねえ。
前作が好きで、今回も買ってみました。
このシリーズ好きなのですが、別にエロはそこまで好きという訳でもないのですよ。エロが不得手ではなくて、程々なのが好きなのです。
なのに何故このシリーズが好きかというと、不屈の攻めがたまらないからです。本当、一瀬さんは引くことを考えない人なので焦らされずに安心して読めます。
両片思い的なじれったい話も好きですが、これくらい突き抜けて前向きな人もたまらないです。
もっと二人のエロ以外の日常を見たかったなあと思いつつ。
まとまるまでが楽しいので、やはり前作の方が好みかも。絵も前の方が好きです。
エロも段々男性向け的になってきちゃったので、それも残念。

1

エッロ…。

エッロ…。
画力+海苔修正をしない工夫により、身体や局部が素晴らしいです。
前作より格段にパワーアップしています!

ホテル社長×バーテン。
なんて上質できれいな男たち!

受けが色っぽい美人。
ビッチとかじゃなくて、男同士なので普通にどちらもやる気なのがイイ。

仕事に絡めているけど、あくまで軸は性愛。
仕事を描くことでキャラの魅力が増す。仕事が恋愛も盛り上げる。
非常に正しい作用。

すっごく好きです。私の思うBLは、これです。

3

変わらぬエロさ

『between the sheets』の続編、恋人同士になった一瀬と高史のお話です。
前作に引き続き、美しいエロという感じでした!
昔お世話になったオーナーとオーナーの甥っ子で昔馴染みという、一瀬のライバル的な当て馬2人が登場しますが、2人のアピールに気付かない高史や、そんな高史にイライラしてしまう一瀬さんというのも面白かったです。
特に甥っ子くんは、若さあふれる、勢いでぶつかってくる感じが可愛かったです(笑)

2

幸せにエロを楽しみたい方には理想的

エロ甘最高〜〜
エッチシーンが長くて濃厚で、そこでしっかり萌えをもらえます。また、話の展開の中で嫉妬などが出てきますが、それが無駄に負の方向に作用されずお互いを盛り上げるスパイスのようになってくれてるのが素晴らしいです。理想的。
必要以上にすれ違いがある作品は正直早く仲直りしてくれ…と願ってしまいますからね(笑)
あと一瀬さんに会えない時期に高史が悶々としてるのがかわいい。
書き下ろしもみごたえ抜群。
一瀬さんに関しては前巻ではそこまで強い印象を持ってなかったのですがこちらですごく好きになりました。自分の狭量さを悩んだり、でもやっぱり大人で高史のこと寛容に受け入れて甘やかしたりとっても魅力的です。

2

エロい。とにかくエロかった。

1巻で終わりかと思ったら2巻も出たのでびっくりしました。
でも読んで満足でした。

いきなり濃厚なエッチシーンから始まりかなり萌えました。

1巻で結ばれた2人でしたが色々とすれ違いが生まれてしまいます。
高史がオーナーに肩を抱かれているのを見た一瀬は初めての嫉妬を覚えます。
その後そのオーナーの甥っ子の宏大(見習いバーテン)が高史の店に来てそのまま高史に迫ります。
ですが、なかなか高史はなびきません。
そんな中、一瀬のホテルのパーティーのバーテンダーが出れなくなってしまい、一瀬の秘書に頼まれ高史を雇いバーテンダーとして1日仕事をするのですがそこに現れた一瀬の仕事の顔をみて自分の住む世界とは改めて違うことを再確認するのでした。
そしてパーティーでずっと一瀬の腕を掴み絡んでいる女性を見て高史も嫉妬をしてしまうのです。
高史は「そんなにベタベタ触るな」と心の中で思いながら
どんどんと二人の距離はあいていくのでした。
そんな嫉妬し合う二人でしたが結局はまた二人の愛は再確認され甘甘セックスという流れでした。
内容は1巻よりは軽い気がしましたがとても満足しました。
続き焦らしたりするプレイが多くすごく萌えまくりでした。
高史のエロさがさらにパワーアップしており見ごたえ充分ですごくよかった!

ぜひ、2巻も沢山の人に読んで欲しいなと思います。

2

前作よりは面白いかな

シリーズ2冊まとめて買ったら前作が全く趣味じゃなくて、「やっちゃったよ~」って思いながら読んだんですけど、こっちは多少ストーリー展開があったので前作よりは面白く読めました。
雰囲気は少女マンガからレディコミに成長して少しアダルティな感じに。
今回はちゃんとバーテンダー設定が活かされて、カクテルが上手く使われているのが良いです。(逆になぜ前作では使わなかったのかと…)

高史がかなりの女子脳キャラなんですよね。
顔も可愛らしいので、絡みのシーンがもはや男女にしか見えない。
魔性といえば魔性…なのか?
でも私が期待した魔性キャラとはやっぱりなんかちがーう(TT)

ところでこのシリーズ、エロ描写が左京さんのクロネコシリーズとそっくりですね。
ディアプラスにはエロシーンの監修者でもいるんだろうか?

3

さらにエロい、甘いわー

 高史くんが、さらにエロくてかわいくなってますね。
えちシーンとか、もう濃厚、濃厚っス。
エロくて甘くてかわいくて、うっはーってなりました。

 ペイシェンスホテルのパーティで一瀬さんを見送る高史くんの顔。
すんごいかわいくて色っぽくて、一瀬さんが好きなんだなーってだだ漏れのお顔でしたね。
 もう表情がいちいちかわいかったー。

 「ブルームーン」と「ロブ、ロイ」のカクテルの意味、私もう絶対忘れないです。

 書き下ろしのXYZ、これがまたエロいっっ。
そんで高史くんの魔性っぷりを堪能させていただきました。
「じゃあいれなくていい?」なんて一瀬さんが最初じらしてたのに、結局は「いれさせてくれ」って言わせてるんだもの。
一瀬さんオトナの余裕、ぶっとびまくりですね。
高史くんもかわいかったけど、一瀬さんもかわいかったですよ。

2

前作よりパワーアップ!(いろんな意味で)

前作では高史の性格が何とな〜く掴みづらく、ベテラン作家さまの勢いで読んだ気がしていました。しかし2巻目は一転して恋に悩む高史が人間臭くなり、愛着がわきます。
そして橋本先生のエロシーンの構図すばらしいですね!回数は多くなかったですが1回1回が濃厚で、非常に興奮します!(笑)
私は今作品はRenta!にて電子書籍をよみましたが珍しく修正ほとんどないと思いますよ。ありがた過ぎて逆に心配になりました。

1

「エロ」と「甘さ」と「独占欲」

いやあ、甘かった!
そして、エロかった!

お互いの独占欲もたっぷり堪能できて、満足の一冊!

1巻なんか目じゃないほど、
甘くてエロい!><

-------------------

冒頭からエロ爆発!
素晴しい一瀬(攻め)と高史(受け)エッチシーンです。
ひええええ!
高史の色っぽさに一瀬じゃなくてももう辛抱たまりません!><
口説き言葉もなんて甘い!

「ここも、ここも、ここも、ぜんぶ俺のものだろう?」

一体この二人は、何処まで上り詰めていくのでしょう!!!


エッチの後(これも余韻がエロい)、
一瀬の経営するホテルにバーテンダーとして高史を引き抜く一瀬。
しかし、あっさりと高史(受け)断られてしまいます。


ここで当て馬登場。
オーナーの甥っ子の宏大です。
これがまあ、年下ワンコで何も知らない純真無垢な感じで
カワイイんです!
あーもう、高史、乗り換えちゃえって言いたいくらい、
カワイイ! 私の大好物が揃った当て馬くんです。

そして、一瀬(攻め)と宏大が
ばったり高史(受け)の家で鉢合わせ。
独占欲続きむき出しの一瀬がもう、すごい剣幕。
おおお、こわ~~~~(*≧_≦)
でも、ここでの高史の魔性の色気は凄かった。
うおおおお。

そして、一瀬が恋人だとあっさり認めちゃう高史。
だって、状況が揃いすぎてるでしょう!
認めざるを得ませんよ! 
そして独占欲剥き出しの一瀬も、色っぽいです。

そのあとが可笑しい。
宏大に一瀬の何処が好きかと問われて、
「身体」とか答えそうになる高史がもう爆笑モノです!!
いいぞ、「体の相性が良かった」とか答えちゃえ!(笑)

そして、それにめげない宏大もまた凄い。
ワンコのグイグイ感丸出しで、もーカワイイったら、ありゃしない!
あー、モテモテだなぁ、高史。さすが魔性!

そのあと、ひとりでシちゃう高史がもうっ!
エロいんです!!
一瀬とエッチしているよりエロいかも!ってくらいの色気。
思わず、「一瀬」の名を読んでしまう高史。
そしてイッてしまう……。
素直じゃないけど、一人の時はカワイイなぁ。


宏大は、自分の店を持つことを夢見て働いています。
そこに、高史をバーテンダーとして引き抜くのが夢。
直球勝負で高史を口説いてくる宏大は、もうめっちゃカワイイ!
年下ワンコ攻めサイコー!><


高史(受け)は、一瀬(攻め)を知るにつれ、どんどんと
自分とはかけ離れた存在に済む人間だということを
考え始めます。
そして、違う価値観を持つ人間なのだということも
悩み始めます。
この物語は一貫して高史がこのことを悩み続けるんですが
一瀬が言うように、悩んで欲しくなかったなぁ。
一瀬が言うように、「そんなものクソ食らえ!」
なんですよ!!
それを高史に分かってほしいなぁ。


ある日、買い出しに出かけた高史は雨にあいます。
そしたら自然と一瀬の会社に足が向き……
驚いた一瀬に抱きしめられます。
「会いたかった……!!」
この一言がふたりの一ヶ月の距離を一瞬にして
埋めましたね。
高史も嬉しかったでしょう。
うう、良かった。

そして、ギャグシーンの後に、
エッチに突入。
ここからがもうエロいです。
もう甘くて、頭の芯からとろけそうなくらい気持ちいいです。
もう見てられないぐらいです。

自慰をさせられた後、
自分で後孔を拡げさせられ(ここの絵がエロい!)
本番挿入。

そのあとのカクテル名を当てるトコロ。
うわあ、もう挿入しているというのに、
なんてドラマティック!
「貴方の心を奪いたい」とか…。

そのあとのとろけていく高史のアヘ顔も
とんでもなくびっくりしましたが、
それくらい気持ちよかったということで★

でも、台詞につくハートマークの乱舞が気になりました。
1巻の時、こんなにたくさん、乱舞してましたっけ?
うーん…

-------------------
●おまけ漫画

高史と一瀬の攻防が面白かったです。
なんっってエロい攻防!
一瀬「いれてほしそうだな」
それを言った後の、高史の煽り。
高史「……いれる?」
指をなめて、小悪魔のように言う高史。
これぞ魔性! 魔性の本性を見た!!!

-------------------

甘ーくて、エローいストーリーでした。

いやあ、堪能させてもらいました。

あとがきを見て、
「ええっ、これで終わり!? 嘘ー!」と
嘆いた人は、私だけではないはず。

橋本あおいさんの次作に期待します。

3

たっぷり

橋本先生といえば、美麗な描線で、毛の一本一本から、細部のシワまできっちり描き込むエロですが、この本でも、それは、それは、最初からどどーんと、いてこましています。
そして、最近のコミックスにしては珍しいくらいに、修正薄めでした。
っていうか、修正が入っていても、なんか上手いこと、汁っぽく、違和感なく見せる術がさすがです。
あとは、修正の必要がない、足の間からちらっと覗くものがしっかり描かれていたりとか、なによりも、まず、身体そのものがきれい。
お話は、既にラブラブの二人が、これ以上好きになっちゃってどうしましょう的な、おじゃま虫が登場しても全く視野にも入らない的な、甘ーい展開で、ストレートな愛情表現たっぷりなセックスは、読んでいるこっちも幸せをかんじます。
それにしても、高史、かわいすぎ。

3

ランキングに入っていたので購入したけれど

申し訳ないことに良さがちょっとわかりませんでした;
BLというのはこういうのが人気なのか…?と
受けの人格とかとらえずらくて;なんだか合いませんでした;すみません

6

キラッキラの濃厚エロ、楽しそう。。

終始デレ、生クリームたっぷりの苺ケーキおかわり!というかんじです。
せつなさも苦悩もトラウマもツンもなく、胸焼けしそうなカップル漫画。

でもキラキラしてて誰も傷つかずに読めるBLの中でも
美形で大人の受けがここまで愛らしくエロく、ときに魔性全開で相手を求めるのはじつは珍しいし、眼福。
攻めもハイスペックながら、好きな相手と楽しむこと、美味しいお酒と食事を飲み、セックスを楽しむ、、という本質をわかっていらっしゃる。。

とにかくエロの楽しみを追求する二人、(というか作者)のこだわりが半端ないので、一読の価値あり。

2

甘々上等!!

このカップル、大好きなんです!!
個人的に、一瀬さんが私の理想の男(笑)
大人で、余裕があって、できる男で、お金があって(ここ重要・笑)、それでいてちょいと天然で可愛いとか、前作を読んだ時に理想過ぎて震えました(笑)
私もあんな甘い言葉言われてぇ。。(笑)

本格的に恋人同士になってからのお話なので、ツンより甘が上回ってましたけど、私はそれで満足でした。
一人吠えまくる当て馬ワンコなんてなんのその、若干振り回されて波風は立ちますが、そんな波風もたちまち凪に戻るような確固たる絆が2人には出来上がってるんですよねぇ。

当て馬もどきのオーナーなんて2人をからかって面白がってるだけだし、たっちゃんは相変わらず高史の愚痴聞き係だし、福原さんは何気にいい仕事してるし、それぞれがキャラ立ちして良い味出してました☆

そして真骨頂はエロ!!
冒頭からエロいのなんのって、普段は憎まれ口ばかりの高史が、一瀬の手練手管でメロメロに翻弄されていく様がめちゃくちゃエロくて萌えます☆
本当に気持ち良さそうで、たまらん表情ですよね!
そりゃさすがの一瀬も、底なしに甘くてまいりますわ(笑)続き

もうこの2人に会えるのが最後なんて淋しすぎます!
またいつかどこかで会えますように☆

7

エロいし甘い

橋本さん作品でダントツに好きな作品「between the sheets」の続編。あの二人にまた会えるとは…。非常にうれしいです☆初っ端から甘々な二人で、高史のツンデレちゃんをこよなく愛している私は「おおお…?」と思いながら読み始めましたが、今回もすごく良かったです。

麗しいビジュアルにそつのない仕事ぶりからしっかりしてると思いきや、自分に向けられる好意や、自分の気持ちにすら鈍感な高史が可愛すぎました。「between the sheets」ではツンデレな高史にキュンキュンさせられましたが、まさかこんな可愛い一面を持っているとは…!さすが、あの百戦錬磨の一瀬を虜にするだけあって、彼の小悪魔ちゃんぶりにはメロメロです。

くっついた二人には必須(?)の当て馬くんが出てきますが、彼も可愛いですねえ。どうしても一瀬さんと比べてしまうので、彼のあの天然さが可愛く見えて仕方なかった。そして、一瀬さんの大人な対応に萌えまくってしまいました。高史に対しては常に尻尾を振ってるわんこちゃんな彼ですが、さすが社長をしているだけあって器が大きい男性で素敵です。人に甘えることが苦手な高史が、一瀬さん続きに惹かれていったのも納得。まさに割れ鍋に綴じ蓋の二人だな、と。

お互いに相手の環境や当て馬に心乱されることもあるのだけれど、それでも相手を信じ、自分の気持ちをしっかり持っている二人だからこそ、揺らぐことなく相手への愛情を確認する二人がカッコよかったです。まさに大人の恋愛って感じでした。

まだまだこの二人に会いたいので、ぜひ続編を!

7

こんな続編を待っていた!

BL作品の続編というと
受けがいつまでもツンツンしてたり
当て馬が幅をきかせたり
攻めか受けが記憶喪失になったり…等
攻めと受けの間に障害を設けることで
ドラマティックな(読者的にはストレスフルな)展開にするパターンが多いように思いますが、
本作品はそういう安易な方向に流れず、
前作の平和でエロエロな雰囲気を保ったまま
一瀬と高史の関係を掘り下げたところが素晴らしいと思います(大袈裟?)。

高史に迫る年下ワンコの登場や
一瀬と高史の価値観の相違問題など
ちょっとした波風は立ちますが、
お互いに相手を信頼しているので
修羅場になることはない。
そんな大人な関係がステキです。

一番印象に残ったのは、ちょっとした喧嘩というかすれ違いがあった後、一瀬が高史の店で、何事もなかったかのように高史を食事に誘うシーン。
価値観の相違って何??
食の好みが合って、身体の相性も抜群なのに
何を悩むことがあるんだ?とでも言うような態度に
こんな仲直りの仕方があったとは!!
と目が開かれましたw

確かに、高史の悩みを取り除くには
真面目に話し合い言葉を尽続きくすよりも
いつものように二人きりの楽しい時間を作ってあげる方が効果的なんだろうなと思います。
(それを一瀬が意図してやっているかは謎ですがw)

高史の自慰や数々のHシーンでの蕩けきった顔が、一瀬への気持ちを物語っていて、エロさだけでなくものすごい幸福感が伝わってきました。
これは一瀬に「甘やかされる」ことを受け入れた証拠なのかなと思ったり。

描き下ろしの「入れる?」の下りは、前作の、まだ駆け引きっぽかった二人には出せないエロさと親密さがあって、シリーズ集大成に相応しいHシーンだったと思います。

またいつかどこかでmakin' love between the sheetsする二人に会えますように。

12

そこじゃない

一瀬の大人の余裕と、使えるならありとあらゆる手段を講じようとする持てるもの特有の悦。
大人のステイタスと子供じみた遊び心。その使い分けの上手さに高史と一緒に巻き込まれるつもりでした。
気持ちが通じ合った続編となっては、逢瀬の場所は高史の部屋と定まってしまったせいか、何かと懲りずに貢ぎそうだったのにこれといった贈り物もなく。
スイートな夜のみとなってしまい肩透かしな感じでした。
引き抜き云々は情事のあとの睦言。
そんなことにげんなりする高史の、一度懐にはいったら素直に受け止めてしまう無防備さが可愛いけどメンドくさい。
宏大の変わりに福原が活躍(暗躍?)すればもっと大人のお話しになったのかなと思ってしまいました。
価値観の違いは大きな問題ですが、身体の相性、食への興味が一致すればそれ程悩む事ではないような気配。
快楽に豹変する高史だけではなく、白子酒に目を輝かせるような顔をもっと見たかったのが本音。
付き合う前の建前からちょっと子どもっぽさが前に出すぎてしまったのが非情に残念でした。

実のトコロ本編よりもたっちゃんに会える喜びが大きかったのですが、からりとした笑顔を続き見ることは出来ず。
それでも誰よりも状況を把握する世話焼きお兄さんに出会えるたびにほっこりさせていただきました。

7

Sweet Moon,Sweet

あ〜ま〜〜〜い、です。

『between the sheets』の続編、
この作品の本領発揮の、気障ったらしい場面から始まり
すぐにエロシーン。

当て馬もお約束のようにサラッと出てきて、
身分違いにちょこっと悩んだりして、
軽く嫉妬をしたり、会えない日に一人Hをしたり、
会ってからも見られて一人Hさせられたり(笑)
でも、まぁ、やっぱり甘々エロエロ。

カクテルのうんちくは、洒落ているし
社長秘書の福原さんは相変わらずGOOD JOB!

美しい絵で、水戸黄門よろしく予定調和な世界を楽しめばよろしい。
……のですが、個人的には高史がツンデレじゃあなくて
ちょっとシャイなかわいい〜〜デレデレになっちゃっているのがね=3

引き抜きの話にしても、嫉妬にしても、もっとツンがあったほうが
物語がしまったと思うんですが、
まぁ、そのあたりのエピは刺身のツマということで
メインは、まとまっちゃってるカップルの甘々イチャイチャな訳で
二人がお幸せなんだから仕方ありませんね。
馬に蹴られたくもないので、これ以上余計なことは申しません。

ごちそう続きさまでした〜。

8

好きなところはカラダ。

デビュー当時から大好きな作家さま。
これまでもエロ描写はしっかり描いてくれてたんですが、如何せん短かった。それがこのお話で、どーーーーーーーーーんと大爆発した感じでしょうか。行為のひとつひとつを丁寧に丁寧に描いてくださってて、体位もいろいろ工夫されてて『あぁ、本当にエロシーンを描くのがお好きなんだなぁ』と伝わってきました。描き下ろしで一切服を着ていないところも清々しい限りです。あの『…いれる?』に鼻血噴かなかった人いるの??(病気)

そしてなんといっても高史の普段ツンツンしてるくせに(真っ赤になって効果ゼロだけど)エッチになると発動される天然魔性の誘い受っぷり。普段は素直に思いを伝えられないくせに、エッチになると途端に大胆になるギャップ萌え。でもそのおかげでカクテル言葉で想いを伝える高史の情熱的な一面が見れたし、2人だけの暗号みたいでときめいた。

ただ、当て馬(にすらなりきれなかった)わんこな宏大くんの隠す気さらさらなしの好意に気づかないほど鈍い子だとは…驚きでした。その鈍さすら可愛かったですけど。(べた甘笑。)

あんなに可愛いところを見せつけられたら、一瀬さんが毒続きになるぐらい甘やかしたくなるのも、余裕を無くしちゃうのも仕方ありませんよねー。一瀬さんもスーパー(過ぎてちょっとぶっ飛んでる)攻め様っぷりと、子供みたいな一面とのギャップがとても魅力的な方でした。ただ、アレに迫られたら、私、胡散臭すぎて全力で逃げると思う。笑。

脇役の、福原さんとたっちゃんも居てくれて良かった。だってこの2人が居なかったら、絶対にこのカップルは出来上がらなかったと断言出来るもの。笑。

もう本当に大好きな作品。
これで最後だと思うと寂しくて、寂しくて、寂しくて、寂しくて…ry
今、続きを描いてくれないかなと、願う1番のお話です。

8

「これ以上のものはない」とな!!

のっけから、いきなりラブシーンに突入。キャア
ここが長い。エロシーンが長いと物語がダレるなんてことを、かつて聞いたような気がするけど、全然ダレません。
私は直接の描写よりも、高史の表情にヤられました。
感じてくると、口元が「はわわ」って感じに緩んでくるとこがいーんですよ。ここ最高!

お話は、甘いっ! 虫歯になりそうや。
当て馬くんが二人(バーのオーナーと、その甥)が出てきます。
そして、高史が実は秋波に鈍いということが判明。前巻では、一瀬の秋波は的確に読み取っていたようでしたけどねえ。
一瀬の方は二人の秋波は読み取って、鈍い高史に……

前巻でもう出来上がってしまった二人の物語なので、今回は駆け引きがないのが、私としては少し物足りないです。
すれ違うのも、もっと「別れるかも…?」なくらい、すれ違って欲しかったですね。
でも、すれ違っても心の中では揺らがないのが、このカップルのよいところかもしれません。
高史が、どんどん一瀬のことを好きになっていく自分を反芻するところは、甘くて○。

カクテル言葉というものがあると記述にあったので、SSのタイトル「XYZ.続き」を調べてみました。
ええっ!?
アルファベットの最後の3文字だから、「これ以上のものはない究極のカクテル」。他に「もう後が無い」、「これで終わり」「永遠に貴方のもの」…てな意味があるですと!!
なんだか、意味を調べただけで、すごく萌えて滾ってしまいました。(照れ)

この二人の物語は最後になるそうです。もっと読みたいんだけどなあ。

7

新鮮な

高史(受け)は魔性の天然誘い受けですね
ビッチ臭凄いくせ、純粋で鈍感なところが、新鮮で魅力です
エロ描写について
作品中、何度か行われる行為が、ひとつひとつとても丁寧に描かれているので、ひとつの行為が長め。そして、色んなアングルからその行為が描かれているので、キャラクターの色んな表情が見れて大満足◎
受けが攻めに跨るアングルも何パターンか描かれていて、個人的にとても好きなシーンです

内容について
高史(受け)と、一瀬(攻め)は付き合っている前提
そこに咬ませ犬・宏大(宏大は高史に憧れている)が介入し、ヤキモチ妬いたり妬かれたり…
上記の「トーン」に、「せつない」とありますが、せつないより断然あまあまが上回ってるので、せつないの苦手で迷っている方は是非手にとってみてください
表紙から見て、淫乱で経験豊富な受けを連想される方は内容とのギャップを楽しめるかと…

兎に角、受けが可愛い…!攻めがイケメン…!王道と言えば王道なんでしょうが、結局行き着く先は王道で、萌えの原点ですよね
基本マニアックな作品を好む私でも、楽しく読めたので、幅広い方がツボにハマる作品だと思い続きます

7

いつまでもずっと、彼は自分だけのもの。

恋人同士になったふたりのその後のお話。
高史にも一瀬にも、それぞれに言い寄る相手が現れて…

恋をしてくっつくまでよりも、
想いが通じ合ってから、価値観の違いやすれ違いとかを乗り越えて、
より絆を深めていくお話の方がもともと好みなのもあって、
今回の本は「between the sheets」よりも好きです。

特にいいなぁと思ったのは、
それぞれに恋敵になりそうな人が現れても、
相手が自分に不誠実なことをしたりはしないと、
そういう面で信頼できる恋人だと、ちゃんとお互い分かってる所。

これまでの日々の中で、
身体だけじゃなく心もしっかり繋げていたんだなぁと、
なんだか嬉しくなりました。

あ、でも、
高史が言い寄ってくるワンコな相手に、
「一瀬さんのどこが好きなんですか!?」と詰め寄られて、
すぐに出てきたのが「身体」ってのがまた、正直で、
しかも高史自身もそのワードに引いているっぽくて、可笑しかったなw

相手を信頼してはいるけれど、
相手の魅力も十分過ぎるほどよく分かっているからこそ、
やっぱり不安にならないわけじゃないし、
続き彼は自分だけのもの…という想いが強くなる。
でも、そんな余裕のない自分自身は、直視したくない弱い一面。
だけど結局、
それだけ相手が何より大事ってことだから、
そんな素の自分ごと受け入れて愛してもらうしかないんですよね。

今回は、
高史のエッチの時の表情が、ものすごくいいなぁと思いました。
特に、描き下ろしの「…いれる?」のところと、その後の感じている顔。
なんだか、強がりの武装が剥がれて力が抜けて、
より一瀬を信頼して、心も身体もあずけている様に見えました。

ずっと一緒にいよう、という言葉を、
エッチで道具が必要になっても…って風に言うのも、
すごく一瀬と高史らしい気がして、微笑ましくて可愛かったな。

いつまでもずっと一緒に美味しく、食事も相手も食べ続けて欲しいですね。

13

エロくて甘々で、お腹いっぱい満足です

美人なバーテンダーと外資系ホテルイケメン社長の、大人のラブロマンスが楽しめる『between the sheets』の続編です。

攻めの一瀬も受けの高史も大人のカッコ良さはそのままで、エロさやお互いへの愛情が強くなってて、甘い恋人同士なのが萌えます。

特に高史の、エッチの時と普段とのギャップの違いに悶えます。一瀬を想っての一人エッチも、相当エロくて鼻血ものです。
ただ、人からの好意に疎いのは、一瀬じゃないけど不安になります。

そんな不安が的中して当て馬くんも登場するけど、大人な態度で挑発する一瀬が可愛くて好きです。
おまけに、今回は高史も、一瀬がエスコートする女性に嫉妬して、本心をカクテルの名前に秘めたのがキュンキュンします。それをわざわざ調べた一瀬も可愛いし。
ほんと、一瀬が囁く言葉よりも甘くなった2人を見れるのが、これが最後だと思うと寂しいですね。
だけど、今回もとってもエロくて甘々で、楽しめました。

11

ごめんなさい

好きな作家さんなのに。

エロが生々しすぎて、エロいと思えませんでした。今まで読んだ作品の中で特に濡れ場が多くて、絵もリアルで美しいのだけども、行き過ぎてるって思ったのはなんでだろう。

初めっから、なんかすごいなって引いてしまった。もうくっついてるからか、キュンってすることも少なくて。

生々しくてもすごく萌えることもあるし、キスだけで萌え死にすることもあるし、この違いは何だろうなーと自分でも不思議です。

ただ、好きな作家さんなので必要以上に期待しすぎたっていうのもあるのかもしれません。

9

ツンが足りないよー… (ノД`)・゜・。

高史が一瀬に懐柔されてデレデレになってるぅぅぅぅ ((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ


ツンデレ大好物としては、デレしかないと物足りなひデス。(全くないわけじゃないけどサ…)
うぅぅぅ。萌えれない。orz


今回のお話は、
 一瀬は高史の鈍感さにイラついて自分の狭量さから距離を置こうとする。
 高史は一瀬との価値観の違いに、また甘やかされることで見えてくる
 ダメな自分にグルグルする。
という感じなのかなぁと。

結構シチュエーション的にはキュンってなりそうな感じなのに、全然キュンってならなかった。
なんだろーなー。二人がすれ違ってる感があんまり感じられなくて。
この二人でもすれ違っちゃうの!?ってドキドキがもっとあればなぁ。(王道すぎ?笑)
あ、でも、カウンター越しに一瀬を想う切なそうな高史の表情はドキッとするくらい色っぽかった。
あと、当て馬年下ワンコくんの宏大が全然二人をひっかき回せてないなぁっと。
そもそも一瀬に対抗するにはキャラ(経験値か?)が弱く感じて。相手にされなさすぎ…。


ま。とはいえ。
デレち続きゃってる高史の一人エチシシーンや、ラブラブな二人のエチシーンは
もう、お腹いっぱいだよぉー、でもおかわりしちゃうYO!!ってくらい濃厚。
一瀬にトロトロにされちゃう高史はいつみてもキレイでかわいくて色っぽくて
ホントたまらんっってなります。(;´Д`)ハァハァ
そしてそんな高史に煽られて一瞬余裕のなくなる一瀬の顔も好き。( ̄▽ ̄*)ニヤッ
それらを見るだけでもお買い得品だと思います。


そういえば、P.104の高史のシーンで「価値感」って表記になってましたね。
話の流れだと「価値観」かなぁ、と思うのですが。違うのかなぁ。
「観」と「感」はまるで意味違うもんね。。。(-ω-;)ウーン

9

高史さんにやられっぱなしでした・・・

発売日に手に入れて久々に
今日中にレビューしたくなったのでレビューします!!

暗黙のルールがカッコイイと思ったら、すぐエロシーン!!
いやーもう最初からクライマックスって言うくらい
エロくてホントごちそうさまでした!!
数えたらエロシーン初っ端から16ページもあるよ!!
カラーで見たいよ、2人の裸!!
さっき読み終わったばかりなのでまだ興奮してます、すみません。。。
てか一瀬さん何か体育座りしちゃって可愛いし、
高史さんのエロシーン中のセリフの
も、これいれる…
…ここ… いちばんふといとこ…っ
とか私を殺す気か~!!と思うくらい煽られました。。。
私が男だったら高史さんに・・・とヤバイ妄想をしてしまいました
(変態で痛くてごめんなさい。。。)

高史さんは魔性の男なので色んな男が寄ってきます。
オーナーとは結構親しげだし、
年下ワンコの宏大くん登場で可愛いな~と思ってたけど
(髪型めっちゃ好み)
ド直球で告白するのは男らしくて良いと思うのですが、
だんだんキャンキャンワンワン好き好き~としつこくて
(例えが下手ですみません)
ちょっと続きウザかったです・・・ごめんなさい。。。
でもこの子と誰かの恋愛も見てみたいな~って思いました。

一瀬さん年上だしセレブだし
高史さんの周りに男達が登場しても余裕でしょ!!
って思ってたらそうでもなくて、むしろ翻弄されてて、
何か可愛いなぁなんて思ってしまいました。
それだけ高史さんが大好きなんだな~と伝わって来ました。
まさに恋は盲目ってやつです。

高史さんが一瀬さんに対して冷たいのはただの照れ隠しで、
セックスの時はめっちゃあまあまなんだからまさに典型的ツンデレ!
高史さんが宏大くんに一瀬さんと恋人だってバレた時の反応が
可愛すぎてまさに私もナニソレカワイイ・・・!!!!状態でした(笑)

でも高史さん、一瀬さんの身体が好きとか・・・
確かにセフレから始まった恋だからそうなのかもしれないけど・・・
それだと一瀬さんが可哀想で、私的にはちょっと残念でした。。。

そして一瀬さんを想って高史さんは何度もオナニーしちゃったみたいで
それもまた可愛いと思ったり。
橋本あおいさんが書く絵は綺麗なんですけど、
エロシーンはとっても激しい感じで、そのギャップがまた良いです!!

一瀬さんのことを色々と考える高史さんですが、
こちらも恋は盲目状態で、
どうやらお互いがお互いを大好きで相手によって自分自身が
思わぬ方向に変わっていってるのを自覚してる模様。
まるで新しい自分を発見してるみたい。
高史さん、私は恋人には甘えても良いと思うんだけどな~。

今度は一瀬さんに美人な女の人が寄ってくるのですが、
その気持ちをカクテルで示す高史さん・・・カッコイイ!!
どんな意味なんだろうとワクワクしながら、その先を読みました!!

また後半にオーナーがまた突然出て来たのにはビックリ。
酔ってるのか!?高史さんをからかって遊んでるようには見えましたが、
焦ってる高史さんもまた可愛い。
オーナーは高史さんとは何もなかったようですが(ホントにぃ~!?)

色々いざこざがあって、
一瀬さんは高史さんから離れて行くのか!?とか思ったけど、
あれっ!?案外高史さんはあっさりだったなぁ~・・・
てか高史さん、魔性の男だから色んな男が寄ってくるけど、
鈍感のようだし、今まで何人かと付き合ってきたようですが、
実はそんなに慣れてないのかな~と言う印象を受けました。
昔は一歩引いて何でも言うことを聞いていた恋愛をしていたようですし。
一瀬さんと会って素の自分を出せるような
心地良い恋愛が出来るようになったと言うことでしょうか。
過去の高史さんの恋愛を具体的に知りたくなりました。

最後に高史さんは一瀬さんのお部屋に
突然訪ねるサプライズをする訳ですが、
一瀬さんの方が年上だしセレブだけど、
今回は高史さんが一枚上手だったみたい。
一瀬さんはまさに高史さんの手の上で転がされて、
翻弄されてる印象でした。

最後のエロシーンは一瀬さんのリクエストで
高史さんが一瀬さんの前でオナニー・・・エロイ。。。
それを見た一瀬さんが自分のを擦って・・・エロ過ぎる!!
はやくそれいれて…
とかもう高史さんは舌なめずりと言葉で煽るので私もやられます。。。
入れてる最中に例のカクテルの名前の意味を話すとかオシャレ!!
だけど私は、会話する余裕あるのかな~と思ったり思わなかったり(笑)
高史さんのアヘ顔も見てしまったヨ・・・

描き下ろしの_XYZ。
高史さんが
…あなたは いれたくないんですか…?
と言って一瀬さんのを手でいじって遊んだり擦るシーンと
一瀬さんのカウパーを指で舐めながら
…入れる?
シーンは、女王様みたいでした!!
魔性、誘い受け、女王様とか私の好きな属性ばかりで
通りでのめり込んじゃう訳ですね~
もう高史さんにやられっぱなしでした。。。
でもこの2人道具は使わなそう。
道具は使わなくてもこんなにエロイし!!

色々あったけど結局2人はラブラブ♡で丸く収まった訳なのですが、
私的には正直に言うと
えっこれで終わり!?
宏大くんとかオーナーは結局どうなったの!?
あの女の人は!?
伏線投げっぱなし!?
と言う気持ちになってしまい、
ちょっと中途半端に終わってしまったんじゃないかな~と思うのが、
正直な感想です。
また、前巻がドエロだっただけに、もっとエロシーンが欲しかった!!
(と言うか私が最近ドエロなBL同人誌を読みまくって
BL商業誌の感覚が麻痺してるのかも知れませんが)
でも、高史さんの可愛さと格好良さとエロさと・・・
色々とやられまくったので、萌×2とさせていただきました。
やっぱり私は魔性の男が大好きだと
改めて実感した漫画となりました。
ありがとうございました。


最後に超個人的な話になってしまいますが、
今日は仕事を終えて帰宅し、
夜ご飯も食べずにこの作品を読んで今に至ります(笑)
薄々気付いてはいましたが、
ご飯よりもBLの方が大好きだって今更自覚しました(笑)

10

*マリン*

あやちゃん

コメントありがとうございます(*^O^*)
無自覚魔性の男って感じですかね~怖い怖い(笑)
でもなんだかんだ言って一瀬さんに一途のようです。
個人的には1巻の方が好きかな~って感じです。
レビュー書いた後にご飯食べたので大丈夫です(笑)

あやちゅけ

*マリン*さま

この本は未読なのですが、高史はやはり、魔性の男だったのですね。
1巻を読んだ時、そのようにも感じていたのですが、
*マリン*さまのレビューで更にそれを感じました!
あ、ちゃんとご飯は食べてくださいね(´∀`*)

一瀬さんも高史も、エロさはいい勝負

久しぶりに一瀬さんと高史の絡みを楽しく拝見しました。
前回より更にそのエロっぷりを発揮、そして前回には少なかった
ラブラブっぷりを見せてくれています。

前回と違うのは、高史が一瀬さんに本当に惚れてしまったところでしょうか。
今までとは違う、一瀬さんに翻弄されてしまう自分がいて
好きになればなるほど、自分と一瀬さんの住む世界や価値観の違いを感じ
それを冷静に受け止める自分と、
本当の気持ちに左右される自分がそこにいて・・・
今回はちょっと可愛い高史が見れます。
誰かを好きになるとこんなにも変わるのか・・というくらい可愛いです。
Hは相変わらず超ド級にエロいですが・・
ベッドの上では素直で甘々なのに、カウンターに入るとクールで冷静
何食わぬ顔で仕事をする高史のギャップがたまらないです。

一瀬さんも高史の気持ちが自分にあると確信している自信からなのか
前回よりも更に大人でダンディさが増しています。
でも、相変らず高史命なのは変わらないですが・・
そして、秘書の福原がとてもいい仕事をしてくれているんですねぇ。
この人本当に一瀬さんのことよくわかってらっ続きしゃる。
そして高史のことも。

一瀬さんのライバル?的な当て馬の登場もありましたが
相手が若いからか、さほど気にならない程度といいましょうか
高史の中で最初から一瀬さんへの気持ちが変わることはないのが
台詞の端々に感じられ、久しぶりに会ったオーナーの甥っ子は
若さと勢いだけはあっても、大人の一瀬さんに気持ちがある高史にとって
恋愛の対象には到底なりえないと思えてしまいました。
一瀬さんの方にも、本人にはまったくその気はないけれど
立場上お付き合いのある女性もちょこっと現れたりして
高史の気持ちを少々かき乱したりしてくれちちゃいます。
それまで、自分の気持ちに自信のなかった高史が
一瀬さんのことを想いながらする、ひとりHはかなりエロいです。
そしてそれが自分が本当に一瀬さんを好きだと確信してしまうきっかけに
なってしまうんですね。
一瀬さんの前でやっちゃうひとりHもなかなかいいですよ。
高史の足をべろべろしちゃう一瀬さんも負けてないですけどね。


8

恋するバーテンダー

前作ではあらすじからの勘違いでガッカリが先立ってしまったのですが、今回は内容わかってたので萌えられましたよー!\(^o^)/
良かった良かった。リベンジ成功♫

出だしから2人の絡みシーンが延々と…(//▽//)
数えてみました。冒頭だけで16Pありましたw
前作より素直になった高史はトロントロンでエロいです!

今回は当て馬1号(昔お世話になったオーナー)と2号(年下ワンコ・オーナーの甥っ子で昔馴染み)と立て続けに登場するのですが、高史はド級の鈍感で気付かずにアピールされても総スルー。
そんな鈍感さにイライラする一瀬はなかなか意外で新鮮でした。
いつでも余裕たっぷりで高史に甘々だった男が、素っ気無い態度をとるとは・・・∑(゚Д゚)えー
だだ大丈夫か!?と読んでるほうが一瞬焦ったのですが、
高史本人は素っ気無い態度をされたこと自体には深刻になるわけでもなく、
価値観や住む世界の違い・一瀬のどういう所を好きになったのか、
ひたすら一瀬のことだけをモンモンと想って悩んで恋する乙女でした!
ツンがかなーり抜けて甘い恋に溺れる男の子ですw
なかなか可愛かったです(続き ^ω^ )そしてソロプレイがスゴイ。。。
アナは修正なし、モノも擬音で隠すのはギリッギリ。
(クロネコシリーズ・左京さん以上に隠れてなくてファッ∑(゚Д゚)!?ってなりました。ディアプラさんグッジョブです!ありがとうございます!)

まーイロイロあっても一瀬はネチネチ嫉妬を引っ張るタイプでもないし、そもそも高史は一瀬以外は一切目に入ってないし、なんだかんだと甘々でトロトロカップルのお話を安心して読めました(=´∀`)人(´∀`=)痛さもなく糖分補給出来て満足〜!

当て馬2号の年下ワンコ君。個人的に苦手ワンコで( ;´Д`)
声大きいし、相手の話を聞かずに思い込みだけで決めつけて突っ走るという、、、、せっかくの当て馬登場なのに、これが全く萌えなかったー( ;´Д`)残念
当て馬1号は引っ掻き回すのが楽しいだけの人だったのですが、一瀬さんとの絡みが少なかったのが残念。前回のたっちゃんに引き続き嫉妬イベント第2回が開催されれば、オーナーと一瀬さんの会話は面白そうなんだけどなー。

11

えろい

前作に引き続き、流石!というエロさでした。
書店で購入しましたが、今回も修正は他の作品に比べ控えめなので結構ガッツリあれこれ見えます(笑)前作は電子も修正の差は多分無かったので、変更がなければ電子書籍で白抜きが萎える方も楽しめると思います。


今回高史に言い寄る当て馬が2人出てきますが、どちらもおちゃらけというかストーリーに癒しを入れてくれるような人です。特に年下ワンコの宏大くんはすごく可愛い!色気はなく勢いで生きてる感じ。

前作は高史に手の上で転がされつつ余裕のある一瀬を中心に高史のツンデレさが混ぜられていましたが、今回は住む世界が違う一瀬に対する不安を隠しきれない高史が主。かわいい。でも一瀬もかなり嫉妬とかしてます。余裕かましてるけど。


思ってたより当て馬との確執が無かったな、とは思ったのですが、高史の可愛らしさとエロを十分に堪能できます。高史ほんと一瀬さん大好きだな……!?

そしていつもの事ながらあおい先生の絵はキラキラしてますね~!

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ