バリタチ男優×ノンケ風俗ライターのAV業界ラブ!

僕のセックススター

boku no sex star

僕のセックススター
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×215
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない5

175

レビュー数
9
得点
153
評価数
45件
平均
3.6 / 5
神率
28.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784396783938

あらすじ

新米風俗ライター・伊吹の初仕事はバリタチゲイビ男優・結城ちひろの取材!
監督の嫌がらせから結城を助けようとした熱血な伊吹だが、撮影は台無しに。
代わりにAVに出ることになって――!?

AV業界でエロくマジメに恋を育む表題作ほか、巨弾新鋭・ためこうのデビュー作から最新読切りまでを収録した待望の作品集!
描き下ろし後日談18P収録!

表題作僕のセックススター

結城ちひろ・AV男優
伊吹光・風俗ライター・27歳

同時収録作品クリプティック・ホワイト

同時収録作品となりあわせ

同時収録作品ルーズソックス男子

同時収録作品口紅男子

同時収録作品セクシーコールボーイ 春を売る

伊藤
春・コールボーイ

同時収録作品ロックアップボーイ ひとり遊び

同時収録作品プリティバニーボーイ Please don't touch bunny boys.

その他の収録作品

  • ルーズソックス男子についてのコラム
  • 僕のセックススター bonus track

評価・レビューする

レビュー投稿数9

表題作より読み切り作品群がどれもキラリと光る面白さ!

レビューを拝読すると表題作が圧倒的に好評価なのですが、私は後半の作品群を猛烈に推しておきたいです!
この作家様、短編でより才が発揮される気がしてます。
はらださんタイプの作家さんかな。

というわけで私は表題作以外を中心にレビューしたいと思います。

後半に収録されているのは、他誌で発表されたデビューから最近までの読み切り作品群。(ページ配分は、約1/3が表題作、残りが短編集です)
人の「心理」を題材にしたお話が多くて、BL的な萌えはあまりないけど読んで面白い作品という感じ。
中でも「クリプティック・ホワイト」と「口紅男子」は特に光るものがあります!

「クリプティック・ホワイト」16p / gateau 2014年5月号
crypticは“隠れた”とか“謎めいた”とか。
めったに学校に来ない「彼」につきまとう噂と、彼の白いマスクの下の真相は─?
フェラに前歯が邪魔、とはなんともドキリとさせられる発言!

「となりあわせ」24P / gateau 2014年10月号
親友の特権か、恋か。
これはためこうさんのポップさが活かされている、コミカルでかわいい続き1編。
一生親友でいいですって言ったそばから親友の寝顔をオカズにオナってバレて親友の座を失ってる主人公がおバカかわいいw

「ルーズソックス男子」20p/ COMICリュウ 2014年9月号
「ルーズソックス男子についてのコラム」1p / シャルルコミックス『性癖BL』
ルーズソックスを履いて寝ている友人の姿を見た主人公の心の中のあれこれ。
ルーズソックス男子が好きなためこうさんの萌えがたり付きなので、ルーズソックスに興味がなくても大丈夫!←何が?

「口紅男子」18P / COMICリュウ 2015年3月号
クラスメイトの唇が赤くて気になる少年の話。
これ一番好きかも。
赤は欲望の色。さて、捕らわれているのは誰か?というお話。

「春を売る」6p / ふーじょんぷろだくと『セクシーコールボーイ』
「ひとり遊び」2p / ふーじょんぷろだくと『ロックアップボーイ』
「Please don't touch bunny boys.」3p / ふーじょんぷろだくと『プリティバニーボーイ』
いずれも超短編ですが、巧い!
分かりやすく心掴まれるのはセクシーコールボーイですが、個人的に好きなのはプリティバニーボーイ。
悪態をついていたこのお兄さんはこの後どんな選択をするのかな?と妄想が捗ります。
続きください…!

んー、巧いなぁ。
深層心理を読むのが好きな人にオススメです。
逆に表題作はためこうさんにしてはなんだかアッサリしている気がします。

1

内臓と言えば内臓になるのか…

表題作は、全体の3分の1くらいの割合なので、それなりにストーリーがあるのですが、他のものはショートショートが多くて、結論がはっきりでないまま終わりになってしまうので、それから二人はどうなったのー?!ってモヤモヤします。

さて、表題作ですが、スターの結城くんが色っぽいからてっきり受けの方かと思ったら、バリバリのタチでした。その結城くんが記者の伊吹さんにひかれたきっかけとなった最初の取材の時のお相手。驚きましたねー。あれ、どうお相手させるつもりなんだろ?

3

消化不良

表題作の『僕のセックススター』はボーナストラックとしてその後の話が描かれていました。
その他に同時収録作品が7作。同時収録作品はどれも「それで終わり!?」と思ってしまうものばかりで消化不良…。
桃太郎で言ったら
『おばあさんが川で洗濯をしていると大きな桃が流れてきました。めでたし。』
って、これくらい。
「え!?で!?」と思ってしまうものばかりでしたが、どの作品も続きを読んでみたいと思うお話でした。
でも『デビュー作から最新読みきりまでを収録した作品集』と書かれているのでこういうものかなと思って読めばおもしろかったです。

4

手が届きそうで届かない

『僕のセックススター』2編&書き下ろし
ポルノ男優×風俗ライター

『クリプティック・ホワイト』読み切り
マスク男子の秘密について。

『となりあわせ』読み切り
幼馴染もの。

『ルーズソックス男子』読み切り
タイトルそのまんまです。
あったかいからルーズソックスをはいている、という同級生の真相を確かめようとする話。

『口紅男子』読み切り
タイトルそのまんまです。
唇の赤さが目立つ同級生についての話。

『セクシーコールボーイ』
『ロックアップボーイ』
『セクシーバニーボーイ』
この3作はごく短いショートストーリーです。
下2作は続きが読みたいと思いました。


『泥中の蓮』もそうでしたが、絵柄は相変わらずすごく好みです。
顔のパーツや輪郭がみんな同じ系統なのがちょっと残念かも。ベースがかわいい雰囲気なのでみんな受っぽく見えます。

本作は読み切り収録の短編集の構成ですが、どれもテーマが一風変わっています。
出てくる学生が学ランばかりなのも、作者のこだわりを感じます(笑)。

ただ、ものすごく心情に訴えかけてくるものがあると続きいうと、そうではなく…。もう一押し欲しいなというところ。
一番萌えたのは特典ペーパーでした。今後もっとこういうエピソードが増えてくれることに期待です。

3

初ためこう作品

ためこうさん作品は初めて読むんですが、
まず絵柄が美しいですね。
そしてそこはかとなく色気があります。

表題作の結城くんが
顔の左側にほくろ(泣きぼくろと口ぼくろ)
が2つあるんですが、
これがまたなんともいえずエロイです。

受けの伊吹さんは
元新聞記者ということもあり、
正義感が強くて思ったことは口にする
男前な人なんですが、
快楽に弱いというギャップもいいです。
描き下ろしで、
AVレビューをすることになった伊吹さんですが
他の女優さんが出てるAVは
すごく冷静に見て、
しかも快楽とはあまり関係のない感想を持つのに
結城くんの作品だとそうもいかないところが
またいいです。

他は短編が何作も収録されているんですが、
どれも本当に短くて!
ここで終わっちゃうの⁉
ここから先が見たいのに!
っていうところで終わるので、
続編が出たら買ってしまうに違いない(笑)
特に「セクシーコールボーイ」と
「ロックアップボーイ」の続きが気になります。

1

コンドームが似合う男

表題作のAV男優×真面目元新聞記者の作品と、他7作の短編から編成されています。
ためこう先生の絵柄は可愛らしいのに、とてもセクシーで魅力的なキャラクターを描かれるなと思っています。ストーリーも箍を外せば、アブノーマルものがもっと見られるのではないかなと思って期待しています。獣姦見たかった。
「自分で自分の内臓を触るのはちょっと」という台詞がとても好きです。
私も表題作で丸々一冊読みたかった。続編も描かれてるそうなので、コミックスになるのを待機です。
恋愛描写もさながら、それだけではないのがためこう先生のおすすめポイントです。

1

作者買い

表題作+短編いくつか。
表題作、すごく好みなストーリー!
身体だけじゃなく、ちゃんとお付き合いを申し込むラストがほんと好き(*^o^*)
短編は、どの作品も良いところで終わってるー!
ためこうさんの描くラストって、余韻を残す感じがあってぐっと引き込まれちゃいます。
そーゆーところすごいと思う。
口紅男子のラストが特に上手い!!!
でも表題作みたいな分かりやすいハッピーエンドも大好き。
できれば表題作で丸々一冊読みたかったてす。

1

表題作がすごくおもしろかった

表題作「僕のセックススター」めちゃくちゃ面白かったです!
ためこう先生が得意でいらっしゃるかわいい中の危うい色気、みたいなのを完全に封じ込めた綺麗系ガチムチっていったいどんなだろう!_と思っていましたが、どんな作風も描きこなせる方なのだなあと感じました。

とにかく攻めの結城くんが美しい!
プレイにNGなしということからそれなりに過去いろいろあったのだと思いますが、作中ではあまり彼のことは描写されていません。
どちらかというと表紙にいない受けの伊吹さんの身の上話が中心?
逆にこの美しい結城くんにミステリアスさを残したことでさらに色気が増していたような気がします。

パンチの効いた題材ですが、内容はふたりの心情を淡々と描写しつつもしっかり感情の変化が描かれていてすごく楽しめました。
前作があまり好みでなかった方にこそぜひ読んでいただきたいです!

3

こういう攻(おとこ)を待っていた

表題作を、めちゃくちゃ読み返しています。

表紙を飾る彼がものすごく魅力的で、何度読んでも眺めても飽きないのです。

美しくて色っぽいだけでなく、男らしさも感じられる容貌、たくましい胸板、強いうえに包容力まで感じさせるセックス(こちらのインタビューでも紹介されているせりふ「オレだけ見てろ」には心臓打ち抜かれました)、まさに理想の攻、夢の男です。

前作『泥中の蓮』や、本作収録の別作品からは、先生の作風が「昔ながらの正統派BL」とは外れたところにあるように感じられますが、そんな先生が渾身の力で生み出された「王道」「スーパー攻様」は、べたべたのBLが大好物の私を、難なく虜にしてくれました。

今は、「すぐに続きを描く予定」との、ありがたいお言葉を先生のブログで発見し、狂喜しているところです。

『麗人』掲載のエッセイで、「最終的には身体と精神が連動して欲しい」「心情のあれやこれ」が重要だと、ご自身の萌えを語っていらっしゃった、ためこう先生。
そんな先生の描かれる続編が、本作を超える王道萌え漫画になることは、まず、間違いありません。

追記
とらのあな特典4Pリー続きフレットと応援書店ペーパーも、「おまけ」で終わるのが惜しいほど良い内容の漫画でした。
普段、複数買いはしませんが、今回は、あと一種類のペーパーも見逃すわけには行きません。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ