君香シャーレ

kunkou schale

君香シャーレ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神27
  • 萌×214
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

134

レビュー数
6
得点
191
評価数
41件
平均
4.7 / 5
神率
65.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041045428

あらすじ

香りに超敏感な高階は、研究室の先輩・有路の匂いだけになぜか興奮してしまう。どうしても”嗅ぎたいっ!!”という欲求がどんどん高まり、抑えられなくなり…。

表題作君香シャーレ

高階、大学3年生
有路、大学4年生

その他の収録作品

  • おまけまんが(描き下ろし)
  • カバー下あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

もうフェチというレベルじゃない

他人から見ればみな変人ですね。
すごくおもしろかった。

白衣の理系男子たちにすっかりハマってしまったわけですが、まるで数ヶ月間彼らに密着した気分...それぐらいキャラクターの内面に入り込めたお話でした。自分は知らない世界なだけにグイグイ引き込まれたのもあるでしょうか、後半ごろにはちゃっかり研究室の一員みたいなつもりに。こんなにも「ああ読み終わりたくない~」と思って読む本は久しぶりです。

実は表紙から「シリアス&エロ」を予想して本を開いたのですが、これが思ったのとは違い、なかなか甘く可愛かった!シリアスに描かれそうな内容がほどよい遊び心で少しルーズに、コミカルに、そしてどこか上品に描かれている印象でした。キャラの魅力についてはあまり書かないでおきたいと思います。受けの先輩はもちろん最高だったけど、いやぁナイス後輩攻めでしたよ。ナイス白衣、メガネ、マスク!!!ナイス変態。各々キャラクターがしっかり和ませてくれるのもよかったです。

読み手は「"本気のヘンタイ"はいつくるの?」とかなり焦らされているのでしょうが、そこが非常に魅力的な部分でもあると思います。むしろそれが気にな続きらないぐらい、その瞬間、瞬間がおもしろい。一つこれだと思うものに向かっている途中で、あっちにもこっちにも枝が出現し思いがけない展開に感じる…あっぱれな一冊でした。作者はあとがきにて、登場人物たちとのお別れがさみしいと何度もおっしゃっていましたが、私もホントそうでした。このまま3冊ぐらいは読んでいたいと思えるカップルです。

このふたりだったら本番ナシでも2冊は読めますね(笑)。

4

はるぽん

詩雪さま。
神がついていて嬉しい〜。
本当にナイス変態、ですよね。
どんどん攻めが暴走して壊れていくのが萌えるやらおかしいやら。手元に置いて、読み返しては笑っています。

フェチって良いですね

匂いに敏感な高階(攻め)が、有路(受け)の匂いや体臭に惹かれて抑えがきかなくなる!という設定がとても素敵でした。フェチも度を超えると変態だ…と思わざるを得ないところが私はツボで、何度も読み返しています。
なんと言っても、受けの表情や反応がとにかくかわいい!攻めに匂いを嗅がれてビクビク反応してしまう受けは色気があります。
攻めが匂いに敏感なら、受けはお肌が敏感なんですね。

『匂い』というキーワードの他にも、『理系』らしい細胞レベルの話や、攻めの『世話焼き』や受けの『過去』のことなどが上手く混ざり合っていました。

鯛野ニッケ先生の作品の雰囲気は今までの作品を含め全て好きですが、今回の君香シャーレは特にとっつきやすさもあって好きです。

3

エロ度は「変態」

理系の大学の研究室を舞台に繰り広げられる、シリアスと変態が渾然一体となったエロシリアスコメディ(?)です。

主に攻めの視点で進む作品。
攻めは研究室に入りたてホヤホヤです。有能だけど毒舌、白衣で眼鏡、嗅覚が異様に発達していて色々大変というキャラクター。
対する受けは、研究にしか興味のないようなコミュ障上級生。天才肌で、研究に没頭するあまり人間関係を形成するのが苦手な人。

ある日、大学に残っているという受けへの使いを頼まれた攻め。1人研究室に残っていた受けはなかなかの変人で、人に借りを作りたくないから手伝ってもらいたくない主義だと言います。
話しているうちに、受けの体臭が非常に好ましいものだと気付いた攻めは、研究を手伝うから、その代償に毎日においを嗅がせろ、と迫ります。

特に最初のあたり、展開はシリアスなんです。受けのトラウマや、研究を阻害しようとする犯人とか、ちょっとサスペンスチックなところもあります。
でも攻めの、受けのにおいが好きすぎてどうしよう、的な描写がもうおかしすぎて…! とにかく嗅ぎまくるし、受けも真っ赤になりながらも拒まないし、えっ何これちょっ続き、萌えるんですけど!(笑)
そしてページを追うごとに、どんどん変態度も増していきました。中盤以降はシリアスさはほぼ感じられず、とってもイロモノな雰囲気に。
そして、「嵐が過ぎ去るのを待つだけ」みたいに真っ赤になって耐えてた受けの爆弾発言! 「ち○ち○む○む○してた」…!(ネタバレのため伏せます)
クールに見える攻めの「スネといてよかっっったー!」発言とともに、もはや萌えていいのか笑っていいのかわからないくらいの衝撃。
いやこれ、面白すぎでしょ。

攻めは基本クールなのです。そのクールさがぶっ壊れる様が本当に面白くて。イッちゃった目で受けの精液嗅いでるとことか、その擬音語の「プヒュー、プヒュー」とか、もうこの作者さん天才では、と思いました。
そして、カバー下の制作秘話見て、編集さんナイスアシスト! と思いました。

とにかく楽しめた本でした。
あと、応援書店購入特典の『リアル体臭カード』にも大ウケしました。受けのイラストの一部に、キャラクターの体臭をイメージしたにおいがついているそうです。(笑)

7

この絵柄で変態描写とな!?けど実験器具使用プレイではないので御安心をw

くっそオモロかったwww
ギャグじゃないのに、変態の方でじわじわくるwww

ってか、鯛野ニッケ先生どーしたん!?
可愛らしい絵柄とストーリーでファンタジーだったばけねこ壮のイメージだったのに、突然のこの変化球…ウマすぎでクセになるわ!
知らないうちに後頭部殴られた気分です…鯛野ニッケ先生、大好きです。

高階(攻め)匂いに敏感で、合成香料で気分が悪くなるレベル。ただ、有路(受け)の匂いはむしろ嗅ぎまくりたいくらいw

有路、培養の研究にもくもくもくもく…一人で没頭。人に頼って借りを作るのを嫌う。

有路の匂いを1日5分嗅がせてもらう事を報酬とした条件で研究の手伝いをすることになった高階。
有路がまだ来ていないときに有路のロッカーをじっと見る→何日か洗っていない白衣が中に→無意識に手が伸びる→高階我に返って「(自分)何をやっているんだ」
…高階お前重症や。そのうち禁断症状出るんじゃないか?

寝てしまった高階に白衣を掛けておくと、起きた高階「有路さんの白衣…」分かるんかいw

過去の研究メンバー木梨と揉めた有路だが、本人同士は納得出来ても高階は御不満の続きようで。
イライラした態度を取っていると有路から「好きなだけ嗅いでいいよ…「スネといてよかったー!!!」「服の下匂いかいでいいですか」「…今日だけ…」「スネといてよかっっったー!!!」(2回目www)

頭突っ込んで嗅ぎまくり。
さて人間、欲が出るようで嗅ぎながら腹にチュウしたら有路驚いて机にお尻当たる。
この間しりもちついてあざになっていると言うと「…見せてください」もう匂い関係なくね?w
ベルト外そうとしながら(きっともっと違う匂いが)←そりゃ、そうだろうねw

有路に殴られて正気に戻る。…惜しい。
ここまで来ると有路の匂いは麻薬なんじゃないかっつーレベル。

さすがに凹んだ高階。
報酬も断るようになり有路と距離が出来てしまったなか、木梨から何か受け取り話しているところに出くわす。
思わず止めに入ったがビーカープリンを有路が食べたいと言ったので届けた所だった。

スゲー分かる!私も一度アルコールランプで沸かしたコーヒーをビーカーで飲んでみたい。
三角フラスコでジュースも飲みたい。

【Test.5】最終話
これ、神だから。神の回だから。
何回自爆しただろう…。

内鍵掛けて密室の中の有路と高階。
「いつも嗅がれてるとき」「ちんちんむずむずしてた…」

Σ( ̄□||||!!
有路のちんちん発言!!

「…」「この人視野狭いなぁ」高階…自分が変態だって自覚あるんだね。

有路のズボン下ろしておもいっきしちんちん(ここでは私もちんちん発言だ!)嗅いだ後、高階が手で有路のちんちん擦りますが、出る瞬間にワイプ(毛羽立たないティッシュのようなもの)で受け止めます。

…高階…一仕事終えたような遠い目になってる。
意識飛んでないかい?
と、思ったらそのワイプおもいっくそ嗅ぎながら有路を目の前にオナる!!

何だコレ!くっそ新しい!!!!
本人目の前にして今出したせーえきの匂いで公開オナニーって。
素晴らしすぎて涙出た。

メンバーの前で突然のパンツくれ!で有路を洗脳するし、その後すぐ彼氏面してたことに恥じて凹んでいるところにパンツくれたら復活します…、白衣ほしい…。
惚れたよわみだねぇ…。
有路の「交換…」に頭から被って嗅ぐ高階…。

有路、怖がっているから止めたげて…。

【描き下ろし】
有路「お茶ぐらいならだせるけど…」で部屋に行く高階。
押し倒して頭ん中、いれたいいれたいいれたいいれたい…w

有路がとにかく可愛い!口数少なくて顔赤くしてて可愛い!

ヤった後、高階がお茶を貰いに台所に行きますが梅干ししかない。
…出せるお茶もないのに、誘う有路…可愛いすぎる!!

読み終わって衝撃の多さに忙しかったが、改めて出てくるキャラが皆良い人で良かった。
高階の変態も受け入れてるしねw

木梨も有路に嫉妬して拗れてしまったが、土俵が変われば何て事ない。
嫉妬って羨ましいが故のもんなんだからね。

あと、特典(?)でリアル体臭カードとなるものが入っていたのだが…端から見たら私も変態じゃねーか?って所から、有路の匂いが嗅げると言うことで高階張りにがぐがく嗅いでますが…。

ん~?何かの柔軟剤?
先入観で林檎の香りだったりして☆っても考えたけどどーだろ?
普通に柔らかい香り。体臭から程遠い匂いなので残念だ…。
もう少し男臭い匂いだったら面白かったのにw
ちょっと擦ると香り立ちます。
似ている香りが分かる方、いらっしゃれば教えて下さいm(__)m

2

細胞レベルで好き合う二人。

電子で購入して手軽に読めることもあってなのか、何度もリピート読みしてます!!


はじめての作家さんだったのですが、絵が綺麗で読みやすくって好きです!

攻めの顔が無表情気味だったのが、どんどんと表情豊かに優しい顔になっていくのが堪りませんでした~最後は変態に収まります。笑


鼻がとっても敏感で些細な匂いにも反応してしまうって実際とっても厄介ですよね。今って人工的なものが多いので。でも、そのおかげで受けの匂いがとっても好き~で始まるのでお話的にはグッドですよね!笑



実験命!の真面目な受けが攻めに匂いを嗅がれるとムラムラしてしまうっていうのも可愛かったですし、受けの吐精したものを臭いかいで自分で致す攻めの変態ぶりも良かったです!笑


最後の受けが自分の部屋への誘い文句も可愛かったです\(^^)/
真面目な子がムッツリで尚且つ一途っていいんですよね~
そして安定の攻めの変態。受けが好きすぎての変態も最高です!!


文章の最後に笑、ばっかりつけていますが、本当に楽しく読ませて頂きました!

電子だとおまけもついてきていて、それも受けが可続き愛くってオススメです!

5

“俺を満たす天才”

人当たりは悪くなく、表面上は穏やかそうな高階は
嗅覚が普通の人の何倍も敏感で
世の中の人工的な香りに具合が悪くなってしまうほど。
大学の研修室で、真面目な先輩・有路に
不意に近づいた時嗅いだ匂いが気になって……。

鯛野さん、初めて読ませていただきましたが
透明感のある絵柄で素敵でした!!
有路は特別綺麗系というわけではないのですが
良いにおいがするって納得してしまいそうになる感じで
なんといいますか…清潔感があるので
高階の気持ちがわかる気がしました。
皆さんも多少はご経験があると思いますが
過度な香料や香水って吐きそうになりますよね…。
相手が男で先輩でとかとっぱらっちゃって
本能のままに欲してしまう高階、
普段が理知的で腹黒そうな分ギャップが美味しかったです!!

有路はいいにおいがするだけじゃなくて
レポート提出で研究結果を横取りされた過去があっても
相手を憎んだりせずひたすら一途に研究を重ね、
そんなところが高階は理解が出来ないしイラつくのに
放っておけなくて有路に受け入れてほしくなり…。
細胞全部で好きって言って欲して抗えない様続き子がエロかった…。

シリアス要素が多いのかと予想していましたが
ユーモラスなシーンも挟んでありますし
研究室の仲間がいい人ばかりで楽しかったです。

世話焼きでデキる後輩(先輩をアンタ呼び)×
ちょっと抜けてて心もピュアな先輩、
まさに破れ鍋に綴蓋CPでした!!

おまけまんがの、有路の部屋での初交合に興奮させられ、
“───…この人、俺を満たす天才なんだろうか”
というフレーズが非常に心に残りました!!

予想以上にドキドキさせられたので萌×2で!!!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ